調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > グローバルヘルスコンサルティング・ジャパン

「グローバルヘルスコンサルティング・ジャパン」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

新型コロナ、第3波でも入院患者の7割が軽症者

新型コロナ、第3波でも入院患者の7割が軽症者 重症患者向けベッドでも6割、「一般病床に重症者」は激減病院経営のコンサルティングなどを行う株式会社グローバルヘルスコンサルティング・ジャパン(GHC ※1=本社・東京都新宿区、代表取締役社長・渡辺幸子)は12月25日、新型コロナウイルス感染症の「第3波」について、入院患者の重症度などについて調査した速報値を発表しました。これによると、入院患者の7割が軽症者である状況に変化はなく、軽症や中等症患者向けの一般病床で重症患者を診る事例は大幅に減少したものの

新型コロナ第2波、対策済みの病院14%

>>> 2020.07.01【PRESS RELEASE】新型コロナ第2波、対策済みの病院14% 半数が未だマスクなど調達に支障(GHC調査) 病院経営のコンサルティングなどを行う株式会社グローバルヘルスコンサルティング・ジャパン(GHC※1=本社・東京都新宿区、代表取締役社長・渡辺幸子)はこのほど、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う病院経営への影響について、アンケート調査とデータ分析を実施しました。  アンケート調査は137病院が回答。回答結果を集計したところ、新型コロナ感染者拡大の「第2波

新型コロナで88%の病院が予定手術を延期(GHC調査)

新型コロナで88%の病院が予定手術を延期(GHC調査) 経営支援の緊急分析レポート・ソフトを無償提供急性期病院の経営コンサルティングなどを行う株式会社グローバルヘルスコンサルティング・ジャパン(GHC※1=本社・東京都新宿区、代表取締役社長・渡辺幸子)はこのほど、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う急性期病院の経営への影響について、アンケート調査を実施しました。調査に協力した90件の回答結果を集計したところ、88%の急性期病院が、緊急を要さない予定手術を延期していることが明らかになりました。86

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

お知らせ