「PayPal」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2015年12月2日PayPal★フィードバック数:0マーケティング

越境ECグローバル調査2015

...できるを、もっと。オンラインでのお買い物も、友達とのお金のやりとりも、ビジネス上の決済も、これからはスマホひとつでいつでもできる。 さあ、あなたもペイパルを手に入れよう。お金の可能性は、ここから広がる。いろいろな“できる”を、ペイパルならスマホひとつで。オンラインショッピングで ペイパルをご利用の方ビジネスでクレジットカードや 銀行決済を受け付けたい方PayPal Pte. Ltd. はシンガポール法人であり、日本国金融庁に(1)資金移動業者(第二種資金移動業)(関東財務局長第00026号...

2017年3月29日PayPal★フィードバック数:0マーケティング

越境ECグローバル調査 2016

...ペイパルによる越境 EC グローバル調査 2016 主要32ヶ国のEC市場は約160兆円、日本はアメリカ、中国に次いで3位 PayPal Pte. Ltd.(本社:シンガポール、東京支店カントリーマネージャー:曽根 崇、以下「ペイパル」)は、ペイパルと調査会社イプソスによる越境 EC グローバル調査のレポートを公開しました。この調査は、オンラインショッピングおよび越境 EC に関する消費者の行動と意識について、日本を含む世界 32か国の 約28,000 人の消費者を対象に実施されました。EC...

2011年12月2日PayPalフィードバック数:10マーケティング

オンラインショッピングの購買行動を調査

...ウントを開設して、 安心・快適なショッピングライフをはじめましょう。クレジットカード決済を導入したい (事業主さま・フリーランサーの方) クレジットカード、デビットカード、口座振替の決済を手軽に自社サービスに導入できます。新規登録無料。今すぐアカウントを開設しよう。 登録はこちらから 今すぐ新規登録(無料)PayPal Pte. Ltd. はシンガポール法人であり、日本国金融庁に(1)資金移動業者(関東財務局長第00026号)および(2)前払式支払手段第三者型発行者(関東財務局長第00705号)とし...

2016年1月6日アイティメディアフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

読者が選んだ、2015年「ネットワーク」記事ランキング

...メールの専用アプリが消滅しつつある現状を紹介した「電子メールは死なず、ただ消え去るのみ」でした。10月中旬掲載にもかかわらず、多くのユーザーが利用するコミュニケーションを取り上げた記事だった故にアクセス数も多くなったようです。コミュニケーションツールとしての電子メールはなくなりませんが、独立したアプリケーションは、その機能を他のカテゴリーのアプリに移してなくなるだろうという予測と将来の姿を紹介しています。 また、上位20位までに入った記事の傾向を調べてみると、社会問題となっているネットバンキングの不正送金やPayPalが注...

2016年12月29日Webrootフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ウェブルート四半期脅威情報アップデート

... now must be checked each time they are requested because a page that was nonthreatening just seconds ago may have since been compromised. Google, PayPal, Yahoo and Apple are heavily targeted for phishing attacks – Webroot took a closer look...

2021年6月28日PayPal★フィードバック数:0ビジネス

「2021年ペイパル海外通販レポート」を発表

...2020年は、コロナ禍により世界中でEコマースの売上高が急増 日本でもオンラインショッピングの利用者やデジタルウォレットの利用が増加 グローバルなオンライン決済サービスのプラットフォームおよびテクノロジーリーダーであるペイパル(PayPal Pte. Ltd. 本社:シンガポール、東京支店 日本事業統括責任者:ピーター・ケネバン、以下「ペイパル」)は、世界の13の市場(日本、中国、香港、シンガポール、インド、オーストラリア、米国、英国、フランス、ドイツ、ロシア、メキシコ、ブラジル)で実...

2015年10月8日JimdoJapanフィードバック数:0マーケティング

祝!Jimdo100万サイト突破!

...ますのご繁栄を心より祈ります。#7 Jindoを選んでよかった!!やっぱり、HPはJindoに限る!!これからも、末永くよろしくお願いします!!#8 何だか自分のことのように嬉しいです♪これからもどんどんユーザーが増え新しい便利機能も増えていきますように!#9 JIMDO:サイトは使いやすくて気に入っているのですが、やはり、Paypalでのカード決済の段階でお客さんが逃げています。スムーズに、支払いまで行えるシステムにして頂かないと、ショップは不適です。改善お願いします。#10 JIMDOをはじめて約3ヶ月!これ...

