調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > ヴァリューズ

「ヴァリューズ」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年8月10日ヴァリューズフィードバック数:0ライフスタイル

【調査リリース】 2021夏の旅行トレンド全国調査

マナミナトップリサーチ【調査リリース】 2021夏の旅行トレンド全国調査 ~ 高齢層を中心に20年より意欲減少、検討者は若者中心へ。温泉需要が減少、1~5万円までの費用帯が増加 【調査リリース】 2021夏の旅行トレンド全国調査 ~ 高齢層を中心に20年より意欲減少、検討者は若者中心へ。温泉需要が減少、1~5万円までの費用帯が増加 インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、国内の20歳以上の男女10,003人を対象に、今夏の旅

2021年2月19日ヴァリューズフィードバック数:0ライフスタイル

コロナ影響下で変化したマネー意識を調査 約6割がマネー不安と回答、利用サービスも変化

【調査リリース】コロナ影響下で変化したマネー意識を調査 約6割がマネー不安と回答、利用サービスも変化◆コロナ影響で約6割がお金の心配があると回答、倹約意識が上昇し使途見直しを図る ◆約6割が非接触型決済を積極利用、応援消費・資産運用にも関心増 ◆緊急自体宣言後、応援消費・資産運用関連サービスの利用ユーザー数大幅増インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸、以下「ヴァリューズ」)は、国内の

2020年12月25日ヴァリューズフィードバック数:0ライフスタイル

【調査リリース】年末年始のイベント実施意向、過ごし方を調査 公私ともに忘新年会控え、買い物はネットEC利用

【調査リリース】年末年始のイベント実施意向、過ごし方を調査 公私ともに忘新年会控え、買い物はネットEC利用 ◆職場もプライベートも忘年会・新年会は敬遠、帰省も減少◆年末年始の風物詩購入も全体的に減少傾向、年賀状の購入減少がトップ◆年末年始は外出控えでショッピングにネットEC利用 インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸、以下「ヴァリューズ」)は、国内の20歳以上の男女9,999人を

2020年10月1日ヴァリューズフィードバック数:0ライフスタイル

withコロナで変化する消費者意識を調査

【調査リリース】withコロナで変化する消費者意識を調査 増えた在宅時間を有意義に活用したい「自粛ポジティブ派」が約7割に◆「在宅時間を有意義に使いたい」が約7割。情報収集時間も増加傾向 ◆在宅時間が増えて興味をもったこと 1位は「断捨離」、2位に「筋トレ・ストレッチ」 ◆情報収集媒体は多様化。「投資」はネットの専門サイト、「筋トレ」は動画サイトからインターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本

2020年7月16日ヴァリューズフィードバック数:0ライフスタイル

ヴァリューズ

コロナ影響下での消費者動向、アフターコロナへの展望を調査

【調査リリース】コロナ影響下での消費者動向、アフターコロナへの展望を調査 収束後も日用品・食材・化粧品などのネット購入は継続傾向に◆健康・節約・動画配信サービスがコロナ影響後のトップトレンドに ◆コロナ影響拡大をきっかけにネット購入した商品・サービスはその後もネット購入継続意向 ◆収束後にやりたいことトップ3は国内旅行・外食・遊園地へのお出かけで、外出需要増インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長

2020年7月14日ヴァリューズフィードバック数:0ライフスタイル

緊急事態宣言解除後の消費者行動&実施時期を調査

【調査リリース】緊急事態宣言解除後の消費者行動&実施時期を調査 日用品・化粧品のEC利用や出前・宅配は約7割がアフターコロナでも継続意向 インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸、以下「ヴァリューズ」)は、国内の20歳以上の男女25,382人を対象に、新型コロナウイルス感染拡大後から緊急事態宣言解除後までの消費意識の変遷、そしてアフターコロナにおける消費意欲およびその実施時期に関するア

2020年6月15日ヴァリューズフィードバック数:0ライフスタイル

コロナ影響下での消費者動向、アフターコロナへの展望を調査

【調査リリース】コロナ影響下での消費者動向、アフターコロナへの展望を調査 収束後も日用品・食材・化粧品などのネット購入は継続傾向に◆健康・節約・動画配信サービスがコロナ影響後のトップトレンドに ◆コロナ影響拡大をきっかけにネット購入した商品・サービスはその後もネット購入継続意向 ◆収束後にやりたいことトップ3は国内旅行・外食・遊園地へのお出かけで、外出需要増インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長

2020年5月25日ヴァリューズフィードバック数:0ライフスタイル

巣ごもり消費でホットケーキミックスが爆売れ!炊飯器も大活躍?

