調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > ITセキュリティ調査

「ITセキュリティ調査」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2012年12月26日日経BP★フィードバック数:4セキュリティ/ネットワーク

企業でのセキュリティ対策についての調査です。

企業セキュリティ調査

...Activeトップ企業セキュリティ調査目次 目次出典:日経NETWORK 2012年7月号pp.38-47 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります) セキュリティ対策は企業にとって必要不可欠であり、コストをかけた分だけ強度が増す。しかし、売り上げや利益が上がるわけではない。どこにどの程度対策するかが難しいのだ。ユーザー企業はセキュリティ対策をどのように行っているのか──日経NETWORKが行ったアンケート調査を中心に、BYODなど4項目...

2015年度情報セキュリティ調査

...2018年度情報セキュリティ調査 (公開日:2018年12月20日 更新日:2019年1月16日) 当研究室では2018年8月に、日本国内のプライバシーマーク取得企業、ISMS認証取得企業、官公庁、教育機関などから、ランダムに選んだ4,500の情報セキュリティシステム担当者の皆様を対象とした「情報セキュリティ調査」を実施致しました。 本調査では情報セキュリティマネジメントの取組み状況、情報セキュリティ対応体制・人材に関する状況、制御システムにおける情報セキュリティ課題、匿名加工情報、情報...

グローバルでの調査です。日本についての切り出しもあります。

グローバル情報セキュリティ調査 2013

...「グローバル情報セキュリティ調査」は、PwCが「CIO Magazine」、「CSO Magazine」両誌と共同で毎年世界的に実施している、情報セキュリティに関するオンライン調査です。企業のCEO、CFO、CIO、CSO、IT・情報セキュリティ部門の責任者からデータを収集し、企業の情報セキュリティに関する問題意識、投資動向、対策などについて統計的分析を行った上で、トレンドや企業の規模、業種、地域ごとの特徴を明らかにしています。2013年のレポートには、グローバルでの調査結果を踏まえて、日本...

グローバル情報セキュリティ調査2017 Vol.3:IoTの可能性を探る サイバーセキュリティ対策はIoTの未来を具現化できるのか?

...グローバル情報セキュリティ調査2017 Vol.3:IoTの可能性を探る サイバーセキュリティ対策はIoTの未来を具現化できるのか? 今日、世界のCEOや経営幹部は、サイバーセキュリティやプライバシーへの革新的なアプローチを求めています。多くの先進的な企業では、サイバーセキュリティによってビジネスにおける優位性、信頼、株主価値を生み出すことができることを理解し、これが常識になりつつあります。日本におけるIoTのセキュリティ戦略およびそれに基づく具体的な対策の取り組み状況は、一部...

企業のサイバーセキュリティ戦略が頻繁に見直される国、日本‐一方で日本企業の経営陣はサイバーリスクへの備えに自信がない

...PwC Japanグループ、「グローバル情報セキュリティ調査2018(日本版)」を発表 ‐企業のサイバーセキュリティ戦略が頻繁に見直される国、日本‐一方で日本企業の経営陣はサイバーリスクへの備えに自信がない2018年6月15日PwCコンサルティング合同会社PwCサイバーサービス合同会社PwCあらた有限責任監査法人PwCコンサルティング合同会社(東京都千代田区、代表執行役CEO:足立 晋)、PwCサイバーサービス合同会社(同、代表執行役:足立 晋)、PwCあらた有限責任監査法人(同、代表...

グローバル情報セキュリティ調査2017(日本版)

...PwC Japan、「グローバル情報セキュリティ調査2017(日本版)」を発表 ‐日本企業は、規制対応を優先し、個人データの利活用には消極的‐世界全体では人材不足を補うテクノロジーを積極的に活用2016年11月18日PwCコンサルティング合同会社PwCサイバーサービス合同会社PwCあらた有限責任監査法人PwCコンサルティング合同会社(東京都千代田区、代表執行役CEO:足立 晋)、PwCサイバーサービス合同会社(東京都中央区、代表執行役:足立 晋)、PwCあらた有限責任監査法人(東京...