2013年1月25日アイティメディア★フィードバック数:29企業情報システム

TechTargetがビッグデータについての調査結果を公開しました。

ビッグデータインフラに関する読者調査リポート

...グデータ活用の状況にも影響を及ぼす(図4)。「データを分析し、分析結果から新たな価値を生みだしている」と回答したのは2.3%にとどまる。多くの企業は、「データはあるが、まだ分析のための整備や蓄積ができていない」(42.0%)のが現状だ。また、「活用するようなビッグデータが存在しない」との回答も37.5%と比較的多い。図4:ビッグデータ活用の状況 関連記事ビッグデータ活用に満足な企業は6%――米CompTIA調査PayPalも苦戦? ビッグデータ活用で解くべき2大課題  この他、導入...

2018年10月4日sakaseruフィードバック数:0社会/政治

成長中のエンタメ公演への祝い花贈り実態調査

...の企画者は「現地の手渡し(73.9%)」をよしとしているようです。次点は「銀行振り込み(60.1%)」、PayPalやPeatixを含む「Webサービス(17.4%)」や、ギフト券を用いた「その他(0.1%)」の方法を用意しているユーザーは2割もいませんでした。参加者側は「銀行振込(52.0%)」がトップになりました。次いで「現地で手渡し(36.0%)」が占め、高額な花代に反して、アナログなやり取りをされていることが明らかになっています。■調査背景年々減少し続ける花市場において、エン...

2017年2月マルウェア検出状況

... VIRUSRADAR」サイト(英語)にて、ご参照いただけます。② スピアフィッシングの増加2月の傾向として注目したのは、スピアフィッシングの増加があります。2月だけでもPaypal、LINE、MyJCB、Apple、そしてMicrosoftのフィッシングサイトの5件の注意喚起を実施しました。特に1月からMicrosoft社を装ったフィッシングサイトが相次いで発生しており、さらにこのサイトへ誘導するメールが大量にばらまかれていましたので、実際にこのメールを受信された方も多かったと思います。ESETでは...

2014年12月24日アイティメディアフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2014年 検索キーワードランキング(セキュリティ編)

...的かつ効果的なパスワード管理をいかに実現するかに知恵を絞る企業は少なくありません。関連記事“パスワード使い回し”を悲劇に変える「アカウントリスト型攻撃」とは“時代遅れのパスワード管理”から逃れられない人に贈る「4つの心構え」数年でパスワードのない世界に――PayPal幹部が認証変革  6位の「GOM Player」を取り巻くセキュリティ事件も大きな関心を集めました。この事件では、韓国GRETECHの無料動画再生ソフトウェアであるGOM Playerのアップデートサーバが不正アクセスを受け、アッ...

2014年5月16日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2014年4月度)

...ホ決済サービスの利用や認知の状況について教えてください。また次の各サービスについて、それぞれの利用や認知の状況についてお答えください。(Square/ Paypal Here/ 楽天スマートペイ/ Coiney/ Paygate/ Anywhere)3Dプリンタの利用や認知の状況を教えてください。また価格帯別に、3Dプリンタを購入したいと思うかお答えください。インターネットでの買い物や情報を入手する場面で、利用する機器についてあてはまるものを場面ごとに選んでください。調査担当者:KM マーケティングリサーチセクション 2014年4月の...

世界のモバイルマネー市場の現状と将来展望

...イル送金が実質的に地域の資金決済ニーズに応えており、今後もしばらくその傾向が継続するものと予想されます。一方、銀行口座の保有率が高い先進国地域ではインターネット利用が進み、今後モバイルも含むEC 全体の伸びが大きく期待されます。EC利用が進むに伴い、今後はECサイトのチェックアウト機能(支払い機能)を応用した決済方法が新たな電子決済のソリューションとして注目されます。大手ECサイト、「eBay」のチェックアウト機能を担う「PayPalなどはその一例です。この...

