「インテージ」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2022年7月15日インテージ★フィードバック数:0大型消費/投資

予算「増やす」約3割 ~今年の夏休みは‘らしさ回復’の兆し!

予算「増やす」約3割 ~今年の夏休みは‘らしさ回復’の兆し!約2割が国内旅行(宿泊あり)を予定、予算は8.6万円 株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:檜垣 歩、以下インテージ)は、2022年の夏休みについて、全国の15歳から79歳の男女を対象に2022年6月21日~6月23日に実施した調査結果を公開します。[ポイント]3人に1人は「お盆頃」に夏休みを取得する予定。なかなか分散は進まず。 「予定が決まっていない」は約5割と新型コロナの感染状況を念頭に検討中の様子。夏休みシーズ

2022年6月28日インテージ★★フィードバック数:0社会/政治

2022年、上半期売れたものランキング

行動変化が影響 「2022年、上半期売れたものランキング」1位オートミールも、外出増で口紅、鎮暈剤(酔い止め)、日焼け関係復調 株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:檜垣 歩、以下インテージ)は、全国約6,000店舗より収集している小売店販売データ、SRI+®(全国小売店パネル調査)をもとに、日用消費財の中で何がより売れたかを、推定販売金額の伸びから振り返る「2022年、上半期売れたものランキング」を発表しました。(データは5月分まで使用)[ポイント]1位・オートミールは前年

2022年6月27日インテージ★★フィードバック数:0ライフスタイル

値上がり拡大 店頭販売価格の高騰は食品中心に広がる

値上がり拡大 店頭販売価格の高騰は食品中心に広がる2020年に比べ、キャノーラ油1.5倍、マヨネーズ1.2倍、小麦粉約1割高レギュラーコーヒー、スナック菓子などの嗜好品にも影響が 株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:檜垣 歩、以下インテージ)は、全国約6,000店舗より収集している小売店販売データ、SRI+®(全国小売店パネル調査)をもとに、原油や原料費の高騰が続き日用消費財メーカーなどが商品の値上げを発表する中で、生活者がどのような影響を受けているのか、実際に購入をする店

2022年4月14日インテージ★★フィードバック数:0ライフスタイル

2022年のGWは去年よりもアクティブに!

2022年のGWは去年よりもアクティブに!・「旅行」「エンタメ」「友人と会う」は対前年3倍以上。「自宅で過ごす」は16ポイント減 ・予算も前年1.5倍以上の16,407円。約6,000円も増加 株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:檜垣 歩、以下インテージ)は、ゴールデンウイーク(GW)について、全国の15歳から79歳の男女を対象に2022年4月4日~4月6日に実施した調査結果を公開します。[ポイント]【】「自宅で過ごす」に次ぐ「ショッピング」「外食」「国内旅行」はいずれも昨

2021年12月21日インテージ★★フィードバック数:0ライフスタイル

インテージ、「年末・年始の旅行や帰省」に関する予定を調査

インテージ、「年末・年始の旅行や帰省」に関する予定を調査平均金額は38,271円、約3割が「昨年より予算は増えそう」 「短く近くで心とお財布のひもを少しだけ緩めた年末・年始」になりそう 株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:檜垣 歩、以下インテージ)は、年末年始の休暇を前に、全国の15歳から79歳の男女(2,077人)を対象に実施した調査結果を公開します。[ポイント]「旅行や帰省の予定がある」は3割。一方で「予定がない」は6割。予定していることは「実家への帰省」が15%。「1

2021年12月17日インテージ★★フィードバック数:0ビジネス

コロナ2年目 「2021年、販売苦戦したランキング」

コロナ2年目 「2021年、販売苦戦したランキング」1位・うがい薬、2位・殺菌消毒剤、3位・ほほべに医薬品、衛生系商品、化粧品が上位を占める。マスクは? 株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:檜垣 歩、以下インテージ)は、全国約6,000店舗より収集している小売店販売データ、SRI+®(全国小売店パネル調査)をもとに今年、日用消費財の中で何がより苦戦したかを、推定販売金額の減少から振り返る「2021年、販売苦戦したものランキング」を発表しました。(データは10月分まで使用)[

