調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > アジア太平洋研究所

「アジア太平洋研究所」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

日本経済(週次)予測(2013年5月20日)

日本経済(週次)予測(2013年5月20日)<4-6月期の成長率は支出サイドが+1.5%と低いが、上方修正のポイントは補正予算の効果と純輸出の拡大> 深刻度を増す世界貿易、足下堅調も民需先細り懸念1. 世界貿易は深刻度を増している。CPB World Trade Monitor(23 August, 2019)によれば、19年4-6月期の世界輸出数量は前期比-0.9%減少し、3四半期連続のマイナス。地域別にみれば、先進国は同-0.5%と2四半期ぶりのマイナス、新興国は同-1.4%と3四半期連続

米国経済(週次)予測(2013年5月17日)

米国経済(週次)予測(2013年5月17日)<CQM は今期の米経済に3%成長を予想、しかし連銀エコノミストは今もってModerate Growth を想定> 〒530-0011大阪市北区大深町3番1号グランフロント大阪ナレッジキャピタル タワーC 7階

第95回 景気分析と予測

第95回 景気分析と予測<1-3月期GDP1次速報値を織り込み、2013年度実質GDP成長率を+2.7%、14年度+0.3%、15年度+1.2%と予測。円安が急速に進んでも企業設備の急拡大には繋がらず、大胆な規制緩和(第3の矢)の実現がカギとなる> ・9月の生産(季節調整値)は2カ月ぶりの前月比プラス。7-9月期は3四半期ぶり前期比上昇。近経局は生産の基調判断を「生産は緩やかな持ち直しの動きに一服感」と前月から据え置いた。 ・10月の貿易収支は5カ月連続の黒字だが、輸出入とも前年同月比マイナスと

日本型ものづくりのアジア展開-ベトナムを事例とする戦略と提言-

2012年度の報告書 日本型ものづくりのアジア展開-ベトナムを事例とする戦略と提言-が完成しました。DATE : 2013-05-14 本報告書はアジア太平洋研究所の「中小企業の東南アジア進出に関する実践的研究」プロジェクトの2012年度の研究成果をまとめたものです。本研究は、日本の中小企業が「ものづくり」を東アジア諸国で展開するために相手国および日本側でとるべき施策・体制を検討し、提言を策定することを目的としています。2012年度は、関西のものづくり中小企業のベトナム進出支援に関わる諸問題に焦

日米中新体制と環太平洋経済協力のゆくえ

2012年度の報告書 -日米中新体制と環太平洋経済協力のゆくえ-が完成しました。DATE : 2013-05-16 本研究は、主要国の政権交代による通商政策への影響を踏まえながら、環太平洋経済協力に対する各国の政策基調を考察し、米中など関係国で高まる政治的不確実性に対する情報を提供し、TPP等で日本の積極的役割が求められていることを示しました。 研究プロジェクト研究プロジェクト » 2012年度 » アジア太平洋地域軸 AUTHORリサーチリーダー 大西 裕 神戸大学教授研究成果概要 本研究

米国経済(週次)予測(2013年5月10日)

米国経済(週次)予測(2013年5月10日)<非農業雇用者数の変化と失業保険新規申請件数の統計的関係> 〒530-0011大阪市北区大深町3番1号グランフロント大阪ナレッジキャピタル タワーC 7階

日本経済(週次)予測(2013年5月13日)

日本経済(週次)予測(2013年5月13日)<1-3月期実質GDP成長率の最終予測(支出サイドモデル)は前期比年率+2.7%> インサイトインサイト » トレンドウォッチDATE : 2019-09-09 本稿では最近の日韓関係の悪化が関西経済にどのような影響を及ぼすかを「2つの輸出」の視点から分析した。分析から以下の結論が得られた。1. 財貨の交易についてみれば、韓国のシェアは関西・全国ともに輸出が約7%、輸入が約4%である。中国のシェアと比較すれば、輸出で約4分の1、輸入で約8分の1である。

