調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > アドビ システムズ

「アドビ システムズ」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2020年5月14日アドビ システムズ★フィードバック数:0マーケティング

2020年4月のAdobe Digital Economy Indexを発表?COVID-19は継続してEコマースのトレンドを牽引

2020年4月のAdobe Digital Economy Indexを発表〜COVID-19は継続してEコマースのトレンドを牽引 #DigitalEconomyIndex 4月版レポート COVID-19の感染拡大に伴う外出自粛期間中、特に影響を受けた分野は、アパレル、エレクトロニクス、食料品分野であることが明らかに2020年4月の1か月間、自宅隔離中の米国の消費者は商品やサービスを求め、オンラインチャネルに押し寄せていたことがわかりました。これは、Adobe Analyticsを使って

2020年4月1日アドビ システムズ★★フィードバック数:0社会/政治

アドビ、初のDigital Economy Indexを発表

アドビ、初のDigital Economy Indexを発表 デジタル経済をリアルタイムで測定 ~新型コロナウイルス感染拡大の影響により、EコマースとBOPIS(オンラインで購入し店舗で受け取り)が急上昇~ ※当資料は、米国時間2020年3月31日に米国本社から発表されたプレスリリースの抄訳です。Adobe(Nasdaq:ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ)は本日、デジタル経済の状況をリアルタイムで測定する初の指標となる「Adobe Digital Economy Ind

2020年3月30日アドビ システムズフィードバック数:0ライフスタイル

COVID-19がオンラインショッピング行動に与える影響

COVID-19がオンラインショッピング行動に与える影響 COVID-19懸念から消費者がEコマースに流れる傾向に米国におけるCOVID-19の流行に対する懸念の高まりが、オンラインショッピングの行動(英語)に影響を与えていることが、米国の小売業者上位100社のうち80社のEコマース取引をモニターしているアドビの分析ソリューション「Adobe Analytics」のデータから明らかになりました。COVID-19により店舗売上が圧迫される小売業者がある一方、ウィルスへの不安が高まる中でオンラ

2020年3月23日アドビ システムズフィードバック数:0ライフスタイル

子どものプリント、9割のママが「自分で管理している」実態

子どものプリント、9割のママが「自分で管理している」実態 7割強が「家族と共有の必要性アリ」と回答【パパママ必見】無料アプリで始める令和時代のデジタル管理術 子どもが学校から持ち帰ってくるお便りなどのプリント整理に困っている方も少なくないと思います。油断するとすぐに溜まってしまうプリント。こうした資料整理の悩みは、アプリを使えば簡単に解決できるのをご存知でしょうか?外出先でプリントの内容を確認したり、家族間で情報を共有したりと、様々なメリットがある令和時代のデジタル管理法をご紹介します。プ

2019年12月5日アドビ システムズ★フィードバック数:0ビジネス

アドビ、サイバーマンデーのオンライン売上高が過去最高の92億ドルを記録したと発表

アドビ、サイバーマンデーのオンライン売上高が、過去最高の92億ドルを記録したと発表 ~ホリデーショッピングのピーク期間中、毎分1,100万ドルが消費され、スマートフォンによる注文が1日に過去最高の30億ドルを記録~ ※当資料は、2019年12月2日に米国本社から発表されたブログ(https://theblog.adobe.com/adobe-data-shows-record-cyber-monday-with-9-2-billion-in-online-sales/)の抄訳です。Adobe(N

2019年11月5日アドビ システムズ★★フィードバック数:0ライフスタイル

アドビ、今年のホリデーシーズンに米国オンライン売上高の総額が1430億ドルになると予測

アドビ、今年のホリデーシーズンに米国オンライン売上高の総額が1,430億ドルになると予測 スマートフォンからの購入はオンライン総売上高の36%(前年比20%増)、オンラインで注文した商品を店頭で受け取るBOPIS注文が急増 ※当資料は、2019年10月29日に弊社米国本社から発表された資料の抄訳です。米国カリフォルニア州サンノゼ発:Adobe(Nasdaq:ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ)は、2019年のホリデーシーズン(11月1日~12月31日)に向けて、AIと機械

