「銀行サービス」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2017年6月30日日本銀行★★フィードバック数:0モバイル

モバイル決済の現状と課題

...日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 モバイル決済の現状と課題2017年6月20日日本銀行決済機構局要旨の潮流の中での、リテール決済分野における一つの特徴的な動きとして、世界的に急速な普及が進んだ携帯電話やスマートフォンを用いる「モバイル決済」の拡がりが挙げられる。このようなモバイル決済は、先進国よりも、むしろ中国やケニアといった、従来はリテール向け銀行サービスが十分に発達していなかった国々で急速に拡がるケースが目立っている。この間、日本では、世界...

インド・モバイルバンキング調査レポート

...イルバンキングを中心としたインドのモバイルバンキング市場を分析した調査レポート「インド・モバイルバンキング調査レポート2012」を、2012年8月より販売しています。 13億人の人口を抱えるインドでは、携帯電話の保有率が急増しています。2000年には3,600万人に満たなかった所有者が、2011年には8億9,300万人を超え、この10年で実に25倍にも膨れ上がりました。2010年には約4,300万人の都市部の人々が、携帯電話で銀行サービスにアクセスしており、インドでは今後、モバイル市場に引き続き、ネットバンキングが爆発的人気となることが想定されます。 当社...

2017年2月28日アクセンチュアフィードバック数:0マーケティング海外

Global Distribution & Marketing Consumer research

...者が従来の金融サービス事業者“以外”の企業から、金融サービスを受けることに肯定的であることも分かりました。3分の1の消費者が銀行サービス(31%)、保険サービス(29%)、ファイナンシャル・アドバイス(38%)の提供元をGoogle、Amazon、Facebookに切り替えるかもしれないと回答しています。ただ、こうした傾向が強いと推測されがちな18~21歳の消費者では、切り替えに肯定的と回答した割合は41%にとどまっており、従来の金融機関に価値を見いだしている若年層も多く存在することが分かりました。また、金融...

2021年2月26日Yextフィードバック数:0マーケティング

ニューノーマル時代の企業のオンライン情報発信の動向をYextが調査

...ついては、前年同期比で26%増と一貫して増加しました。・金融サービス金融サービス業は、以前から長期的な視点を有し、2019年初頭からデジタルへの移行を実践し、以降、継続的に更新を続けています。オンライン・バンキング・サービスは定着したかに見えますが、銀行サービスや住宅ローンの利用方法を変えようとする新規ユーザーは常に一定数いて、サポートを必要としています。金融サービスでは営業時間の変更や閉店に伴う情報管理などがデジタル面でも課題として広く知られています。また、オン...

ミレニアル世代と親世代、「住まいと暮らし」の価値観を調査

...多く生み出してきました。特に近年は、ミレニアル世代を中心とした若い世代のライフスタイルにも合った新しい銀行サービスを幅広く提案。キャッシュレス決済ができる「Visaデビット」や、24時間365日OKの取引形態、LINEを活用したお問い合わせ対応などを取り入れています。場所を選ばず使えるインターネット銀行は、「アドレスホッピング」「デュアルライフ」といった住居をひとつに固定しない新しい暮らし方にもぴったり。どのような場所にいても金融サービスを身近に使うことができます。ジャパンネット銀行は、これからもいつでもどこでも使える新しい銀行サービス...

「シェアリング・エコノミー」に関する意識・実態調査

...パンネット銀行について>ジャパンネット銀行は、国内初のインターネット専業銀行として2000年に開業しました。いつでもどこでも誰でも、安心してご利用いただけるよう、銀行初・日本初のサービスを数多く生み出してきました。 「モノをあまり持ちたくない」「合理性を重視したい」というミレニアル世代のニーズにあったサービスとしては、Visaデビットを展開、ミレニアル世代に積極的にご利用いただいています。 ジャパンネット銀行は、「はじめてのネット銀行 ジャパンネット銀行」をテーマに、これからもミレニアル世代を中心とした若い世代を支え応援する新しい銀行サービス...

