調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > プライスウォーターハウスクーパース

「プライスウォーターハウスクーパース」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

電力小売市場意識調査2015

プライスウォーターハウスクーパース、「電力小売市場意識調査2015」の結果を発表 消費者の約95%が、電力小売自由化後に「電力会社変更の可能性がある」と回答。電気料金以外の要素も電力会社変更の際の決め手に2015年10月20日プライスウォーターハウスクーパース株式会社プライスウォーターハウスクーパース株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:鹿島 章、鈴木 保晴)は、10月20日、日本全国の一般家庭における消費者を対象に実施した「電力小売市場意識調査2015」の結果を発表しました(調査期

2015年内部監査全世界実態調査

2015年内部監査全世界実態調査‐急激な変革の時代において内部監査の「真北」を目指す‐ 今回で第11回目となるPwCの内部監査全世界実態調査は、世界中の計1,300名の内部監査部門長や利害関係者(役員会メンバー、マネジメントなど)に調査した結果を取りまとめたものです。今日の企業は新しいビジネス戦略を推進していることから、内部監査が企業において重要な位置を維持し価値を提供し続けるには内部監査も同じペースで進化しなければなりません。PwCは、組織が現在の状態から望んでいる場所にたどり着くため

PwCのレポートです。

グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック2015-2019

PwC、年次調査「グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック2015-2019」を発表 消費者はデジタルメディアと従来型メディアを分け隔てて捉えることなく、自分だけの感動体験を味わえるコンテンツを、いつでも、好きな方法で、柔軟かつ自由、便利に楽しむことを求めている2015年6月30日PwC Japan本プレスリリースは、2015年6月3日にPwCが発表したプレスリリースの翻訳です。英語の原文と翻訳内容に齟齬がある場合には原文が優先します。2015年6月3日 - PwCの年次調査

PwCのレポートです。のレポートです。

リテールバンキング2020 進化か革命か

金融業界は、変化を求められる大きな力にさらされています。顧客の期待、技術の革新、規制強化、人口動態や経済変動など、金融機関が乗り越えなくてはいけない課題は山積みです。これからの時代で成功するには、これらの課題を解決することが必要です。また、金融機関は現在の責務を果たすだけではなく、将来に向けて、自らを根本的に改革し再構築していかなければなりません。本レポートにおいては、PwCの「プロジェクトブルー」という枠組みを駆使し、これらの課題が将来、リテールバンクにどのような衝撃を与えるのかについて見解を

大いなる期待‐チーフデータオフィサーの進化

大いなる期待‐チーフデータオフィサーの進化 経営幹部(C-suite)の中でチーフデータオフィサー(Chief Data Officer, CDO)という新たな役割が浸透し始めています。この新たに登場したリーダーは、情報資産に関する企業全体のガバナンスと有効利用に責任を負っており、データを活用し、リスクを管理し、収益機会を生み出すことに尽力することが求められています。本報告書では、CDOがどのような役割を果たすかについて考察しています。 © 2004 - 2019 PwC. All

業種別財務分析(キャッシュ・フロー計算書中心)‐携帯電話(移動通信)業界

事例紹介コンサルティング、アドバイザリーおよび調査研究業務の事例や実績をご紹介しています。 日本日本国内事業の再構築戦略策定支援米国に本拠地を置くクライアントの日本事業の再構築に向けて、競合のビジネスモデルを分析し、クライアントにとって新しいビジネスモデルを立案しました。事業リスクの評価と管理手法の導入商品価格や為替の変動によるクライアント全社収益への影響を予測するための新たなリスク管理手法を導入しました。外部機関の予測、過去データを基にした将来シナリオの策定、および評価モデルの構

