調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > アジア太平洋研究所

「アジア太平洋研究所」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2014年3月2日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

第21回 関西エコノミックインサイト<関西経済は足下回復も先行きは純輸出の動向に依存― 企業は貿易構造の変化に対応できるか ―>

第21回 関西エコノミックインサイト<関西経済は足下回復も先行きは純輸出の動向に依存― 企業は貿易構造の変化に対応できるか ―>2014-02-28 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.43 <一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み-米中対立の行方や消費増税の影響など不透明要素が重

2014年3月2日アジア太平洋研究所★フィードバック数:0社会/政治

前例振り返りです。

1997年の消費税率引き上げが関西経済へ与えた影響

1997年の消費税率引き上げが関西経済へ与えた影響2014-02-28 本稿では前回の増税(1996年~97年)が関西経済に与えたマクロ的影響を振り返って検討することで、消費増税が関西経済に与える影響について考察する。今回の消費増税は、関西経済に前回ほどの大きな負の影響は与えず、景気の腰折れは回避できると考えられる。その根拠として、次の3つを挙げる。GDPの構成項目のうち、最も消費増税の影響を受けたのは住宅であったが、住宅がGDPに占める割合は当時と比べて半減している。前回と比べて、補正予算に

日本経済(週次)予測(2014年2月18日)<1-3月期は駆込み需要を主因として成長率は加速>

日本経済(週次)予測(2014年2月18日)<1-3月期は駆込み需要を主因として成長率は加速>2014-02-18 関連論文G20大阪サミットと関西経済 -その経済効果と意義- [ トレンドウォッチ ] Abstract/Keywords関西経済,G20大阪サミット, 産業連関表 2019年6月28・29日、大阪で開催されるG20サミットは、日本で初の開催となり、世界的な課題解決に向けてその存在感を世界に示す重要な機会であるのみならず、開催地大阪・関西にとっては25年の万博開催を見据えたうえで

米国経済(週次)予測(2014年2月14日)<“出口戦略”の成功はバブル崩壊・新興国の経済崩壊に間に合うか?>

米国経済(週次)予測(2014年2月14日)<“出口戦略”の成功はバブル崩壊・新興国の経済崩壊に間に合うか?>2014-02-17 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

米国経済(週次)予測(2014年2月7日)<連銀によるフォワード ミスガイダンス>

米国経済(週次)予測(2014年2月7日)<連銀によるフォワード ミスガイダンス>2014-02-10 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

日本経済(週次)予測(2014年2 月11 日)<10-12月期実質GDP成長率の最終予測は前期比年率+3.6%と前期より加速>

日本経済(週次)予測(2014年2 月11 日)<10-12月期実質GDP成長率の最終予測は前期比年率+3.6%と前期より加速>2014-02-12 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.43 <一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み-米中対立の行方や消費増税の影響など不透明要素が重

ものづくり中小企業の海外展開支援に関する考察

ものづくり中小企業の海外展開支援に関する考察

2014年2月9日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(月次)予測(2014年1月)<純輸出は2期連続でマイナスとなるが内需は加速するため、10-12月期成長率は前期より加速>

日本経済(月次)予測(2014年1月)<純輸出は2期連続でマイナスとなるが内需は加速するため、10-12月期成長率は前期より加速>2014-02-03 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.43 <一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み-米中対立の行方や消費増税の影響など不透明要素が

2014年2月9日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済(月次)予測(2014年1月)<CQM 予測の精確度>

米国経済(月次)予測(2014年1月)<CQM 予測の精確度>2013-02-03 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

2014年2月2日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済(週次)予測(2014年1月24日)<Yellen 新連銀議長にとって、思わぬ門出となる1月28-29日のFOMC ミーティング>

米国経済(週次)予測(2014年1月24日)<Yellen 新連銀議長にとって、思わぬ門出となる1月28-29日のFOMC ミーティング>2014-01-27 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

2014年2月2日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(週次)予測(2014年1月27日)<10-11月期の産業活動指数は好調な景気の現況判断指標を裏付けている>