2017年5月24日App Annie★フィードバック数:0モバイル

銀行やフィンテックアプリを分析 - 調査レポート『アシ?アのファイナンスアフ?リ』

...銀行の支店網と商取引の仕組みが確立しているため、金融機関アプリのエンゲージメントは先の2カ国に比べて低調です。しかし、日本で新たに導入されるオープンバンキングAPIは、既存事業者間の競争を刺激し、また金融サービス企業が既存の金融・銀行サービスを統合し拡大する機会を増やすでしょう。この結果生まれるチャンスが大いに注目されるはずです。■金融機関の提供するアプリのセッション数推移(月間平均)*:日本は豪・韓の半数以下どの国でも金融機関アプリのユーザーあたりの月間セッション数が安定し、アプリを通じた金融サービスの習慣が定着していることがわかります。オー...

「ミレニアル世代」のマネー事情を調査

...初のインターネット専業銀行として2000年に開業しました。三井住友銀行、ヤフージャパンのグループ会社であり、FinTechの先駆けとして、日本初のサービスを数多く生み出してきました。 預金、振り込み、ローンといったベーシックなものから、Visaデビットといった日常的に使える便利なサービスも展開。「はじめてのネット銀行 ジャパンネット銀行」をテーマに、「ミレニアル世代」を中心とした若い世代のライフスタイルにふさわしい新しい銀行サービスを、これからも提案してまいります。[調査概要]調査期間:2017年4月28日〜5月9日調査方法:イン...

withコロナ150日間、日常生活と価値観の変化を調査

...トサービス全般の拡充については、76%が受け入れていることがわかり、今後もその需要は高まることが予想されます。「オンライン決済サービスの拡充」、「キャッシュレス化やネットバンキングの拡充」についても、それぞれ76%が「受け入れられる」と回答する結果になりました。「支払時に現金に触れたくない、外出せずに自宅で銀行サービスを使いたい」と考える人や、そもそも外出自粛の影響で銀行に行けないという人が増えたことが背景にあると考えられます。また、コロナ禍前後でネット上での買い物の消費金額の平均額が2,897円増加するなど、ネッ...

2014年2月12日ICT総研フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

インターネットバンキングのセキュリティ状況調査

...ターネットバンキングのセキュリティ状況調査」の結果をまとめた。この調査は、2013年8月から2013年12月の期間内において、銀行のホームページおよびインターネットバンキングサイトの運営状況やセキュリティ評価を中心に実施したものである。調査・評価にあたっては情報セキュリティ診断サービスを提供するベルウクリエイティブ社の協力を得た。インターネットバンキングの利用者は年々増加しており、銀行のサービス利用者に占める利用率は65.2%に達している(※1)。インターネットを介した振込み、振替え、残高照会などの様々な金融サービスが手軽に受けられるようになったことで銀行サービス...

2021年7月28日PayPay銀行★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

銀行利用とネットセキュリティに関する意識・実態を調査

...調査を行いました。■コロナ禍、キャッシュレス決済・ネットサービスの利用増加、さまざまな環境の変化が起きている現在の銀行口座の利用状況とネットセキュリティへの意識を調査2021年は都市銀行で紙の通帳有料化を開始するなど、銀行サービスのデジタル化が加速し、大きな変革が起きています。また誕生から20年経ったネット銀行も、異業種からの新規参入含め依然増え続けています。銀行の新たな選択肢が増える中、銀行の見直しやネット銀行口座の新規開設の機会が増えることも予想されます。またコロナ禍の影響から、非対...

2013年1月24日イードフィードバック数:6マーケティング

2013年 イントラネット・ベスト10

... Group, Inc.(アメリカ): 130か国以上の法人、機関、個人の顧客に向けて、生命保険や年金サービスを提供する保険組織AT&T(アメリカ): 電気通信会社Hager Group(ドイツ): 住宅や商業ビル向けの電気設備メーカーLuzerner Kantonalbank AG(スイス): スイス最大の州立銀行の1つで、基本的な銀行サービスや住宅ローン、企業への融資、資産管理アドバイスに力を入れており、プライベートバンキング分野で富裕層への総合的な投資顧問サービスを提供ONO(スペイン): 電気...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

お知らせ