調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン

「ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

ヘイズ アジア5ヶ国・地域における1244職務の給与水準と、5,146人の雇用実態調査

ヘイズ アジア5ヶ国・地域における1244職務の給与水準と、5,146人の雇用実態調査 日本のハイスキルIT人材や管理職の給与、中国では倍のケースも 外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、マネージング・ディレクター:リチャード・アードレイ、以下ヘイズ)は本日、アジア5ヶ国・地域における1244職務の給与水準(当社実績ベース)と、5,146人に対して行った雇用の実態調査の結果をまとめた「ヘイズ アジア給与ガイド」を発表いたします。 https:

【ヘイズトレンド予測2020】2020年求人増加が見込まれるホットな職種トップ10

【ヘイズトレンド予測2020】2020年求人増加が見込まれるホットな職種トップ10 【2019年12月18日】外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、マネージング・ディレクター:リチャード・アードリー、以下ヘイズ)はこの度、ヘイズのコンサルタントへの調査や転職実績動向を踏まえて2020年の国内転職市場における10大トレンドを発表しました。キャッシュレス決済増加の流れを受け、Web/モバイル開発者、の需要が急増モバイル決済技術の導入が2020年の

2019/2020ヘイズ アジア ダイバーシティ&インクルージョンレポート

ヘイズ 2019/2020ヘイズ アジア ダイバーシティ&インクルージョンレポート > 直属の上司が女性との回答、日本は33%で前年比5%増外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、マネージング・ディレクター:リチャード・アードリー、以下ヘイズ)は、アジア5ヵ国・地域を対象に「2019/2020ヘイズ アジア ダイバーシティ&インクルージョン レポート」を実施し、その調査結果を発表しました。レポートは、中国、香港、日本、シンガポール、マレーシアで働

ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)に関する意識調査

2019年・2020年ヘイズ アジア ダイバーシティ&インクルージョン レポートアジア企業は、職場にダイバーシティ・インクルージョン(D&I)を導入するメリットを理解し始めているようにみえるかもしれませんが、導入のスピードは依然遅く、決して進んでいるとはいえません。Hays Asia Diversity & InclusionレポートではアジアにおけるD&Iの現状をお伝えします。レポートをダウンロードする以下に必要事項をご記入下さい。本レポートが自動的にダウンロードされます。

インサイドストーリー:日本におけるサプライチェーン業界の現状

インサイドストーリー:日本におけるサプライチェーン業界の現状大統領の職に就いて間もないドナルド・トランプがアメリカを環太平洋パートナーシップ(TPP)協定から脱退させた時、残されたメンバー諸国は平静を装ってTPPを存続させようとしましたが、日本国内ではアメリカ抜きのTPPは崩壊するとの見方が主流でした。サービスと商品両方の取引量が増加するだろうと期待を膨らませていた日本のサプライチェーンにとって、アメリカの脱退は深刻な打撃となりました。このような失望の中にありながら日本は、現在年間で580億ユー

【ヘイズトレンド予測】 2018年に求人が増える今最もホットな職業とは

【ヘイズトレンド予測】 2018年に求人が増える今最もホットな職業とは 2018年はバイリンガル人材と、最先端テクノロジー技術者の求人が大幅アップ【2017年12月7日】外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、マネージング・ディレクター:マーク・ブラジ、以下ヘイズ)は、2017年下半期の求人件数動向と弊社コンサルタントへの調査の結果から、2018年の国内転職市場で求人が増えると思われる5つの職業を発表いたします。2018年に求人が増える5の職業1

女性活躍推進に関するアジア5カ国・地域調査

自社の「男親の育休制度」日本の男性半数以上が「あるか知らない」 ヘイズ 女性活躍推進に関するアジア5カ国・地域調査グローバル人材大手のヘイズはこの度、アジア5カ国・地域で女性活躍推進に関する調査を実施しました。これは、ヘイズが毎年行っている調査で、全体で1272人、日本では532人が回答しています。女性活躍推進の鍵を握る「同一労働同一賃金」「機会均等」「上司とのコミュニケーション」「男親の育児休暇について」などが主な項目となっており、トーンダウンしたとも言われる日本の女性活躍推進における様々な課

