調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > ■■■富士経済

「■■■富士経済」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2017年10月18日■■■富士経済フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

ディスプレイ関連の世界市場を調査

TV、スマートフォン向けの需要急増によりOLEDディスプレイの市場拡大が本格化するディスプレイ関連の世界市場を調査■大型AMOLED 7,617億円(4.7倍)TV向けを中心に大きく拡大中小型AMOLED 3兆8,523億円(2.8倍) スマートフォン向けに加えて、スマートウォッチやHMD、車載ディスプレイ向けが増加スマートフォン向けを中心にフレキシブル型が大きく伸びる 有機ELテレビ(OLED−TV) 1,100万台(12.9倍)2017年以降急速に拡大 マーケティング&コンサルテーションの株

2017年10月18日■■■富士経済フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

リチウムイオン二次電池関連世界市場を調査

種類別市場、制御部品、ポストリチウムイオン二次電池などリチウムイオン二次電池関連世界市場を調査−リチウムイオン二次電池世界市場−車載専用がけん引、2020年には小型民生用を上回る2021年に4兆円突破 二次電池の45%を占める総合マーケティングビジネスの株式会社富士経済(東京都中央区日本橋 清口正夫 代表取締役)は、自動車関連で需要増加が想定される中、中国メーカーの台頭により、国内を中心に電池メーカーの事業再編などが相次ぐリチウムイオン二次電池市場について調査した。その結果を報告書「2017 電

2017年10月18日■■■富士経済フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国内トイレタリーグッヅ市場を調査(第1回)

洗剤、芳香剤、殺虫剤、クッキングシート、ディスポクリーナー、マスク、紙おむつなど国内トイレタリーグッヅ市場を調査−第1回−アリ用殺虫剤28億円(16.7%増)、ホイルタイプクッキングシート38億円(15.2%増)総合マーケティングビジネスの株式会社富士経済(東京都中央区日本橋 清口正夫 代表取締役)は、6月から近年高付加価値品の投入により単価の上昇が進んでいるトイレタリーグッヅ11カテゴリー80品目の国内市場を調査している。調査は2回に分け行っており、第1回目はランドリー・ファブリックケア、芳香

2017年10月18日■■■富士経済フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

太陽光発電設置住宅およびZEH、オール電化住宅の動向とハウスメーカー、ビルダー/リフォーム事業者のZEH、注目住設機器採用状況を調査

太陽光発電設置住宅およびZEH、オール電化住宅の動向とハウスメーカー、ビルダー/リフォーム事業者のZEH、注目住設機器採用状況を調査総合マーケティングビジネスの株式会社富士経済(東京都中央区日本橋 清口正夫 代表取締役)は、太陽光発電設置住宅およびZEH、オール電化住宅市場と、大手ハウスメーカー、中堅ビルダー/リフォーム事業者のZEHや先進エネルギー住設機器に関する採用状況について調査し、その結果を報告書「2017年版 住宅エネルギー・サービス・関連機器エリア別普及予測調査」にまとめた。 この報

2017年10月18日■■■富士経済フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

スポーツ・レジャー用品向け機能性素材市場・ITテクノロジー活用動向を調査

機能性素材の需要の高さを背景に、素材メーカー各社の技術開発が加速するスポーツ・レジャー用品向け機能性素材市場・ITテクノロジー活用動向を調査2020年スポーツ・レジャー用品向け機能性素材市場1,393億円総合マーケティングビジネスの株式会社富士経済(東京都中央区日本橋 清口正夫 代表取締役)は、2020年の東京五輪開催などにより更なる活性化が期待されるスポーツ産業において、パフォーマンスの最大化や苛酷な使用環境への対応などのニーズの高さから、素材メーカーが開発競争を繰り広げると共に、市場拡大が予

2017年10月18日■■■富士経済フィードバック数:0ビジネス

次世代物流システム・サービスの市場を調査

次世代物流システム・サービスの市場を調査−2025年市場予測(2016年比)−宅配ボックス255億円(4.0倍)、AI音声認識活用物流システム77億円(5.9倍)総合マーケティングビジネスの株式会社富士経済(東京都中央区日本橋 清口正夫 代表取締役)は、ロボティクスやAI、IoTの活用により、物流業務の機械化・自動化が進められている物流ビジネス関連システムおよびサービスの市場を調査した。その結果を報告書「次世代物流ビジネス・システムの実態と将来展望 2017」にまとめた。 この報告書では次世代物

2017年10月5日■■■富士経済フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

断熱・遮熱・蓄熱材の国内市場を調査

−2023年予測(2016年比)−断熱・遮熱・蓄熱材市場:8,246億円(14.9%増)省エネ気運の高まり、新規用途の開拓により市場拡大総合マーケティングビジネスの株式会社富士経済(東京都中央区日本橋 清口正夫 代表取締役)は、省エネ向上、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)・ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)の実現に向けて、注目される断熱材、遮熱材市場、GDPガイドラインの更新で採用拡大が期待される蓄熱材の国内市場を調査した。その結果を報告書「断熱・遮熱・蓄熱市場の現状と将来展望

