「飼料穀物」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年10月2日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

トウモロコシの在庫量は北部州で大幅に増加(米国)

...米国農務省全国農業統計局(USDA/NASS)が9月30日に公表した飼料穀物の在庫報告によると、2014年9月1日時点のトウモロコシの在庫量は、前年同月比50.5%増の3100万トンと大幅に増加した(図)。特に、トウモロコシの輸送手段として、主に鉄道を利用するミネソタ州やノースダコタ州での在庫量の増加が目立ち、それぞれ同60.9%増、同257.9%増と他州の在庫量をはるかに上回る状況となった。現地報道によると、ノースダコタ州での原油生産の増加による鉄道輸送の拡大により、軌道車が不足していることから飼料穀物...

2014年10月17日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

米国の牛肉生産量、前月の予測値から上方修正

...米国農務省世界農業観測ボード(USDA/WAOB)は10月10日、直近の食肉生産量の見通しを公表した。これによると、2014年の牛肉生産量は前月の予測値から1万6000トン上方修正され、前年比5.3%減の1108万トンとしている。USDAは、上方修正の理由として、トウモロコシなど飼料穀物価格の下落により肥育期間が延びることから、1頭当たり枝肉重量が増加することを挙げている。また、2015年の牛肉生産量も、同じく前月予測値から上方修正された。一方、2014年の豚肉生産量は、1頭当...

2013年7月7日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

ドイツにおける豚肉生産の現状

...、ハンブルク、オランダのロッテルダムなど大規模な港湾が近く、大豆かすをはじめとした輸入飼料穀物の輸送コストを抑えることができます。さらに、オランダに隣接し、北部のデンマークも近いことから、両国で生産された子豚を搬入しやすいという優位性があります。 豚用飼料の状況 ドイツでは、養豚経営で利用される飼料原料のおよそ 60 %が経営内で自給生産され、残りの 40 %は飼料メーカーにより製造された配合飼料が給与されています。豚用飼料として栽培される主な穀物は、小麦と大麦であり、主要...

2015年2月26日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

米国農務省、2015/16年度トウモロコシ等の需給見通しを公表-2015年農業アウトルックフォーラム-

...と、天候に恵まれた2014年水準からわずかな減少が予測される。この結果、国内生産量は前年比4.4%減の3億4500万トンと見込まれるが、これは、2014年、2013年に次ぐ過去3番目に多い水準となる。国内消費量は、飼料等向けが家畜や食肉生産の増加による飼料穀物需要の高まりに加え、食品・種子・その他工業向けが、スターチやコーンシロップなどへの利用拡大によりそれぞれ増加が見込まれる。輸出量は同5.7%増の4700万トンと見込まれる。主要輸出先である中国は在庫を多く抱えているものの、さらに輸入量が増え、また...

2015年1月15日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

米国農務省、トウモロコシ在庫量を公表

...米国農務省全国農業統計局(USDA/NASS)が1月12日に公表した飼料穀物の在庫報告によると、2014年12月1日時点のトウモロコシの在庫量は、前年同月比7.2%増の2億8459万トンに増加した(図)。今回の報告では、2014/15年度(8月〜翌9月)に収穫されたトウモロコシも含めた在庫状況が発表され、旧穀在庫の積み増しが懸念されていたノースダコタ州は前年同月比3.4%減と減少に転じた。これは、2014/15年度の同州のトウモロコシ生産が減産となったことや、停滞...

2014年12月23日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

米国農務省、世界の乳製品需給見通しを公表

...米国農務省(USDA)は12月16日、2014年および2015年の世界の乳製品需給見通しを公表した。これによると、2014年の主要輸出国の生乳生産量は、飼料穀物価格の低下や年前半の高い乳価水準を背景に前年比3.9%増と見込んでいる。また、2015年の生乳生産量について、国際的な乳製品需給の緩みから前年比1.4%増にとどまると予想している。 中国およびロシアの乳製品輸入は低調 乳製品需給のカギを握る中国とロシアの輸入見通しについてUSDAは、2015年は減少もしくは前年並みと予測している。中国...

2013年11月7日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

ブラジル地理統計院が2013年第2四半期の畜産データを発表

...ブラジル地理統計院(IBGE)は9月、2013年第2四半期(4〜6月)の食肉に関すると畜頭数および生産量を公表した。  2013年第2四半期の牛肉のと畜頭数は、855万7000頭を記録した。これは、2012年第4四半期の818万6000頭を上回り、単一四半期実績としては過去最高となった。と畜頭数は前年同期比11.7%増と、7期連続で前年同期を上回って推移している。また、牛肉生産量(枝肉換算)は過去最高の195万トンを記録し、前年同期比10.2%増とかなり大きく増加した。飼料穀物...

2013年7月30日農畜産業振興機構フィードバック数:4ライフスタイル海外

ブラジル農務省が農業生産に関する2022/23年度までの長期予測を発表

...ブラジル農務省戦略管理室(AGE/MAPA)は7月、過去の国内外の関係機関のデータに基づく独自の算出方法により、2022/2023年度(7月〜翌6月)までの主要農畜産物の生産予測を公表した。 トウモロコシ、大豆、食肉、砂糖を中心に生産量の大幅な増加を予測  主要農畜産物の生産量は、2012/13年度〜2022/23年度までの10年間でいずれも大幅に増加すると予測している。2022/23年度の飼料穀物生産量を見ると、トウモロコシは対2012/13年度比で20.0パーセント増の9362万トン、大豆...

2013年10月1日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

EUの豚飼養頭数、繁殖母豚を中心に減少傾向が継続

...タに誤りがあると伝えられたことから除外している。  公表された統計の性別・生育状況別の頭数をみると、総飼養頭数が前年比で1.4パーセント減少したのをはじめ、全般的に減少傾向にある。特に、繁殖母豚は、同2.7パーセントの減少となった(表1)。英国の農業・園芸開発委員会(AHDB)の分析によると、2013年は前年と比較し、飼料穀物価格がやや下落傾向にあるため、一部の生産者が肥育期間を延長した結果、肥育豚(110kg以上)(前年比7.4%増)が増加したとみている。一方、初妊母豚(同1.9%増)や未経産母豚(同0.7%増)がわずかに増加したのは、飼料...

2014年8月19日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

海外の需要を受け、牛肉生産量は増加、価格も高値で推移

...メキシコ連邦政府農牧省農牧漁業情報局(SIAP)によると、2014年6月の牛肉生産量は前年同月比1.6%増の15万1292トンとなり(表1)、2014年1月以降、増加傾向で推移している。この増産要因は、米国での飼料穀物豊作による世界的な飼料価格の下落により、給餌量が増加し、1頭当たりの枝肉重量が同1.0%増となったことが挙げられる。牛肉生産量を州別に見ると、生産量上位3州で前年を下回る水準となったものの、生産量第5位のバハ・カリフォルニア(前年同月比2.3%増)や第6位のミチュアカン(同2.0...

2014年2月14日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

米国および世界の牛肉等需給見通し~2014 Cattle Industry Convention~

...全米肉用牛生産者・牛肉協会(NCBA)、牛肉ボード、CattleFax社他の共催による2014年Cattle Industry Conventionが、2月4日〜7日の4日間、テネシー州ナッシュビルにおいて約8千人が参加して開催された。同会議の中で、CattleFax社(米国の会員制牛肉関係調査会社)により、食肉、飼料穀物等の需給見通しが公表されたことから、その概要を報告する。 ・過去3年間を見ると、2011年は米国南東部で干ばつが発生し、2012年は...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お知らせ