業界別財務分析(キャッシュ・フロー計算書中心)‐広告業界

事例紹介コンサルティング、アドバイザリーおよび調査研究業務の事例や実績をご紹介しています。 日本日本国内事業の再構築戦略策定支援米国に本拠地を置くクライアントの日本事業の再構築に向けて、競合のビジネスモデルを分析し、クライアントにとって新しいビジネスモデルを立案しました。事業リスクの評価と管理手法の導入商品価格や為替の変動によるクライアント全社収益への影響を予測するための新たなリスク管理手法を導入しました。外部機関の予測、過去データを基にした将来シナリオの策定、および評価モデルの構

業界別財務分析(キャッシュ・フロー計算書中心)‐テレビ業界

事例紹介コンサルティング、アドバイザリーおよび調査研究業務の事例や実績をご紹介しています。 日本日本国内事業の再構築戦略策定支援米国に本拠地を置くクライアントの日本事業の再構築に向けて、競合のビジネスモデルを分析し、クライアントにとって新しいビジネスモデルを立案しました。事業リスクの評価と管理手法の導入商品価格や為替の変動によるクライアント全社収益への影響を予測するための新たなリスク管理手法を導入しました。外部機関の予測、過去データを基にした将来シナリオの策定、および評価モデルの構

業種別財務分析(貸借対照表中心)‐携帯電話(移動通信)業界

事例紹介コンサルティング、アドバイザリーおよび調査研究業務の事例や実績をご紹介しています。 日本日本国内事業の再構築戦略策定支援米国に本拠地を置くクライアントの日本事業の再構築に向けて、競合のビジネスモデルを分析し、クライアントにとって新しいビジネスモデルを立案しました。事業リスクの評価と管理手法の導入商品価格や為替の変動によるクライアント全社収益への影響を予測するための新たなリスク管理手法を導入しました。外部機関の予測、過去データを基にした将来シナリオの策定、および評価モデルの構

PwCのレポートです。

Top health industry issues of 2015 ヘルスケア業界の展望

米国医療業界は大きな転換を迎えようとしています。PwCは毎年消費者調査と専門家インタビューを実施し、ヘルスケア業界が直面する直近の課題をまとめています。2015年は、インターネット普及や患者中心思考、新規参入企業のイノベーションならびに医療保険改革法(ACA: Affordable Care Act)などが業界変革を推進していくことが予想されます。鍵を握るのは、患者自身、特にテクノロジーとともに成長してきたミレニアル世代。そして、新たに医療業界に参入しイノベーションをもたらす新規参入企業。テクノ

医療法人・社会福祉法人の動向

一定規模以上の医療法人と社会福祉法人は、監査法人等の監査を受けなければならないと法律で定められる予定です。今回のコラムでは医療法人と社会福祉法人の概要と、会計監査制度の改革の動向について取り上げます。 超高齢化社会と社会保障関係費の増大わが国は、世界史上も類を見ない超高齢化社会を迎えています。最新の人口統計(注1)によると、総人口1億2708万人、年少人口(0~14歳、1622万人)および生産年齢人口(15~64歳、7776万人)はいずれも減少する中、高齢者人口(65歳以上、3309万人)

業界別財務分析(貸借対照表中心)‐テレビ業界

事例紹介コンサルティング、アドバイザリーおよび調査研究業務の事例や実績をご紹介しています。 日本日本国内事業の再構築戦略策定支援米国に本拠地を置くクライアントの日本事業の再構築に向けて、競合のビジネスモデルを分析し、クライアントにとって新しいビジネスモデルを立案しました。事業リスクの評価と管理手法の導入商品価格や為替の変動によるクライアント全社収益への影響を予測するための新たなリスク管理手法を導入しました。外部機関の予測、過去データを基にした将来シナリオの策定、および評価モデルの構

スポーツイベントの効果についてのレポートです。

レガシーに関するスポーツ業界リーダー調査

PwC、スポーツアコード国際会議で、「レガシーに関するスポーツ業界リーダー調査」の中間結果を発表 スポーツ業界リーダーの93%が、スポーツイベントは開催都市に長期にわたりポジティブな変化をもたらすと考えている早い段階からの総合的なプランニングが成功の主要因であると強調している2015年5月20日PwC Japan本プレスリリースは、2015年4月22日にPwCが発表したプレスリリースの翻訳です。英文の原文と翻訳内容に齟齬がある場合には原文が優先します。2015年4月22日 ソチ(ロシア)