世界33カ国人材の需給効率調査

ヘイズ 世界33カ国人材の需給効率調査 日本の人材不足は世界ワースト2位今、企業が人材に求めるスキルとは・・・キーワードは「STEM」と「マルチ」グローバル人材大手のヘイズは先に発表した「世界33カ国における労働の需給効率調査」の中で、日本の「人材ミスマッチ」(企業が求めるスキルと人材が持つスキルのかい離)が世界33カ国中ワースト2位となったことを明らかにしました。日本では、技術が進化するスピードに人材のスキルが追い付いていない状況で、AI技術者や自動運転技術者など、世界で開発競争が繰り広げられ

ヘイズ採用動向レポート「インサイドストーリー」金融編を公開 コンプライアンスプロフェッショナルの求人が急増

ヘイズ採用動向レポート「インサイドストーリー」金融編を公開 コンプライアンスプロフェッショナルの求人が急増外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、マネージング・ディレクター:マーク・ブラジ、以下ヘイズ)はこの度、採用動向レポート「インサイドストーリー」の金融業界編を公開しました。レポートでは、金融業界においてコンプライアンス部門での求人が急速に増加していることを明らかにしています。 ◆金融業界における採用動向人材不足が深刻化する一方で、求職者への

人材不足を示す「人材ミスマッチ」、日本は世界33カ国中ワースト2位

人材不足を示す「人材ミスマッチ」、日本は世界33カ国中ワースト2位外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、マネージング・ディレクター: マーク・ブラジ、以下ヘイズ)は、この度、世界33カ国の労働市場おける人材の需給効率を評価・分析した調査研究「グローバル・スキル・インデックス」を実施しました。これは、ヘイズが英国の調査会社オックスフォード・エコノミクスと共同で2012年から毎年行っている調査で、今年で6年目となります。主な調査結果人材確保が容易か

最も有効な転職手段は4割が「転職サイト」、次いで「人脈」

最も有効な転職手段は4割が「転職サイト」、次いで「人脈」 ヘイズインターネットアンケート 外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、マネージング・ディレクター:マーク・ブラジ、以下ヘイズ)はこの度、転職に関するアンケートを行いました。 ヘイズのホームページ上で97人が回答した本アンケートでは、転職先を探した際に最も有効だった手段として、回答者の40%が「転職サイト」と回答しました。 次いで35%が「人脈」と回答しています。ソーシャルメディアを使った

アジア5ヶ国・地域における1200職務の給与水準と、3000社の雇用実態調査

日本の管理職の給与、中国、香港、シンガポールの半額以下のケースもヘイズ アジア5ヶ国・地域における1200職務の給与水準と、3000社の雇用実態調査外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、マネージング・ディレクター:マーク・ブラジ、以下ヘイズ)は本日、アジア5ヶ国・地域における1200職務の給与水準(当社実績ベース)と、3000社(総従業員600万人超)に対して行った雇用の実態調査の結果をまとめた「ヘイズ アジア給与ガイド」を発表いたします。 こ

アジアのCEOは率先して未来の職場づくりに取り組む

アジアのCEOは率先して未来の職場づくりに取り組むEconomist Corporate Network(ECN)がヘイズの委託を受けて実施した調査によれば、アジアではほとんどの企業のCEOが自ら適切なスキルの確保に取り組み、新たな「メガトレンド」の台頭を乗り切ろうとしていることがわかりました。アジア地域ではCEOの90%がソフトスキルとハードスキルをバランスよく備えた人材を確保するために、人材育成戦略に個人的に強く関与しています。調査対象となった500人のCEOのうち、人事部門に人材の採用やス

ヘイズトレンド予測 2017年に求人が増える今最も旬な職業とは

ヘイズトレンド予測 2017年に求人が増える今最も旬な職業とはオリンピックに向けた採用本格化、最新テクノロジー技術者の需要は更に拡大外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、マネージング・ディレクター:マーク・ブラジ、以下ヘイズ)は、2016年下半期の求人件数動向と弊社コンサルタントへの調査の結果から、2017年の国内転職市場で求人が増えると思われる5つの職業を発表いたします。2017年に求人が増える5の職業1. バイリンガルのカスタマーサポート

