「Officeソフト」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年3月25日マイナビフィードバック数:0ビジネス

サポート終了間近、Office 2003の現役稼働率は?

...を使用しているユーザーが多いことを想定して、複数回答で使用中のOfficeソフトを選んでもらった。■ 個人や家族で使っているパソコンのOfficeソフトは次のうちどれですか?(複数回答) こちらの結果では、Office 2003の使用率が12.6%(63人)に下がっている。もっとも多く使用されているのはOffice 2010で41.0%(205人)だった。同時に行った使用中のOS(複数回答)の調査結果では、Windows XPが25.0%だったことを踏まえると、Officeソフト...

2014年3月23日OSA★フィードバック数:0ビジネス

Google Appsについての様々な統計のまとめです。

「Google Apps」についての知られざる40の統計

...GoogleはWord・Excelなどの主要Officeソフトをダイレクトに置き換え可能な、Googleドキュメント・スプレッドシートなどのクラウドベースのオフィスアプリケーションをパックにした「Google Apps for Business」を提供しており、会社のITインフラをクラウドベースにまるごと移行する企業も多く出現しています。MicrosoftはOffice 365をリリースするなど、クラウドベースのオフィスアプリ(クラウドオフィス)市場...

2012年6月22日マイナビフィードバック数:2デジタル家電

Macについての意識調査

...方がややこしくなってしまう・Windowsとの互換性・Windowsで作成したファイルがMac上で開くとレイアウトが崩れる。互換性をよくしてほしい・Windowsで使用しているソフトが使用できない・故障時が大変・使用できないソフトがある・Windowsの使い方に慣れすぎて閉まったので、MacとWindowsでOfficeソフトの操作や文字入力の違いに慣れず、イライラすることがある・通信速度が遅い・動画が見れないときがある・証券会社などのソフトはWindowsだけしかないのが不満・いまいち使い方がわからない・OSのア...

2019年1月22日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

数字で振り返る2018年のサイバー脅威

...な発信元から受信した不審なファイルや添付ファイルに十分注意し、開かないようにする。・信頼できない提供元からアプリケーションをダウンロード、インストールしない。・不明な発信元から受信したリンクや不審なオンライン広告をクリックしない。・複雑なパスワードを設定する。・重大なセキュリティ上の問題が解決されている場合があるため、アプリケーションの更新プログラムをインストールし必ず最新の状態にする。・Officeソフトウェアやアンチウイルスソフトウェアのセキュリティシステムを無効にするよう求めるメッセージは無視する。・使用...

2013年9月30日トレンダーズフィードバック数:0ビジネス

“カフェワーカー”に関する調査

...加や利便性拡大をあと押ししていると考えられます。◆一長一短の“ノートPC & タブレット”、その課題は“軽量化”、“入力のしやすさ”、“Officeソフト”それでは、“カフェワーカー”たちは、カフェで仕事をする際に、ノートパソコンとタブレット端末のいずれを利用しているのでしょうか。まず、「利用しているIT機器」についてたずねたところ、「ノートパソコン」を利用している人が91%であったのに対し、「タブレット端末」は58%。さらに、自身を「ノートパソコン派」と答えた人は73%にのぼり、「タブレット端末派」(27%)を大きく上回りました。“カフ...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

お知らせ