「顧客関係」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2016年9月20日日経BP★★フィードバック数:0マーケティング

顧客満足度調査 2016-2017

...ウド基盤サービス」と「CRM(顧客関係管理)/SFA(営業支援)ソフト」の2部門を新設したほか、「UNIXサーバー」と「ミッドレンジサーバー」を「エンタープライズサーバー」に統合、データベースソフトの「オープン系」「独自OS系」の区分を撤廃、などの変更を実施した。評価項目や総合満足度の算出方法も変更した。 「顧客満足度1位」を獲得した企業は表の通り。ITコンサルティング/上流設計関連サービス(メーカー)ITコンサルティング/上流設計関連サービス(情報サービス会社)システム開発関連サービス(情報サービス会社)シス...

2017年2月15日Marketo★フィードバック数:0マーケティング

優先するテクノロジーにおいて米国と米国以外のマーケターの著しい相違が判明 どの地域のマーケターも顧客との新しいタッチポイントに期待しているが 2017年に導入すべきものに関しては意見が分散

...の回答者の半数以上(57%)が、顧客関係を最も効果的に構築するために活用する主要テクノロジーとしてプレディクティブアナリティクスを挙げましたが、米国以外のマーケターで同様に回答したのはわずか11%でした。米国のマーケターの半数(50%)は、2017年は顧客が機械学習を利用すると考えていますが、米国以外のマーケターで同様に回答したのはわずか4分の1(25%)でした。マーケターが明白な数値やROIを示す傾向が続くなか、レポートや分析が極めて重要なものと捉えており、調査対象全体の37%が最...

2017年6月26日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内マネージドプリントサービス(MPS)市場予測

...ープマネージャーの石田 英次は「2016年、国内MPS市場は成長が鈍化、市場自体が大きな転換点を迎えている。MPSで確立することができる強固な顧客関係を活用し、DXを前提とした高度なソリューション展開が再成長のカギとなる」と分析しています。今回の発表はIDCが発行したレポート「国内MPS/ドキュメントアウトソーシングサービス市場予測、2017年~2021年:グローバル市場動向との比較」(JPJ41778117)にその詳細が報告されています。本レポートでは、国内MPS市場について、2016年の売上実績調査と2017年...

2017年7月26日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内マネージドプリントサービス市場競合分析結果

...グデータ/アナリティクス、ソーシャル技術といった第3のプラットフォームの普及を前提とした、ビジネスモデルの転換があらゆる産業分野で起こると予測しています。こうした変革は、デジタルトランスフォーメーション(DX)と呼ばれています。IDCでは、今後MPSベンダーには、MPSで構築した強固な顧客関係の下で、DX関連ソリューションを積極的に提供し、顧客のDX対応のスピードアップを支援することが期待されると考えています。IDC Japan イメージング,プリンティング&ドキュメントソリューション グル...

2013年6月26日ITR★フィードバック数:3企業情報システム

マーケティング関連のITについての調査です。

マーケティング関連業務におけるIT活用に対する意識調査

...で、「Webアクセス解析ツール」「Webコンテンツ管理ツール」「顧客関係管理(CRM)システム」「統計解析・データ分析ツール」は4割前後の企業で導入済みで、今後の利用を検討している企業も2、3割存在し、合わせると6割を超える企業が前向きな姿勢を示しています。 今後の利用では、「統計解析・データ分析ツール」および「データ・マイニングツール」が注目されており、順に28.1%および27.2%の企業において検討されています。 図2 マーケティング関連ツールの企業における導入状況 3)マーケティングITツー...

2008年7月7日アイティメディアフィードバック数:0企業情報システム

基幹系アプリ利用に関するアンケート

...系アプリケーションは中堅・中小企業に伸びしろあり まず、導入済み/導入を検討している基幹系アプリケーションの集計結果を見てみよう(図1)。導入済みのアプリケーションで最も多かったのは、「財務/会計」の69%。次いで「人事/給与」(62%)、「販売/在庫管理」(47%)となった。一方、導入を検討している割合が多かったのは、「ERP(企業資源計画)」(17%)、「CRM(顧客関係管理)」(16%)、「電子帳票」(14%)だった。また、先述した導入済みの上位3分野(「財務/会計」「人事/給与」「販売/在庫管理」)以外...