2019年10月10日アドビ システムズ★★フィードバック数:0マーケティング

電子メールに対する日本の消費者の期待は高く企業には的確なパーソナライゼーションが求められる

電子メールに対する日本の消費者の期待は高く企業には的確なパーソナライゼーションが求められる ~メールチェックの時間は調査7か国で最短。電子メール利用実態調査2019年版より~【2019年10月10日】アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:ジェームズ マクリディ、以下 アドビ)は、電子メール利用実態調査「2019 Consumer Email Survey」を発表しました。この調査は、2019年7月に、米国、英国、ドイツ、フランス、オーストラリア、インド、日本の各国約1

2019年10月2日アドビ システムズフィードバック数:0ビジネス

業務効率化に関する実態調査 中小企業の6割以上が業務デジタル化の重要性を実感

中小企業の6割以上が業務デジタル化の重要性を実感 電子サインソリューションの活用でビジネスのスピード向上を ~アドビ「業務効率化に関する実態調査」結果より~ #AdobeSign いかに業務の手間を減らして生産性を上げるか – 業務効率化は企業にとって長年の課題です。アドビではこの度、従業員数300人以下の中小企業を対象に、「業務効率化に関する実態調査」を実施しました。■中小企業の6割以上が業務のデジタル化を重要だと実感。最も重要性を訴えるのは「事務系」会社員今回の調査では、業務のデジタル

2019年8月28日アドビ システムズフィードバック数:0ビジネス

【消費税増税前に必見】改元対応で判明した変更業務の大変さ!今すぐ着手すべきは「書類」対応! ~アドビ実態調査より~

【消費税増税前に必見】改元対応で判明した変更業務の大変さ!今すぐ着手すべきは「書類」対応! ~アドビ実態調査より~ 2019年5月の改元からはや3か月。改元に伴い、システムから書類に至るまで元号の変更作業に苦労した企業も多かったのではないでしょうか。アドビではこの度、「改元対応業務に関する実態調査」を実施。業種別の調査結果を参考に、約1か月後に迫る消費税増税に伴う対応業務を改めて整理してみませんか?■改元対応が最も大変だった業務はダントツで「書類」!金融業は「情報システム」の負担が大きかっ

2019年7月8日アドビ システムズ★★フィードバック数:0マーケティング

アドビ、消費者のデジタル体験に関する調査結果を発表

消費者のデジタル体験に関する調査結果を発表 デジタル体験への期待値が高まる中、パーソナライズしたエクスペリエンスの提供がより重要に【2019年7月5日】アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:ジェームズ マクリディ、以下 アドビ)は本日、日本を含む世界9か国(米国、英国、ドイツ、フランス、オーストラリア/ニュージーランド、日本、東南アジア、インド)の消費者約8千人を対象にデジタル体験の好みや企業への期待について調査した「Adobe Digital Experience

2019年4月25日アドビ システムズ★フィードバック数:0マーケティング

日本の消費者のモバイル利用に関する調査結果を発表

アドビ、日本の消費者のモバイル利用に関する調査結果を発表 生活の中心となったモバイル利用の実態や、銀行やアパレルブランドのモバイルアプリを利用したい傾向が明らかにアドビは、消費者のモバイル利用に関する意識調査「Mobile Marketing Research 2019」を実施しました。この調査は、2019年1月に、日本国内のスマートフォンを所有する消費者1,000人を対象に行ったものです。全世代でモバイルは外出に不可欠調査では、日本国内のスマートフォンを所有する消費者の83%が、外出先で

2019年4月8日アドビ システムズ★★フィードバック数:0マーケティング

Adobe Digital Insights: 米国における音声広告が、テレビやオンラインなどの広告より人々の興味を引く結果に

Adobe Digital Insights: 米国における音声広告が、テレビやオンラインなどの広告より人々の興味を引く結果に アドビの最新の調査によると、音声アシスタントの技術の普及により音声ベースの広告が新しい活用方法を生み出していることがわかりました。18歳以上の米国の消費者1,000人を対象に調査した「ボイスレポート(2019 Voice Report)」によると、25%の人はスマートスピーカーで音声広告を聞いたことがあると答え、その多くの人が問題ないと回答しました。実際、消費者の

