調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > セールスフォース・ドットコム

「セールスフォース・ドットコム」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

年次調査レポート「マーケティング最新事情」(第6版)日本語版を公開

セールスフォース・ドットコム、 年次調査レポート「マーケティング最新事情」(第6版)日本語版を公開 ※当資料は、2020年5月19日に米国で発表された資料を元に、日本語バージョンのレポート完成を受け、日本向けに内容を加筆・再編集したものです。2020年6月16日株式会社セールスフォース・ドットコム日本のマーケターの最優先課題は「リアルタイムの顧客エンゲージメント」 日本では「5G」と「オンライン人口の拡大」が今後10年間でマーケティングリーダーにとって最大のインパクトを与えると予測株式会社セール

セールスフォース・ドットコムが最新の国内消費者調査を発表

セールスフォース・ドットコムが最新の国内消費者調査を発表 店舗は依然として需要高、消費者は携帯端末に平均2つのショッピングアプリを保有 - 2019年ホリデーシーズンに向け日本人消費者の44%がオンラインショッピングを増やすと回答- 日本人消費者13%がホリデーショッピングの主なアイデアはInstagramからと回答 グローバルでCRMをリードする米国セールスフォース・ドットコム(日本法人:株式会社セールスフォース・ドットコム、本社:東京都千代田区、代表取締役会長 兼 社長:小出 伸一)は、消費

日本企業の7割がまだ知らない!?営業の現場力を革新するインサイドセールスとは Vol.2会いに行かない営業が主流に?インサイドセールスが変える営業の未来

お客様のビジネスに役立つコンテンツを定期的にお届けします。 Vol.1では日本の企業における人材の育成や営業の生産性アップにおける課題と、それらを解決する有望な打ち手としてインサイドセールスをご紹介しました。Vol.2では、日本でインサイドセールスがどのくらい利用されているのか、また導入している企業ではどのような効果が表れているのかについて詳しく解説していきます。まずは日本国内のインサイドセールスの認知度を見ていきましょう。アンケートの結果、日本におけるインサイドセールスの認知度

人材育成にも役立つ?!営業の現場力を革新するインサイドセールスとは Vol.1~新規見込み客の獲得に効く!インサイドセールスという新しい営業のかたち

お客様のビジネスに役立つコンテンツを定期的にお届けします。 経済産業省の「2018年度版ものづくり白書」によると、社会的な人手不足の中、国内の製造業において約8割近くの企業が「人材育成」に何らかの問題があると答えました。なかでも課題として多くあげられたのが、若年層、さらには指導する側の人材不足、IT人材の育成です。人手不足が深刻化する現場では、デジタル技術革新に伴いAIやIoTなどのツールを利活用して業務効率を上げ、従業員の労働を高付加価値なものにしていく人材育成が重要だと考えら

人手不足はAIでカバーできる?ビジネスにおけるAIとデータ活用の実態 Vol.2

お客様のビジネスに役立つコンテンツを定期的にお届けします。 Vol.1では、国内と外資系企業のAIに対する認識の差についてご紹介してきました。普段からAIを意識して使用している人が多い外資系企業の方が、業務上のデータを活用できている割合が高く、反対に国内企業ではデータの活用が不十分だと感じている企業が多い結果となりました。規模の小さい企業ほどそのような傾向が強く、原因のひとつとして、人員の不足が考えられます。Vol.2では、これからどのような分野で人手不足が懸念されているか、そし

日系・外資で認識に差!ビジネスにおけるAIとデータ活用の実態 Vol.1

お客様のビジネスに役立つコンテンツを定期的にお届けします。 AIの存在感が強まる現代。日系、外資でAIに対する認識に差はあるか?2018年6月、経済産業省は、民間事業者等がデータの利用等に関する契約やAIを活用したソフトウェアの開発・利用に関する契約を結ぶ際の参考として「AI・データの利用に関する契約ガイドライン」を発表しました。契約上の主な課題・論点や契約条項例などがまとめられており、当事者間の認識や理解のギャップによって生じる課題を解決することが期待されています。技術革新が進

セールスフォース・ドットコム、ホリデーシーズン中の買い物において、初めてモバイルフォンが最も利用されるデバイスになることを予測

【抄訳】セールスフォース・ドットコム、ホリデーシーズン中の買い物において、初めてモバイルフォンが最も利用されるデバイスになることを予測 〜モバイルフォンがEコマースサイト訪問に利用されるデバイスの68%を占める見込み~ 〜AIによる製品レコメンド機能が全収益の35%に貢献~~サイバーウィークはシーズン全体のEコマース売上の40%を占める (2017年よりも8%増加)~~InstagramからのEコマーストラフィックは昨年のホリデーシーズンと 比較して51%増加~【米国リリース抄訳】2018年10

消費者のSNS利用を左右する「承認欲求」を徹底分析!

お客様のビジネスに役立つコンテンツを定期的にお届けします。 2017年は、「インスタ映え」が流行語の年間大賞をとり(※1)、国内のInstagram月間ユーザー数が2,000万人に急伸したことも発表されました(※2)。このようにInstagramをはじめ、FacebookやTwitterなどのSNSは、現在、消費者の生活に欠かせないものになっています。そしてSNSが社会に浸透したことで、いいね!を得るためにモノを買ったり、どこかへ出かけるといった、「承認欲求に起因する消費者行動の

Salesforceエコノミーに関する最新調査レポート

【抄訳】セールスフォース・ドットコム、Salesforceエコノミーに関する最新調査レポートを発表 グローバルでCRMをリードする米国セールスフォース・ドットコム(日本法人:株式会社セールスフォース・ドットコム、本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:小出伸一)は、IDC社によるSalesforceエコノミーが創出する経済効果に関する最新調査レポートの結果について発表しました。本レポートでは、セールスフォース・ドットコムと、お客様やパートナーで形成されるSalesforceエコノミーが、2

Salesforce エコシステムがもたらす 2,720億ドル規模の機会

世界が大きな課題に直面している中で、企業に求められていることとは。いまを乗り越えるために役立つヒントを連載でお届けします。 お客様のビジネスに役立つコンテンツを定期的にお届けします。 ビジネスは社会を変える最良のプラットフォーム ビジネスは社会を変える最良のプラットフォーム コロナが始まり、突然訪れたDXの本番においては、これまでとは全く異なる視点やアプローチ、ビジネスモデルで事業を自ら変革を起こすことが必要になります。そのような変革を起こす人や企業を当社では「ト

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
 

お知らせ