日本経済(週次)予測(2014年1月27日)<10-11月期の産業活動指数は好調な景気の現況判断指標を裏付けている>2013-01-27 関連論文G20大阪サミットと関西経済 -その経済効果と意義- [ トレンドウォッチ ] Abstract/Keywords関西経済,G20大阪サミット, 産業連関表 2019年6月28・29日、大阪で開催されるG20サミットは、日本で初の開催となり、世界的な課題解決に向けてその存在感を世界に示す重要な機会であるのみならず、開催地大阪・関西にとっては25年の万

日本経済(週次)予測(2014年1月20日)<10-12月期、民間最終消費支出は加速し、民間企業設備は拡大に>

日本経済(週次)予測(2014年1月20日)<10-12月期、民間最終消費支出は加速し、民間企業設備は拡大に>2014-01-20 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.43 <一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み-米中対立の行方や消費増税の影響など不透明要素が重荷- 1.2019

米国経済(週次)予測(2014年1月17日)<2013 年10-12 月期(Q4)の経済成長率(速報値)は3%を越えるだろう>

米国経済(週次)予測(2014年1月17日)<2013 年10-12 月期(Q4)の経済成長率(速報値)は3%を越えるだろう>2014-01-20 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

関西経済月次分析(2013年12月-2014年1月)

関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.75 – 景気は足下・先行きともに悪化 – [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 月次レポート,KEIM ・5月の生産は2カ月連続で増産となった。結果、4-5月平均は1-3月期平均比+0.6%上昇した。近経局は生産の基調判断を「生産は底堅い動きがみられる」と4カ月ぶりに上方修正した。 ・6月の貿易収支は2カ月ぶりの黒字だが、輸出、輸入ともに減少しており、貿易総額は

日本経済(週次)予測(2014年1月13日)<景気の先行き期待感は今後しばらく高水準で推移>

日本経済(週次)予測(2014年1月13日)<景気の先行き期待感は今後しばらく高水準で推移>2014-01-14 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.43 <一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み-米中対立の行方や消費増税の影響など不透明要素が重荷- 1.2019年1-3月期実質G

米国経済(週次)予測(2014年1月10日)<市場のコンセンサスを大きく下回った12 月の雇用統計、しかし支出サイドのGDP は大幅に改善>

米国経済(週次)予測(2014年1月10日)<市場のコンセンサスを大きく下回った12 月の雇用統計、しかし支出サイドのGDP は大幅に改善>2014-01-14 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

英国から学ぶこと ー原子力と再生可能エネルギーの共存には国の支援が必要ー

英国から学ぶこと ー原子力と再生可能エネルギーの共存には国の支援が必要ー2014-01-08 関連論文エネルギーインフラ研究会 [ 2014年度/その他の調査研究 ]Abstract/Keywordsリサーチリーダー アジア太平洋研究所 副所長 澤 昭裕 常葉大学 教授山本 隆三研究目的 東日本大震災は多くの教訓を残したが、その一つは防災に強い国土建設の必要性であった。特に、電気、ガス、石油のエネルギー関係のインフラを強靭にすることと、同時に他地域での震災に備えバックアップ機能を持たせることの

日本経済(月次)予測(2013年12月)<10-12月期、消費者物価上昇の裾野広がる>

日本経済(月次)予測(2013年12月)<10-12月期、消費者物価上昇の裾野広がる>2014-01-06 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.43 <一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み-米中対立の行方や消費増税の影響など不透明要素が重荷- 1.2019年1-3月期実質GDP成

米国経済(月次)予測(2013年12月)<Fed’s economists have already painted themselves into a corner>

米国経済(月次)予測(2013年12月)<Fed’s economists have already painted themselves into a corner>2014-01-06 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

関西経済月次分析(2013年11、12月)

