調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > デロイト トーマツ グループ

「デロイト トーマツ グループ」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

ポストコロナの移動に関する意向調査結果

ポストコロナの移動に関する意向調査結果 ~通勤の移動は1年後も減少、移動は安全性重視に~ 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を踏まえた、“1年後”の移動・クルマに対する消費者の意識を2018年の調査結果と比較し、消費者意識の変化を分析 2020年8月20日デロイト トーマツ グループ(東京都千代田区、グループCEO:永田高士)は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響による、“1年後”の移動・クルマに対する消費者意識について、2020年6月に日本全国3,120人を

「デロイト ミレニアル年次調査2020」を発表

「デロイト ミレニアル年次調査2020」を発表COVID-19がミレニアル・Z世代に及ぼした影響とは?最新グローバル調査データに基づき日本と世界の意識を比較・解説 今後の経済状況の見通しは他国と比較しても悲観的な日本のミレニアル・Z世代。離職意向は低下し、企業に留まりたいとの考えが増加。将来を不安視する声も増加傾向。 2020年7月6日デロイト トーマツ グループ(東京都千代田区、CEO:永田 高士)は、デロイト グローバルが行っているミレニアル・Z世代を対象とした年次調査の最新版となる第

要員・人件費の生産性に関するベンチマーク調査

要員・人件費の生産性に関するベンチマーク調査企業における間接部門の従業員比率は2012年の調査開始時から約1.19倍となり、生産性向上が引き続き課題。既存業務の効率化と高付加価値業務へのシフトがカギに。 2020年4月9日デロイト トーマツ グループ(東京都千代田区、CEO:永田 高士)は、企業へのアンケート調査をもとに、人事、経理・財務、情報システム(IT)といった間接機能の効率性を分析した調査レポートをまとめた結果、間接機能の拡大が見られ、多くの日本企業が生産性向上の道半ばであることが分か

世界の調達責任者を対象にした調達領域の課題と現状認識に関する調査結果

「Global CPO Survey 2019」日本版発行世界の調達責任者を対象にした調達領域の課題と現状認識に関する調査結果 調達においては景気低迷や貿易戦争など外部環境に起因するリスクが増加する一方、内部環境に起因するリスクも上位に。対策として調達における一層のデジタル変革が求められる 2020年3月30日デロイト トーマツ グループ(東京都千代田区、CEO:永田高士)は、世界38か国の企業における調達責任者(CPO:Chief Procurement Officer)を対象に、調達領

自治体コミュニケーションの未来を展望する調査 2019

「自治体コミュニケーションの未来を展望する調査 2019」発表8割の市町がIT技術を活用した新たな住民参画の手法に関心を持つ ・8割の市町がIT技術を活用した新たな住民参画の手法に関心を持つ・住民参画の手法の課題は「参加者の年代の偏り」(8割)、「参加人数の確保」(6割)・過半数の市町で18歳未満の住民が地域への意見表出する場がなく、意見収集が困難 2019年7月8日有限責任監査法人トーマツ(東京都千代田区、包括代表 國井泰成、以下トーマツ)は、慶應義塾大学SFC研究所上席所員、岩田崇氏の

日本のスポーツ観戦は「試合中」に期待が偏重 「スポーツ観戦体験グローバル調査レポート~サッカー編」

日本のスポーツ観戦は「試合中」に期待が偏重「スポーツ観戦体験グローバル調査レポート~サッカー編」を発行 観戦前の情報収集や、当日の移動、試合後の飲食や観戦後の情報収集など、試合前後の体験への期待も大きいアメリカ、ドイツ。日本はスタジアムでの試合観戦に期待が大きく偏る結果 2019年6月28日デロイト トーマツ コンサルティング合同会社(東京都千代田区、代表執行役社長 佐瀬 真人、以下DTC)は、デロイト トーマツのスポーツビジネスグループが有するスポーツビジネスに関する知見とDTCのCus

日本版MaaSの可能性についてまとめたレポート「MaaSがもたらすモビリティ革命」を発行

MaaSがもたらすモビリティ革命―日本版MaaSの可能性- 自動運転やシェアリングサービス等、モビリティに関する新しい技術・サービスの概念が生まれてきたことを背景に、モビリティを単なる移動手段ではなくサービスとして捉える「MaaS(Mobility as a Service)」が欧州で誕生している。 本稿では、この次世代モビリティサービス・MaaSの概念について、日本の交通事情や課題、及びデロイトが実施した交通手段に関する利用者調査の結果を踏まえ「日本版MaaS」が目指すべき方向性について考察

「Tech Trends 2019日本版」発表

「Tech Trends 2019日本版」発表個別テクノロジーの活用から複合的活用による真のデジタルトランスフォーメーション実現へ サイバーリスク、NoOps、次世代コネクティビティ、人とAIが協働する組織、進化するマーケティング:顧客体験の再考など8つの最新トレンドと企業のデジタル戦略の在り方を解説 デロイト トーマツ グループ(東京都千代田区、CEO:永田高士)は、企業のデジタルトランスフォーメーションの実現に向けて、デロイトがグローバルで毎年まとめているレポートに日本独自の動向と見解

TMT Predictions 2019 日本版

「TMT Predictions 2019」では、テクノロジー・メディア・通信業界に関して、最新のトピックの分析と将来予測をまとめています。グローバル版の抄訳に加え、日本のプロフェッショナルによる「日本の視点」を掲載しています。 TMT Predictions 2019 日本版 全文TMT Predictions 2019日本版をお届けします。TMT Predictionsはデロイトが2001年から毎年発行しているレポートで、テクノロジー・メディア・テレコミュニケーション(TMT) 業界にお

「広告取引に関する広告主実態調査」の発表

「広告取引に関する広告主実態調査」の発表 有限責任監査法人トーマツは、広告活動を行っている上場企業105社を対象とした「広告取引に関する広告主実態調査」について、本日発表します。 9割超が「マーケティング投資の透明性に対し取り組みが必要」とする一方、ガイドラインを持つ企業は半数にとどまり、投資対効果に向けた広告・マーケティング取引のガバナンスが必要デジタル媒体の重要度が増す中、広告・メディア戦略実行・投資上の課題は、「広告効果測定の難しさ・不透明さ」とともに「媒体単価等コスト面の不透明さ」「

世界モバイル利用動向調査2018

モバイルデバイス所有の各国比較のほか、日本国内の3キャリアユーザーと他キャリアユー ザーの比較を実施。5Gへの感度は他キャリアユーザーの方が高い結果に 2018年12月11日デロイト トーマツ コンサルティング合同会社(本社:東京都千代田区 代表執行役社長:宋修永 以下、DTC)は、デロイトのテクノロジー・メディア・テレコムインダストリーが全世界35ヶ国・地域を対象に実施した「世界モバイル利用動向調査(Global Mobile Consumer Survey)」について、発表します。本年は

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
 

お知らせ