「Locky」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

2017年7月のマルウェア検出レポート

...窓口に電話をかけると、架空の有償サポート契約を結ぶよう迫られます。現在のところ、これらのサイトにアクセスして実際にウイルスに感染することはまれですが、念のためウイルス対策ソフトウェアで感染していないかを確認(ESET製品では、「スマート検査」を実行)することをお勧めします。4. ランサムウェア「Locky」の脅威ダウンローダーがダウンロードするマルウェアとして、ランサムウェアが多く確認されました。7月に最も多く検出されたランサムウェアは「Locky(Win32/Filecoder.Locky)」です。2016年2月に...

2018年3月29日FORTINETフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Swarming IoT Attacks, Cryptojacking, and Ransomware Drive Dramatic Spike in Malware

... the list of malware variants. Locky was the most widespread malware variant and GlobeImposter followed as the second. A new strain of Locky emerged, tricking recipients with spam before requesting a ransom. Ransomware continues to morph and leverage new...

2017年3月3日check-pointフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Ransomware Doubled in Second Half of 2016

... a vulnerable version of JBoss Application Server installed. The malware creates a malicious JSP page on vulnerable systems that executes arbitrary commands. Moreover, another Backdoor is created that accepts commands from a remote IRC server.Locky (4.3...

2017年12月のマルウェア検出レポート

....Locky」および「Win32/Filecoder.FV(別名GlobeImposter)」が確認されています。「Win32/Filecoder.Locky」に感染すると、特定の拡張子のファイルが暗号化され、その拡張子は「.asasin」に変更されます。そして身代金要求文書を表示し、ファイルを復号(元に戻す)する条件として金銭の支払いを要求します。「Win32/Filecoder.Locky」感染時に表示される身代金要求文書身代金要求文書に記載されているURLにアクセスすると、支払...

2017年10月 マルウェアレポート

...されます。※ どちらかのダイアログで「いいえ(N)」を選択することで、マルウェアの実行を回避できます。このマルウェアは、ESET製品では「VBA/DDE トロイの木馬」として検出されます。国別にみると、VBA/DDEは世界の中でも特に日本で多く検出されていることが特徴です。また、ランサムウェア「Locky(Win32/Filecoder.Locky)」の攻撃としても利用されていました。10月19日~20日にかけて、VBA/DDEの検出数に比例して、Win32/Filecoder.Lockyの検...

2016年11月7日ラックフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

JSOC INSIGHT vol.13

...メールに添付されたファイルの開封・実行による感染が挙げられます。特に不審メール経由の感染では、メールの件名や添付ファイル名、本文の内容が日本語で送付されている場合が多く、一見して不審であると断定する要素が少ない点が特徴でした。ランサムウェアへの感染を誘導する不審メールの増加ランサムウェアへの感染を誘導する不審なメールが増加しています。JSOCで受信した不審メールの統計をとったところ、受信時間は特定の時間帯に集中しており、特にLockyへの感染を誘導する添付ファイルが多数を占めていました。Lockyが利用するC2サーバのIPアド...

ランサムウェアに関する調査レポート

...サムウェアの対象や影響をパロアルトネットワークス独自の調査で得られた被害状況と併せて紹介し、ランサムウェアの台頭の経緯を解説します。調査レポートの要約(PDF)レポートでの「ランサムウェアの台頭」に関する図表 レポート内で紹介しているランサムウェアの中で「Locky」「Tesla」「Cryptowall」などが、日本でも発見されています。特にLockyは今年2月以降、日本で多く見られるランサムウェアです。 ランサムウェアの脅威に対して、レポート内で準備・防御・対応といった3段階プロセスでの防御を紹介し、適切なセキュリティ戦略を取ること提言します。【パロアルトネットワークスについて】米国...

2018年1月15日Webrootフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

最も危険なランサムウェア トップ10

...中に被害が発生していた「WannaCry」や「Locky」ではなく、「NotPetya」であることがわかりました。調査結果概要1.NotPetyaは米国政府機関も脅威に感じるほどの破壊力をもっていたため、第1位のランクインとなった。2.Notpetyaはこれまでのランサムウェアと異なり、身代金の支払いを要求するのではなく全てを破壊するために作られている。3.WannaCryはEternal Blueを悪用し、驚異的な勢いで被害を与え、世界中の金融機関などの端末が感染し、日本企業も被害にあっています。調査概要Webroot...

2017年3月11日securelistフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Spam and phishing in 2016

... the victim’s credit card data. In 2016, the absolute leaders in spam were Trojan downloaders that download ransomware to the victim’s computer. The most popular were mass spam mailings sent out to infect user computers with the Locky encryptor. However, other...

2017年12月28日trendmicroフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2017年第3四半期セキュリティラウンドアップ

...万台のペースで継続的に確認2017年第3四半期は、Windowsの脆弱性を狙って自身のコピーを拡散するランサムウェア※4「WannaCry(ワナクライ)」が全世界で継続的に確認されており、登場した5月中旬以降、月3万台のペースで検出されています(グラフ3)。また、主に日本、中国、米国などのユーザを狙って、ランサムウェア「Locky(ロッキー)」をメールで大規模に拡散する事例が、2017年9月に2回確認されています。2017年第3四半期は、ランサムウェアの新種の数においても、過去最大であった2017...

2016年9月7日securelistフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Kasperskyサイバー脅威レポート:2016年4月~6月

.... The design of the ransom note and the payment site is an exact copy of that used by the notorious Locky. Satana (Trojan-Ransom.Win32.Satan)This is a combination of MBR blocker and file cryptor, probably inspired by similar functionality in the notorious Petya...

2016年11月25日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Kasperskyサイバー脅威レポート:2016年7月~9月

...化型ランサムウェアのさまざまなファミリーをダウンロードする機能を備えています。第3四半期に最も広範囲に拡散したのは、CTB-Locker(ランサムウェアに攻撃されたユーザーの28.34%)、Locky(同9.6%)、CryptXXX(同8.95%)です。Kaspersky Labのシニアマルウェアアナリストであるヒョードル・シニツィン(Fedor Sinitsyn)は、次のように述べています。「暗号化型ランサムウェアは、依然として個人と法人の両方にとって、最も危険な脅威の1つです。攻撃を受けたユーザーが増加した原因は、ランサムウェアの亜種の急増だと考えています。また、第3...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

特集データ

新着データ

お知らせ