業種別財務分析(貸借対照表中心)‐広告業界

事例紹介コンサルティング、アドバイザリーおよび調査研究業務の事例や実績をご紹介しています。 日本日本国内事業の再構築戦略策定支援米国に本拠地を置くクライアントの日本事業の再構築に向けて、競合のビジネスモデルを分析し、クライアントにとって新しいビジネスモデルを立案しました。事業リスクの評価と管理手法の導入商品価格や為替の変動によるクライアント全社収益への影響を予測するための新たなリスク管理手法を導入しました。外部機関の予測、過去データを基にした将来シナリオの策定、および評価モデルの構

PwCのレポートです。

Future of India 勝利への飛躍(エグゼクティブサマリー版)

Future of India 勝利への飛躍(エグゼクティブサマリー版) 独立から70年、インドは大きな変化の時代を迎えようとしています。この20年間でインドの国内総生産(GDP)は1兆米ドル超拡大し、その過程で何百万もの人々が新興中間層と呼ばれる新たな階層への仲間入りを果たしました。本報告書は、インドが年率9%のペースでGDPを拡大させ、今後20年間で10兆米ドル規模の経済大国となるには何が必要かを見極めようとするものです。PwCでは、インド内外の企業経営者、学識者、経済専門家とのワー

業種別財務分析(損益計算書中心)‐携帯電話(移動通信)業界

事例紹介コンサルティング、アドバイザリーおよび調査研究業務の事例や実績をご紹介しています。 日本日本国内事業の再構築戦略策定支援米国に本拠地を置くクライアントの日本事業の再構築に向けて、競合のビジネスモデルを分析し、クライアントにとって新しいビジネスモデルを立案しました。事業リスクの評価と管理手法の導入商品価格や為替の変動によるクライアント全社収益への影響を予測するための新たなリスク管理手法を導入しました。外部機関の予測、過去データを基にした将来シナリオの策定、および評価モデルの構

業種別財務分析(損益計算書中心)‐広告業界

事例紹介コンサルティング、アドバイザリーおよび調査研究業務の事例や実績をご紹介しています。 日本日本国内事業の再構築戦略策定支援米国に本拠地を置くクライアントの日本事業の再構築に向けて、競合のビジネスモデルを分析し、クライアントにとって新しいビジネスモデルを立案しました。事業リスクの評価と管理手法の導入商品価格や為替の変動によるクライアント全社収益への影響を予測するための新たなリスク管理手法を導入しました。外部機関の予測、過去データを基にした将来シナリオの策定、および評価モデルの構

Three surprising digital bets for 2015

大きな将来性があるにもかかわらず世間的にはウェアラブル機器、NoSQLデータベース、業務用センサーの3つのテクノロジーは過小評価されています。これらのテクノロジーの将来性について適用例を交え考察します。 2015年が幕を開けた今、企業はどのようなテクノロジーに投資していくのでしょうか?PwCがビジネスリーダーおよびITリーダーを対象として実施した2015年のDigital IQ調査では、サイバーセキュリティ(69%)、プライベートクラウド(61%)、データマイニングおよび分析(54%

ビジネスに影響を及ぼす"水"リスク

ビジネスにおいて、特に工業や製造業においては水は欠かすことができません。その一方で、世界各地で洪水、渇水などの自然現象に加え、人為的な水の汚染が起きており、世界のどこでも水資源を思うように利用することはもはや不可能であるとともに、水は管理を行うことが難しい資源の一つともなっています。OECDによると、現在の水の利用形態のペースがそのまま続けば2050年までに世界の水需要は55%増大すると見込まれています(主に、製造業(+400%)、電力(+140%)、家庭(+130%))。また、2015年の世界

