「輸入抑制」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

【インドGDP】成長は改善したが、内需低迷は深刻

...側)は前年同期比4.8%の増加であり、前期(同+4.4%)から加速したものの、4四半期連続での5%割れとなった。2.最悪期は脱したが、しかし今後も試練は続く7-9月期のインドの成長率は、4.8%となり4四半期連続で5%を下回る結果だったものの、改善傾向を示しており、最悪期は脱した可能性が高い。特に、7-9月期は純輸出の改善が顕著であった。政府が輸入抑制のために金などの輸入関税を引き上げたことが奏功しており、また輸出の伸びが顕著だった。最大の懸念であったルピー安についても、貿易赤字が改善しており、9月に...

新首相による経済改革が注目され上昇したインド株式

...開放を目的とした政策がインドの経済成長を後押しすると期待されています。なお、食品を中心とした物価上昇が懸念されてきたものの、中央銀行は2013年9月以降、段階的に政策金利の引き上げを実施し、また政府も中央銀行と足並みを揃え物価上昇の抑制に取り組んでおり、足元で物価上昇率は低下傾向にあります。また、同国は世界的な金需要国ですが、金の輸入税の引き上げを行ない、輸入抑制策を講じていることなどから、経常赤字幅が縮小するなど、ファンダメンタルズは改善傾向にあると言えます。モディ政権下で経済改革が鮮明になるなか、外資...

2013年12月4日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

【2014年アジア経済の見通し】前年を上回る成長率となる2014年のアジア

...成長が続いている。一方、中国ではインフラ投資の拡大により、7~9月期の成長率が7.8%と4~6月期より0.3%ポイント上昇した(詳細は「中国」を参照)。(3)インド、インドネシアでは通貨安、インフレ、利上げ 多くの国ではインフレが抑制される一方、景気回復が遅れているため、金融緩和基調が続いているが、インドとインドネシアでは13年半ば以降、数次にわたり利上げが実施された(右下表)。 両国に共通するのは経常赤字の拡大とそれによる通貨安の進行である。 インドネシアでは貿易収支の悪化を受けて、13年に入って輸入抑制...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