調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > 顧客エクスペリエンス

「顧客エクスペリエンス」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2019年7月19日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

最新の国内CRMアプリケーション市場予測を発表

...国内CRMアプリケーション市場規模は、前年比7.2%増の1,572億1,400万円になりました。同市場の中でも、マーケティングキャンペーン管理アプリケーション/コンタクトセンターアプリケーション市場は、顧客エクスペリエンス(CX)をデジタルで創造する需要が高まっていることなどから、市場全体の成長を牽引しました。一方、カスタマーサービスアプリケーションは、2018年は低調であり、マイナス成長となりました。広告アプリケーション市場は、2019年より新設した市場分類であり、2018年の売上額は前年比成長率9...

2019年10月16日MarkLogicフィードバック数:0ビジネス

投資判断改善のため、データ管理に投資する金融サービス企業が増加

...以上の企業が一元化されたデータハブを使ってデータドリブンの投資や業務上の意思決定を強化したいと考えていることが明らかになりました。レポートでは、金融サービス企業が投資収益率を高め、運用効率を改善し、規制報告要件をより簡単に満たすためにデータをより適切に使用しようとする際の大きな課題とチャンスについて取り上げています。この問題に対処するため、56%の企業では、一元化された投資リサーチ「ハブ」にすべてのリサーチおよび関連情報を格納し、データへのアクセスを改善しようと考えています。本調査によると、3分の2の企業は一元化されたハブによって投資判断が改善されると回答しており、また59%はリサーチのパーソナル化によって顧客エクスペリエンス...

2017年4月12日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内デジタルトランスフォーメーション(DX)成熟度に関するユーザー調査

...国内デジタルトランスフォーメーション(DX)成熟度に関するユーザー調査結果を発表  国内ユーザー企業のDXに向けた取り組みは、前年調査に比べて成熟度が向上  しかしながら、多くの企業では、短期的かつ従来のビジネスの効率化が中心  革新的な製品やサービスの創出に向けた顧客エクスペリエンスの強化とエコシステムへの拡大が不可欠 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556...

2018年1月23日ベリタスフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

「2017 Veritas GDPRレポート」第3章

...はコンプライアンスに対応することで、罰を受けるリスクを回避できるだけでなく、適切なデータ管理によって顧客エクスペリエンスを向上することができ、その結果として顧客ロイヤルティ、収益、ブランドの評判にも好影響を期待できます。」ベリタスは、企業の GDPR コンプライアンスを支援するソリューションとして、2017年12月22 日よりベリタス独自のデータ分類技術「Integrated Classification Engine」を搭載した「eDiscovery Platform」の提供を開始します。これにより、お客...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

  2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

お知らせ