2021年12月17日インテージ★★フィードバック数:0ライフスタイル

インテージ、「コロナ禍で過ごすクリスマス」意識と行動を調査

インテージ、「コロナ禍で過ごすクリスマス」意識と行動を調査 2021年のクリスマス関連の市場規模は2兆800億円を予測(前年比128%)昨年から大きく増加し、2019年(コロナ前)のほぼ同水準(97%)まで回復 お家で家族とちょっと贅沢で美味しいものを囲む‘ファミリーファースト&プチリッチなクリスマス’ 株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:檜垣 歩、以下インテージ)は、クリスマスシーズンを前に、全国の15歳から79歳の男女(2,101人)を対象に実施した調査結果を公開します

2021年12月8日インテージ★★フィードバック数:0ライフスタイル

コロナ2年目 「2021年、売れたものランキング」

コロナ2年目 「2021年、売れたものランキング」1位・オートミールは約3倍、健康・セルフケア需要が強い中、 ワクチン対策で7位・解熱鎮痛剤が急伸。医薬品・化粧品に回復の兆しも 株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:檜垣 歩、以下インテージ)は、全国約6,000店舗より収集している小売店販売データ、SRI+®(全国小売店パネル調査)をもとに、日用消費財の中で何がより売れたかを、推定販売金額の伸びから振り返る「2021年、売れたものランキング」を発表しました。(データは10月分

2021年7月15日インテージ★フィードバック数:0ビジネス

コロナ禍2年目 2021年上半期の販売苦戦ランキング

コロナ禍2年目 2021年上半期の販売苦戦ランキング コロナ禍2年目に突入し、制約のある生活が続く中、消費財の市場も引き続き影響を受けています。「コロナ禍で売れ続けているものは? 2021年上半期の売れたものランキング」では、売れ続けているものに“健康系”、“セルフケア”といったキーワードが見られました。一方で、このコロナ禍で販売が苦戦しているものにはどのようなものがあるのでしょうか。全国約6,000店舗より収集している小売店販売データ、SRI+®(全国小売店パネル調査)で振り返ります。特需は落

2021年6月30日インテージ★★フィードバック数:0マーケティング

コロナ禍で売れ続けているものは? 2021年上半期の売れたものランキング

コロナ禍で売れ続けているものは? 2021年上半期の売れたものランキング 2020年の日用消費財市場は、コロナで激変「2020年、今年売れたものランキング」でご紹介した通り、新型コロナウィルスの感染拡大の影響を大きく受けました。その後、市場はどのようになっているのでしょうか。この記事では、全国約6,000店舗より収集している小売店販売データ、SRI+®(全国小売店パネル調査)を用いて集計した、2021年度上半期の売れたものランキングを紹介します。売れたものTOP2は健康増進対策カテゴリー図表1は

2021年6月17日インテージ★フィードバック数:0ライフスタイル

コロナ禍の生活者 今のストレスの主な要因は?

コロナ禍の生活者 今のストレスの主な要因は? コロナ禍で、行動自粛や働き方の変化が続いている今、生活者はどれくらいストレスを感じているのでしょうか。そしてその主な要因は何なのでしょうか。知るGalleryではストレスに関して調査をしてみました。ストレスを感じる頻度は?図表1は「コロナ禍の現在」と「コロナ禍前の2019年」について、日常生活や仕事、学校で感じるストレスの頻度を5段階で聞いた結果です。現在、ストレスを「よく感じる」という人は22.6%で、コロナ禍前の2019年に「よく感じていた」と答

2021年4月15日インテージ★★フィードバック数:0大型消費/投資

コロナ禍で迎える2度目のゴールデンウィーク 今年の予定は?

コロナ禍で迎える2度目のゴールデンウィーク 今年の予定は? 昭和の日(4月29日木曜日)から翌週の日曜日まで、平日3日間を休むと11連休となる今年のゴールデンウィーク(GW)。大都市を中心に「まん延防止等重点措置」が出され、旅行延期の呼びかけがなされる中で、どのように過ごす予定でいるのでしょうか。2021年4月2日~4月5日(大阪、兵庫、宮城への「まん延防止等重点措置」適用が決まっていたタイミング)に、インターネット調査を行いました。今年のゴールデンウィークは何日休む?実際にどれくらいの日数休め