2019年10月1日iProspect★★フィードバック数:0マーケティング

データドリブンコマース 新たなデジタルエコノミーのコマースで勝つ方法

...けてもらえる視認性を確保 Buyability バイアビリティ– 競合商品との差別化 Repeatabilityリピータビリティ– 初回購入後も続く顧客関係を構築コマースの新ルール!誰もがオンラインビジネスを始められる一方で大手プレイヤーが独占する状況も拡大を続けるコマース環境が従来の競争上のルールを激変させる中、一方では市場への参入障壁が崩壊し誰もが限られた資源でオンラインビジネスを始められるようになりました。その半面、一部の大手プレイヤーが需要を集め、増大し続けるeコマースの価値の分け前をほぼ独占している状況も見受けられます。この...

2020年7月23日ぺガジャパンフィードバック数:0ビジネス

パンデミックに対応する企業・組織のデジタル・トランスフォーメーションへの取り組みに関するグローバル調査の結果を発表

...の危機に備えるために必要な、最も検討されている3つのDXプロジェクトは、クラウドベースのシステム(48%)、顧客関係管理(CRM)ソフトウェア(41%)、およびAIによる分析と決定(37%)であることがわかりました。また、本調査は、パンデミックが多くの課題を引き起こす一方で、企業・組織にいくつかの肯定的な結果をもたらす可能性があることを示唆しています:•より良い方向への変化:回答者の74%は、今般のパンデミックの期間、企業・組織が多くのことを学び、ビジ...

年次調査レポート「マーケティング最新事情」(第6版)日本語版を公開

...ウントベースドマーケティング(ABM)を使ってビジネスの成長を図るうえで、特に重要な役割を果たしているのがB2Bマーケターです。日本では48%のマーケターが成功を測るために顧客生涯価値をトラックしています。「マーケティング最新事情」(第6版)は以下のリンクからダウンロードいただけます。 https://www.salesforce.com/jp/form/pdf/6th-state-of-marketing/セールスフォース・ドットコムについてセールスフォース・ドットコムは、顧客関係管理(CRM)のグローバルリーダーであり、デジ...

2018年11月16日Genesys★★フィードバック数:0企業情報システム

MITとジェネシスのグローバル調査で、カスタマージャーニーにおいて企業約9割がAIを導入していることが明らかに

...のキーパーソンから寄せられたインサイトなどをご紹介します。ブログ データに基づく顧客や従業員の最新動向や、業界のキーパーソンから寄せられたインサイトなどをご紹介します。価格MITとジェネシスのグローバル調査で、カスタマージャーニーにおいて企業約9割がAIを導入していることが明らかに約7割がAIを効率化のためだけのツールではなく、顧客関係を構築するためのツールと認識東京 — 2018年11月15日 — オムニチャネル・カスタマーエクスペリエンス(CX)とコンタクトセンター・ソリューションのリーディングベンダーであるジェネシス(www.genesys.com...

2019年12月3日HubSpot Japan★★フィードバック数:0ビジネス

日本の営業に関する意識・実態調査結果をHubSpotが発表

...ッションとして掲げるクラウド型ソフトウェア(SaaS) 企業。顧客をその企業の「推奨者(プロモーター)」に転換する独自のマーケティング・セールス手法、「インバウンド手法」に基づき、永続的に無料のCRM(顧客関係管理ツール)を中核に、マーケティング、営業、カスタマーサポートをひとつのプラットフォーム上で管理・実践できるサービスを展開。スタートアップ支援プログラムとしては、スタートアップ向けの優待価格を始めとするパッケージ「HubSpot for Startups」を提供しています。会社概要 ※日本語の場合「ハブスポット・ジャパン株式会社」と表...

セールスフォース・ドットコムが最新の国内消費者調査を発表

...)送料無料またはスピーディーな商品配送。一方で、消費者のデジタル志向も一段と高まっており、日本人消費者の44%が今年のホリデーシーズンはショッピングアプリでの商品の購入を増やす意向だと回答しています。### セールスフォース・ドットコムについてセールスフォース・ドットコムは、顧客関係管理(CRM)のグローバルリーダーであり、デジタル時代において企業と顧客を近づけるお手伝いをしています。 1999年に設立されたセールスフォース・ドットコムは、あらゆる規模と業界の企業がクラウド、モバイル、ソー...

