「資産運用業界」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

資産運用業界の2020年の予測です。

アセットマネジメント2020 資産運用業界の展望

...アセットマネジメント2020 資産運用業界の展望 本報告書は、資産運用業界に対するPwCの知見に基づき、新たな金融規制、人口動態の変化、ソーシャルメディアの台頭などさまざまな世界情勢を分析して、資産運用業界の2020年の展望を予測しています。今回の分析により、2012年末において約64兆米ドルであった世界の運用資産残高は、2020年までに約102兆米ドルに達するものと見込まれています。また、世界で生じているさまざまな要因をきっかけに、資産...

PwCのレポートです。

アセットマネジメント2020 資産運用業界の展望

...アセットマネジメント2020 資産運用業界の展望 本報告書は、資産運用業界に対するPwCの知見に基づき、新たな金融規制、人口動態の変化、ソーシャルメディアの台頭などさまざまな世界情勢を分析して、資産運用業界の2020年の展望を予測しています。今回の分析により、2012年末において約64兆米ドルであった世界の運用資産残高は、2020年までに約102兆米ドルに達するものと見込まれています。また、世界で生じているさまざまな要因をきっかけに、資産...

PwCのレポートです。

2020年における資産運用ビジネス‐資産運用業は金融ビジネスの中心へ

...2020年における資産運用ビジネス‐資産運用業は金融ビジネスの中心へ 2020年における資産運用ビジネス‐資産運用業は金融ビジネスの中心へ本コラム“あらたなView”では、さまざまな市場や業種、サービスにおける最新情報について現場のナマの声をお伝えしていきます。今回は、金融業界でも今後ますますの成長が期待される資産運用業界について取り上げます。プライスウォーターハウスクーパースでは2014年、資産運用業界の将来を予測したレポート「アセットマネジメント2020 資産運用業界の展望」(以下...

次世代のETF 資産運用会社にETF戦略が必要な理由

...次世代のETF 資産運用会社にETF戦略が必要な理由 本稿は、上場投資信託(ETF)商品、市場インフラや販売について、また資産運用会社がETFに関する戦略を必要とする理由について考察しています。近年の資産運用業界においてETFは著しい成長を見せており、ETFの運用資産額は、今後3年から5年間で5兆米ドルにまで成長する可能性があります。その成長の理由として、その低コストという利点だけではなく、特定...

「野村資本市場クォータリー」2014年秋号

...創生の観点からみた企業立地を巡る制度改革の行方 日本の地方経済から見た中国企業の対日直接投資 人口減少から財政破綻に至ったデトロイト市に関する一考察 金融安定理事会(FSB)による主要金利指標および外国為替指標の改革方針 GLAC(あるいはTLAC)を巡る議論の整理 -ベイルインとGLACの関係- 米国資産運用業界がもたらすシステミック・リスクに関する議論の展開 日本の公営水道事業の現状と民間セクター活用への道 英国富裕層向け投資サービス業界における高付加価値戦略 確定拠出年金(DC)制度改革の好機到来 -高ま...

ETFについての調査です。

EYグローバルETF調査 - 2015年以降の展望

...すれば今日ESG投資に向けた準備が可能となるか?アジア主要国、EUおよび英国におけるESG情報開示とESG投資に関する規則は、互いに関連し高め合うものとなっています。資産運用業界がコロナ禍にあって、どのように気候変動とサステナビリティの問題に取り組んでいるのかを議論します。 EUアクションプラン-資産運用会社への影響世界で今注目されているサステナブルファイナンスについて、最も先進的な取り組みを行っているEUのアクションプランを中心に解説します。アクションプランの最終目的は、持続可能性の高い経済やLTV...

日本版スチュワードシップ・コードへの対応等に関するアンケート(第2回)

...計206社であるが、コードの受け入れを表明していない投資運用会社会員を含む184社からの回答があった。資産運用会社の実態をほぼ把握していると言ってよいと思う。「方針の策定(原則1、2)」についてスチュワードシップに関する方針の策定については、108社が「策定済み」であり、「策定中」の4社を含めると全体の約6割が建設的に進めているようである。これを日本株残高ベースで見た場合には97.6%になり、資産運用業界全体としてほぼ実施されていると解釈できそうだ。一方、4割を占める72社は「受け入れ予定なし」と回...

2015年5月28日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

日経平均2万円は実力か 企業の「稼ぐ力」回復は途上

...転換がうまくいっていないことであろう。70年代までの資金不足時代には大きな力を発揮したバンクガバナンスがバブル崩壊後の資金余剰で弱体化したのに、代わるべきエクイティガバナンスが有効に機能していない。そこには株式を発行する事業会社の問題だけでなく、株主(資産運用会社などの機関投資家)が統治主体として必ずしも有効に機能できないという投資家側の問題がある。わが国の資産運用業界は、投資先の経営改善に関与(エンゲージメント)しない短期売買型の投資の割合が高い。彼らの一定割合が長期のエンゲージメント投資志向の投資家に変わらなければならない。すな...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

新着データ

お知らせ