経済犯罪についてのレポートです。

経済犯罪実態調査 2014 業界別分析版

PwCが実施した「経済犯罪実態調査 2014」を通して、業界・地域ごとに経済犯罪の傾向・特徴が見られることが分かりました。例えば業界ごとの視点であれば、不正行為者の特徴について、ほとんどの業界では組織内の人物による不正行為の割合の方が組織外の人物による不正行為の割合よりも高くなっている一方で、金融業界では組織外の人物が不正行為者であるケースが半数以上と正反対の傾向が見られました。また、贈収賄・賄賂、競争法・独占禁止法違反、マネーローンダリングといった特に規制当局の関心を引く類いの経済犯罪について

PwCのレポートです。

Closing the gap in performance management 業績管理に対する課題認識と変革の取り組みに関する調査

Closing the gap in performance management 業績管理に対する課題認識と変革の取り組みに関する調査 ビジネスの趨勢を先読みして的確な成長戦略を描き、これを確実に実行するためには、基盤となる業績管理の仕組みがうまく機能し、戦略の実行状況や将来予測といった経営に役立つ情報が、経営者層や現場の管理者に対して、早く、正しく、分かりやすく提供できている必要があります。PwC UKが英国勅許管理会計士(CIMA:Chartered Institute of Ma

PwCのレポートです。

第18回世界CEO意識調査 A marketplace without boundaries? 境界なき市場競争への挑戦

第18回世界CEO意識調査 A marketplace without boundaries? 境界なき市場競争への挑戦 PwCは、世界のCEOのビジョンおよびビジネス判断についての分析・考察を「世界CEO意識調査」として、毎年公表しています。今年で18回目となる本調査では、世界77カ国、1,322人のCEOから回答を得ました。調査結果によると、2015年に世界経済が改善すると回答したCEOの割合は全体の37%となり、昨年の44%から減少しました。しかし、CEOの39%が、今後12カ月間

業界別財務分析(貸借対照表中心)‐ホスピタリティ&レジャー業界

事例紹介コンサルティング、アドバイザリーおよび調査研究業務の事例や実績をご紹介しています。 日本日本国内事業の再構築戦略策定支援米国に本拠地を置くクライアントの日本事業の再構築に向けて、競合のビジネスモデルを分析し、クライアントにとって新しいビジネスモデルを立案しました。事業リスクの評価と管理手法の導入商品価格や為替の変動によるクライアント全社収益への影響を予測するための新たなリスク管理手法を導入しました。外部機関の予測、過去データを基にした将来シナリオの策定、および評価モデルの構

CEO調査です。

第18回世界CEO意識調査 日本分析版

PwC Japan、「第18回世界CEO意識調査 日本分析版」を発表‐日本企業の景況観と成長に向けた取り組みを、世界77カ国の主要企業と比較 日本のCEOの約8割が、今後1年間の成長に自信を示しているが、前年をやや下回る結果に自社が成長する上で重視する国として、日本では引き続き中国が1位となる一方、2位の米国が前年より大きく上昇中長期的な競争への対応では、デジタル技術に関する重要度の認識やダイバーシティへの取り組みで弱い部分も2015年4月22日PwC JapanPwC Japanは本日

PwCのレポートです。

2020年における資産運用ビジネス‐資産運用業は金融ビジネスの中心へ

2020年における資産運用ビジネス‐資産運用業は金融ビジネスの中心へ 2020年における資産運用ビジネス‐資産運用業は金融ビジネスの中心へ本コラム“あらたなView”では、さまざまな市場や業種、サービスにおける最新情報について現場のナマの声をお伝えしていきます。今回は、金融業界でも今後ますますの成長が期待される資産運用業界について取り上げます。プライスウォーターハウスクーパースでは2014年、資産運用業界の将来を予測したレポート「アセットマネジメント2020 資産運用業界の展望」(以下、

