「車両販売」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年5月9日日本自動車工業会フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2013年度の福祉車両販売実績について

...ニュースリリース- 2014年05月09日2013年度の福祉車両販売実績について2013年度における福祉車両の販売台数は、合計で44,189台・前年度比102.5%と前年度を上回り過去最高となった。24,366台・前年度比 97.0%2013年度は、「車いす移動車」「昇降シート車・回転シート車」「運転補助装置付車」ともに前年度を若干下回り、普通・小型乗用車全体では24,366台・前年度比97.0%となった。 15,471台・前年度比 110.2%2013年度は、「昇降シート車・回転...

2014年11月3日日本自動車工業会フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年度上半期(4~9月)の福祉車両販売実績

...ニュースリリース- 2014年10月31日2014年度上半期(4〜9月)の福祉車両販売実績について2014年度上半期(4月〜9月)における福祉車両の販売台数は、軽自動車の需要に支えられ堅調に推移し23,264台、前年同期比110.5%と増加した。12,362台・前年同期比3.8%増「車いす移動車」「昇降シート車・回転シート車」ともに増加した。 9,122台・前年同期比25.6%増「昇降シート車・回転シート車」「車いす移動車」が昨年度に引き続き増加した。上半期販売台数で9,000台を...

2013年11月4日日本自動車工業会フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2013年度上半期(4-9月)の福祉車両販売実績について

...ニュースリリース- 2013年11月01日2013年度上半期(4〜9月)の福祉車両販売実績について2013年度上半期(4月〜9月)における福祉車両の販売台数は、軽自動車が昨年度から引き続き好調のため20,808台、前年同期比7.0%と増加した。11,906台・前年同期比2.2%減「車いす移動車」「昇降シート車・回転シート車」ともに昨年度並みに推移した。 7,255台・前年同期比31.6%増「昇降シート車・回転シート車」が好調に推移した他、「車いす移動車」が昨年度に引き続き増加した。上半...

2015年5月8日日本自動車工業会フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年度の福祉車両販売実績

...ニュースリリース- 2015年05月08日2014年度の福祉車両販売実績について2014年度における福祉車両の販売台数は、合計で47,869台・前年度比108.3%と前年度を上回り過去最高となった。25,004台・前年度比 102.6%「昇降シート車・回転シート車」は前年度を若干下回ったものの、「車いす移動車」がこれまでの過去最高2012年度の13,577台を上回る14,013台・前年度比106.2%となったほか、「運転補助装置付車」も前年度を上回ったことにより、普通・小型乗用車全体では25...

2018年9月13日NEXERフィードバック数:0社会/政治

個人向けオートリース市場に関する調査

...した事業者にとってメリットのある「メンテナンスリース」として販売されるケースが多い。オリジナル情報が掲載された ショートレポート を1,000円でご利用いただけます!【ショートレポートに掲載されているオリジナル情報】Aパターン注目トピックの追加情報一般消費者30,000人超を対象に、自動車購入に関するアンケート調査を実施将来展望の追加情報 以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください調査要綱 1.調査期間: 2017年10月~2018年6月2.調査対象: 個人客に対しオートリース車両販売...

2019年9月3日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

自動車アフターマーケット市場に関する調査を実施(2019年)

...四輪車保有台数は過去最高の7,827万台※2となった。しかし、車両購入の主役である中高年世代の高齢化と、次を担う若年層人口の減少や所有にこだわらないライフスタイルなどを背景に、車両保有台数は近く減少局面を迎えることが予想される。(※2.データ出所:国土交通省)保有車両という商材の減少局面を前に、自動車流通関連事業者各社は主に2つの方針強化を図る。一つは、主力事業における顧客一人当たりの売上を伸ばすための顧客の囲い込みである。車両販売では残価設定クレジットやリース販売を通して、顧客との販売後の接点確保に注力、同時...

2020年10月27日ベンジャミンフィードバック数:0ライフスタイル

新型コロナの影響で、86.2%がお店選びの際に抗ウイルス実施掲載で「安心する」と回答!

...都目黒区駒場1-16-12事業内容 :・抗ウイルス・抗菌対策施工・飲食店/セントラルキッチンおよびフードトラックの企画運営・車両販売・企業や商品の販促および営業代行・ITを活用した新しいコンテンツの企画・開発URL:https://ben.jamin.co.jp/ ※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。 このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。 メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者...

2016年5月23日東京商工リサーチ★フィードバック数:0大型消費/投資

「スズキグループ国内取引状況」調査

...18.3%)、サービス業他が99社(同8.5%)、運輸業が76社(同6.5%)の順だった。1次販売先は2,666社で、ディーラーや車両販売店などの小売業が1,859社(同69.7%)と最も多く、次いで、車両リースや整備業などサービス業他が470社(同17.6%)だった。業種別 1次仕入先は自動車部分品・附属品製造業が最多  スズキグループの1次仕入先(1,154社)の業種別では、自動車部分品・附属品製造業が180社で最多。以下、一般貨物自動車運送業(39社)、金属用金型・部分品・付属品製造業(34...

2016年5月10日東京商工リサーチ★フィードバック数:0大型消費/投資

「三菱自動車グループ国内取引状況」調査

....3%)の順だった。一方、1次販売先は1,605社で、ディーラーや車両販売店などの小売業が604社(同37.6%)と最も多く、次いで、車両リースや整備業などサービス業他が566社(同35.2%)だった。業種別 1次仕入先は自動車部分品・附属品製造業が最多 三菱自動車グループの1次仕入先(1,356社)の業種別では、自動車部分品・附属品製造業が142社で最多。以下、自動車部分品・附属品卸売業(65社)、その他の産業機械器具卸売業(46社)、その他の自動車整備業(43社)、一般貨物自動車運送業(40社...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

お知らせ