「電子黒板市場」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

2020年の国内教育ICT市場

...的な導入は政府の予算措置を待って取り組まれるものと予想されることから、2020年度の教育用タブレット市場は、出荷台数で530万台、出荷金額で2,120億円の市場になると予想した。電子黒板市場・・・2020年度には出荷台数20万台、出荷金額で600億円の市場に。 電子黒板の市場は2009年度の補正予算で急拡大した。しかし、その後は、ほぼ横ばいの状態で推移している。ただし、自治体の中には電子黒板やタブレットの整備に取り組む動きが出てきており、2015年にはそれが具体的な数字に反映されると見込んだ。本格的な導入が始まるのは政府の予算措置後(2019年度以降)にな...

教育ICTの2020年までの市場予測

...の導入は地方自治体が主体となり、それを総務省や文部科学省が助成するという形が作られつつある。従って、ある特定の年度に一斉に導入されるのではなく、2020 年度までに段階的に進むと予想される。 • 電子黒板市場電子黒板の市場は、2009 年までは年間数千台という数字で推移してきた。2010 年は2009 年度の補正予算で電子黒板の拡充が盛り込まれたことから、一気に37,000 台という数字に跳ね上がった。その反動から2011 年は元の水準に戻ったが、2012 年には1 万台を超える数字となって2013年2 万台=60億円...

2011 教育ICTの現状と最新動向

...たく新しい市場を創出することになる。 上記教育ICT3品目の市場予測(国内)2014 年までは電子黒板の市場規模の割合が多く、2010 年は特に政府特需により金額ベースで98.5%を電子黒板市場が占める。2015 年は教育用タブレットの政府特需が見込まれ、教育用タブレットが1,000 億円になる。台数ベースでは2010 年の電子黒板が34,400 台と多く、2015 年には52,000 台が見込まれる。一方、教育用タブレットは2015 年の政府特需により1,000 万台が見込まれる。本書の概要レポート名2011 教育ICTの現...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

お知らせ