2021年3月13日インテージフィードバック数:0大型消費/投資

2021年のお花見、推定市場規模は807億円

今年はどう楽しむ? Withコロナのお花見スタイル まもなく、コロナ禍に入って二度目の花見シーズンがやってきます。一部地域における緊急事態宣言の解除が前倒しとなり、光が見えてきた矢先の首都圏の緊急事態宣言の延長。その背景の一つとして、解除に伴って花見シーズンで宴会が増えることの懸念が示されています。知るGalleryでは、注目される「生活者が花見シーズンをどう過ごすか」について、調査してみました。コロナ禍のお花見 予定している人はどれくらい?図表1は、新型コロナウィルスの発生前の2019年、第1

2020年12月22日インテージフィードバック数:0社会/政治

クラス人数は少ない方がいい?~地方・学年によって違う意識~全国1万人の意識調査

市場調査、マーケティングリサーチならインテージリサーチ クラス人数は少ない方がいい? ~地方・学年によって違う意識~ 全国1万人の意識調査 株式会社インテージリサーチ(本社:東京都東久留米市、代表取締役:小田切俊夫)は、自主企画「少人数学級に関する意識調査」を実施しました。全国の16~79歳の男女1万802人を対象にしたインターネット調査で、適正と考えるクラス人数を尋ねたものです。 調査結果のポイント小学校では「21人以上30人以下」、中学校・高等学校では「31人以上40人以下」を適正なクラス

2020年12月14日インテージ★★フィードバック数:0社会/政治

コロナが影響 「2020年、今年販売苦戦したランキング」

コロナが影響 「2020年、今年販売苦戦したランキング」 口紅、鎮暈剤、総合感冒薬など化粧品、市販薬中心に行動変化が背景 株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:檜垣 歩、以下インテージ)は、全国約4,000店舗より収集している小売店販売データ、SRI®(全国小売店パネル調査)をもとに、コロナで揺れた今年、日用消費財の販売にどのような変化が生じ、苦戦したカテゴリーがあったかを推定販売金額から振り返る「2020年、今年販売苦戦したランキング」を発表しました。(データは10月分ま

2020年12月7日インテージ★★フィードバック数:0ビジネス

コロナで激変「2020年、今年売れたものランキング」

コロナで激変「2020年、今年売れたものランキング」 1年を通して新型コロナウイルスの影響を大きく受けた2020年。日用消費財市場も例外ではありません。何が特に売れたのか、全国約4,000店舗より収集している小売店販売データ、SRI®(全国小売店パネル調査)で振り返ります。2020年、最も売り上げを伸ばした日用消費財カテゴリー 驚異的な前年比とは?図表1は、今年10月までの販売金額の前年比のランキングです。知るGalleryでは、毎年売れたものランキングを発表しています。2018年までは体にいい

2020年11月27日インテージ★フィードバック数:0社会/政治

子ども食堂に関する意識調査

市場調査、マーケティングリサーチならインテージリサーチ 「子ども食堂」の認知度は8割で高止まり? ~コロナ禍で注目の「フードパントリー」、認知はこれから~ 全国1万人の意識調査 株式会社インテージリサーチ(本社:東京都東久留米市、代表取締役:小田切俊夫)は、自主企画「子ども食堂に関する意識調査」を実施しました。全国の16~79歳の男女1万802人を対象にしたインターネット調査で、子ども食堂とフードパントリー、フードバンク、フードドライブの認知度を尋ねたものです。 調査結果のポイント「子ども食堂

2020年10月9日インテージ★フィードバック数:0ライフスタイル

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大に伴う 外出自粛による家庭のエネルギー消費への影響分析

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大に伴う外出自... 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大に伴う 外出自粛による家庭のエネルギー消費への影響分析第一報:在宅勤務とエネルギー消費の関係および在宅勤務実施世帯の特徴株式会社住環境計画研究所(代表取締役会長:中上 英俊、東京都千代田区紀尾井町3-29 紀尾井町アークビル3階)と株式会社インテージ(代表取締役社長:檜垣 歩、東京都千代田区神田練塀町3番地 インテージ秋葉原ビル)は共同で、COVID-19の感染拡大に伴う外出

2020年10月5日インテージフィードバック数:0ライフスタイル

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大に伴う外出自粛による家庭のエネルギー消費への影響分析

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大に伴う外出自粛による家庭のエネルギー消費への影響分析第一報:在宅勤務とエネルギー消費の関係および在宅勤務実施世帯の特徴 株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:檜垣 歩、以下:インテージ)と株式会社住環境計画研究所(代表取締役会長:中上英俊、東京都千代田区紀尾井町3-29 紀尾井町アークビル3階)は共同で、COVID-19の感染拡大に伴う外出自粛が家庭のエネルギー消費やライフスタイルに与えた影響を検討するための調査を2020年6月