2015年12月2日アイティメディアフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

読んでおきたいセキュリティリポート・調査結果まとめ

...ンテックが定期的に発表している分析リポートの最新版が公開された。今回この2社のリポートを基に、攻撃の高度化がどのように進化しているのか、そして企業をどのように守るべきかをまとめた。2015年、最大のインパクトを与えた「年金個人情報流出」から得られた教訓とはインテル セキュリティ(日本での事業会社はマカフィー)は2015年11月13日、第2回「2015年のセキュリティ事件に関する意識調査」の結果を発表するとともに、2016年ならびに今後の5年間増加するであろうサイバー脅威の予測も発表した。日本企業は「ISMS」に偏り過ぎ?――PwCが「グローバル情報セキュリティ調査...

グローバル情報セキュリティ調査2017 vol2:スレットマネジメントの新たな可能性に向けて

...グローバル情報セキュリティ調査2017 Vol.2:スレットマネジメントの新たな可能性に向けて 今日、世界のCEOや経営幹部は、サイバーセキュリティへの革新的なアプローチを求めています。多くの先進的な企業では、サイバーセキュリティによってビジネスにおける優位性、信頼、株主価値を生み出すことができることを理解しており、これが常識になりつつあります。日本企業はグローバルよりも、スレットインテリジェンスのサービスを利用している一方、受け...

チェック・ポイント・リサーチ、TikTokに複数の脆弱性を発見

...は、ユーザ データの保護に全力を注いでいます。他の多くの企業と同様、セキュリティ調査の担当者にはゼロデイ脆弱性が発見された場合、私たちに非公開で報告するようお願いしています。チェック・ポイントには、報告があった問題点がTikTokの最新バージョンで修正できていることを公表前に確認してもらっています。今回無事に解決したことで、今後もセキュリティ調査担当者の皆様とのコラボレーションが促進されることを期待しています。」世界中の150以上の市場に75の言語で、10億人以上のユーザを抱えるTikTokは...

2014年1月22日Sofos★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ソフォスのレポートです。

「セキュリティ脅威レポート 2014」(日本語版)

...ッシング攻撃やソーシャルエンジニアリングがさらに巧妙化組み込みデバイス環境 (POS システム、医療システム、および新しい「スマート」インフラストラクチャ) では、最新の PC でさえ、既知の脆弱性 (パッチ公開済み) が修正されていない危険性があるクラウドサービス提供者は、提供するコンピューティングプラットフォームへのセキュリティ強化は進めているが、そこに保存される企業や個人データへのサイバー攻撃は増加モバイルデバイスを標的とするマルウェアがPCを攻撃するマルウェアと同様に高度化ソフォスのグローバルセキュリティ調査研究部門の部長、James Lyne は、次の...

2009年3月16日IPA★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

IPAによる組込分野のまとまった調査です。

自動車と情報家電の組込みシステムのセキュリティに関する調査報告書

...IPAは、近年、生活やビジネスを支える様々な機器やインフラへの組込みシステムの応用が進んでいることを受け、2006年度より、自動車関連や情報家電、携帯電話等を対象とした組込みシステムの脅威と対策についての調査と提言を行ってきました。(参考)○組込みシステムの脅威と対策に関するセキュリティ技術マップの調査報告書(2006年度)○複数の組込み機器の組み合わせに関するセキュリティ調査報告書(2007年度)今回の調査では、自動車の機能や構成から外部サーバとの連携までを含めた全体像を把握し、制御...

地図にプロットしています。

無線LAN セキュリティ・ハザード・マップ

...無線の可視化により、快適な無線LAN(WiFi)、M2M環境を提供します。現場調査からトラブル対応まで(電波調査、セキュリティ調査、トラヒック調査等により)提供します。自社保有の測定ツールと無線歴35年により無線のトラブル対応力No.1を目指します。スマートホーム・ソリューション始めました。 無線LANセキュリティの見える化:セキュリティ診断サービスセキュリティ診断サービス情報漏えい、不正アクセスを解消。 偽装無線アクセスポイントの調査 、無線アクセスポイントの脆弱な暗号化 、無線...

2020年1月30日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

CVE-2020-0601でわかるMSのTLS証明書検証プロセスについて

...CVE-2020-0601でわかるMSのTLS証明書検証プロセスについて2020年年明け早々、世界中のセキュリティ研究者は、Curveballと呼ばれるMicrosoftの重大な証明書の脆弱性(CVE-2020-0601)のセキュリティ調査で大忙しでした。調査の大部分は、パッチを当てていないWindows 10システムが信頼してしまう偽の認証局(CA)で署名された悪意のあるバイナリによる攻撃についてでした。もう1つの攻撃ベクトルであるHTTPSサーバー証明書は、Saleem Rashidが...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着データ

お知らせ