2019年3月13日アドビ システムズ★★フィードバック数:0エンタテインメント

アドビ、日本人のデジタルコンテンツ消費に関する5つのトレンドを発

アドビ、日本人のデジタルコンテンツ消費に関する5つのトレンドを発表 商品購入にあたり、オンラインショッピングサイトが、実店舗やブランド企業のwebサイトのより多く利用されていることが明らかにアドビは、消費者のコンテンツに関する意識調査「2019 Adobe Consumer Content Survey」の結果をもとに、日本人のデジタルコンテンツ消費に関する5つのトレンドを発表しました。この調査は、米国、オーストラリア、インド、日本の4カ国のデジタルデバイス(スマートフォン、タブレット、P

2018年11月26日アドビ システムズフィードバック数:0マーケティング

アドビ調査、日本のクリエイターは欧米よりもAIの活用に好意的?

アドビ調査、日本のクリエイターは欧米よりもAIの活用に好意的?クリエイターの約70%が「日々の業務の半分以上が繰り返し作業や非クリエイティブなタスクである」と感じている #AdobeMAXJapan 人工知能(AI)や機械学習(ML)といったテクノロジーは、クリエイティブなプロセスにどのような役割を果たすのでしょうか?アドビが「AI 時代のクリエイティビティとテクノロジー」について行った調査によると、クリエイターは日々の仕事の中で「非クリエイティブ」なタスクが多いと感じており、クリエイター

2018年11月6日アドビ システムズフィードバック数:0マーケティング

アドビ、今年のホリデーシーズンに米国オンライン売上高の総額が1,241億ドルになると予測

【2018年11月6日】米国カリフォルニア州サンノゼ発:Adobe(Nasdaq: ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下 アドビ)は、2018年のホリデーシーズン(11月1日~12月31日)に向けて、Adobe Senseiを活用したオンラインショッピング予測(Online Shopping Predictions)を公開しました。アドビは、Adobe Analyticsのデータを基に、米国のオンライン売上高が14.8%増加し、総額1,241億ドルとなると予測しています。一方、オ

2018年10月30日アドビ システムズフィードバック数:0マーケティング

約9割の企業がデジタルコミュニケーションによる「顧客体験の向上」を意識する一方で、実行に着手できているのは約4割であることが判明

アドビ、企業におけるデジタル活用の現状と課題に関する調査結果を発表【2018年10月25日】アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都川区、代表取締役社長:ジェームズ マクリディ、以下 アドビ)は本日、年間売上高200億円以上のBtoC(企業対消費者間取引)の日本企業を対象に企業におけるデジタル活用の現状と課題について調査した「Adobe Digital Survey 2018 デジタル変革実態調査」のレポートを発表しました。本レポートは2018年5月に郵送調査で実施した調査結果について戦略、投

2018年10月30日アドビ システムズ★★フィードバック数:0マーケティング

企業のデジタル化におけるマーケティング課題のトップは「デジタル化に対応した組織の整備」

デジタル化を統括する組織の設置率は26.3%、約6%の企業がデジタル専任役員を設置【2018年10月30日】アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:ジェームズ マクリディ、以下 アドビ)は本日、年間売上高200億円以上のBtoC(企業対消費者間取引)の日本企業を対象に実施したAdobe Digital Survey 2018 デジタル変革実態調査「企業におけるデジタル活用の現状と課題」のレポートを発表しました。本調査は2018年5月に郵送調査で実施され、レポートでは企業

2018年9月20日アドビ システムズ★★フィードバック数:0大型消費/投資

Adobe Digital Insights: 年末までに、米国におけるスマートスピーカー所有率が約50%になると予測

Adobe Digital Insights: 年末までに、米国におけるスマートスピーカー所有率が約50%になると予測 一時の熱狂か、あるいは本物のトレンドか。音声デバイスとサービスについては「本物」という結果に。アドビは、Adobe Digital Insights (ADI) の最新レポートとなる「音声アシスタント調査 (ADI 2018 US Voice Assistant Survey)」で、消費者の音声サービス利用に関するトレンドを公開しました。Adobe Analytics調査