2020年4月8日インテージ★★フィードバック数:0ライフスタイル

【毎日更新】新型コロナウイルス感染拡大でいまの生活者の意識は?デイリー調査で追う意識の変化

新型コロナウイルス感染拡大でいまの生活者の意識は?デイリー調査で追う意識の変化 新型コロナウイルスの感染拡大による、人々の生活への影響が増しています。4月2日現在、大都市を中心に感染者数が増加傾向にあり、爆発的な感染拡大を防ぐために、複数の自治体で休日や夜間の行動自粛要請が出ています。また、今後の推移によってはさらなる行動制限がかかる可能性も出てきています。この記事では、日々変わる状況の中で、生活者の意識はどのように変化していったのかをデータでご紹介します。 3月25日から6月30日まで、毎日約

2020年1月30日インテージフィードバック数:0大型消費/投資

イマドキのバレンタイン事情

「自分チョコ」「友チョコ」の広がりでますます女子が楽しむイベントに?イマドキのバレンタイン事情 バレンタインといえば「本命チョコ」「義理チョコ」を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、最近では女性から女性への「友チョコ」や男性から女性への「逆チョコ」といったスタイルもみられるそう。イマドキのバレンタイン事情を探るべく、全国の16歳から69歳の男女2400人を対象に実施した調査から明らかになった、男女やライフステージによる行動・キモチの違いをご紹介します。どれくらいの女性が、「何チョコ」を渡す?バ

2019年12月26日インテージ★フィードバック数:0ライフスタイル

2019年好調カテゴリーランキング

今年何が売れた? 2019年好調カテゴリーランキング この1年、日用消費財の中で、より買われるようになったものは何だったのでしょうか。国内最大規模の消費者パネル、SCI®(全国消費者パネル調査)と、国内最大規模の小売店パネル、SRI®(全国小売店パネル調査)のデータを元に振り返ります。健康志向を上回ったのは、タピオカのパワー購入額の伸び率ランキング(図表1)で栄えある1位に輝いたのは、前年比131%の「デザートドリンク」。その原動力になったのが、このカテゴリー内にあるタピオカドリンクです。全国各

2019年11月14日インテージ★★フィードバック数:0マーケティング

2019年度 第4回『JCSI(日本版顧客満足度指数)』調査結果

~ レディースファッションHoneys 2年ぶり2度目の1位 ~ 2019年度 第4回 『JCSI(日本版顧客満足度指数)』調査結果のご案内 株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:檜垣 歩)は、このたび利用推進パートナーに認定されている『JCSI(日本版顧客満足度指数:Japanese Customer Satisfaction Index)』の2019年度 第4回調査結果の発表を受け、これをご案内いたします。同調査は、サービス産業生産性協議会が調査主体となって実施している

2019年11月8日インテージ★フィードバック数:0社会/政治

消費税増税前後の日用消費財購買状況調査 消費税増税後の駆け込み需要の反動、軽減税率でくっきり

消費税増税後の駆け込み需要の反動、軽減税率でくっきり ~対象外品目(10%)は前回並み落ち込みも、対象品目(8%)は微減~ 株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:檜垣 歩、以下:インテージ)は、国内最大規模の消費者パネル、SCI®(全国消費者パネル調査)の購買データをもとに、2019年10月1日から実施された消費税増税前後の、日用消費財の購買状況を発表しました。日用消費財全体としては、食料品などで初めて導入された軽減税率などの影響もあり、2014年の増税時※ほどの購入金額の

2019年10月2日インテージ★フィードバック数:0ライフスタイル

食育・孤食に関する意識調査

食育・孤食に関する意識調査

2019年9月24日インテージフィードバック数:0マーケティング

2019年度 第3回 『JCSI(日本版顧客満足度指数)』調査結果

~ 劇団四季 4年ぶり6度目の1位 ~ 2019年度 第3回 『JCSI(日本版顧客満足度指数)』調査結果のご案内 株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:檜垣 歩)は、このたび利用推進パートナーに認定されている『JCSI(日本版顧客満足度指数:Japanese Customer Satisfaction Index)』の2019年度 第3回調査結果の発表を受け、これをご案内いたします。 同調査は、サービス産業生産性協議会が調査主体となって実施している日本最大級の顧客満足度調査