マレーシア、フィリピン、タイにおけるCQM構築の可能性調査

2012年度の報告書 -マレーシア、フィリピン、タイにおけるCQM構築の可能性調査-が完成しました。DATE : 2013-05-14 日米の超短期経済モデル(CQM*)が日米経済の現状の景気判断に適し、それが政策当局(特に金融政策者)、エコノミスト、投資家、経営者等の政策決定に役立つことから、日米―ASEAN CQM LINKの構想が生まれました。経済のグローバル化が急速に進展している今、ハイフリークエンシー(High Frequency)統計に基づく現状の景気判断が常に数値とトレンドで客観的

日本経済(週次)予測(2013年5月6日)

日本経済(週次)予測(2013年5月6日)<好調な民間最終消費支出により、1-3月期は3%を超える実質経済成長を実現する可能性が高い> 深刻度を増す世界貿易、足下堅調も民需先細り懸念1. 世界貿易は深刻度を増している。CPB World Trade Monitor(23 August, 2019)によれば、19年4-6月期の世界輸出数量は前期比-0.9%減少し、3四半期連続のマイナス。地域別にみれば、先進国は同-0.5%と2四半期ぶりのマイナス、新興国は同-1.4%と3四半期連続のマイナスを記

米国経済(週次)予測(2013年5月3日)

米国経済(週次)予測(2013年5月3日)<今の経済状況の下ならば、連銀は少なくとも資産購入規模を縮小すべきではないか?> 〒530-0011大阪市北区大深町3番1号グランフロント大阪ナレッジキャピタル タワーC 7階

2013年5月6日アジア太平洋研究所フィードバック数:1社会/政治

米国経済(月次)予測(2013年4月)

米国経済(月次)予測(2013年4月)<日米の超金融緩和政策は雇用を増やすか?> 〒530-0011大阪市北区大深町3番1号グランフロント大阪ナレッジキャピタル タワーC 7階

2013年5月6日アジア太平洋研究所フィードバック数:1社会/政治

日本経済(月次)予測(2013年4月)

日本経済(月次)予測(2013年4月)<インフレ率2%達成のベストシナリオは、成長戦略加速化とCPI プラス転換のシナジー> インサイトインサイト » トレンドウォッチDATE : 2019-09-09 本稿では最近の日韓関係の悪化が関西経済にどのような影響を及ぼすかを「2つの輸出」の視点から分析した。分析から以下の結論が得られた。1. 財貨の交易についてみれば、韓国のシェアは関西・全国ともに輸出が約7%、輸入が約4%である。中国のシェアと比較すれば、輸出で約4分の1、輸入で約8分の1である。今

米国経済(週次)予測(2013年4月19日)<2013 年1-3 月期の経済成長率(速報値)のCQM 最終予測は2.0%(支出面)~2.6%(所得面)>

米国経済(週次)予測(2013年4月19日)<2013 年1-3 月期の経済成長率(速報値)のCQM 最終予測は2.0%(支出面)~2.6%(所得面)> 〒530-0011大阪市北区大深町3番1号グランフロント大阪ナレッジキャピタル タワーC 7階

日本経済(週次)予測(2013年4月22日)<先週発表されたデータは、公共投資は息切れ、輸出市場は回復の兆しを示唆>

日本経済(週次)予測(2013年4月22日)<先週発表されたデータは、公共投資は息切れ、輸出市場は回復の兆しを示唆> インサイトインサイト » トレンドウォッチDATE : 2019-09-09 本稿では最近の日韓関係の悪化が関西経済にどのような影響を及ぼすかを「2つの輸出」の視点から分析した。分析から以下の結論が得られた。1. 財貨の交易についてみれば、韓国のシェアは関西・全国ともに輸出が約7%、輸入が約4%である。中国のシェアと比較すれば、輸出で約4分の1、輸入で約8分の1である。今後、韓国

米国経済(週次)予測(2013年4月12日)