2018年9月3日アドビ システムズ★★フィードバック数:0マーケティング

アドビ調査:約6割のビジネスパーソンが2年後も今と同様に電子メールを利用すると回答

アドビ調査:約6割のビジネスパーソンが2年後も今と同様に電子メールを利用すると回答 ~企業からのコンタクトにはソーシャルメディアより電子メールが好まれる~アドビは、電子メール利用実態調査「2018 Consumer Email Survey」の結果を発表しました。この調査は、米国、日本、インドの3か国においてスマートフォンを利用しデスクワークに従事する人を対象に行われました。3分の2が2年後も今と同様に電子メールを利用すると回答今回の調査によると日本の回答者の約3分の2のが、仕事、プライベ

2018年7月20日アドビ システムズ★★フィードバック数:0キャリアとスキル

アドビ調査、就職人気企業の採用担当者が重視するのは、「クリエイティビティ」と「デジタルリテラシー」

【2018年7月13日】アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:ジェームズ マクリディ、以下アドビ)は本日、日本に所在する企業の人事担当者を対象とした「新卒採用で企業が重視するスキルについて」の調査結果を発表しました。本調査では、新卒採用の現場において学生の“創造的問題解決能力” をどの程度重視しているのかを検証しています。“創造的問題解決” とは、創造性に富んだ革新的な方法で問題や課題に取り組む手法を意味します。直面する問題や課題を別の角度から見直すことで、従来にはな

2017年12月18日アドビ システムズフィードバック数:0大型消費/投資

2017年ホリデーシーズンのオンラインショッピングに関する5つの予測

2017年ホリデーシーズンのオンラインショッピングに関する5つの予測 ホリデーシーズンが間もなくやって来ます。このシーズンは、家族や友人のための特別な時期であるとともに、そうした方々へのギフトを購入する方法、場所、時期を選ぶ上で多くの選択肢がある時期でもあります。昨年は、11月の感謝祭(11月第4木曜日)と12月のクリスマスのホリデーシーズン中に、オンラインの売上高の成長率が実店舗の売上高に比べて8倍(英語)になりました。さらに、過去最大のモバイル端末からのショッピングが行われました。今年

2017年12月1日アドビ システムズ★★フィードバック数:0大型消費/投資

2016年のサイバーマンデーより10億ドル以上を売上、スマートフォンによる売上高は、15億9,000万ドルで過去最高を記録

アドビ、サイバーマンデーのオンライン売上高が過去最高の65億9,000万ドルを記録したと発表2016年のサイバーマンデーより10億ドル以上を売上、スマートフォンによる売上高は、15億9,000万ドルで過去最高を記録※当資料は、2017年11月27日に米国本社から発表されたプレスリリースの抄訳です。【2017年11月30日】米国カリフォルニア州サンノゼ発:Adobe(Nasdaq: ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ)は、2017年のホリデーシーズンのオンラインショッピング

2017年10月29日アドビ システムズフィードバック数:0大型消費/投資

銀行のサービスに利用者は何を期待するのか?

Adobe Digital Survey 消費者動向調査「銀行のサービスに利用者は何を期待するのか?」 ~銀行選択は金利よりオンラインサービス重視の時代へ~最新のAdobe Digital Survey 消費者動向調査「銀行のサービスに利用者は何を期待するのか?」によると、消費者は銀行に対してより良いデジタル顧客体験を求めていることが分かりました。また、デジタル世代が求める銀行像が判明しました。調査結果のハイライト銀行にとってオンラインサービスの充実は喫緊の課題銀行を乗り換えた経験者に対して、

2017年10月4日アドビ システムズ★★フィードバック数:0マーケティング

Adobe Digital Survey 消費者動向調査「商品購入においてネットがどう影響しているのか?」

Adobe Digital Survey 消費者動向調査「商品購入においてネットがどう影響しているのか?」 ~カスタマージャーニーで高まるデジタル体験の重要性~最新のAdobe Digital Survey 消費者動向調査「商品購入においてネットがどう影響しているのか?」によると、商品購入までにおける体験プロセス、いわゆるカスタマージャーニーにおいて、デジタル体験が及ぼす影響力が益々高まっていることが分かりました。一方、デジタル体験の重要性が増す中で、クロスチャネルでコミュニケーションを実施で