巣ごもり消費でホットケーキミックスが爆売れ!炊飯器も大活躍? 新型コロナウイルスの影響で外出自粛が続く中、今、ホットケーキミックスや薄力粉・強力粉など小麦製品の品薄が続いています。マスクや消毒液が店頭から消えるのは理解できるにしても、なぜ、そしていつの間にホットケーキミックスが消えたの…?今回は「eMark+」を使って、”巣ごもりホットケーキミックス消費”の実態を探ります。 ホットケーキミックスはいつから品薄になったのか ホットケーキミックスが品薄になり始めた時期、検索ワードでも「ホットケー

2020年5月25日ヴァリューズフィードバック数:0エンタテインメント

これぞリメイク!PS4ゲーム ファイナルファンタジーⅦ 「原作世代」への強みを発揮

これぞリメイク!PS4ゲーム ファイナルファンタジーⅦ 「原作世代」への強みを発揮 4月10日、PS4の人気シリーズ「ファイナルファンタジー」から、最新作「ファイナルファンタジーⅦリメイク(以下、FF7リメイク)」が発売されました。原作の「FF7」の発売は1997年で、23年の時を経て、圧倒的なグラフィックを持つ作品としてリメイクされました。しかし、原作発売当時の年齢によって、注目度には違いがあるようです。 本作はゲームのリメイク作品において、マーケティング戦略上参考となる部分が大いにあると考え

2020年5月25日ヴァリューズフィードバック数:0ライフスタイル

4月の急上昇サイトはシャープマスクやLINE全国調査、Uber Eatsなどコロナ影響が反映された結果に

マナミナトップリサーチ4月の急上昇サイトはシャープマスクやLINE全国調査、Uber Eatsなどコロナ影響が反映された結果に 4月の急上昇サイトはシャープマスクやLINE全国調査、Uber Eatsなどコロナ影響が反映された結果に 2020年4月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型の市場分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はeMark+を使って訪問ユーザー数の前月比

2020年5月25日ヴァリューズフィードバック数:0ライフスタイル

ステイホームを「お取り寄せグルメ」で乗り切る人が急増!話題のお取り寄せサイト分析

マナミナトップリサーチステイホームを「お取り寄せグルメ」で乗り切る人が急増!話題のお取り寄せサイト分析 ステイホームを「お取り寄せグルメ」で乗り切る人が急増!話題のお取り寄せサイト分析 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、全国的にステイホームが奨励されています。飲食店も臨時休業している店舗があり、外食もままならない状況。「巣ごもり消費」という新たなトレンドも生まれる中、じわじわ盛り上がってきたのがお取り寄せグルメ市場。今回はステイホーム期間中のお取り寄せグルメ市場の動向についてまとめます。

2020年5月25日ヴァリューズフィードバック数:0モバイル

スキマバイトアプリ「Timee」、人気女優出演のCMで 月間ユーザー数が約2倍に

スキマバイトアプリ「Timee」、人気女優出演のCMで 月間ユーザー数が約2倍に 橋本環奈さん出演のCMが大きな話題となったスキマバイトアプリ「Timee(タイミー)」。事前登録が不要で、条件をクリアすれば好きな場所・時間・職種で働けると注目を集めています。サービスの特徴やユーザーの傾向を従来のアルバイト求人アプリと比較しながら調べていきます。 「Timee」は、空いた時間に働きたい人と人手が必要な店舗・企業をつなぐスキマバイトアプリです。従来の単発バイトのような面接や事前登録 は不要で、条件を

2020年5月25日ヴァリューズフィードバック数:0モバイル

経済圏確立へキャリアが向かう道|通信領域編(2) 5G市場を展望

経済圏確立へキャリアが向かう道|通信領域編(2) 5G市場を展望 前回はモバイル通信キャリアの動向を統計データや各社IR資料等から概観し、契約者向けサポートアプリの利用状況やロイヤルティ、収益構造の変化などを確認しました。今回はいよいよ3月下旬からサービスが始まった5G関連の動向にフォーカスしてみます。 5Gは第5世代(5th Generation)の次世代モバイル通信規格。データが流通するネットワークという通路を4Gの10倍に広げ、超高速、多数同時接続、超低遅延を実現します。デジタルツインやM

2020年5月25日ヴァリューズフィードバック数:0モバイル

経済圏確立へキャリアが向かう道|通信領域編(1) 楽天本格参入の影響は?