ヘイズ 2017年国内転職市場の10大トレンド予測

ヘイズ 2017年国内転職市場の10大トレンド予測外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、マネージング・ディレクター:マーク・ブラジ、以下ヘイズ)はこの度2017年の国内転職市場における10大トレンド予測を発表いたします。1. 人材のミスマッチが深刻化 ヘイズ・ジャパンが先ごろ発表した世界33カ国の労働市場おける人材の需給効率を評価・分析した調査研究「グローバル・スキル・インデックス」の2016年版で、日本は「人材のミスマッチ」について、9.8と

「ヘイズ アジア給与ガイド」 大阪版

ヘイズ・ジャパン、西日本地域の給与水準「ヘイズ アジア給与ガイド」 大阪版を発表西日本地域の給与水準、一部で首都圏水準を上回る職務もヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、マネージング・ディレクターマーク・ブラジ、以下ヘイズ・ジャパン)は、この度、西日本地域の500以上の職務における給与水準をまとめたを発表いたします。これは、ヘイズ・ジャパンが人材紹介サービスを企業や転職者に提供する際の実績に基づいたデータをまとめたものです。西日本地域ではグローバル化が加速する中

ヘイズ アジア給与ガイド アジア5ヵ国・地域調査

人材不足対策、日本では外国人採用を検討する企業が73%の一方日本・中国・香港・シンガポール・マレーシアの社(総従業員万人超)を対象に、種の職務における給与水準を調査し、雇用の実態に関する調査をまとめた「」を発表いたしました。この中で行った人材不足に関する調査では、会社の目標を達成するのに必要な人材が確保されていると回答した企業がアジア各国は軒並みを超えているのに対し、日本はわずか%という結果となり、人材不足が企業の目標達成に影響を及ぼしていることが浮き彫りとなりましたまた、人材不足の分野における

他国に比べ、日本人はボーナス増より固定給を好む傾向が明らかに

ヘイズ・アジア5カ国アンケート結果他国に比べ、日本人はボーナス増より固定給を好む傾向が明らかに外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、マネージング・ディレクタージョナサン・サンプソン、以下ヘイズ・ジャパン)は本日、成果連動型ボーナスに対する意識について、アジア日本・シンガポール・マレーシア・香港・中国)で実施した最新のアンケート結果を発表しました。 今回ヘイズのウェブサイト上で実施したアンケートによると、日本国内では「成果連動型ボーナスによって現

正社員成約件数に占める女性比率の動向

正社員成約件数に占める女性比率の動向を発表外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、マネージング・ディレクタージョナサン・サンプソン、以下ヘイズ・ジャパン)は、正社員の成約件数における女性が占める比率について最新の結果をまとめました。の分野においてまとめたもので、主な結果は以下の通りです。年度比で女性比率が最も増加した分野は金融で、-次いで、経理・財務、ライフサイエンス・ヘルスケアの分野においても女性の比率がわずかながら増加。-金融、経理・財務にお

モバイルアプリ開発者の需要がさらに拡大

モバイルアプリ開発者の 需要がさらに拡大外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、マネージング・ディレクター ジョナサン・サンプソン、以下ヘイズ・ジャパン)は、IT業界で新規に開発されるアプリケーションの多くが、クローズドシステムからWebへと移行する中、国内では依然としてモバイルアプリ開発者のニーズが極めて高くなっているとするコメントを発表しました。ヘイズの採用動向レポートによると、IT業界では他にも、ITセキュリティオフィサーやERPスペシャリ

アジアで成功しているCFO像は「戦略プランニング能力と先見性のある40代の男性」

アジアで成功しているCFO像は 「戦略プランニング能力と先見性のある40代の男性」外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、マネージング・ディレクタージョナサン・サンプソン、以下ヘイズ・ジャパン)は本日、アジア5カ国のCFO(および同等レベルの財務責任者)145人に対する個別インタビュー調査結果を「CFOのDNA:最高財務責任者に共通している資質とは」と題するレポートにまとめて発表しました。インタビュー調査からは、財務部門のトップであるCFOとして