2017年9月20日アドビ システムズフィードバック数:0企業情報システム

企業のデジタルドキュメントの利?状況調査

ドキュメントワークフローのデジタル化が急務、電子サイン導入企業の75%が業務短縮を実感(IDC調査) #AdobeSign 導入企業が実感する電子サインの改善効果が明らかにIDC Japan株式会社は、2017年7月、企業のドキュメントワークフローにおける現状や運用の課題、それに対する改善の提案をまとめたレポート「ドキュメントワークフロー変⾰による競争⼒強化」を発表しました。このレポートは昨年12月に従業員規模100⼈以上の国内企業を対象にした「企業のデジタルドキュメントの利⽤状況調査」の

2017年5月27日アドビ システムズ★★フィードバック数:0デジタル家電

Adobe Digital Insights: 大画面でのTV Everywhere視聴が、モバイルからシェアを奪う

Adobe Digital Insights: 大画面でのTV Everywhere視聴が、モバイルからシェアを奪う アドビは、Adobe Digital Insights (ADI) の最新レポートで、動画コンテンツをさまざまなデバイスで視聴できる動画サービス形態「TV Everywhere」 に関して調査を行い、TV Everywhere視聴において画面サイズが重要であることを明らかにしました。モバイルでの動画の視聴が伸び続けているのに対し、TV Everywhere視聴の手段はモバイ

2017年4月13日アドビ システムズフィードバック数:0キャリアとスキル

Performance Reviews Get a Failing Grade(パフォーマンスレビューに不合格判定)

#アドビ 調査、従業員の #人事評価 のやり方が時代遅れになっていることを示唆 マネージャーが社員の査定に費やす時間を年間10万時間以上削減したアドビ独自の人事評価制度「チェックイン(Check-in)」をオープンソース化米国では企業の従業員の多くが、年に一度の人事評価を受けています。しかし、アドビが米国の1,500人の会社員を対象に実施した調査「Performance Reviews Get a Failing Grade(パフォーマンスレビューに不合格判定)」によると、人事評価の多くは

2017年4月11日アドビ システムズ★★フィードバック数:0マーケティング

Adobe Digital Insights: ブランド企業は、消費者に提供する「体験」を向上させていると考えているが、消費者はそう感じていないことが明らかに

Adobe Digital Insights: ブランド企業は、消費者に提供する「体験」を向上させていると考えているが、消費者はそう感じていないことが明らかに 今日のマーケティングは、かつての「数撃てば当たる」方式から大きく進歩したとはいえ、ブランド企業の多くはいまだに有意義な広告体験を消費者に提供できていないようです。アドビが消費者1,000人とデジタルマーケター300人に対して実施したAdobe Digital Insights(ADI)調査によると、広告の効果に関する認識において、消費者

2017年3月3日アドビ システムズフィードバック数:0マーケティング

Bracketsユーザー調査(2017年)

Bracketsユーザー調査(2017年)の集計結果:デザインから開発まで行う「フルスタックWebクリエイター」が利用 Brackets開発チームブログに、先日実施した2017年度のBracketsユーザー調査の結果が公開されました。実施期間は短かったですが、世界中から2,500名を越えるBracketsユーザーの回答を得られましたので、その集計結果をお知らせします。Geography今回は130ヶ国のBracketsユーザーが調査に参加しました。日本は国別では4番目に多い参加者数です。ご協力

2017年3月2日アドビ システムズ★★フィードバック数:0モバイル

Adobe Digital Insights: 日本のスマートフォンのトラフィックシェアが世界で最も高いことが判明

Adobe Digital Insights: 日本のスマートフォンのトラフィックシェアが世界で最も高いことが判明 アドビは、バルセロナでのモバイル ワールド コングレス(MWC)の開催にあたり、モバイルに関する最新のAdobe Digital Insights(ADI)調査結果を公開しました。2016年の世界のインターネットトラフィックに占めるスマートフォンの割合を地域ごとに調査したところ、調査対象となった米国、APAC(*1)、欧州(*2)の中で日本が最も高く、日本のトラフィック全体のうち

2017年2月14日アドビ システムズフィードバック数:0ビジネス

DTPユーザー向け:バージョンアンケート 2017

【結果報告】DTPユーザー向け:バージョンアンケート 2017 みなさんこんにちは。アドビの岩本です。以前、こちらのブログを通して再三のお願いをしておりました、DTPユーザーに向けたアンケートのご協力、おかげさまで約1,000名と多くの方にご回答をいただきました。みなさま本当にありがとうございました。このアンケートは、DTPの現場で使用されるアドビのアプリケーション(Illustrator、Photoshop、InDesign)のバージョンと、Creative Cloudの使用状況を伺ったもの

