「PCT国際」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

【情報通信】特許資産規模ランキング、トップ3はNTT、NTTドコモ、米MICROSOFT

...モ、3位 MICROSOFTとなりました。【情報通信 特許資産規模ランキング2014】※企業の合併などを考慮した、最新の名寄せ情報を用いて再計算しているため、前年順位は昨年度発表のものとは異なります。 1位のNTTの注目度の高い特許には、「音声、画像などの信号を、ベクトル量子化により符号化、復号化する場合に発生し得るミュージカルノイズを低減する技術」などが挙げられます。この特許は、PCT国際出願からの移行となっており、パテントファミリーの情報を確認すると、日本のほかには、米国、欧州(※)、中国、カナ...

【ハウスメーカー】特許資産規模ランキング、トップ3は大和ハウス工業、トヨタホーム、旭化成ホームズ

...タホームの注目度の高い特許には、「建物」や「エネルギー消費表示システム」に関する技術などが挙げられます。 3位の旭化成ホームズは、「木造軸組建物」や「蒸散体」に関する技術などが注目度の高い特許として挙げられます。前者の特許はPCT国際出願により、日本のほか、台湾へ出願されています。 4位のミサワホームは「シート挟持装置、防水装置及び防水面材」や「バルコニー付き住宅」に関する技術などが、5位の積水ハウスは「木造住宅の耐力壁」や「耐火部材、防火構造体、構造物および防火構造体の施工方法」に関...

【大学・研究機関】他社牽制力ランキング2015トップ3は産総研、JST、東北大

...審査過程で拒絶理由として引用されています。企業別には半導体エネルギー研究所の15件、シャープの1件となっています。この科学技術振興機構の特許は、PCT国際出願から移行されており、日本以外にも米国や、欧州(ドイツ、フランス、イギリス)、中国、韓国、台湾においても特許を取得しています。引用された特許を分野別にみると、遺伝子工学や、生物学的材料の調査・分析などに関する技術が多く引用されています。 3位東北大学の最も引用された特許は、「トランジスタ」に関する特許(特許第3276930号)および、昨年に引き続き、セイ...

2014年10月8日経済産業研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

セミナー資料です。

知的財産を巡る近年の動向 -特許行政年次報告書2014年版及び特許出願技術動向調査から-

...国を中心に海外各国・地域へ日本企業の注目が高まっていることが視覚的に表現されています。 知的財産制度を取り巻く現状日米欧中韓における特許出願の推移をみると、中国における特許出願件数は引き続き増加しており、2013年は82.5万件(前年比26%増)に上っています。これらの国・地域間の特許出願状況(2012年)をみると、どの国も米国に多く出願していることがわかります。また中国は、海外出願がまだ少ない状況ですが、今後、増加していくことが考えられます。2013年の世界のPCT国際出願件数は20万5300件(2004年は12万...

【情報通信】特許資産規模ランキング、トップ3はNTT、ヤフー、楽天

...通信 特許資産規模ランキング2015】※企業の合併などを考慮した、最新の名寄せ情報を用いて再計算しているため、前年順位は昨年度発表のものとは異なります。 1位のNTTの注目度の高い特許には、「生体適合性に優れた、導電性複合繊維を用いた生体電極」に関する技術などが挙げられます。この特許は、PCT国際出願からの移行となっており、パテントファミリーの情報を確認すると、日本のほかには、米国、欧州(※)、中国に出願が見られ、いずれも各国の特許庁において審査中の段階となっています。 (※)欧州...

【自動車メーカー】特許資産規模ランキング、トップ3はトヨタ、ホンダ、日産

...特許出願であるにもかかわらず、後発の特許審査の過程で、拒絶査定における先行文献として審査官に引用されています。 2位の本田技研工業は、「制御性を向上させることができる自動変速機の油圧制御に関する技術」などが注目度の高い特許として挙げられます。この特許は、PCT国際出願からの移行となっており、パテントファミリーの情報を確認すると、日本のほかには、米国で特許取得済み、中国で実体審査中であることが分かります。また、デンソーによる特許出願の審査の過程で、拒絶査定における先行文献として審査官に引用されています。 3位の...

【自動車部品】特許資産規模ランキング、トップ3はデンソー、BOSCH、日立オートモティブ

...高圧ポンプにおけるタペットとタペット収容部間にフィルターを設ける技術」などが注目度の高い特許として挙げられます。この特許は、PCT国際出願を通して日本以外に米国、欧州、中国、韓国にも出願されており、韓国を除く国・地域で既に特許登録されています。 3位の日立オートモティブシステムズの注目度の高い特許には「ブレーキブースターにおける反力分配機構に関する技術」や「インバーターの回路構成」などが挙げられます。 上位10社の中で、前年から順位を大きく上げた企業として東海理化電機製作所が挙げられます。同社の注目度の高い特許には「プラ...