2019年4月17日インテージフィードバック数:0社会/政治

イマドキ男子とのコンタクト・ポイントを探る

イマドキ男子とのコンタクト・ポイントを探る 「イマドキ男子」のメディア接触行動メディアや情報端末が多様化し、コンテンツとしての情報が爆発的に増加している現在、ターゲットとの接点(=Contact Point)の把握は重要なテーマとなっています。 たとえば、山手線の中。3面連続の車内モニター広告にスマホの新しい割引料金プランの動画広告が映し出されている下で、ターゲットの大学生と思われる男性はスマホの画面を凝視。InstagramとLINEを行き来しながら「情報の高速スクロール」と「情報発信」を繰り

2019年4月17日インテージフィードバック数:0大型消費/投資

「北海道ふっこう割」は終わっても、引き続き必要な「旅して応援」札幌のイベントの魅力を探る

「北海道ふっこう割」は終わっても、引き続き必要な「旅して応援」札幌のイベントの魅力を探る 「平成30年北海道胆振東部地震」で被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。2018年9月6日の未明に起きた「平成30年北海道胆振東部地震」。北海道で初めて震度7が観測されたこの地震では、大規模な土砂崩れが発生し、多くの犠牲者を出しました。また、「ブラックアウト現象」発生で北海道のほぼ全域で停電が起き、影響が広範囲に及んだことも多くの人の印象に残っているのではないでしょうか。その後宿泊キャンセルも相次ぎ

2019年4月17日インテージ★フィードバック数:0大型消費/投資

ゴールデンウィーク2019 10連休の予定は? ~「旅行の達人」はやっぱり旅行へ~

ゴールデンウィーク2019 10連休の予定は? ~「旅行の達人」はやっぱり旅行へ~ 異例の10連休と話題の2019年のゴールデンウィーク(GW)。10連休ともなれば普段はなかなかできないような遠出をしたいという人も多いと思われますが、航空運賃の高騰や道路、交通機関、観光スポットの混雑などが予想されています。そんなGW、旅行好きたちはどんな計画を立てているのでしょうか。インテージでは、旅行業界専門のリサーチャーが、人々の旅行に対する態度をもとに「旅行の達人レベル」を独自に判定。旅慣れた「旅行の達人

2019年4月4日インテージフィードバック数:0ライフスタイル

平成振り返り企画第2弾 売り上げデータから分析売り上げ逆転劇 カレー、魚缶詰、一般用医薬品、紙おむつ、洗濯洗剤

【平成振り返り企画第2弾】売り上げ逆転劇 カレー、魚缶詰、一般用医薬品、紙おむつ、洗濯洗剤 ~売り上げデータから分析~ 4月に幕を閉じる「平成」の間に、生活者のライフスタイルがどのように変化したのかを、自社で蓄積してきたデータを駆使して分析します。 第2弾は、全国の店舗より継続的に日々の販売情報を収集しているSRI®(全国小売店パネル調査)とSDI®(全国一般用医薬品パネル調査)から、市場構造が大きく変化した品目を見ていきます。またビールについては新ジャンルの開発や税制変更における劇的な変化を、

2019年1月16日インテージ★フィードバック数:0社会/政治

来年10月予定の消費税増税に関する調査

2019年の消費税増税 軽減税率導入で消費への影響は? 2019年10月1日から実施予定の消費税増税。今回の増税は8%だった消費税を10%に引き上げるだけでなく、低所得者に配慮する観点から、「酒類・外食を除く飲食料品」と「定期購読契約が締結された週2回以上発行される新聞」を対象に同税の「軽減税率」が、初めて実施されます。対象品目が8%と据え置きになる今回の目玉政策が、どの程度生活者に理解されているか、消費意欲への影響はありそうかなどを20~60歳代の男女に調査してみました。軽減税率制度、生活者の