2016年12月6日アドビ システムズフィードバック数:0マーケティング

2016 Holiday Shopping: Up-To-The-Minute Data From ADI

Putting the customer first.Over the last few years, we’ve realized the critical role of the customer — and put them at the center of everything. Take a look at diverse perspectives on driving experiences that last.View All Innovation in the modern w

2016年11月25日アドビ システムズフィードバック数:0デジタル家電

国内のPC映像編集市場調査2016年版

今年で4度目となる、日本国内での業務映像制作ユーザーを対象にした、編集ツールに関する調査結果が出ました。Premiere Proの導入事例も、2010年以前は見つけるだけでも大変でしたが、今年のInter BEEではテレビ番組、映画、VRと多彩な事例をご紹介できるようになりました。また、2016年を代表する作品の一つとも言える映画「シン・ゴジラ」でも、Premiere Proを編集ツールとしてご採用いただきました。では、結果の発表です。Adobe Premiere Pro 業務ユーザー導入率昨年

2016年11月11日アドビ システムズフィードバック数:0モバイル

小売業者のモバイルサイトに関する調査

Adobe Digital Insights: アドビ、小売業者のモバイルサイトに関する調査結果を公開 小売業者がスマートフォンからのトラフィック増加による収益促進の機会を逸していることが明らかに※当資料は、2016年10月27日に弊社米国本社から発表されたプレスリリースの抄訳です。【2016年11月7日】米国カリフォルニア州サンノゼ発:Adobe(Nasdaq: ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ)は本日、小売業者のモバイルサイトに関する調査結果「2016 Digit

2016年10月31日アドビ システムズ★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Adobe Digital Insights: スマホの利用増加に伴い、電子メールの利用時間が増加

Adobe Digital Insights: スマホの利用増加に伴い、電子メールの利用時間が増加 「Adobe Digital Insights(ADI)」の新たな調査によると、消費者のモバイルへの移行により、米国では電子メールの利用が増加していることが明らかになりました。また、電子メールが進化しつつあり、インスタントメッセージや絵文字の利用が進み、スマートフォンで電子メールを利用する人が増えていることから、電子メールはフォーマルな通信手段ではなくなりつつあります。1,000人以上のホワイト

2016年10月5日アドビ システムズフィードバック数:0社会/政治

アドビのDigital Price Index、8月のレポートでEU離脱決定以降の英国における耐久消費財の売上高減少を示唆

アドビのDigital Price Index、8月のレポートでEU離脱決定以降の英国における耐久消費財の売上高減少を示唆 8月のオンライン価格データによると英米でのデフレ傾向継続が判明/アドビは英国家統計局(ONS)と協力※以下は、2016年9月23日に弊社米国本社から発表されたリリースの抄訳です。【2016年9月28日】米国カリフォルニア州サンノゼ発:アドビは、8月のDigital Price Index(DPI)を発表しました。今回のレポートでは、初めて英国におけるテレビ、パソコン、食料

2016年10月5日アドビ システムズ★★フィードバック数:0マーケティング

アドビ調査、日本の企業webサイトがスマートフォン経由のコンバージョン率と訪問率で世界をリード

アドビ調査、日本の企業webサイトがスマートフォン経由のコンバージョン率と訪問率で世界をリード 【2016年10月4日】世界各国のブランド企業が展開しているwebサイトを調査したAdobe Digital Insights(ADI)調査「Best of the Best*」によると、日本の企業webサイトがスマートフォン経由からのコンバージョン率と訪問率で世界をリードしていることが判明しました。今回のADI調査「Best of the Best」は、2015年の米国の1万以上のwebサイトに対

2016年9月16日アドビ システムズフィードバック数:0マーケティング

画像処理に関する調査

研究者の画像処理スキルが不足? アドビ・エルピクセル共同調査を公開- アドビと東大発の画像解析ベンチャーLPixel(エルピクセル)は、画像を活用することが多い教員や研究者を対象に画像処理に関する調査を実施し、その結果を発表しました。全体の約9割が、画像処理の知識やスキルが「必須である」と回答した一方で、その知識やスキル習得の経験がない人が約4割以上を超え、習得経験がある人のなかでもその半数以上が「独学である」という画像処理に関する教育が不足している実態が浮き彫りになりました。・調査概要 調査

