調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > ダイヤモンド社

「ダイヤモンド社」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2012年8月20日ダイヤモンド社フィードバック数:88大型消費/投資

1万2000人の宿泊者が選んだ「日本のベストホテル」

『週刊ダイヤモンド』8月25日号では、昨年に続いて、日本のホテルの満足度について、1万2000人の宿泊者を対象にアンケート調査を実施した。結果は、帝国ホテルが前年1位から7位に転落するなど、ランキングは激変。今年は、男女・年齢・役職・目的別などさまざまな視点で分析した。顧客満足度ランキング 1位、2位を横浜のホテルが独占 アンケート調査では、最近1年以内に国内ホテルを利用したビジネスパーソンを対象に、1万2000人から回答を得た。「最近3年間に宿泊したホテルの中で最も満足したホテルはどこか」「2

2012年8月1日ダイヤモンド社フィードバック数:23キャリアとスキル

人口の割に上場企業数が多ければ所得は高くなる? あなたが就活する地域の「真の豊かさ」を再調査

人口の割に上場企業が多ければ 本当に県民所得が高いのか? 連載第12回では、「大企業が多い県で働けば“豊かな生活”が送れるか」という仮説を検証してみた。大企業を多く抱える自治体は、地域経済が潤っている可能性が高い。そうした県に住んで働けば、他の地域で働くよりも収入が多くなり、豊かな暮らしを送れるかもしれないと考えたからだ。 結果としては、少なくとも県民所得順位が近い県同士の比較においては、1人当たり県民所得の多寡と上場企業の本社数や規模との間には、直截的な因果関係はなさそうだという結論に落ち着い

2012年6月26日ダイヤモンド社フィードバック数:36大型消費/投資

海外旅行をしたくなるのは「1ドル=82円」から? 円高で活況する2012年海外旅行事情

そろそろ夏期休暇の予定に思いを馳せている人も多い頃かもしれない。海外旅行の際に必ず気になるのが為替レートだが、「エイビーロード海外旅行調査2012」(運営元:リクルート)が、円高を理由に海外旅行を検討している人が増えるのは「1ドル=82円」という調査結果を発表した。調査では、同行者別の渡航先ランキングなども確認することができる。 調査対象は、マーケティングリサーチ運営会社インテージの「インテージ・ネットモニター」(関東・関西・東海の3地域)より抽出した「2011年の海外旅行経験者」。8495人を

2012年6月12日ダイヤモンド社フィードバック数:23ライフスタイル

暑さ対策における意識調査2012

関東では先週末から梅雨入り。これから約1ヵ月半、ジメジメとした天気が続くことになる。この時期から気になり出すのが混雑する電車内などでのニオイだが、小林製薬の調査によると、人のニオイと自分のニオイを気にするシチュエーションはそれぞれ微妙に違うという。調査結果を見てみよう。 調査は、「暑さ対策における意識調査2012」と題し、全国に暮らす20~40代の男女618人に実施。調査期間は2012年4月7日~8日。調査方法はインターネット。シチュエーションに大きな差 自分と他人のニオイが気になる瞬間 まず、

2012年5月8日ダイヤモンド社フィードバック数:77ライフスタイル

30~40代女性は見た目年齢に自信アリ? 約6割が「自分は実年齢より若く見える」と回答

「若く見られることにこだわりすぎるのはみっともないと思う。でも何もしないと確実に老ける。『若く見られたい』というより『現代の年相応』に見られるようにしたい」 これは、エイジングケアを始めようと思ったきっかけについて聞いたアンケートに寄せられた40代女性の回答だ。このアンケートからは、女性の健康や美容への関心の高さとともに、女性の年齢に対する複雑な感情が垣間見える。 アンケートは2012年4月に、シティリビングホームページ「Citywave」メール会員を対象にWEBで実施。30~44歳までの女性7

2012年1月20日ダイヤモンド社★フィードバック数:102マーケティング

情報メディア利用実態調査2012です。

スマホ、タブレットはどう利用されている? 「メディアの間取り図」から見える生活者の実態

インターネットや携帯電話の普及に対応して、多くの情報メディアは、この10年あまり「デジタル化」を追求してきた。しかし、2011年7月に、一部地域を除いてテレビ放送のデジタル化が完了したことで一つの区切りをつけ、この次の10年は「スマート化」へ舵を切りつつある。 なお、ここでいう「スマートデバイス」の「スマート」とは、「インターネットによる通信機能と拡張機能を併せ持つことで、さまざまなコンテンツをクラウド的に提供するサービス」のことである。 このようなメディア環境の変わり目において、メディアやデバ

2012年1月12日ダイヤモンド社★フィードバック数:32キャリアとスキル

ワークス研究所による新卒採用についての調査です。

最新版「ワークス採用見通し調査」どうなる!? 2013年新卒採用見通し

景気動向は依然として不透明なまま2012年を迎えた。 2011年12月15日に発表された日銀短観の業況判断を見ると、製造業の大企業、中堅企業、中小企業すべてにおいて、足元や先行きの「良い−悪い」がマイナスとなった。一方、非製造業では、中堅企業および中小企業はマイナスであるが、大企業はプラスとなっている。 このような景況感のなか、就職活動をする2013年卒業予定者の採用見通しは、どのようになるか。2011年12月20日ワークス研究所が発表した「ワークス採用見通し調査」を中心に、新卒採用の見通しを見

2011年8月26日ダイヤモンド社フィードバック数:13社会/政治

【緊急特集】世界経済 複合危機!~連鎖暴落を引き起こした“構造問題”の正体 Part3 エコノミスト緊急アンケート

不安は瞬く間に伝播する。欧米債務問題を引き金としたリスク資産からの逃避の動きは世界を駆け巡り、同時株安を引き起こした。市場はその後、落ち着きを取り戻したかに見えるが、先行き不安の根は深い。欧米、新興国それぞれが構造問題とジレンマを抱え、抜け出すのは容易ではない。世界経済は複合危機に陥っている。 (「週刊ダイヤモンド」編集部 小栗正嗣、河野拓郎、竹田孝洋、前田 剛)欧米のソブリン危機がマーケットを襲い、世界経済を揺るがしつつある。エコノミストへの緊急アンケートを基に、2012年にかけての景気、株、

2011年3月7日ダイヤモンド社フィードバック数:0大型消費/投資

住宅に関するアンケート

家選び、リフォームなど「住まい」に関することで、夫婦や同居家族らと意見が対立したことがありますか──。先頃本誌が行ったインターネット調査によると、対立点のトップが「立地」であり、次に「価格」、そして「間取り」の順だった。 これに対し「家選びの最重要ポイントが立地というのは、ここ二十数年来変わらぬ傾向」と分析するのは、ハウジングジャーナリストの河名紀子氏だ。 河名紀子 上智大学卒。「中日新聞」「東京新聞」「住宅産業新聞」記者、住宅業界誌編集長を経て独立。メディア・ハウジング研究所代表取締役。「女性

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