2018年12月20日インテージフィードバック数:0マーケティング

2018年好調カテゴリーランキング

発表!2018年好調カテゴリーランキング 今年は何が売れた!? この1年、日用消費財の中で、より買われるようになったものは何だったのでしょうか。国内最大規模の消費者パネル、SCI®(全国消費者パネル調査)と、国内最大規模の小売店パネル、SRI®(全国小売店パネル調査)のデータを元に振り返ります。世相を反映した「健康志向」と「手軽さ」がトレンド購入額の伸び率ランキングで栄えある1位に輝いたのは、前年比151%のサバ缶。連日テレビ番組などで取り上げられ、見ない日の方が珍しかったくらいの超売れっ子です

2018年11月12日インテージフィードバック数:0大型消費/投資

「EVシフト」の生活者実態調査

インテージ、「EVシフト」の生活者実態調査を公開 ~電気自動車/プラグインハイブリッド車の購入意向者はいずれも1割前後~意向者特徴キーワードは「60代」「教養」「情熱」「人・社会とのつながり」株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石塚 純晃、以下:インテージ)は、毎月、約60万人から取得している自動車に関する実態や意識のデータ「Car-kit」、インテージ保有の多様なパネルデータから特定の生活者像をプロファイリングする「生活者360°Viewer」を使って、電動車を取り巻く生

2018年9月7日インテージフィードバック数:0モバイル

「サクッとマルチ」があたりまえ~インテージ、“イマドキ女子”のスマホ利用実態調査

イマドキ女子のリアルをスマホ事情から探るーライフログデータが示す、メディアの未来#3 年々増えるスマホ利用者。2017年のスマホ利用率は74%(15~69歳)に達しました。(図表1)スマホアプリにも常に新しいトレンドが生まれ、最近流行しているショート音楽動画SNSの「Tik Tok」はテレビ番組の企画で使われているのをよく見かけるようになりました。このようなトレンドの火付け役となることが多い、女子高生・女子大生・新社会人である“イマドキ女子”はどのようにスマホを使っているのでしょうか。イマドキ女

2018年7月18日インテージ★フィードバック数:0マーケティング

~スマートテレビ視聴ログから見たW杯テレビ観戦~

インテージ、 日本対ポーランド戦のザッピング実態を明らかに ~スマートテレビ視聴ログから見たW杯テレビ観戦~ 株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石塚 純晃、以下:インテージ)では、スマートテレビログデータを用い、2018 FIFAワールドカップ ロシア大会の日本対ポーランド戦とセネガル対コロンビア戦の視聴実態を捉えました。[ポイント]日本対ポーランド戦の後半、ボール回しの始まった時間帯から、セネガル対コロンビア戦の接触率が上昇一方で日本対ポーランド戦の接触率は試合終了まで

2018年7月18日インテージフィードバック数:0ライフスタイル

「夏バテ」実態調査

インテージ、「夏バテ」実態調査結果を公開~約4割が経験、女性の方が高経験率の「夏バテ」~ “胃腸”“冷え”“ビネガードリンク”が女性の「夏バテ」キーワード 株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石塚純晃、以下:インテージ)は、「夏バテ」経験とその症状、予防策についての自主調査を実施しましたので、その結果をご紹介します。今年の梅雨明けは広範囲で平年より早く、関東甲信地方が6月に梅雨明けしたのは初めてのことだそう。さらに、太平洋高気圧の勢力が例年より強いと見られ、全国的に暑い夏に

2018年6月29日インテージフィードバック数:0キャリアとスキル

副業に関する全国 1 万人の意識調査~副業するなら?男性は投資、女性はクリエーティブ系~

副業に関する全国 1 万人の意識調査~副業するなら?男性は投資、女性はクリエーティブ系~

2018年6月5日インテージフィードバック数:0マーケティング

動画配信サービスにはない『テレビらしい』楽しみ方とは?―ライフログデータが示す、メディアの未来#1

動画配信サービスにはない『テレビらしい』楽しみ方とは?―ライフログデータが示す、メディアの未来#1 近年、インターネット上の動画サービスとテレビの境界が非常に曖昧になっています。TVer等のサービスによるキャッチアップ配信、自らを「インターネットテレビ局」と称するAbemaTVなどがその一例です。このような動画視聴環境の変化は「通信と放送の融合」と呼ばれる大きな流れの中に位置づけられ、法制度の面からも議論されています。この「通信と放送の融合」、そもそもどのような違いがあるものが融合していくという

2018年3月29日インテージフィードバック数:0ライフスタイル

プレミアムフライデー施行から1年、定着はいかに?