2016年8月8日アドビ システムズフィードバック数:0エンタテインメント

Adobe Digital Insights:リオ大会に関する調査

Adobe Digital Insights:アドビ、リオ大会に関する調査を発表 ソーシャルメディア上での言及数調査で錦織圭が世界5位にランクインジカ熱に対する不安を理由に、リオ大会は自宅観戦が好まれる結果に※本ブログは、7月27日に米国で公開されたCMO.com記事の抄訳版です。【2016年8月1日】アドビは、企業のマーケティング動向をAdobe Marketing Cloudを活用して定期的に調査し、「Adobe Digital Insights (ADI) 」として公開しています。この度

2016年8月2日アドビ システムズ★★フィードバック数:0エンタテインメント

Adobe Digital Insights (ADI) : Pokemon GOに関する調査

ソーシャル上では、青の「Team Mystic」が一番人気!【2016年7月22日】アドビは、定期的に企業のマーケティング動向をAdobe Marketing Cloudを活用して調査し、「Adobe Digital Insights (ADI) *」として公開しています。この度、アドビは7月13日時点のソーシャル上でのPokémon GOに関する言及数と、ソーシャル上での黄、赤、青に分かれる3チームの人気度を調査しました。Pokémon GOによりARが普及ARやVRが世界中を席巻しています。

2016年7月31日アドビ システムズ★フィードバック数:0社会/政治

Digital Price Index、米国経済が6月も引き続きデフレ傾向にあることを示唆

アドビのDigital Price Index、米国経済が6月も引き続きデフレ傾向にあることを示唆 英国のEU離脱が英国への旅行料金に影響。食料品など必需品の価格の下落率は非必需品より低い傾向※以下は、2016年7月14日に弊社米国本社から発表されたプレスリリースの抄訳です。【2016年7月20日】米国カリフォルニア州サンノゼ発:アドビは、6月のDigital Price Index(DPI)を発表しました。毎月発行しているこのレポートは今回で5回目の発行となります。今回のレポートでは、英国の

2016年6月28日アドビ システムズフィードバック数:0マーケティング

Adobe Digital Index: モバイルTV Everywhereに関する調査

モバイルにおけるTV Everywhereの視聴実態は、「どこでも」ではなく「一か所」であることが判明【2016年6月21日】アドビは、定期的に企業のマーケティング動向をAdobe Marketing Cloudを活用して調査し、「Adobe Digital Index (ADI) 」として公開しています。この度、テレビ番組や映像コンテンツをさまざまなデバイスで視聴を可能にする、放送事業者によるネット配信サービスであるTV Everywhereに関する調査を実施しました。「どこでも」視聴できるこ

2016年6月13日アドビ システムズ★フィードバック数:0マーケティング

Adobe Digital Index: UEFA Euro 2016に関する調査

ソーシャルメディア調査で、優勝国予想はドイツ、最も人気な選手はドイツ代表 メスト エジル選手であることが明らかに【2016年6月10日】アドビは、定期的に企業のマーケティング動向をAdobe Marketing Cloudを活用して調査し、「Adobe Digital Index (ADI) 」として公開しています。この度、UEFA Euro 2016に関するデジタルトラフィックを分析、予測しました。本レポートでは、今後開催される大規模なスポーツイベント向けて、マーケティング担当者がどのようにデ

2016年5月29日アドビ システムズ★フィードバック数:0社会/政治

アドビ、米国経済におけるデフレの兆候を報告

アドビ、米国経済におけるデフレの兆候を報告  4月の消費財価格は下落傾向を示す※以下は、2016年5 月18日に弊社米国本社から発表されたプレスリリースの抄訳です。【2016年5月25日】米国カリフォルニア州サンノゼ発:インフレ率は常に変動しており、オンラインショッピングの急増に大きく左右されます。しかしながら、従来の経済レポートでは、価格や数量の変動と実際の消費者行動をリアルタイムで把握できないため、小売業者の倒産やパソコン市場の軟調といった主要な市場の変化が及ぼす影響を迅速に測定することが