日本人が海外で就職したい理由はキャリアよりもライフスタイル重視の傾向に

日本人が海外で就職したい理由はキャリアよりもライフスタイル重視の傾向に 【ヘイズ・アジア5カ国 アンケート結果】外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、マネージング・ディレクター ジョナサン・サンプソン、以下ヘイズ・ジャパン)は本日、アジア5カ国(日本・シンガポール・マレーシア・香港・中国、有効回答2,553名)で実施した海外での就業意識に関するアンケート結果を発表しました。ヘイズのウェブサイト上で実施したアンケート結果によると、日本国内の回答者

転職市場は堅調予測、シニア人材の流動化に注目【ヘイズ・ジャパン採用動向レポート(4?6月期)より】

転職市場は堅調予測、シニア人材の流動化に注目【ヘイズ・ジャパン採用動向レポート(4〜6月期)より】外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、マネージング・ディレクター ジョナサン・サンプソン、以下ヘイズ・ジャパン)は本日、日本国内の転職市場における4~6月期の採用動向を発表しました。日本の雇用市場が着実に上向く中、企業各社は今後の事業成長を見据えて引き続き採用活動を活発化することが予測されます。本四半期、特に需要の高い職種として挙げられるのは、①F

パフォーマンス連動型ボーナス、アジア各国の企業が導入<ヘイズ アジア給与ガイド2015年版より>

パフォーマンス連動型ボーナス、アジア各国の企業が導入【ヘイズ アジア給与ガイド2015年版より】外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、マネージング・ディレクター ジョナサン・サンプソン、以下ヘイズ・ジャパン)は、先ごろまとめた「ヘイズ アジア給与ガイド2015年版」の調査結果から、アジア諸国では実績をあげたハイパフォーマーに対する報酬制度として「パフォーマンス連動型ボーナス」の導入が進んでいるという点を指摘しました。「ヘイズ アジア給与ガイド

派遣・契約社員の採用企業はアジア全体で上昇傾向に<ヘイズ「アジア給与ガイド」調査より>

派遣・契約社員の採用企業はアジア全体で上昇傾向に【ヘイズ「アジア給与ガイド」調査より】外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、マネージング・ディレクター ジョナサン・サンプソン、以下ヘイズ・ジャパン)は、先日刊行した「ヘイズ アジア給与ガイド2015年版」調査結果から、派遣社員や契約社員の採用を定期的に行っている企業の数はアジア全体で昨年から若干増加していると発表しました。「ヘイズ アジア給与ガイド2015年版」はアジア5ヵ国の2361社(総従業

女性管理職比率、日本は19%でアジア最低水準に留まる

女性管理職比率、日本は19%でアジア最低水準に留まる【ヘイズ調べ、「国際女性デー」に向けて発表】外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、マネージング・ディレクター ジョナサン・サンプソン、以下ヘイズ・ジャパン)は、3月8日の国際女性デーを迎えるにあたり、アジア5ヵ国の2361社を対象に実施した「2015年度 ヘイズ アジア給与ガイド」調査結果から、日本の女性管理職比率はアジア諸国の中で最低水準に留まっているとするコメントを発表しました。「2015

アジア圏での給与についてのレポートです。

2015年ヘイズ アジア給与ガイド

2015年ヘイズ アジア給与ガイド

2015年の転職市場、トップ10トレンド予測

「2015年の転職市場、トップ10トレンド予測」を発表外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、リージョナル・ディレクター ジョナサン・サンプソン、以下ヘイズ・ジャパン)は本日(2015年12月18日)、日本国内の転職市場における2015年のトレンド予測を発表しました。発表によると、日本の転職市場は「女性の社会参画に関する意識の拡大」「クラウドコンピューティング戦略の導入促進」「急速に進化するデジタルマーケティングへの対応強化」等の流れをうけて、来

