調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > エバーセンス

「エバーセンス」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年3月1日エバーセンスフィードバック数:0ライフスタイル

【子ども予防接種週間】「別の病気にかかる方が怖い」の意見多数。97.5%が予防接種を「予定通りに受けている」と回答。株式会社エバーセンス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:牧野哲也)は、今年度の「子ども予防接種週間」(3月1日〜7日)に合わせて、コロナ禍における子どもの予防接種に関する意識調査を行いました。 背景2020年4月、新型コロナウイルス感染症に関する緊急事態宣言が発令された後、各地で子どもの定期予防接種の接種率が低下していることが報告されました。こうした動きに対し厚生労働省は、予防接

2021年2月10日エバーセンスフィードバック数:0社会/政治

【2021年妊活・不妊治療アンケート】92.7%が不妊治療の保険適用拡大に賛成!約4人に1人が今年第2子以降の妊活・不妊治療をすると回答妊娠から出産、育児期のママやそのご家族に寄り添うサービスを多数展開しているninaruシリーズの運営会社、株式会社エバーセンス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:牧野哲也)は、未だコロナ禍にある2021年の妊活・不妊治療に関するアンケートを実施いたしました。背景厚生労働省は、2022年度に不妊治療の保険適用を拡大する方針を示しています。保険適用開始までの措置と

2017年6月12日エバーセンスフィードバック数:0社会/政治

【調査リリース】約2人に1人が母乳への影響を感じた経験あり!食事に気を使っているママは68.6%! 厚生労働省が昨年発表した「2015年度乳幼児栄養調査」によると、授乳期に母乳のみで育てた保護者は生後1ヶ月と3ヶ月で、ともに調査開始以降初めて5割を超えたことが分かりました。母乳育児が増加している一方で、食事と母乳の質・量の関係性については、まだ調査報告が十分にされておらず、はっきりとした根拠がないとWHO(世界保健機関)は指摘しています。※1しかし、母乳に関する悩みやトラブルの相談、助産師による

2016年10月21日エバーセンスフィードバック数:0大型消費/投資

【調査リリース】20代での不妊治療経験者35.0%!!不妊治療、約2人に1人が精神的な理由でやめたいと思った。月間670万人以上が利用するWEBメディア「こそだてハック」()の運営会社、株式会社エバーセンス(所在地:東京都中央区、代表取締役:牧野 哲也 以下「当社」)は、2016年9月に「こそだてハック」ユーザーを対象に、「不妊治療」に関する調査を実施いたしました。【背景】晩婚・晩産化が進む昨今、芸能人が自分の不妊治療の経験を語るなど不妊治療はとても重要かつ身近な医療になってきました。その中で2

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

  2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

新着データ

お知らせ