「IoT技術」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2019年9月3日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

BEMS・BAS市場に関する調査を実施(2019年)

...けるクラウドソリューションやAI、IoT技術等による新機能・新サービスは、新築案件への適用だけでなく、リニューアル案件開拓の推進力になる見通しである。オリジナル情報が掲載された ショートレポート を1,000円でご利用いただけます!【ショートレポートに掲載されているオリジナル情報】Aパターンセグメント別の動向新築ビル/既築ビルオンプレミス型/クラウド型セントラル空調/ビルマルチ空調注目トピックの追加情報IoT技術、AI技術将来展望の追加情報 以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください調査要綱 1.調査...

2015年7月13日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

次世代ものづくりソフトウェア世界市場に関する調査結果 2015

...用した製造業におけるソフトウェアを次世代ものづくりソフトウェアとして捉え、2014年の次世代ものづくりソフトウェアの世界市場規模を181億8,000万USドルと推計した。今後、「デジタルツイン(電子的な双子)」という考え方が重要になる。これは、現存する工場や製品について、全く同じものを仮想的(バーチャル)に再現することを指すが、次世代ものづくりでは、現存する工場や製品のデータをIoT技術により取得・収集・蓄積し、それとデジタルツインとを紐づけることで、コンピュータ上でのシミュレーション精度の向上が図られることになる。IoTの活...

2017年9月11日■■■富士経済フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

法人向けサービスロボット/RPA関連国内市場を調査

...システム連携やAI/IoT技術の活用が進むことで各ソリューションが大きく伸び、2030年度には、2016年度比8.9倍の9,063億円が予測される。サービスロボットやRPAを業務に活用するためには、ロボットのカスタマイズや、既存システムとの連携などが必要となる。ロボットやRPAの知識に加え、既存の業務プロセスや業務システムを把握し、最適なソリューションの提供が可能なICTベンダーが重要視される。また、IoTやビッグデータ、AI/コグニティブといったICT技術...

高齢者・障がい者の次世代自立支援機器 市場動向

...者の手を借りずに自分で操作して移乗、移動できる。室内での利用が期待できる。 既存の自動排泄処理装置ではなく、新たなIoT技術を搭載した装置。センサー、カメラ等を搭載し、高齢者・障がい者の健康状態も管理する。製品化にはまだ時間がかかりそうである。 既存の入浴機器ではなく、新たなIoT技術を搭載した装置。センサー、カメラ等を搭載し、高齢者・障がい者の健康状態も管理する。浴室ではなく、シャワーなどでの用途にも可能性がある。 2015 年以降、国内のコミュニケーションロボットの発表・発売が増えている。2017 年7月現在で43...

自動車部品メーカーのM&A動向

...の目指すべき方向への歩みを加速し、「非連続な成長」を可能とするM&Aは、企業戦略上、極めて有効な選択肢の一つと言える。ユーザー・市場を取り巻く4つの潮流1. 新興国市場の急拡大2. 次世代環境車普及に向けた兆し3. 安全性能への社会的ニーズの高まり4. コネクティビティへの消費者ニーズの高まり 自動車メーカーを取り巻く4つの潮流5. 新興国市場獲得競争の熾烈化6. 次世代環境車開発・普及競争の本格化7. 新しい都市型モビリティの本格普及 8. 自動運転・IoT技術...

2019年12月11日ITR★★フィードバック数:0企業情報システム

ITRが「IT投資動向調査2020」の結果を発表

...り、この2項目が3.0以上の高い指数となりました。また、「デジタル技術を活用した新たな収益源の創出」「デジタル人材の新規採用」「AI/IoT技術の実用化」なども上位に並び、デジタルビジネスに関連する項目の重要度が高いことが確認されました。また、重要度指数が高い項目ほど、2019年度の実施率、2022年度の実施率予想ともに高いという相関関係も見られます。 <参考資料2> 主要なIT動向の重要度指数と現在および2022年度の実施率予想 ※3:重要度指数の定義は、重要度が「高い」を5ポイント、「中程度」を3...

2018年12月14日ヘイズ・ジャパンフィードバック数:0ビジネス

人材不足を示す「人材ミスマッチ」、日本は世界33カ国中最悪

...には深刻な人材不足により見直しが進められたサービス産業や福祉業界の賃金引上げペースが専門性の高い業界より早かった為と見られる。日本人は世界一「スキル不足」調査の結果、日本では、企業が求めているスキルと、実際に求職者が持っているスキルが大きくかい離している事が改めて浮き彫りになりました。これは、急速な技術の進化に、日本の人材が持つスキルが追い付いていない為で、深刻なスキル不足の背景には、日本の高等教育や、終身雇用制度における評価制度など、根深い問題があります。最も人材不足が深刻なIT業界や自動車では、AI技術者やデータサイエンティスト、IoT技術者などは需要が高い一方で、企業...