2016年3月31日アドビ システムズフィードバック数:0マーケティング

ビッグデータを活用して高精度な米国の景気動向分析を実現

アドビ、ビッグデータを活用して高精度な米国の景気動向分析を実現 正確なインフレ率測定に活用できる、オンラインの物価変動を測定するデジタル指数「Digital Price Index」を発表※以下は、2016年3月16日に弊社米国本社から発表されたプレスリリースの抄訳です。【2016年3月22日】米国カリフォルニア州サンノゼ発:Adobe(Nasdaq: ADBE、本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ)は、ビッグデータを活用して高精度な米国の景気動向分析を可能にするDigital Ec

2016年2月10日アドビ システムズフィードバック数:0エンタテインメント

Adobe Digital Index:スポーツの視聴方法に関する調査

【2016年2月5日】Adobe Digital Index(ADI)では、米国時間の2月7日に開催される「第50回スーパーボウル」にちなみ、米国の消費者400人以上を対象にスポーツの視聴方法に関する調査を実施しました。ミレニアル世代の50%がスマートTV、モバイルデバイス、PC、ゲーム機でスポーツ観戦本調査で、ミレニアル世代の半数(50%)がスマートTV、モバイルデバイス、PC、ゲーム機でスポーツを視聴していることが明らかとなりました。また、本年のスーパーボウルの視聴において、ミレニアル世代の

2015年12月18日アドビ システムズ★★フィードバック数:0エンタテインメント

Adobe Digital Index:スター・ウォーズに関するオンライン動向調査

Adobe Digital Index:スター・ウォーズに関するオンライン動向調査 【2015年12月17日】いよいよ12月18日から公開される映画「スター・ウォーズ」最新作の公開を記念し、アドビはスター・ウォーズに関するウェブサイトやソーシャルメディアでのユーザー動向に関する調査結果を公開しました。本調査は、ディズニーがスター・ウォーズ関連商品の発売解禁日として2015 年9月4日(金)に設定した「フォースフライデー (Force Friday)」や、ソーシャル上での人気キャラクターなどを調

2015年11月23日アドビ システムズ★フィードバック数:0ビジネス

国内のPC映像編集市場調査2015年版発表

結論からお伝えします。3年連続導入シェア、利用頻度ともにAdobe Premiere Proが首位に。4K編集はすでに半数以上が着手、全体のVTR利用率は3割程度だが、放送業種では7割がVTRを利用。2013年、2014年と国内の業務映像制作ユーザーを対象とした調査を行ってきましたが、3年目となる2015年版の調査結果(2015年10月、第三者機関で実施された日本国内の業務で映像編集を行うユーザー307名を対象)でも、おかげさまでAdobe Premiere Proが導入シェア、利用頻度ともに1

2015年11月6日アドビ システムズ★フィードバック数:0マーケティング

2015年第3 四半期版「デジタル広告&ソーシャルインテリジェンスレポート」

アドビからソフトウェアおよびマーケティング製品、会社情報、CSR活動やキャンペーン情報などをお知らせする、コーポレート・コミュニケーションブログです。 HOMEアドビ、デジタル広告などの最新トレンドを伝える2015年第3 四半期版「デジタル広告&ソーシャルインテリジェンスレポート」を公開アドビ、デジタル広告などの最新トレンドを伝える2015年第3 四半期版「デジタル広告&ソーシャルインテリジェンスレポート」を公開オンライン広告戦争の勝者になるのはFacebookかGoogleか【2015年11月

2015年10月22日アドビ システムズ★★★フィードバック数:0エンタテインメント

バック・トゥ・ザ・フューチャーで登場した未来の技術実現度調査

アドビからソフトウェアおよびマーケティング製品、会社情報、CSR活動やキャンペーン情報などをお知らせする、コーポレート・コミュニケーションブログです。 HOMEAdobe Digital Index:バック・トゥ・ザ・フューチャーで登場した未来の技術実現度調査Adobe Digital Index:バック・トゥ・ザ・フューチャーで登場した未来の技術実現度調査【2015年10月21日】本日、1989年に公開された映画「バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2」の中で主人公マーティーとドクがタイム・

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 

お知らせ