業界別財務分析(貸借対照表中心)‐ゲーム業界

事例紹介コンサルティング、アドバイザリーおよび調査研究業務の事例や実績をご紹介しています。 日本日本国内事業の再構築戦略策定支援米国に本拠地を置くクライアントの日本事業の再構築に向けて、競合のビジネスモデルを分析し、クライアントにとって新しいビジネスモデルを立案しました。事業リスクの評価と管理手法の導入商品価格や為替の変動によるクライアント全社収益への影響を予測するための新たなリスク管理手法を導入しました。外部機関の予測、過去データを基にした将来シナリオの策定、および評価モデルの構

競争優位をもたらす組織文化を築く

組織文化およびこれを支えるビヘイビアの変革は、あまりに大きな課題であるように見えることから、他の喫緊の課題が片付くまでは後回しにしておこうという気持ちになってしまいがちです。しかし、焦点を絞ったビヘイビアの変革は、市場での認知度向上や顧客の理解度向上に取り組む際の触媒として機能し、また、目まぐるしく変わる市場環境へ適用する機敏さの源にもなります。本報告書の構成は以下のとおりです。 組織文化の変革へ向けた新たな取り組み未来の金融機関で組織文化が果たす役割組織文化はどうすれば変わるのか競争に勝てる組

業界別財務分析(貸借対照表中心)‐電機業界

事例紹介コンサルティング、アドバイザリーおよび調査研究業務の事例や実績をご紹介しています。 日本日本国内事業の再構築戦略策定支援米国に本拠地を置くクライアントの日本事業の再構築に向けて、競合のビジネスモデルを分析し、クライアントにとって新しいビジネスモデルを立案しました。事業リスクの評価と管理手法の導入商品価格や為替の変動によるクライアント全社収益への影響を予測するための新たなリスク管理手法を導入しました。外部機関の予測、過去データを基にした将来シナリオの策定、および評価モデルの構

PwCのレポートです。

インダストリアル インターネットの機会と課題‐インダストリー4.0

インダストリアルインターネットの機会と課題‐インダストリー4.0 産業界に第4次産業革命(インダストリー4.0)が到来しています。この革命は製品、バリューチェーン、ビジネスモデルのデジタル化の拡大と相互接続を特徴としています。産官学で推進するドイツ企業235社への調査から、インダストリー4.0の本質的な特徴と、それがもたらす機会と課題について報告します。本質的な特徴バリューチェーンの垂直および水平統合と管理改善の機会製品・サービスのデジタル化と相互接続(モノやサービスのインターネット)新

グローバルでの人材についてのレポートです。

目的を明確にした国際間異動 モダンモビリティ調査 2014年

目的を明確にした国際間異動 モダンモビリティ調査 2014年 世界の企業は今、急速に成長する市場へ参入するため、また将来を担うビジネスリーダーに必要なグローバルマインドセットを醸成するために、国際間異動のあり方を再考しています。新しい人材資源へのアクセスを確保すること、それと並行して、既存の人材を適切なコストで適切な国や地域の適切なポジションへ配置して戦略的に管理することが重要であり、それに成功すれば、強力な競争優位性が得られます。本調査では、国際間異動に関してグローバル企業が直面してい

業界別財務分析(損益計算書中心)‐ゲーム業界

ケーススタディ/事例紹介コンサルティング、アドバイザリーおよび調査研究業務の事例やケーススタディ、実績をご紹介しています。 日本日本国内事業の再構築戦略策定支援米国に本拠地を置くクライアントの日本事業の再構築に向けて、競合のビジネスモデルを分析し、クライアントにとって新しいビジネスモデルを立案しました。事業リスクの評価と管理手法の導入商品価格や為替の変動によるクライアント全社収益への影響を予測するための新たなリスク管理手法を導入しました。外部機関の予測、過去データを基にした将来シナ

PwCのレポートです。

Insurance 2020:デジタル化の加速‐デジタルフロントランナーになるための近道

Insurance 2020:デジタル化の加速‐デジタルフロントランナーになるための近道 PwCは2014年5月に先進国および新興国を含む生命保険市場の9,000人以上の消費者に対してデジタルにかかわる調査を行いました。さらに同時期に日本の2,000人以上の消費者に対して保険のネット販売に対する意識調査も実施しました。この2つの調査から明らかになった、デジタル技術にかかわるメガトレンドとメガトレンドに対応するためのリスクおよび市場の先頭を行くために必要となるオペレーション上の戦略的要素に