プレミアムフライデー施行から1年、定着はいかに? 月末の金曜日に仕事を早く切り上げることで、消費喚起や余暇促進に繋げるとともに、働き方改革やライフスタイルの変革も狙ってスタートした「プレミアムフライデー」。インテージでは、プレミアムフライデーが始まった2017年2月24日(金)の前後にも調査(以下、1年前調査)を行い、その結果を公表いたしました(「浸透するか?プレミアムフライデー」)。今回の調査は、1年前調査と同様、京浜エリアに住む20~50代の一般有職者を対象に、1年前調査との比較が可能な設計

2018年3月29日インテージフィードバック数:0ライフスタイル

健康・美容への食での対処 シニアはどうしている?~健康食品・サプリメント+ヘルスケアフーズ市場実態把握レポートから①

健康・美容への食での対処 シニアはどうしている? ~健康食品・サプリメント+ヘルスケアフーズ市場実態把握レポートから① 健康・美容に関する消費 具体的に得たいのは何?健康と美容は多くの人にとっての関心事です。毎年のように食品の健康効果が話題になり、ヒットが生まれています。こちらの記事(発表!2017年好調カテゴリーランキング 今年は何が売れた!?)でもご紹介した通り、2017年にも甘酒やもち麦のヒットがありましたが、これも健康効果への期待が背景にあります。健康・美容に関係する商品やサービスはメジ

2018年3月29日インテージフィードバック数:0ライフスタイル

化粧品の使い方や買い方 日本とアジア各都市でどう違う?~アジアインサイトレポート~

化粧品の使い方や買い方 日本とアジア各都市でどう違う? ~アジアインサイトレポート~ 中国をはじめ、めざましく発展を続けるアジア各国。それぞれに異なる生活者の価値観や生活実態を把握するために毎年実施しているAsia Insight Researchと各国で活動しているインテージグループメンバーの知見から、アジアの最新の生活者実態をお届けします。今回のテーマは「アジア女性の化粧品使用・購入実態」です。Asia Insight Researchでは、 上海(中国) バンコク(タイ) ジャカルタ(イン

2018年2月1日インテージ★★フィードバック数:0マーケティング

インテージ、スマートテレビ視聴データで「タイムシフト視聴」の実態を分析

いよいよ広告の取引指標にも反映へ 「タイムシフト視聴」のいま 今、テレビ業界でトピックスとなっているのがテレビスポット広告の取引指標の変更です。2018年4月から民放5局の関東におけるテレビスポット広告の取引指標が世帯視聴率から個人視聴率に変更となり、CMのタイムシフト視聴(録画視聴)分も加味されるようになります。インテージでは、この広告取引指標変更の背景にもある、「いまの生活者のタイムシフト視聴」の実態をアンケート調査とインテージが保有するMedia Gauge TVのスマートTV視聴ログで明

2018年1月29日インテージ★フィードバック数:0社会/政治

インテージ、紅白歌合戦の視聴実態をテレビ視聴ログデータで分析 ~ 全年代層で、安室奈美恵の出演時間に接触率が大幅上昇 ~

紅白歌合戦の年代層別の視聴実態は?テレビ視聴ログデータで見る盛り上がりのタイミング 昨年の大晦日にNHKで放送された紅白歌合戦、皆さんはご覧になったでしょうか。引退を発表した安室奈美恵の出演の動向など、放送前から多くの話題を呼んでいました。世代によってテレビの見られ方は異なりますが、紅白歌合戦の見られ方にはどのような違いがあるのでしょうか。i-SSPのテレビ視聴ログデータを使用して調べてみました。全体を通しての視聴推移は?まずは全体での視聴の推移をみてみました。1分間ごとに全体のうち視聴した人数

2018年1月15日インテージフィードバック数:0マーケティング

発表!2017年好調カテゴリーランキング 今年は何が売れた!?