米国経済(週次)予測(2013年4月12日)<大きく下方修正された2013年1-3月期の経済成長率、遠のく出口戦略への移行> 〒530-0011大阪市北区大深町3番1号グランフロント大阪ナレッジキャピタル タワーC 7階

日本経済(週次)予測(2013年4月15日)

日本経済(週次)予測(2013年4月15日)<気になる民間企業設備の弱さ。いまだ輸出拡大→生産拡大→投資拡大の好循環に企業は自信がない。> インサイトインサイト » トレンドウォッチDATE : 2019-09-09 本稿では最近の日韓関係の悪化が関西経済にどのような影響を及ぼすかを「2つの輸出」の視点から分析した。分析から以下の結論が得られた。1. 財貨の交易についてみれば、韓国のシェアは関西・全国ともに輸出が約7%、輸入が約4%である。中国のシェアと比較すれば、輸出で約4分の1、輸入で約8分

米国経済(週次)予測(2013年4月5日)

米国経済(週次)予測(2013年4月5日)<ウォール・ストリート紙は黒田新日銀総裁の政策発表を“バーナンキの日本銀行”と評価> 〒530-0011大阪市北区大深町3番1号グランフロント大阪ナレッジキャピタル タワーC 7階

日本経済(週次)予測(2013年4月8日)

日本経済(週次)予測(2013年4月8日)<大胆な金融緩和で先行き期待は大きく改善しているが、実物経済はジャンプスタートできない> インサイトインサイト » トレンドウォッチDATE : 2019-09-09 本稿では最近の日韓関係の悪化が関西経済にどのような影響を及ぼすかを「2つの輸出」の視点から分析した。分析から以下の結論が得られた。1. 財貨の交易についてみれば、韓国のシェアは関西・全国ともに輸出が約7%、輸入が約4%である。中国のシェアと比較すれば、輸出で約4分の1、輸入で約8分の1であ

2013年4月7日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済(月次)予測(2013年3月)

3 月29 日のCQM は2012 年10-12 月期 (2012Q4)のGDP 統計(確定値)とそれ に対応する2 月の国民所得・消費支出のみ を更新した。 ?その結果、支出サイドでは2013Q1 の実質 GDP 伸び率を2.97%から3.15%へ、所得サ イドでは1.98%から3.45%へとそれぞれ上 方に修正した(図表1)。?? ?連銀エコノミストの中で、ハト派対タカ派 の意見の相違がかなり表面化している。 ?タカ派の代表であるプロッサーフィラデル フィア連銀総裁は低金利政策のコストの大

米国経済(週次)予測(2013年3月15日)

2019-06-122018年度報告書が完成しました。 インバウンド先進地域としての関西+MICE[ 2018年度/日本・関西経済軸 ] 2019-05-162018年度報告書が完成しました。 産業イノベーション調査[ 2018年度/日本・関西経済軸 ] 2019-05-162018年度報告書が完成しました。 アジアをめぐる経済統合の展望と課題[ 2018年度/アジア太平洋地域軸 ] 2019-04-232018年度報告書が完成しました。 スポーツ産業の活性化[ 2018年度/日本・関西経済軸

日本経済(週次)予測(2013年3月18日)

2019-06-122018年度報告書が完成しました。 インバウンド先進地域としての関西+MICE[ 2018年度/日本・関西経済軸 ] 2019-05-162018年度報告書が完成しました。 産業イノベーション調査[ 2018年度/日本・関西経済軸 ] 2019-05-162018年度報告書が完成しました。 アジアをめぐる経済統合の展望と課題[ 2018年度/アジア太平洋地域軸 ] 2019-04-232018年度報告書が完成しました。 スポーツ産業の活性化[ 2018年度/日本・関西経済軸

米国経済(週次)予測(2013年3月8日)

2019-06-122018年度報告書が完成しました。 インバウンド先進地域としての関西+MICE[ 2018年度/日本・関西経済軸 ] 2019-05-162018年度報告書が完成しました。 産業イノベーション調査[ 2018年度/日本・関西経済軸 ] 2019-05-162018年度報告書が完成しました。 アジアをめぐる経済統合の展望と課題[ 2018年度/アジア太平洋地域軸 ] 2019-04-232018年度報告書が完成しました。 スポーツ産業の活性化[ 2018年度/日本・関西経済軸