投資家調査です。

投資家の視点:投資家はいかに今日そして明日の取締役会のあり方を変えていくのか

投資家の視点:投資家はいかに今日そして明日の取締役会のあり方を変えていくのか PwC米国では、2014年に、年金基金や資産運用会社など幅広い機関投資家(調査に参加した機関投資家の運用資産総額約11.5兆米ドル)を対象とした調査を実施し、取締役会の現状について投資家が取締役に何を期待し、その期待は満たされているのかなどについて意見を求めました。本調査の結果得られた意見は以下の3点にまとめられます。取締役の現状に対する投資家の満足度は、全般的に2013年の調査結果よりも向上しているものの、一

PwCのレポートです。

激増するリスク追いつかない対策‐米国サイバー犯罪調査2014における主要な発見事項

激増するリスク追いつかない対策‐米国サイバー犯罪調査2014における主要な発見事項 米国小売業のCEOが、サイバー攻撃後の株価低迷や利益減によって辞任したことはご存知でしょうか。PwCが米国において実施した、サイバー犯罪調査2014によると、「現在のセキュリティ対策では、持続的で巧妙化する攻撃に対抗できているとは言い難い」という調査結果が導出されました。犯罪組織は、検知されないように標的を絞り攻撃を仕掛けています。しかも、セキュリティインシデントの件数も被害額も急増しているのです。今回の

業界別の財務分析です。

業界別財務分析(損益計算書中心)‐電機業界

事例紹介コンサルティング、アドバイザリーおよび調査研究業務の事例や実績をご紹介しています。 日本日本国内事業の再構築戦略策定支援米国に本拠地を置くクライアントの日本事業の再構築に向けて、競合のビジネスモデルを分析し、クライアントにとって新しいビジネスモデルを立案しました。事業リスクの評価と管理手法の導入商品価格や為替の変動によるクライアント全社収益への影響を予測するための新たなリスク管理手法を導入しました。外部機関の予測、過去データを基にした将来シナリオの策定、および評価モデルの構

PwCのレポートです。

成長に向けた新たな視点 人材マネジメントの最新動向2014年

成長に向けた新たな視点 人材マネジメントの最新動向2014年 先般発行したレポート『未来の働き方‐2022年までの変遷と展望』でも指摘されたように、雇用や労働の世界がどこへ向かっているのか、それが企業や人材マネジメントにとって何を意味するのかについて慎重に検討しなければならない時期にきています。例えば、景気回復期における新興市場の本質や労務管理、多様性と信頼関係が果たす役割、さらには人事部門のあり方についてすら見直す必要があります。今回の調査では、過去の習慣を打破して考え直すことで、他社

PwCのレポートです。

ミレニアル世代の女性: 新たな時代の人材 (The female millennial: A new era of talent)

ミレニアル世代の女性は、どの世代よりも自信にあふれ意欲が高い‐PwCの最新調査結果が、女性と仕事に関するこれまでの通説を払拭 最も魅力を感じる企業の特長として、昇進の機会がトップに入社間もないミレニアル世代の女性の49%が、現在の職場で自らがトップレベルまで昇進できると想定ミレニアル世代の女性の86%が共働き、そのうち66%の収入がパートナーや配偶者と同等またはそれ以上しかし、ほぼ半数が、社内の昇進機会において企業は男性偏重であると回答また71%が、機会は全員に均等に与えられていないと回

有価証券報告書・経営上の重要な契約等の分析‐ホスピタリティ&レジャー業界

事例紹介コンサルティング、アドバイザリーおよび調査研究業務の事例や実績をご紹介しています。 日本日本国内事業の再構築戦略策定支援米国に本拠地を置くクライアントの日本事業の再構築に向けて、競合のビジネスモデルを分析し、クライアントにとって新しいビジネスモデルを立案しました。事業リスクの評価と管理手法の導入商品価格や為替の変動によるクライアント全社収益への影響を予測するための新たなリスク管理手法を導入しました。外部機関の予測、過去データを基にした将来シナリオの策定、および評価モデルの構

