「風土改革」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2013年6月17日日経BPフィードバック数:1キャリアとスキル

1000人調査と柴田流で考える IT職場の風土刷新

...の発展のためには看過できない現実だ。 ITやシステムの仕事は本来、期待が大きく、やりがいや成長性のあるもの。先週の特集に引き続き、組織風土改革の第一人者であるスコラ・コンサルト柴田昌治氏の協力を得て、職場を元気にし、組織を伸ばす方策を探った(関連記事:風土改革の第一人者、柴田昌治氏と考える「いい会社」)。目次 出典:日経情報ストラテジー 2013年5月号 pp.30-47記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。 あなたにお薦めもっと見る日経クロステック SpecialWhat's New経営...

2016年10月7日エン・ジャパンフィードバック数:0ビジネス

「勤務先」をテーマにアンケート

...位は「職場復帰支援の充実」(58%)でした。『上司や周囲に理解がないと、たとえ復帰制度が整っていても、職場に居づらくなる』という制度だけではなく風土改革を求める声や、『保育園探しなど育児支援があると安心する』など復帰しやすいサポートが欲しいという声もありました。第2位は「短時間勤務制度の充実」(56%)。『時短勤務があればもっと働きたい人が増えるし、辞める人も減るはず』『職場の人数が少ないため、時短になると他の社員に負担がかかり、職場の雰囲気が悪くなる。産休を取得する側も時短を申請しづらく、無理...

2021年 デロイト ミレニアル・Z世代年次調査日本版

...ーバルヒューマンキャピタルトレンドサーベイに関する講演多数。グループ組織再編・M&Aにおける人事PMI等に豊富な経験を持つ。著書に「最強組織を作る人事変革の教... さらに見る 古澤 哲也/Tetsuya Furusawaデロイト トーマツ コンサルティング 執行役員 組織・人材コンサルティング歴15年以上。国内外の企業のさまざまな経営課題を組織・人事面から解決する業務に従事。特に、経営・事業戦略をグローバルに推進するためのグローバル人事戦略の立案、各種人事基盤の設計から組織風土改革までをトータルに支援する経験が豊富。主な著書に、『MOTリー...

【調査発表】ポストオフ経験に関する意識調査

...時代はプレッシャーも大きい反面、期待や価値基準が比較的明確です。しかし、ポストオフ後は、自分の強みや関心を生かし、自ら楽しみや意義を見出せる仕事内容や環境を、自ら引き寄せなければなりません。本人が自分の希望を具体的に周囲に伝えること、周囲も期待や要望を遠慮せずに伝えること、その上で業務デザインを相談しあうことなどが有効でしょう。それがとても難しいと感じる職場ならば、風土改革や制度改革が必要でしょう。ポストオフ後も居場所があり成果を上げている方々は、若くても発言が尊重され実力が評価される風土や、年齢...

2013年3月27日アクセンチュアフィードバック数:6キャリアとスキル

多くのビジネスパーソンが「仕事とプライベートの両立は可能」と考えていることが明らかに

...なバックグラウンドを持った社員がそれぞれのスキルや得意分野を活かして活躍することは自社のビジネス発展のために欠かせない要素であると考えており、多様な人材が活躍するための勤務体系/休暇制度の整備や社内人材育成、組織風土改革を推進しています。調査方法アクセンチュアでは2012年11月、世界33か国(アルゼンチン、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブラジル、カナダ、中国、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、インド、インドネシア、アイルランド、イタリア、日本、マレーシア、メキシコ、オランダ、ノルウェー、フィリピン、ポーランド、サウジアラビア、シンガポール、南アフリカ、韓国、スペイン、スウ...

大学生・新卒社会人の就業観に関する調査結果 状況を見て最適キャリアを選択したい「状況観察型」が最多

...び各メンバーファームはそれぞれ法的に独立した別個の組織体です。DTTL(または“Deloitte Global”)はクライアントへのサービス提供を行いません。Deloitteのメンバーファームによるグローバルネットワークの詳細は www.deloitte.com/jp/about をご覧ください。 プロフェッショナル岡本 努/Tsutomu Okamotoデロイト トーマツ コンサルティング 執行役員 人員・人件費計画策定および最適化マネジメントのほか、働き方改革、ダイバーシティ推進、組織風土改革、組織・人事戦略策定、人事制度設計、グル...

働き方改革の実態調査2017~Future of Workを見据えて~

...間労働の是正」については86%の企業が実施し、「業務の見直し」も62%が取り組むが、「組織風土改革(47%)」「健康経営(32%)」「パフォーマンス・マネジメントの見直し/マネージャーの能力開発(20%)」「RPA・AIの活用(13%)」など一過性ではない課題解決につながる多様な取り組みを行う割合は半数以下に留まる。Q.働き方改革に関連する施策として実施した/実施している項目を選択してください(複数回答可)  長時間労働是正への取り組みが進む一方、組織風土面での変化は十分ではない 企業...

2019年2月28日Great Place to Work★★フィードバック数:0キャリアとスキル

2019年版 日本における「働きがいのある会社」ランキング 145社

...者育成を戦略的に行っています。毎年開催される「タレントフォーカスウィーク」は「誰にでも才能がある」というメッセージを軸に個人の隠れた才能にスポットライトを当て成長を後押しします。 選出回数 3回業種:総合コンサルティング業 新しい価値創造へ 組織風土改革「Project PRIDE」当社は2015年より組織風土改革「Project PRIDE」を推進しています。昨年は「イノベーションで世界の人々の仕事と生活をより良くする」という当社ビジョン実現のため、働きやすさの向上に加えて、新しい価値の創造に舵を切りました。拠点...

2014年6月1日エン・ジャパン★フィードバック数:0キャリアとスキル

エン・ジャパン社員対象の調査です。

ワーキングマザーに関する意識調査

...じめとする各種活動により、2013年度・2014年度と2年連続で産休取得率・育児休業復帰率(※2)ともに100%を記録。それに伴い、各職場に復帰をして時短勤務で働くワーキングマザーが年々増えています。(育休復帰社員数:24名、育休取得中社員数:15名 2014年5月30日現在)そこで、今後も各成長企業が直面する、キャリアの足踏み期となるステージを円滑に乗りきるヒントを探るため、ワーキングマザー本人と周囲で働く社員それぞれに本調査を実施しました。※1:WOMenらぼ「世界で一番女性が活躍する会社」を目指し、社内制度・風土改革...

「デロイト ミレニアル年次調査2020」を発表

.../Tetsuya Furusawaデロイト トーマツ コンサルティング 執行役員 組織・人材コンサルティング歴15年以上。国内外の企業のさまざまな経営課題を組織・人事面から解決する業務に従事。特に、経営・事業戦略をグローバルに推進するためのグローバル人事戦略の立案、各種人事基盤の設計から組織風土改革までをトータルに支援する経験が豊富。主な著書に、『MOTリーダー育成法』(中央経済社)、『変革を先取りする技術経営』(共著・企業研究会)等がある。 関連サービス ・ヒューマンキャピタ... さら...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

新着データ

お知らせ