2018年5月1日ミック経済研究所★フィードバック数:0マーケティング

ECにおけるネット決済代行サービス市場の現状と展望 2018年度版

...ト決済代行事業者の料金体系とビジネスモデルの特徴第2章 決済手段別市場動向第1節 ネット決済代行サービス市場全体動向と中期予測【2015年度~2022年度】1.ネット決済代行サービス市場規模推移2.契約形態別売上高推移(決済処理型/収納代行型)3.市場シェア第2節 決済手段別市場動向〔クレジットカード/コンビニ(払込票)/コンビニ(オンライン)/電子マネー/ネットバンク/キャリア決済/振込・ATM/PayPal、銀聯・アリペイ、多通貨・外貨決済・ポイント決済、ID決済、仮想通貨決済、口座振替〕第3節 BtoC、CtoC、BtoB別動向(更に...

2018年5月3日ミック経済研究所★フィードバック数:0マーケティング

ECにおけるネット決済代行サービス市場の現状と展望 2018年度版

...ト決済代行事業者の料金体系とビジネスモデルの特徴第2章 決済手段別市場動向第1節 ネット決済代行サービス市場全体動向と中期予測【2015年度~2022年度】1.ネット決済代行サービス市場規模推移2.契約形態別売上高推移(決済処理型/収納代行型)3.市場シェア第2節 決済手段別市場動向〔クレジットカード/コンビニ(払込票)/コンビニ(オンライン)/電子マネー/ネットバンク/キャリア決済/振込・ATM/PayPal、銀聯・アリペイ、多通貨・外貨決済・ポイント決済、ID決済、仮想通貨決済、口座振替〕第3節 BtoC、CtoC、BtoB別動向(更に...

インターブランド「Best Global Brands 2020」レポート「ブランド価値」によるグローバル・ブランドランキングTOP100を発表

...%)となりました。コロナ 禍の影響によりオンラインサービスブランドが発展を遂げ、2桁成長をしたブランドの6割がサブスクリプションのビジネスモデルを採用しています。また、PayPal(60位、前年比+38%)、Mastercard(57位、同+17%)、Visa(45位、同+15%)も、それぞれブランド価値を高めています。感染拡大の影響から主要な支払方法として電子決済への急速な移行が進んだことや、ロックダウンの中で地元のビジネスをサポートするプログラムを迅速に展開したこと等により、不確...

2016年1月27日ニールセンフィードバック数:0大型消費/投資

グローバル・コネクテッド・コマース調査

...いの慣行も変わってきています。世界で過去6ヵ月間にオンラインで買い物をした人の半数以上53%が従来のクレジットカードで支払いをしたいっぽう、43%がPayPalなどのデジタル決済で、39%がデビットカードで、38%が銀行口座からの直接引落を利用したと答えました。アジア太平洋地域では、オンラインショッピングの代金をクレジットカードで支払うと答えたのは韓国で79%、日本では76%でした。デジタル決済を最も多くの消費者が利用しているのはオーストラリアです。57%が過去6か月間の支払いをデジタル決済したと答えました。デジ...

2016年5月2日Webrootフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ウェブルート脅威レポート2016

...ッシング攻撃が用いられるようになってきたことが示されています。Google、Apple、Facebookを始めとするテクノロジー企業が1年間にフィッシング攻撃を受ける回数は、PayPal、Wells Fargo、Bank of America等の金融機関の2倍以上に達していました。これらのテクノロジー企業で用いられるログイン認証が他の多くのウェブサイトへの接続にも用いられることが多いためにフィッシングの標的にされやすく、フィッシングの被害によって複数のアカウントが乗っ取られる結果が生じています。2015年は1日あたり10万個のIPアド...

2019年12月23日Webrootフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ウェブルート「最も危険なマルウェア2019」を公表

...ッシングキャンペーンはさらに個人に標的を絞り、脅迫メールでは、漏洩パスワードを使った粗暴なふるまいが観測されています。最も厄介なフィッシング攻撃には以下のようなものがあります。企業のなりすまし – オフィスでのセキュリティ面の最大の懸念が、離れた場所にいるハッカーではなく従業員であることは珍しくありません。2019年も引き続き、ベストプラクティスの不徹底(パスワードの再利用・共有や、Microsoft、Facebook、Apple、Google、PayPalといった上位のなりすましブランドとの慣れ親しみを含む)が大...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

お知らせ