発表!2017年好調カテゴリーランキング 今年は何が売れた!? 2017年、日用消費財の中ではどのようなカテゴリーが好調だったのでしょう。販売データでランキングを振り返るとともに、上位にランクインした「甘酒」「もち麦」について、生活者の飲食頻度やアレンジ方法など、好調の背景を明らかにすべく意識調査(16~59歳の男女2,208人を対象)を実施しました。2017年にヒットしたカテゴリーは?2017年に消費者の平均購入金額が増加したカテゴリーを見てみると、伸び率トップ3には、「甘酒」「トマトジュース

2017年12月26日インテージフィードバック数:0ライフスタイル

大掃除、そろそろ始める?~販売データと自主企画調査で実態に迫る~

大掃除、そろそろ始める?~販売データと自主企画調査で実態に迫る~ 年末に差し掛かると、意識し始めるご家庭も多い「大掃除」。そこでインテージでは、年末に大掃除を行う予定の有無や、既婚家庭における夫婦間での意識のギャップ、さらには、不用品整理の方法として、最近注目を集めるフリマアプリの利用実態などを探るべく、16~59歳の男女2,208人を対象に意識調査を実施しました。年末の大掃除、予定しているのは何%?大掃除積極層は?年末の大掃除の実態を、まずはインテージが保有する全国小売店パネル調査(SRI)の

2017年12月25日インテージフィードバック数:0キャリアとスキル

「テレワーク・デイ」の人口動態分析第2弾

インテージ、「テレワーク・デイ」の人口動態分析第2弾を公開―都心の人口減少エリアの減少業種、職種の内訳を明らかに― 株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石塚純晃)は、2017年7月24日(月)に実施された「テレワーク・デイ」に関連したビッグデータ分析の第2弾を実施しました。 テレワークが多く実施されていれば、出社時間帯の人口が通常より少なくなる、という仮説のもと、第1弾(8月31日リリース)に引き続き、株式会社ドコモ・インサイトマーケティング(本社:東京都港区、代表取締役社

2017年12月12日インテージフィードバック数:0社会/政治

衆議院選挙2017を振り返る~有権者の投票したい政党はどう変化したのか~

衆議院選挙2017を振り返る~有権者の投票したい政党はどう変化したのか~ 9月25日、記者会見の場で安倍首相が衆議院の解散を表明すると、同日には小池氏が「希望の党」を発表。その後、「民進党」は「希望の党」への合流が提案・承認され、事実上の解党が報じられると、10月2日には枝野氏が「立憲民主党」の旗揚げを表明。選挙期間中は、各党の動向がニュースとなり、また「自由民主党」の勢い、「立憲民主党」の躍進、その一方で「希望の党」の苦戦など、選挙戦の情勢や各党の獲得議席数予想が報じられ、自らの一票をどの政党

2017年11月30日インテージ★フィードバック数:0ビジネス

「テレワーク・デイ」の人口動態分析

インテージ、「テレワーク・デイ」の人口動態分析結果を公開―当日朝9時台、都心の人口減少エリアランキングと減少人口の属性を明らかに― 株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石塚 純晃)は、2017年7月24日(月)に実施された「テレワーク・デイ」に関連したビッグデータ分析を実施しました。テレワークが多く実施されていれば、出社時間帯の人口が通常より少なくなる、という仮説のもと、株式会社ドコモ・インサイトマーケティング(本社:東京都港区、代表取締役社長:熊谷 宜和)が提供する「モバ

2017年11月20日インテージフィードバック数:0ビジネス

2017年度 第4回 『JCSI(日本版顧客満足度指数)』調査結果

2017年度 第4回 『JCSI(日本版顧客満足度指数)』調査結果のご案内 株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石塚 純晃)と株式会社インテージコンサルティング(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:笠原 秀隆)は、このたび利用推進パートナーに認定されている『JCSI(日本版顧客満足度指数:Japanese Customer Satisfaction Index)』の2017年度第4回調査結果の発表を受け、これをご案内いたします。 同調査は、サービス産業生産性協議会が調査主

2017年11月20日インテージ★フィードバック数:0大型消費/投資

11月22日は「いい夫婦の日」~「嫁」と呼ぶ男性、「妻」と呼ばれたい女性~夫婦は互いをどう呼んでいる?全国1万人調査

市場調査、マーケティングリサーチならインテージリサーチ 夫婦は互いをどう呼んでいる?全国1万人調査株式会社インテージリサーチ(本社:東京都東久留米市、代表取締役社長:井上孝志)は、全国の20~69歳の男女1万人を対象に3月30・31日、夫婦の呼び方に関する自主企画調査をインターネットで行いました。 調査結果のポイント親しい人と話す際、男性からの配偶者に対する呼び方は「嫁」がトップ、次いで「奥さん」。一方、女性が希望する呼び方は「妻」がトップとなっており、実態と希望にギャップが見られる50歳以上

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お知らせ