2018年8月23日avanade★★フィードバック数:0マーケティング

アバナードとサイトコア、CX(カスタマーエクスペリエンス)に関する共同調査を発表

...業にもたらしますが、これを達成するためにはマーテクを導入し最適化する必要があります。ITとマーケティングリーダー間で連携が増え続けているのはその一環でもありますが、信頼に値するパートナーを得ることこそが強固な顧客関係を構築する上で最も重要であり、ただのコストとしか認識されていなかったマーテクスタックが収益を牽引する中心的存在へと変革する助けになるのです」 サイトコア株式会社 代表取締役の酒井秀樹は次のように述べています。「日本ほどカスタマーエクスペリエンスを重要視する国、そして得意とする国は、世界を見渡しても、そう...

2019年11月28日SAS Institute★★フィードバック数:0マーケティング

SAS、最新グローバル調査:2030年のカスタマー・エクスペリエンス

...ノロジーを活用して、円滑なエンゲージメントとそれを支えるインテリジェンスを提供し、より深くそして有意義な顧客関係の提供と顧客ロイヤリティの向上が活かせる機会として2030年を捉えています。ダニエル・ニューマン氏は次のように述べています。「顧客ロイヤリティの構築は、ブランドの成長にとって重要要素です。これからの10年間は、顧客ロイヤリティ計画の中心に長く置かれてきた価格、品質、サービスのマトリックスを超えたニュアンスや複雑さが増加することになるでしょう。将来は、企業によるテクノロジーの利用方法、市場(および消費者)への...

2017年8月3日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

テクノロジービジョン2017 保険業界向け

...システムの中でより重要な役割を築きつつあります。より広範なエコシステムの構築を進めることで、直接的な顧客関係を補完し、戦略的成長の次の波を生み出しているのです。調査対象となった経営幹部の94%が、プラットフォームを軸にしたビジネスモデルの導入は、自社にとって「非常に重要である」と答えています。また、選択するパートナーとエコシステムの持つ力が競争上の優位性に影響を与えるとの回答も76%を占めていました。 また、日本に見られた傾向としては、エコシステムに期待するものとして、「商品やサービス開発時の俊敏さ」や「新たな顧客基盤へのアクセス」、「顧客...

2018年1月30日Criteo★★フィードバック数:0マーケティング

2018年デジタルコマース&マーケティングの展望 ~8つのキートレンドを発表~

...タコラボレーションの必要性の高まり・ブランドや小売業者は、大手グローバル企業のデータの壁に囲まれた庭園(ウォールドガーデン)を懸念しています。・ブランドと小売業者の5分の3がすでになんらかのデータ連携に参加しており、買い物客とのつながりを高めるために、個人を特定できないデータをプールして活用しています。・競争と革新を維持するために、小売業者とブランドは、データ資産を引き続きプールし、コンテンツをパーソナライズし、より良い顧客関係を構築するでしょう。・マーケティング部門の幹部の72%は、データ連携が収益の増加、利益の増加(65...

2014年12月4日NetSuiteフィードバック数:0企業情報システム

日本国内79%のビジネスユーザーがクラウド導入後に市場における競争優位性を実感

...ネスモデルの変更などにおいて、スピードや柔軟性をもたらし、企業が容易かつコスト効率良く、事業拡大する上で不可欠な役割を果たします。NetSuiteを採用することで、ビジネスの成長を妨げていた従来のオンプレミス ソフトウェアの煩わしさや高コストから解放されます。CRM(顧客関係管理)、ERP/財務会計、財務、eコマース、HR、製造、在庫、流通、サプライチェーンなどさまざまな機能が、統合された単一のNetSuiteのクラウドベース業務管理ソリューションから管理でき、世界...

2019年2月28日Great Place to Work★★フィードバック数:0キャリアとスキル

2019年版 日本における「働きがいのある会社」ランキング 145社

...パン株式会社、スリーエム ジャパン プロダクツ株式会社、スリーエム販売株式会社、スリーエム フェニックス株式会社 5社の総称 選出回数 5回業種:クラウド型顧客関係管理システムの提供 Ohanaグループの活動当社の文化「Ohana」は、ハワイ語で「家族」。社員だけでなく、お客様や社会も支援する考え方です。「Ohanaグループ」は、当社が重視する行動規範の一つ「Equality(平等)」を根付かせることを目的に、性別、性的志向、障がい等を問わず、誰もが自分らしく活躍できる社会を目指して、社員...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 

お知らせ