「通勤ストレス」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

テレワーク・デイ調査レポート

...ワークを実施した従業員に対してアンケートを行いました。その結果をご報告いたします。■ 実施概要パーソルプロセス&テクノロジーは、2020年東京オリンピックの開会式にあたる7月24日、大会当日混雑が予想される豊洲地区に本社を構える企業として、社員130名が「在宅勤務」「モバイルワーク」「サテライトオフィス勤務」を実施し、実施者にアンケートを行った結果、106名から回答を得ました。-サマリ社員にとってテレワークの最大の魅力は「通勤ストレスの軽減」であることが分かったほか、テレワークという働き方は、オリンピック当日の混雑緩和に貢献すると8割以...

2021年6月17日マイボイスコムフィードバック数:0ビジネス

在宅勤務・テレワークに関するアンケート調査(第2回)

...コロナ対策での在宅勤務実施者のうち、週1回以上実施月は、2020年4~5月が各60%台でピーク、2020年7月以降40%台で推移。■メリットは「通勤ストレスの減少」が6割強、「時間を有効活用」「気候や交通状況などに左右されず業務ができる」「自分のペースで仕事ができる」「服装や髪型などを気にしなくてよい」が各30%台。課題は「オン・オフの切り替えや気分転換が難しい」が4割強、「モチベーション維持が難しい」「コミュニケーションがとりにくい」が各3割強、「運動不足」「職種によって不公平」などが各20%台。■雇用...

若者の理想の働き方調査

...に身近にいる上司のタイプの問いに対しては、「残業ゼロで成果を出す人」(28%)と理想との大きな乖離が見られた。■ 若者は、通勤ストレスを回避しながら働きたい傾向がある理想的な通勤スタイルについての問いに対し 「通勤ラッシュを避けて出社」 (62%)が最も高かった。また、「業務内容によっては勤務場所を自分の意志で決定できる」(47%)も高かったことから、オフィス以外で仕事ができる環境を求めていることが分かった。通勤時間に関しては8割の若者が片道30分未満の通勤時間を理想としていることから、通勤ストレス...

在宅ワーク経験者対象 今後のワークスタイルに関する意識調査 結果発表

...ことからも強く言えます。結果③:自宅近くのターミナル駅に「郊外型オフィス」ができた場合、7割以上が「利用したい」と回答自宅近くのターミナル駅に自社の「郊外型オフィス」があれば利用したいか聞いたところ、コロナを機に在宅ワークを始めた人は7割以上、コロナ以前から在宅ワークを経験していた人は8割以上となり、ニーズが高いとことがわかりました。在宅ワークの通勤ストレスを感じないメリットと、自社オフィスで得たい目的を両輪で叶えることができる、ワーカーにとって満足度の高い新しいワークプレイスになりうる可能性があると言えます。■調査...

2019年9月9日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

「テレワーク」について調査を実施

...し今後テレワークが広く普及することになれば東京オリンピック・パラリンピック期間内はもちろん、その後の電車内混雑も緩和され、多くの人感じている朝の通勤ストレスを大幅に解消することができます。また、今まで育児や介護など何らかの理由で働くことができなかった層に対し就業の機会を創出することができ、多様な働き方を選択できる自由度も高まるでしょう。企業には、残業時間の減少や有給休暇の取得だけでなく、働き方そのものを変える制度が求められているのではないでしょうか。■ワークポートの取り組み私たちはミスマッチのない転職を実現し、すべ...

2020年5月27日YOUTRUSTフィードバック数:0社会/政治

新型コロナウイルスの影響下における働き方の実態・意識調査

...コロナウイルスの影響下における働き方の実態・意識調査」をテーマにした調査を実施いたしました。 【調査サマリー】景気悪化の中、正社員・副業の採用状況は「現状変更なし」が大多数。一部では採用を拡大する企業もコロナ禍以後で4割以上の人が「副業意欲向上」。変化なしと合わせると9割以上に副業希望の理由1位は、収入増加よりも「知見や視野の拡大」とキャリア重視の傾向リモートワークにより6割以上は「生産性の向上」を実感。また副業実施者の4割以上が「副業しやすくなった」と変化リモートワーク実施メリット1位は「通勤ストレスの削減」。一方...

派遣スタッフ・企業におけるテレワーク実態調査

...ナ前にテレワークを経験した派遣スタッフは、「在宅の方が業務が進む(45.1%)」「在宅の方が業務指示がわかりやすい(16%)」と両方の項目で、コロナ後に経験した派遣スタッフに比べて、テレワークの方が良くなったという回答が多くなり、経験の差により生産性の向上に大きく影響していることがうかがえます。 テレワーク希望の理由は、派遣スタッフは経験時期によらず、「通勤ストレス軽減」「オフィスと同じように働ける」、派遣先は、コロナ前に導入した企業は「本人のモチベーション向上」「スキルの高い人材確保」 コロナ後に導入した企業は「全社的に方針がでている」と...

派遣スタッフ・企業におけるテレワーク実態調査

...ナ前にテレワークを経験した派遣スタッフは、「在宅の方が業務が進む(45.1%)」「在宅の方が業務指示がわかりやすい(16%)」と両方の項目で、コロナ後に経験した派遣スタッフに比べて、テレワークの方が良くなったという回答が多くなり、経験の差により生産性の向上に大きく影響していることがうかがえます。 テレワーク希望の理由は、派遣スタッフは経験時期によらず、「通勤ストレス軽減」「オフィスと同じように働ける」、派遣先は、コロナ前に導入した企業は「本人のモチベーション向上」「スキルの高い人材確保」 コロナ後に導入した企業は「全社的に方針がでている」と...

2020年7月30日あしたのチームフィードバック数:0キャリアとスキル

withコロナの働き方と人事評価に関する調査

...勤務先でテレワークが認められていない人では「そう思う」「ややそう思う」をあわせた割合は66.0%となっています。③今後テレワークをしたい理由あなたが働き方を選べるなら、新型コロナウイルス収束後、テレワークをしたいと思うかに対し「そう思う」「ややそう思う」と回答した理由をお答えください。(自由回答) n=236●満員電車を利用せずに済み通勤ストレスから解放されるから。(35歳男性/埼玉県)●通勤時間がなくなり、電話にも邪魔されず、かなりストレスフリーに仕事ができたから。(32歳女性/愛知県)●通勤する必要がないし、オフ...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お知らせ