日本経済(週次)予測(2013年3月11日)

2019-06-122018年度報告書が完成しました。 インバウンド先進地域としての関西+MICE[ 2018年度/日本・関西経済軸 ] 2019-05-162018年度報告書が完成しました。 産業イノベーション調査[ 2018年度/日本・関西経済軸 ] 2019-05-162018年度報告書が完成しました。 アジアをめぐる経済統合の展望と課題[ 2018年度/アジア太平洋地域軸 ] 2019-04-232018年度報告書が完成しました。 スポーツ産業の活性化[ 2018年度/日本・関西経済軸

2013年3月3日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

第17回 関西エコノミックインサイト

2019-05-162018年度報告書が完成しました。 産業イノベーション調査[ 2018年度/日本・関西経済軸 ] 2019-05-162018年度報告書が完成しました。 アジアをめぐる経済統合の展望と課題[ 2018年度/アジア太平洋地域軸 ] 2019-04-232018年度報告書が完成しました。 スポーツ産業の活性化[ 2018年度/日本・関西経済軸 ] 2019-04-162018年度報告書が完成しました。 人口減少が経済に与える影響の分析[ 2018年度/日本・関西経済軸 ] 20

2013年3月3日アジア太平洋研究所★フィードバック数:1製造業/エレクトロニクス

関西を中心としたレポートです。

太陽電池、リチウムイオン電池の生産・販売等の動態からみる課題と対応方策

2019-06-122018年度報告書が完成しました。 インバウンド先進地域としての関西+MICE[ 2018年度/日本・関西経済軸 ] 2019-05-162018年度報告書が完成しました。 産業イノベーション調査[ 2018年度/日本・関西経済軸 ] 2019-05-162018年度報告書が完成しました。 アジアをめぐる経済統合の展望と課題[ 2018年度/アジア太平洋地域軸 ] 2019-04-232018年度報告書が完成しました。 スポーツ産業の活性化[ 2018年度/日本・関西経済軸

日本経済(週次)予測(2013年2月25日)

2019-05-162018年度報告書が完成しました。 産業イノベーション調査[ 2018年度/日本・関西経済軸 ] 2019-05-162018年度報告書が完成しました。 アジアをめぐる経済統合の展望と課題[ 2018年度/アジア太平洋地域軸 ] 2019-04-232018年度報告書が完成しました。 スポーツ産業の活性化[ 2018年度/日本・関西経済軸 ] 2019-04-162018年度報告書が完成しました。 人口減少が経済に与える影響の分析[ 2018年度/日本・関西経済軸 ] 20

米国経済(週次)予測(2013年2月22日)」

2019-06-122018年度報告書が完成しました。 インバウンド先進地域としての関西+MICE[ 2018年度/日本・関西経済軸 ] 2019-05-162018年度報告書が完成しました。 産業イノベーション調査[ 2018年度/日本・関西経済軸 ] 2019-05-162018年度報告書が完成しました。 アジアをめぐる経済統合の展望と課題[ 2018年度/アジア太平洋地域軸 ] 2019-04-232018年度報告書が完成しました。 スポーツ産業の活性化[ 2018年度/日本・関西経済軸

2014年度までの見通しです。

第94回 景気分析と予測

2019-06-122018年度報告書が完成しました。 インバウンド先進地域としての関西+MICE[ 2018年度/日本・関西経済軸 ] 2019-05-162018年度報告書が完成しました。 産業イノベーション調査[ 2018年度/日本・関西経済軸 ] 2019-05-162018年度報告書が完成しました。 アジアをめぐる経済統合の展望と課題[ 2018年度/アジア太平洋地域軸 ] 2019-04-232018年度報告書が完成しました。 スポーツ産業の活性化[ 2018年度/日本・関西経済軸

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