2017年10月5日■■■富士経済フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

空中表示技術(空中ディスプレイ)と主要構成部材の市場を調査

空中表示技術(空中ディスプレイ)と主要構成部材の市場を調査−2025年空中ディスプレイ世界市場4万6,543台−ホビー・ゲーム、ハウス・家電、アミューズメント・レジャー分野などを中心に拡大総合マーケティングビジネスの株式会社富士経済(東京都中央区日本橋 清口正夫 代表取締役)は、幅広い用途が考えられ、多くのメーカーの参入が期待される空中表示技術の世界市場を調査した。その結果を報告書「2017 空中表示技術と構成部材市場の将来展望」にまとめた。 この報告書では、空中表示技術の動向を空中ディスプレイ

2017年9月11日■■■富士経済フィードバック数:0ライフスタイル

化粧品の国内市場を調査

スキンケアやメイクアップが市場拡大をけん引インバウンド需要の取り込みも継続化粧品の国内市場を調査−2017年化粧品国内市場−前年比2.7%増の2兆5,985億円総合マーケティングビジネスの株式会社富士経済(東京都中央区日本橋 清口正夫 代表取締役)は、訪日外国人の増加を背景に大都市圏の百貨店やドラッグストアを中心にインバウンド需要を取り込み引き続き活況を呈している化粧品の国内市場について調査、総括分析を行った。その調査結果を報告書「化粧品マーケティング要覧 2017 総括編」にまとめた。 この報

2017年9月11日■■■富士経済フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

飲料、食品用途などの容器・包装の国内市場を調査

飲料、食品用途などの容器・包装の国内市場を調査電子レンジ対応パウチ:レトルト食品・チルド食品向けで需要拡大 99億円(80.0%増)脱酸素フィルム:食品や医薬品の包装として採用が増加 80億円(3.6倍) マーケティング&コンサルテーションの株式会社富士キメラ総研(本社:東京都中央区日本橋小伝馬町 TEL:03-3664-5839 社長:田中 一志)は、「高齢化社会」「単身世帯増加」「eコマース」をキーワードに需要が増加している容器・包装の国内市場を調査し、その結果を「2017年 パッケージング

2017年9月11日■■■富士経済フィードバック数:0ライフスタイル

国内中食・惣菜市場を調査

量販店やコンビニ、弁当・惣菜店、百貨店、駅ナカ・駅ビルなどにおける国内中食・惣菜市場を調査−2017年見込の中食・惣菜市場は前年比2.1%増の5兆9,940億円−コンビニ市場が中食・惣菜市場の拡大をけん引高齢者や主婦の利用増加、メニュー拡充や素材の改良などテコ入れも積極的総合マーケティングビジネスの株式会社富士経済(東京都中央区日本橋 清口正夫 代表取締役)は、共働き世帯の増加や高齢化社会への進行を背景に、家庭での調理工程を省力化したいというニーズの高まりを受け拡大する中食・惣菜の国内市場を調査

2017年9月11日■■■富士経済フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

光通信関連の世界市場を調査

光トランシーバー市場:2兆7,309億円(76.9%増) 100G以上の光トランシーバーがけん引光変調アナライザー市場:55億円(71.9%増) 新技術コヒーレント通信を活用する装置・デバイスの性能検証に不可欠 マーケティング&コンサルテーションの株式会社富士キメラ総研(本社:東京都中央区日本橋小伝馬町 TEL:03-3664-5839 社長:田中 一志)は、新しい技術であるコヒーレント通信の登場により100Gbps(以下bps略)から200G、400Gとさらなるデータ伝送の高速大容量化が進んで

2017年9月11日■■■富士経済フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

法人向けサービスロボット/RPA関連国内市場を調査

法人向けサービスロボット/RPA関連国内市場を調査…市場は2030年度に9,063億円の予測(2016年度比8.9倍)保守/点検業務向けサービスロボット関連市場:2030年度予測781億円(2016年度比45.9倍) 実証実験が進み、本格導入により安全かつ効率的な点検が可能となり、急拡大 マーケティング&コンサルテーションの株式会社富士キメラ総研(本社:東京都中央区日本橋小伝馬町 TEL:03-3664-5839 社長:田中 一志)は、ICT技術とロボット技術の融合による新たな付加価値の創出が期