日本人の転職活動はパソコン経由からモバイル端末経由にシフト

日本人の転職活動はパソコン経由からモバイル端末経由にシフト【インターネット調査結果を発表】外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、リージョナル・ディレクター ジョナサン・サンプソン、以下ヘイズ・ジャパン)は本日(2014年11月20日)、アジア5ヵ国を対象に実施したインターネット調査の結果を発表し、日本人が求人情報を検索するにあたってモバイル端末を利用する割合が増加している事を明らかにしました。調査対象の58%が「求人情報検索は主にパソコンで行う

インタラクティブなレポートサイトです。

グローバル・スキル・インデックス 2014年版

日本の人材ミスマッチは昨年比で加速、アジアで最も深刻に 世界31ヵ国調査【グローバル・スキル・インデックス 2014年版】を発表外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、リージョナル・ディレクタージョナサン・サンプソン、以下ヘイズ・ジャパン)は本日記者説明会を行い、世界31ヵ国における人材の需給効率を評価・分析した「グローバル・スキル・インデックス 2014年版」の調査研究結果を発表しました。「グローバル・スキル・インデックス」について英ヘイズが英

ウーマノミクスによる女性人材の需要拡大が明らかに

ウーマノミクスによる女性人材の 需要拡大が明らかに 10~12月期の採用動向レポートを発表本日(2014年9月22日)、人材市場における10月~12月期の採用動向レポートを発表しました。 ヘイズ・ジャパン「採用動向レポート」は、同社が人材紹介サービスを提供している「経理・財務」、「金融」、「ファイナンス・テクノロジー」、「人事」、「インフォメーション・テクノロジー(IT)」、「保険」、「法務」、「ライフサイエンス」、「オフィス・プロフェッショナル」、「不動産」、「セールス&マーケティング」、「サ

転職活動を成功に導くソーシャルメディア活用術

転職活動を成功に導く ソーシャルメディア活用術 【ソーシャルメディア・プロフィール の更新頻度、調査対象5ヵ国で 日本がトップに】グローバル人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、リージョナル・ディレクタージョナサン・サンプソン、以下ヘイズ・ジャパン)は、求職活動におけるビジネス向けソーシャルメディアの利用実態に関する調査を行い、本日その結果を発表しました。今回の調査はアジア5ヵ国(日本、中国、香港、シンガポール、マレーシア)、438人を対象に、CV

1983年から1995年生まれの世代の調査です。

Y世代と仕事観

日本のY世代と仕事観過去60年、日本は急激な経済成長を成し遂げると同時に、日本特有の職場カルチャーやマネジメントスタイルを築き上げてきました。中でも1983~1995年の間に生まれてた日本の「ジェネレーションY(Y世代)」と呼ばれる世代は、彼らの親の世代とは全く異なる環境の中でキャリアをスタートさせています。今回、ヘイズでは、日本のY世代を対象としたアンケートを実施し、職場における彼らのニーズや願望を調査しました。 日本のY世代は、1991年の不動産バブル崩壊の直後から始まったいわゆる「失われ

ヘイズ、プロフェッショナルの多くがエグゼクティブを目指しているとする調査結果を発表

ヘイズ、プロフェッショナルの多くがエグゼクティブを目指しているとする調査結果を発表この調査は233名のプロフェッショナルを対象に行ったもので、64%がトップレベルの幹部職を目指すと回答し、さらに20%が中間管理職から上級管理職を目指していると回答しています。一方で16%の回答者が管理職への昇進は望まないと答えています。この調査結果は、転職を希望するプロフェッショナルの過半数が企業の経営幹部職に就きたいと考えていることを示しています。しかし、こうしたクラスの求人は非常に限られており、他の候補者との