2017年7月26日all engineer.jpフィードバック数:0キャリアとスキル

製造業エンジニア、77.0%は「技術職として生涯働きたい」

...系職種を目指していたわけではないです。合同説明会でみた、会社の雰囲気に惹かれたので、今の会社に決めました(若手)・目指してはないけれど、配属先がそうなったからやらざるをえなかった(若手)希望する製品・サービス分野は「自動車」「半導体」「IoT」・技術職として働く回答者たちは、どんな業務を希望しているのだろうか。まずは「製品・サービス分野」を調べると、先輩社会人(有効回答数:99人)からの回答が最も多かったのは「自動車」関連が7人、次いで「IoT」「半導体」関連が3人となった。一方、新社会人・若手社会人(有効回答数:89人)からは「自動...

2019年8月30日ディグラム・ラボ★フィードバック数:0社会/政治

人生100年時代、激動を生き抜く力「変進力」に関する調査

...の通りご報告いたします。 「 変進力 」とは?さらなる高速通信が可能になる5G技術、音声入力や機械翻訳の精度の飛躍的向上、IoT技術の発展・・・。時代の流れとともに、仕事や組織、人間関係、価値観、新しいサービスや技術など、あらゆるものが日々変化していく中で、その変化に適応し、そして進化できる力、それが「変進力」です。心理学と統計学を組み合わせた性格診断「ディグラム診断」を独自に考案したディグラム・ラボ株式会社が提唱する新しい言葉であり、人生100年時代と言われるこれからの時代においては、そんな変化に適応する力=変進...

2018年1月5日ニューロスペースフィードバック数:0ライフスタイル

2017年度「睡眠負債」実態調査

...の睡眠計測デバイスと解析アルゴリズムを開発し、AI・IoT技術を活用した睡眠解析プラットフォームを提供するSleep Tech(スリープテック)事業を推進する睡眠テクノロジーベンチャーです。【会社概要】本社:東京都千代田区神田須田町2−25 GYB秋葉原5階代表者:代表取締役社長 小林孝徳創業:2013年12月URL:https://neurospace.jp/事業内容:睡眠センシング技術および簡易評価アルゴリズムの開発、睡眠ビジネスに関わる研究開発の技術的支援、睡眠改善プログラムによる企業の健康経営の支援、睡眠...

2021年3月22日メイテックフィードバック数:0キャリアとスキル

7.4%のエンジニアが今後「複数分野の専門知識が必要になると思う」と回答

...ナー・研修」【調査背景】一つの専門分野に特化したいわゆる「スペシャリスト」と呼ばれるI型人材、幅広い知識や経験・スキルを併せ持つ「ゼネラリスト」と呼ばれる一型人材、特定の専門分野に特化した上で異なる分野の知識を有するT型人材など、ビジネスパーソンを分類するこれらのキーワードを耳にしたことのある人も多いのではないでしょうか?これまで研究・開発職にはI型人材、総合的なスキルが必要な管理職には一型人材が、それぞれ求められる傾向がありましたが、近ごろではT型人材に注目が集まっています。IoT技術やDX(デジ...

AI搭載の自動運転車とIoT活用商品に関する国際調査

...でどのような差異が見られるのでしょうか。今回の調査では、近未来市場に登場すると注目されているAIを搭載した自動運転車と、急速に商品化が進んでいるIoT活用商品の二つを例に、先端技術関連商品に対する消費者の態度について、欧米先進国3カ国と日本を比較調査しました。 総括本調査の結果によれば、AIを搭載した自動運転車に対する認知度はどの国も高かった一方で、IoT技術を活用した商品の認知度は日本以外の3カ国では低いことがわかりました。各国間の違いを見ると4カ国の中では、先端技術を用いた商品について米国がやや高い関心を抱いており、対し...

NTTコム オンライン、「AI搭載の自動運転車とIoT活用商品に関する国際調査」結果を発表

...でどのような差異が見られるのでしょうか。今回の調査では、近未来市場に登場すると注目されているAIを搭載した自動運転車と、急速に商品化が進んでいるIoT活用商品の二つを例に、先端技術関連商品に対する消費者の態度について、欧米先進国3カ国と日本を比較調査しました。 総括本調査の結果によれば、AIを搭載した自動運転車に対する認知度はどの国も高かった一方で、IoT技術を活用した商品の認知度は日本以外の3カ国では低いことがわかりました。各国間の違いを見ると4カ国の中では、先端技術を用いた商品について米国がやや高い関心を抱いており、対し...

2017年4月29日HPフィードバック数:0企業情報システム

The Internet of Things: Today and Tomorrow(IoTの現在と未来)

...大の用途としてモニタリングとメンテナンスをあげており、この割合は他の産業より高くなっています。現代の医療業界におけるIoT対応の患者モニタリングの重要性を裏付けています。• 10人中8人の回答者がイノベーションの向上を報告し、73%がコスト削減を報告しました。小売業界では屋内位置情報技術を用いて顧客との関わりを強化し、売上を拡大:• IoT技術を利用している小売企業はわずか49%でしたが、そのうち81%がカスタマー・エクスペリエンスの向上を報告しています。カスタマー・エクスペリエンスの向上は、顧客ロイヤルティと、最終...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

新着データ

お知らせ