2017年9月11日■■■富士経済フィードバック数:0ライフスタイル

高齢者向け食品・宅配・施設給食の市場を調査

在宅介護の推進により在宅向け商品の需要が増加高齢者向け食品・宅配・施設給食の市場を調査−2017年市場見込−高齢者向け食品…在宅向けは在宅介護の推進により需要が増加149億円在宅用やわらか食…薬局・薬店や量販店など流通店舗における取扱の増加で拡大37億円総合マーケティングビジネスの株式会社富士経済(東京都中央区日本橋 清口正夫 代表取締役)は、在宅介護への移行を背景にサービスや流通チャネルの多様化が進む国内の高齢者向け食品市場を調査し、調査結果を報告書「高齢者向け食品市場の将来展望 2017」に

2017年9月11日■■■富士経済フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

再生可能エネルギー発電関連の国内市場を調査

ポストFITへのシフトを探る太陽光、導入再加速を図るバイオマス/風力の最新市場動向再生可能エネルギー発電関連の国内市場を調査−国内市場−FIT関連発電システムは2025年度予測で1兆2,061億円再生可能エネルギー発電システムの累計導入量は2025年度で1億654万kWに拡大総合マーケティングビジネスの株式会社富士経済(東京都中央区日本橋 清口正夫 代表取締役)は、FIT買取価格の変動などにより縮小が続く一方で関連サービスの需要が増加する太陽光をはじめ、輸入材の活用で市場が大きく拡大するバイオマ

2017年7月19日■■■富士経済フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

一般用医薬品の国内市場を調査

ドリンク剤、美容関連用薬、女性関連など9カテゴリー35品目を調査一般用医薬品の国内市場を調査−2017年見込(2016年比)−皮膚治療薬186億円(6.9%増)、排卵日検査薬19億円(90.0%増)総合マーケティングビジネスの株式会社富士経済(東京都中央区日本橋 清口正夫 代表取締役)は、一般用医薬品17カテゴリー74品目の市場を調査している。第一回目は、ドリンク剤・ミニドリンク剤、疲労対策、女性関連、フットケア、美容関連用薬、肩こり・関節痛関連、小児用薬、その他外用薬、環境衛生用薬の9カテゴリ

2017年7月12日■■■富士経済フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

ビッグデータ・IoT関連ビジネスの国内市場を調査

人工知能(AI)の発展によりデータ利用の効率化などが進むビッグデータ・IoT関連ビジネスの国内市場を調査ビッグデータ・IoT関連ビジネスの国内市場 1兆3,806億円(2.5倍)システムインテグレーション、コネクティビティの伸びが大きいIoTソリューションの国内市場 2,609億円(3.0倍)スマートファクトリーや作業支援など製造分野の伸びが拡大をけん引 マーケティング&コンサルテーションの株式会社富士キメラ総研(本社:東京都中央区日本橋小伝馬町 TEL:03-3664-5839 社長:田中 一

2017年7月12日■■■富士経済フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

H・Bフーズ市場を総括分析

−2016年見込(2015年比)−H・Bフーズ国内市場は2兆2,329億円。2017年も引き続き市場は拡大総合マーケティングビジネスの株式会社富士経済(東京都中央区日本橋 清口正夫 代表取締役)は、2016年8月より4回に分けて、健康(Health)や美容(Beauty)に良いというコンセプトを持った食品(以下、H・Bフーズ)の国内市場を調査してきた。その第4回目の結果を報告書「H・Bフーズマーケティング便覧 2017 総括編」にまとめた。 この報告書ではH・Bフーズ市場を総括分析するとともに、

2016年12月24日■■■富士経済フィードバック数:0ライフスタイル

ベビーケア、ヘルスケア、コスメタリースキンケア用品などの国内市場を調査

インバウンド需要は落ち着くも、2016年は国内需要の取り込みが進むベビーケア、ヘルスケア、コスメタリースキンケア用品などの国内市場を調査−2016年市場見込−ヘルスケア分野の国内市場797億円温熱シート・パッド、サポーターが好調ベビー用関連商品の国内市場1,601億円ベビー用紙おむつのインバウンド需要は落ち着くも、ベビーローション・クリームなどは好調総合マーケティングビジネスの株式会社富士経済(東京都中央区日本橋 清口正夫 代表取締役)は、2016年6月から2回に分けて76品目のトイレタリー用品

2016年12月24日■■■富士経済フィードバック数:0ライフスタイル

整形外科領域、アレルギー疾患治療剤などを調査

医療用医薬品 国内市場調査(3)整形外科領域、アレルギー疾患治療剤などを調査−2024年市場予測(2015年比)−骨粗鬆症治療剤3,745億円(45.3%増)関節リウマチ治療剤2,857億円(26.9%増)高齢化による骨関連疾患患者増加で拡大総合マーケティングビジネスの株式会社富士経済(東京都中央区日本橋 清口正夫 代表取締役)は、医師の診断に基づいて処方される医療用医薬品の国内市場を2016年から2017年にかけ、7回に分けて調査する。 今回は第3回目として、整形外科領域(5品目)、アレルギー

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

特集データ

お知らせ