アジアにおける今年のボーナスの支給傾向

ヘイズ、アジアにおける今年のボーナスの支給傾向を発表年度版ヘイズ給与ガイド」の一環として、採用企業社を対象に実施したもので、従業員は企業からさまざまな形で報酬を受けていることが明らかになっています。従業員のほとんどが年次ボーナスを受け取ったことがあるか、今後受け取る見込みがあり、今回の調査では今年の平均的なボーナス支給額の動向も明らかにしています。ヘイズの給与ガイドによれば、従業員の給与の%をボーナスとして支給する予定の企業が全体の%あり、給与と同額のボーナス支給が望める企業はヘイズ・ジャパンの

アジアにおけるまとまった調査です。

2014年度版 ヘイズ給与ガイド

2014年度版 ヘイズ給与ガイド

ヘイズ グローバルスキルインデックス2013

ヘイズ、「ヘイズ グローバルスキルインデックス2013」を発表グローバルな人材サービスを提供するヘイズ・グループでは、このたび、か国の人材市場効率、優秀な人材の供給能力を評価査定した日本の人材市場では高度な技能を有する人材が不足しており、依然として需要と供給の均衡が取れずにいます。高いスキルに対するニーズを満たせないかぎり、スキル不足が経済の回復を阻む可能性もあります。のスコア基準で評価を行い、スコアが高いほど企業による人材確保が困難であることを示しています。未満の数字はスキルは不足していない、

2013年10-12月期の採用動向

ヘイズ、2013年 10 - 12月期の採用動向を発表人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社本社:東京都港区、リージョナル・ディレクター、ジョナサン・サンプソン、以下ヘイズ・ジャパンを発表しました。これによると、ファイナンス・コントローラー、オフィス・マネージャー、ウェブスマートフォン・アプリケーション開発者など専門分野で人材流動による採用活動が活発化しています。また、月の新会計年度以降、新しい職種で人材ニーズが増えていますが、全般に離職者の補充を目的に採用を行

企業の採用動向調査

ヘイズ、企業の採用動向調査の結果を発表人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社 本社:東京都港区、リージョナル・ディレクター、ジョナサン・サンプソン、以下ヘイズ・ジャパン社を対象に人材採用計画について調査を実施し、その結果について発表しました。それによると、女性や外国人の採用を増やす予定の企業は約三分の一を占めており、そのうち、正社員を対象に増員を計画している企業は、単発のプロジェクトや、期間採用を増やす予定の企業はヘイズ・ジャパンのリージョナル・ディレクター、ジ

昇給についてコメントを発表 - 「2013年度給与ガイド」より

ヘイズ、昇給についてコメントを発表 - 「2013年度給与ガイド」より日】人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社本社:東京都港区、リージョナル・ディレクター、ジョナサン・サンプソン、以下ヘイズ・ジャパンは昨年度の給与動向と本年度の人材市場の傾向を調査し、まとめた「年度ヘイズ給与ガイド」より、昇給についてコメントを発表しました。それによると日本では、なかなか給与増が見込めない状況下、回答者のおよそ以上の昇給を期待しているものの、そのような給与増を計画していると答え

2013年 7 - 9月期の採用動向

ヘイズ、2013年 7 - 9月期の採用動向を発表人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、リージョナル・ディレクター、ジョナサン・サンプソン、以下ヘイズ・ジャパン)は、2013年7月から9月までの採用動向予測をまとめたレポートを発表しました。これによると、当期は特定の職種を選んで人材採用を進める企業が目立ち、特に会計、セールス、コンプライアンスの専門家の人材需要が高まると見ています。また、退職者の補充とチームの技能向上などを目的に選択的な採用を

2013年 4-6月期の採用動向

ヘイズ、2013年 4 - 6月期の採用動向を発表日】人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社本社:東京都港区、リージョナル・ディレクター、ジョナサン・サンプソン、以下ヘイズ・ジャパン月までの分野別の採用動向予測をまとめたレポートを発表しました。これによると、当期はバイリンガルのプロフェッショナル、ウェブ開発者、財務計画立案・分析マネージャーなどの人材ニーズが高まるものと見込まれています。 リージョナル・ディレクター、ジョナサン・サンプソンは次のように述べてい

契約・派遣社員に対する企業と採用候補者の意識の違いについて

ヘイズ、契約・派遣社員に対する企業と採用候補者の意識の違いについてコメントを発表【東京2013 年3月26日】人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、リージョナル・ディレクター、ジョナサン・サンプソン、以下ヘイズ・ジャパン) は、140人の採用候補者を対象にオンライン調査を行った結果、回答者のおよそ4分の3にあたる72%が正社員の方が契約・派遣社員より魅力的であると回答したと発表しました。これは「低迷する世界経済の影響で、ここ数年契約・派遣社員

企業が求める「異文化適応能力」とは?