経営上の重要な契約等の開示情報に関する分析‐ゲーム業界

事例紹介コンサルティング、アドバイザリーおよび調査研究業務の事例や実績をご紹介しています。 日本日本国内事業の再構築戦略策定支援米国に本拠地を置くクライアントの日本事業の再構築に向けて、競合のビジネスモデルを分析し、クライアントにとって新しいビジネスモデルを立案しました。事業リスクの評価と管理手法の導入商品価格や為替の変動によるクライアント全社収益への影響を予測するための新たなリスク管理手法を導入しました。外部機関の予測、過去データを基にした将来シナリオの策定、および評価モデルの構

Real Estate 2020 不動産の未来(要約版)

本報告書は、PwCが発刊した「Real Estate 2020 building the future」(英語版)から要旨部分を抜粋翻訳したものです。「Real Estate 2020 building the future」では、2020年における不動産の未来の姿について、データ分析、ディスカッションなどの手法で調査を実施し、不動産の取り巻く環境が今後どのように変化していくのか、またそれがファンド、不動産投資業界の戦略にどのような影響を及ぼすのかなど、幅広い視点から考察を行っていますので併せて

リスク・ガバナンス、リスクアペタイト・フレームワーク、リスクカルチャー

リスクガバナンス、リスクアペタイト・フレームワーク、リスクカルチャー 現在、金融機関におけるリスク管理のあり方は、業務執行レベルでの管理機能の問題に留まらず、取締役会を中心とするリスクガバナンスや、リスクアペタイト・フレームワーク、さらにはリスクカルチャーに係る問題であると捉えられています。本レポートでは、特に下記のポイントについて、最近の規制動向も踏まえつつ、金融機関が抱えている課題やPwCが考える、あるべきフレームワークについて議論を展開しています。 リスクガバナンスリスクガバナンス

2050年の主要国GDP予測です。

2050年の世界

PwC、調査レポート「2050年の世界」を発表し、主要国のGDPを予測‐2020年以降、中国の成長は大幅に鈍化するものの、世界の経済力の新興国へのシフトは止まらず 最新のPwC調査レポートの予測によると、中国は2030年までに世界最大の経済大国になることは明白だが、長期的には成長率が世界平均に収束する見通しインドは2050年までに米国を抜いて世界第2位の経済大国となる可能性インドネシア、メキシコ、ナイジェリアが、英国とフランスをトップ10の座から追い出す可能性フィリピン、ベトナム、マレー

有価証券報告書・経営上の重要な契約等の分析‐電機業界

事例紹介コンサルティング、アドバイザリーおよび調査研究業務の事例や実績をご紹介しています。 日本日本国内事業の再構築戦略策定支援米国に本拠地を置くクライアントの日本事業の再構築に向けて、競合のビジネスモデルを分析し、クライアントにとって新しいビジネスモデルを立案しました。事業リスクの評価と管理手法の導入商品価格や為替の変動によるクライアント全社収益への影響を予測するための新たなリスク管理手法を導入しました。外部機関の予測、過去データを基にした将来シナリオの策定、および評価モデルの構

PwCのレポートです。

5つのメガトレンドと潜在的影響

メガトレンドとは、世界の在り方を形作るほどの力を持った経済のマクロな動きのことをいいます。メガトレンドは事実を基に認識され、多くの場合、実証データの裏付けもあります。社会に大きな課題を突き付ける巨大な潮流と定義されますが、そこには大きな機会も存在します。メガトレンドの考え方自体は目新しいものではありません。メガトレンドという名称は付かないまでも、以前から大半の企業が何らかの方法や形式で、社会の巨大な潮流に対応した戦略を構築してきました。PwCはここ数年来、多くのクライアントがグローバルメガトレン