関連論文G20大阪サミットと関西経済 -その経済効果と意義- [ トレンドウォッチ ] Abstract/Keywords関西経済,G20大阪サミット, 産業連関表 2019年6月28・29日、大阪で開催されるG20サミットは、日本で初の開催となり、世界的な課題解決に向けてその存在感を世界に示す重要な機会であるのみならず、開催地大阪・関西にとっては25年の万博開催を見据えたうえでの大きな意義がある。本稿は、経済的効果に限定してその評価を行ったものであり、分析ツールとしては産業連関表を用いている。

日本経済(週次)予測(2013年12月23日)<10-12月期、景気は内需拡大に支えられているが、純輸出の回復は道遠し>

日本経済(週次)予測(2013年12月23日)<10-12月期、景気は内需拡大に支えられているが、純輸出の回復は道遠し>2013-12-24 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.43 <一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み-米中対立の行方や消費増税の影響など不透明要素が重荷- 1

米国経済(週次)予測(2013年12月20日)<連銀は資産購入の縮小を12月のFOMCで決定したが、出口戦略へのスムーズな移行は難しいだろう>

米国経済(週次)予測(2013年12月20日)<連銀は資産購入の縮小を12月のFOMCで決定したが、出口戦略へのスムーズな移行は難しいだろう>2013-12-24 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

2013年度補正予算は消費増税の激変を緩和できるか

2013 年度補正予算は消費増税の激変を緩和できるか2013-12-27 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.43 <一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み-米中対立の行方や消費増税の影響など不透明要素が重荷- 1.2019年1-3月期実質GDP成長率は前期比+0.5%(年率換算+

超短期予測の有用性を確認、平成23年度兵庫県GDP推計から

超短期予測の有用性を確認、平成23年度兵庫県GDP推計から2013-12-18 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.30 <一部明るい兆しもあるが、総じて停滞している関西経済 先行きはリスク要素多く不透明感が強い> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords 〈予測のハイライト〉 1.2016年1-3月期の実質GDP成長率は前期比年率+1.7%(前期比+0.4%)と2四半期ぶりのプラスとなった。内需は+0.

日本経済(週次)予測(2013年12月16日)<10-12月期、景気は引き続き着実に回復している>

日本経済(週次)予測(2013年12月16日)<10-12月期、景気は引き続き着実に回復している>2013-12-16 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.43 <一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み-米中対立の行方や消費増税の影響など不透明要素が重荷- 1.2019年1-3月期

米国経済(週次)予測(2013年12月13日)<連銀の問題はQE3 の縮小を行うか否かではなく、それをいつ行うかになった!>

米国経済(週次)予測(2013年12月13日)<連銀の問題はQE3 の縮小を行うか否かではなく、それをいつ行うかになった!>2013-12-16 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

日本経済(週次)予測(2013年12月10日)<2012 年度 GDP 確報値は大幅に下方改訂。 成長ドライバーは公共投資ではなく民間需要であることが判明>

日本経済(週次)予測(2013年12月10日)<2012 年度 GDP 確報値は大幅に下方改訂。 成長ドライバーは公共投資ではなく民間需要であることが判明>2013-12-10 関連論文G20大阪サミットと関西経済 -その経済効果と意義- [ トレンドウォッチ ] Abstract/Keywords関西経済,G20大阪サミット, 産業連関表 2019年6月28・29日、大阪で開催されるG20サミットは、日本で初の開催となり、世界的な課題解決に向けてその存在感を世界に示す重要な機会であるのみなら

米国経済(週次)予測(2013年12月6日)<最近の好ましい経済統計にもかかわらず、連銀は 12月の FOMCにおいて資産購入の縮小を延期するだろう>

米国経済(週次)予測(2013年12月6日)<最近の好ましい経済統計にもかかわらず、連銀は 12月の FOMCにおいて資産購入の縮小を延期するだろう>2013-12-09 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