企業が求める「異文化適応能力」とは?日】人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント株式会社本社:東京都港区、リージョナル・ディレクター、ジョナサン・サンプソン、以下ヘイズ・ジャパン年度ヘイズ給与ガイド」から、ますます進む日本企業のグローバル化を受け、さらに国際的な意識をもったバイリンガルの人材が求められていると発表しました。本ガイドは、日本、中国、香港、シンガポール、マレーシアの社の企業およびヘイズを通じて転職した人材を対象に行った調査結果をもとにまとめたものです。 ヘイズ・ジャ

人材不足が企業に及ぼす影響

人材不足は企業業績に影響及ぼす【東京年月日】人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント株式会社本社:東京都港区、リージョナル・ディレクター、ジョナサン・サンプソン、以下ヘイズ・ジャパンは、先に発表した「年度ヘイズ給与ガイド」から、人材不足が企業に及ぼす影響について、回答企業のほとんどにあたるが人材不足は業務に何らかの影響を及ぼす可能性があり、昨年度のと比較し、大幅に多い、ほぼ半数のの企業が業務への影響は絶対であると答えていると発表しました。 本ガイドは、日本、中国、香港、シンガポー

2013年度ヘイズ給与ガイド

ヘイズ、「2013年度ヘイズ給与ガイド」を発表 【東京年月日】人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント株式会社本社:東京都港区、リージョナル・ディレクター、ジョナサン・サンプソン、以下ヘイズ・ジャパンは本日、昨年度の給与動向と本年度の人材市場の傾向を調査し、まとめた「年度ヘイズ給与ガイド」を発表しました。本ガイドは、日本、中国、香港、シンガポール、マレーシアの人の給与動向と、社の企業およびヘイズを通じて転職した人材を対象に行った調査結果を基にまとめたものです。 昨年度の「日本の

2013年1月から3月までの分野別の採用動向予測

ヘイズ、2013年1- 3月期【東京年月日】人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社本社:東京都港区、代表取締役兼アジア地区オペレーション・ディレクター:クリスティーン・ライト、以下ヘイズ・ジャパンは本日、年月から月までの分野別の採用動向予測をまとめたレポートを発表しました。 これによると、今年は医薬品の情報提供をおこなうメディカル・サイエンス・リエゾン()、間接購買スペシャリスト、エグゼクティブ秘書などの人材ニーズが高まるものと見込まれており、多くの企業は今年の

企業による高齢社員の新規・継続雇用は不十分

ヘイズ、企業による高齢社員の新規・継続雇用は月に実施した調査結果によると、回答企業のは、経験豊富な高齢社員の継続雇用の予定は無く、約半数の企業は雇用年齢に制限を設けていました。しかしながら、高齢社員の知識・経験を若手社員に継承することの重要性を認識している企業もありました。 ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社代表取締役兼アジア地区オペレーション・ディレクター、クリスティーン・ライトは調査結果に対して次のように述べています。「多くの業界で経験豊富な社員の高齢化と、それら社

社員を維持するための戦略について

ヘイズ、社員を維持するための【東京年月日】人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社本社:東京都港区、代表取締役兼アジア地区オペレーション・ディレクター:クリスティーン・ライト、以下ヘイズ・ジャパンは、月に日本、中国、マレーシア、シンガポール、香港で人を対象に実施したウェブサイト調査から、アジア全体で離職率が高まっている傾向にあり、日本企業においても社員を維持するための戦略が求められているとコメントしています。 ヘイズ・ジャパン代表取締役兼アジア地区オペレーショ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
 

お知らせ