新興市場上場企業【化学】業界 特許資産規模ランキング、トップ3はエスケー化研、松本油脂製薬、綜研化学

...位 松本油脂製薬、3位 綜研化学となりました。【新興市場:化学 特許資産規模ランキング2014】※1:時価総額は2014年12月5日時点の株価を元に算出しております。※2:「株価特許資産指数」は時価総額を特許資産規模で除した値を示しており、特許資産規模が大きく、株価が低いほど、数値は低くなります。 1位のエスケー化研の注目度の高い特許には、「撥水効果の低下を抑制することで撥水性能を安定して発揮することができるコーティング剤」に関する技術などが挙げられます。この特許は、PCT国際...

【精密機器】特許資産規模ランキング、トップ3はキヤノン、リコー、コニカミノルタ

...カミノルタとなりました。【精密機器 特許資産規模ランキング2014】※企業の合併などを考慮した、最新の名寄せ情報を用いて再計算しているため、前年順位は昨年度発表のものとは異なります。 1位のキヤノンの注目度の高い特許には、「重ねたシート間にズレを生じさせることによりシート同士の貼り付きを解消し、良好な整合を実現するシート処理」に関する技術などが挙げられます。この特許は、PCT国際出願からの移行となっており、日本のほかには、米国で権利化済み、中国では特許審査中となっています。 2位のリコーは、電子ペーパーに関する「簡便...

新興市場上場企業【機械・精密機器】業界 特許資産規模ランキング、トップ3はニューフレアテクノロジー、平田機工、ハーモニック・ドライブ・システムズ

...する技術などが注目度の高い特許として挙げられます。この特許は、PCT国際出願からの移行となっており、パテントファミリーの情報を確認すると、米国、台湾では審査中、韓国では権利化済みとなっています。 前年より順位を上げた企業としては、1位のニューフレアテクノロジー、3位ハーモニック・ドライブ・システムズ、6位野村マイクロ・サイエンス、7位昭和真空のほか、圏外からトップ10にランクインした8位国際計測器(前年12位)、9位フロイント産業(前年13位)、10位助川電気工業(前年11位)が挙げられます。 ※本ラ...

【自動車部品】特許資産規模ランキング、トップ3はデンソー、アイシン精機、BOSCH

...は米国においても特許取得済みとなっています。 2位のアイシン精機は、「チルト機構および跳上機構を備えた車両のステアリング装置」などが注目度の高い特許として挙げられます。この特許は、PCT国際出願からの移行となっており、特許審査ハイウェイに基づく早期審査請求を行っています。パテントファミリーの情報を確認すると、日本のほかには、米国および欧州で特許審査中となっており、中国では実用新案登録されています。 3位のROBERT BOSCH(独)の注目度の高い特許にはKISTLER HOLDING(スイス)との共同保有となっている「内燃...

新興市場上場企業【情報通信】業界 特許資産規模ランキング、トップ3はオプティム、ACCESS、構造計画研究所

...および入力受付けを変更する技術」などが注目度の高い特許として挙げられます。2011年に出願されたこの特許は、早期審査請求により既に権利化済みであるほか、米国、中国に特許出願が見られ、どちらも各国の特許庁において審査中の段階となっています。 2位ACCESSの注目度の高い特許には、「利用者にとって好ましくない電子メールを処理するための方法」に関する技術などが挙げられます。この特許は、PCT国際出願からの移行となっており、パテントファミリーの情報を確認すると、米国では権利化済み、欧州(※)では、拒絶査定が確定しています。(※)欧州...

【食品】特許資産規模ランキング、トップ3は味の素、森永乳業、サントリー

...トリーホールディングスとなりました。【食品 特許資産規模ランキング2014】※企業の合併などを考慮した、最新の名寄せ情報(注)を用いて再計算しているため、前年順位は昨年度発表のものとは異なります。 1位の味の素は、「糖尿病の予防または治療薬であるセリンプロテアーゼ阻害作用を有する新規血糖上昇抑制剤」などが注目度の高い特許として挙げられます。この特許は、PCT国際出願からの移行となっており、パテントファミリーの情報を確認すると、欧州(※)では、特許査定が確定し、間もなく権利化の予定、中国では特許の実体審査中、米国では1件が...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