日本経済(月次)予測(2013年11月)<物価上昇のすそ野が広がり、生産の拡大がみ られる。資本財出荷は大幅上昇し企業設備に とってはよいシグナル。>

日本経済(月次)予測(2013年11月)<物価上昇のすそ野が広がり、生産の拡大がみ られる。資本財出荷は大幅上昇し企業設備に とってはよいシグナル。>2013-12-02 関連論文G20大阪サミットと関西経済 -その経済効果と意義- [ トレンドウォッチ ] Abstract/Keywords関西経済,G20大阪サミット, 産業連関表 2019年6月28・29日、大阪で開催されるG20サミットは、日本で初の開催となり、世界的な課題解決に向けてその存在感を世界に示す重要な機会であるのみならず、開

米国経済(月次)予測(2013年11月)<可能性の高いQE3 の継続、しかし失敗したときのコ ストは計り知れない!>

米国経済(月次)予測(2013年11月)<可能性の高いQE3 の継続、しかし失敗したときのコ ストは計り知れない!>2013-12-02 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

第20回 関西エコノミックインサイト<消費増税の影響の表れ方に差はあるか ― 影響の出方の比較:関西vs.全国 ―>

第20回 関西エコノミックインサイト<消費増税の影響の表れ方に差はあるか ― 影響の出方の比較:関西vs.全国 ―>2013-11-29 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.43 <一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み-米中対立の行方や消費増税の影響など不透明要素が重荷- 1.2

第97回 景気分析と予測<7-9月期GDP1次速報値を織り込み、実質GDP成長率を2013年度+2.7%、14年度+0.3%、15年度を+0.9%と予測>

第97回 景気分析と予測<7-9月期GDP1次速報値を織り込み、実質GDP成長率を2013年度+2.7%、14年度+0.3%、15年度を+0.9%と予測>2013-11-29 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.43 <一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み-米中対立の行方や消費増

2100年までの実質GDPと一人当たりGDPの年次推定データベース

2100年までの実質GDPと一人当たりGDPの年次推定データベースを公開2013-11-27 約200の国・地域に関する、2100年までの実質GDPと一人当たりGDPの予測を統計データの新規ページとして公開しました。 この研究成果の研究プロジェクト研究プロジェクト世界の人口と経済に関する超長期データベースの作成 [ 2013年度/アジア太平洋経済展望 ]Abstract/Keywords目的 OECDが発表した2060年までの加盟国の実質GDPに関する予測によれば、中国およびインドは、GD

関西経済月次分析(2013年10月、11月)

関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.43 <一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み-米中対立の行方や消費増税の影響など不透明要素が重荷- 1.2019年1-3月期実質GDP成長率は前期比+0.5%(年率換算+2.1%)と2四半期連続のプラス成長となった。内需で成長率を押し上げたのは民

米国経済(週次)予測(2013年11月22日)<支出サイドのGDP から景気を判断すると景気拡大のモーメンタムを見失う>

米国経済(週次)予測(2013年11月22日)<支出サイドのGDP から景気を判断すると景気拡大のモーメンタムを見失う>2013-11-25 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

日本経済(週次)予測(2013年11月25日)<強い内需と外需の回復に支えられ、10-12月期成長率は再び加速>

日本経済(週次)予測(2013年11月25日)<強い内需と外需の回復に支えられ、10-12月期成長率は再び加速>2013-11-25 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.43 <一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み-米中対立の行方や消費増税の影響など不透明要素が重荷- 1.201

日本経済(週次)予測(2013年11月18日)<7-9月期は一時的に減速したが、年度後半には成長率は再び加速>

日本経済(週次)予測(2013年11月18日)<7-9月期は一時的に減速したが、年度後半には成長率は再び加速>2013-11-18 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.43 <一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み-米中対立の行方や消費増税の影響など不透明要素が重荷- 1.2019

米国経済(週次)予測(2013年11月15日)<次期連銀議長候補のJannet Yellen は資産バブルを否定するが…>

米国経済(週次)予測(2013年11月15日)<次期連銀議長候補のJannet Yellen は資産バブルを否定するが…>2013-11-18 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

日本経済(週次)予測(2013年11月12日)<7-9月期実質GDP成長率最終予測は前期より幾分減速するが2.5%~3.0%>

日本経済(週次)予測(2013年11月12日)<7-9月期実質GDP成長率最終予測は前期より幾分減速するが2.5%~3.0%>2013-11-12 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.43 <一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み-米中対立の行方や消費増税の影響など不透明要素が重荷