Presence to profitability 単なる存在としての企業活動から収益獲得への転換

Presence to profitability 単なる存在としての企業活動から収益獲得への転換 今日の成長市場の多様化に伴い、多くの企業が市場参入および開拓の戦略策定に多くの時間を費やし、自社の製品・サービスミックスについて、どのような消費者セグメントに焦点を当てるべきかを模索しています。このような戦略策定は成功への鍵であることは間違いありませんが、成長市場では市場へのルートが断片化しており、そのような複雑な市場構造が、戦略実行を一層困難にしています。成長市場への直接ルートの確立が

PwCのレポートです。

取締役会では何が問題にされているのか‐将来のガバナンスと取締役会のあり方に関する取締役と投資家の見解‐

取締役会では何が問題にされているのか‐将来のガバナンスと取締役会のあり方に関する取締役と投資家の見解‐ PwC米国では、2014年夏に、公開企業の取締役(863名)および機関投資家(33社)に対してそれぞれ取締役および取締役会のあり方に関する調査を実施しました。本調査では、これら2つのグループの回答を比較することにより、同じ視点が共有されている領域と、異なる視点が存在する領域を明らかにしています。例えば、取締役にとって最も重要な属性・資質としては、取締役および投資家の双方が「財務に関する

有価証券報告書の「事業の状況」に記載された事業等のリスク‐レジャー業界

ケーススタディ/事例紹介コンサルティング、アドバイザリーおよび調査研究業務の事例やケーススタディ、実績をご紹介しています。 日本日本国内事業の再構築戦略策定支援米国に本拠地を置くクライアントの日本事業の再構築に向けて、競合のビジネスモデルを分析し、クライアントにとって新しいビジネスモデルを立案しました。事業リスクの評価と管理手法の導入商品価格や為替の変動によるクライアント全社収益への影響を予測するための新たなリスク管理手法を導入しました。外部機関の予測、過去データを基にした将来シナ

有価証券報告書の「事業の状況」に記載された事業等のリスク‐ゲーム業界

ケーススタディ/事例紹介コンサルティング、アドバイザリーおよび調査研究業務の事例やケーススタディ、実績をご紹介しています。 日本日本国内事業の再構築戦略策定支援米国に本拠地を置くクライアントの日本事業の再構築に向けて、競合のビジネスモデルを分析し、クライアントにとって新しいビジネスモデルを立案しました。事業リスクの評価と管理手法の導入商品価格や為替の変動によるクライアント全社収益への影響を予測するための新たなリスク管理手法を導入しました。外部機関の予測、過去データを基にした将来シナ

有価証券報告書の「事業の状況」に記載された事業等のリスク‐電機業界

事例紹介コンサルティング、アドバイザリーおよび調査研究業務の事例や実績をご紹介しています。 日本日本国内事業の再構築戦略策定支援米国に本拠地を置くクライアントの日本事業の再構築に向けて、競合のビジネスモデルを分析し、クライアントにとって新しいビジネスモデルを立案しました。事業リスクの評価と管理手法の導入商品価格や為替の変動によるクライアント全社収益への影響を予測するための新たなリスク管理手法を導入しました。外部機関の予測、過去データを基にした将来シナリオの策定、および評価モデルの構

PwCのレポートです。

ガバナンスと将来の取締役会のあり方を決定づけるトレンド PwC企業取締役調査(2014年)

ガバナンスと将来の取締役会のあり方を決定づけるトレンド PwC企業取締役調査(2014年) PwCは、ガバナンスの今後の方向性を見極め、取締役会のあり方に影響を与えうるトレンドを把握すべく、「企業取締役調査(2014年)」を実施しました。本調査においては、公開企業863社の取締役から寄せられた回答に基づき、以下のテーマについて議論を展開しています。取締役会のパフォーマンスに対する注目の高まり適切な取締役会を構成することに対するプレッシャー注目される取締役会構成員の多様性取締役会による課題

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