米国経済(週次)予測(2013年11月8日)<QE3 に執着するために、いろいろに統計解釈をするハト派連銀エコノミスト>

米国経済(週次)予測(2013年11月8日)<QE3 に執着するために、いろいろに統計解釈をするハト派連銀エコノミスト>2013-11-11 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

日本経済(月次)予測(2013年10月)<7-9月期実質GDP成長率予測:CQM予測は市場コンセンサスより高めに>

日本経済(月次)予測(2013年10月)<7-9月期実質GDP成長率予測:CQM予測は市場コンセンサスより高めに>2013-11-05 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.43 <一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み-米中対立の行方や消費増税の影響など不透明要素が重荷- 1.20

米国経済(月次)予測(2013年10月)<2013 年7-9月期GDP(速報値)の最終CQM予測 vs. 10月30日のFOMC声明>

米国経済(月次)予測(2013年10月)<2013 年7-9月期GDP(速報値)の最終CQM予測 vs. 10月30日のFOMC声明>2013-11-05 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

米国経済(週次)予測(2013年10月25日)<政府閉鎖まで堅調に回復していた米経済、百害あって一利なしの政府閉鎖>

米国経済(週次)予測(2013年10月25日)<政府閉鎖まで堅調に回復していた米経済、百害あって一利なしの政府閉鎖>2013-10-28 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

日本経済(週次)予測(2013年10月28日)<低調にとどまった9月貿易統計により、7-9月期実質GDP成長率は2%台に減速。>

日本経済(週次)予測(2013年10月28日)<低調にとどまった9月貿易統計により、7-9月期実質GDP成長率は2%台に減速。>2013-10-28 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.43 <一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み-米中対立の行方や消費増税の影響など不透明要素が重

日本経済(週次)予測(2013年10月21日)<公共投資、7-9 月期経済を押し上げる。成長率4%超えは純輸出の回復に依存。>

日本経済(週次)予測(2013年10月21日)<公共投資、7-9 月期経済を押し上げる。成長率4%超えは純輸出の回復に依存。>2013-10-21 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.43 <一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み-米中対立の行方や消費増税の影響など不透明要素が重荷

米国経済(週次)予測(2013年10月18日)<急速に低下する国際社会における米国の政治・経済の信頼性>

米国経済(週次)予測(2013年10月18日)<急速に低下する国際社会における米国の政治・経済の信頼性>2013-10-21 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

関西経済月次分析(2013年9月、10月)

関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.43 <一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み-米中対立の行方や消費増税の影響など不透明要素が重荷- 1.2019年1-3月期実質GDP成長率は前期比+0.5%(年率換算+2.1%)と2四半期連続のプラス成長となった。内需で成長率を押し上げたのは民

日本経済(週次)予測(2013年10月14日)<超短期予測は7-9月期実質成長率をコンセンサス予測より高く見る>

日本経済(週次)予測(2013年10月14日)<超短期予測は7-9月期実質成長率をコンセンサス予測より高く見る>2013-10-15 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.43 <一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み-米中対立の行方や消費増税の影響など不透明要素が重荷- 1.201

米国経済(週次)予測(2013年10月11日)<Janet Yellen に連銀へのCredibility(信頼性)喪失の問題を残したBernanke>

米国経済(週次)予測(2013年10月11日)<Janet Yellen に連銀へのCredibility(信頼性)喪失の問題を残したBernanke>2013-10-15 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

日本経済(週次)予測(2013年10月7日)<9月短観販売価格判断DI、卸売・小売5年ぶりプラスに転じる。消費増税の価格転嫁には追い風。>

日本経済(週次)予測(2013年10月7日)<9月短観販売価格判断DI、卸売・小売5年ぶりプラスに転じる。消費増税の価格転嫁には追い風。>2013-10-07 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.43 <一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み-米中対立の行方や消費増税の影響など不透

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