経済圏確立へキャリアが向かう道|通信領域編(1) 楽天本格参入の影響は? 第1回に続き、キャッシュレス決済やEC、金融等の総合的な提供を通じた顧客LTV最大化へ向け、通信キャリア各社の動向を探ります。まずはソフトバンクによるボーダフォン買収以来14年ぶりに第4の通信キャリア・楽天を迎えたモバイル通信事業から概観してみましょう。 一般社団法人電気通信事業者協会によると、日本における携帯電話の契約数は、2019年12月時点で1億8203万件。人口1億2595万人のうち95.7%にあたる1億2393億

2020年5月25日ヴァリューズフィードバック数:0モバイル

経済圏確立へキャリアが向かう道|ペイだけじゃない、通信キャリアアプリの浸透

経済圏確立へキャリアが向かう道|ペイだけじゃない、通信キャリアアプリの浸透 2018年のPayPay「100億円あげちゃうキャンペーン」に端緒した決済アプリバトルはどうやら4月に本格参入した楽天を含む通信キャリア4社のサービスへ収れんしつつあります。マナミナではこれまでも色々とりあげてきましたが、この連載では通信キャリア各社が目指す市場囲い込み、「スーパーアプリ」へ向けた経済圏構築の動向を事業領域ごとにレポートしてみます。 まずは主要通信キャリア各社グループのアプリ利用状況から市場を概観してみま

2020年5月25日ヴァリューズフィードバック数:0ライフスタイル

新型コロナ影響で牛乳・乳製品の消費に懸念も、「免疫力」注目で乳酸菌飲料は好調

新型コロナ影響で牛乳・乳製品の消費に懸念も、「免疫力」注目で乳酸菌飲料は好調 緊急事態宣言の延長も発表され、先行き不透明な今日。依然コロナ収束の目処は立たないまま、不安な生活が続いています。その不安は感染への恐怖だけでなく、経済活動に対しても大きく、消費落ち込みの打撃を受けている業界も多数報じられています。 それらの中の一つとして、農林水産省からも「牛乳・乳製品」のさらなる消費を求める声も聞こえてきましたが、一方では乳酸菌飲料は需要増との見解も。そんな乳酸菌飲料についての現状を「eMark+」を

2020年5月25日ヴァリューズフィードバック数:0エンタテインメント

新型コロナに対するAmazonプライム、Hulu、Netflixのコンテンツ無料施策でアプリユーザー数はどう変わったか

マナミナトップリサーチ新型コロナに対するAmazonプライム、Hulu、Netflixのコンテンツ無料施策でアプリユーザー数はどう変わったか 新型コロナに対するAmazonプライム、Hulu、Netflixのコンテンツ無料施策でアプリユーザー数はどう変わったか 新型コロナウイルスへの危機感に伴い、3月から学校が休校になり、生徒たちが自宅待機になりました。そんな中、コンテンツを一部無料公開などしていた動画サービス各社。実際にどのように利用されていたのか、Web行動ログによる市場分析ツール「eMa

2019年8月23日ヴァリューズ★フィードバック数:0ライフスタイル

キャッシュレス決済利用動向調査

マナミナトップリサーチ消費増税に向けユーザー囲い込みにしのぎを削るキャッシュレス決済業界を調査~QRコード決済利用者は4人に1人にまで拡大 消費増税に向けユーザー囲い込みにしのぎを削るキャッシュレス決済業界を調査~QRコード決済利用者は4人に1人にまで拡大 2018年12月のPayPay「100億円あげちゃうキャンペーン」を端緒に、一気に盛りあがるキャッシュレス決済。10月の消費増税時の還元キャンペーンという商機を勝ち抜くため、交通/流通系、決済サービス、金融各社がユーザー獲得そして囲い込みに

2019年8月1日ヴァリューズフィードバック数:0大型消費/投資

2019夏の旅行調査

マナミナトップリサーチ【2019夏の旅行調査】GW10連休の反動で旅行控え発生!?インスタ映えも求める海外旅行派は前年比増 【2019夏の旅行調査】GW10連休の反動で旅行控え発生!?インスタ映えも求める海外旅行派は前年比増 インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、一般ネットユーザーの行動ログとデモグラフィック(属性)情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用して、今夏に旅行予定がある消費者の

2019年2月19日ヴァリューズフィードバック数:0マーケティング

2018年観光関連サイト閲覧者数ランキング

2018年観光関連サイト閲覧者数ランキング ニーズを満たしたコンテンツの提供、サイト利便性が成功の鍵 ◆ 観光情報は閲覧者のターゲティング、コンテンツの充実が成功要因に◆ 都道府県公式観光情報サイトでは、旅予約の利便性が閲覧者数の差を生む◆「観光」検索流入者数1位のサイトは前年に続き「トリップアドバイザー」 公益社団法人日本観光振興協会(本部:東京都港区、会長:山西 健一郎)は、ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸)と協同で、2018

2018年12月27日ヴァリューズフィードバック数:0社会/政治

中国人の食品ブランド認知・購入状況調査

中国人の食品ブランド認知・購入状況調査 話題性のあるCMとSNS活用による認知獲得は購入に繋がるか? ◆ 訪日経験のある中国人の8割近くがポッキーを認知。中国進出の早いブランドが上位に。◆ 全年代で女性の心を掴む辛ラーメン。若い男性にはCM×SNS効果でラ王が人気。◆ 明治のお菓子ブランドは“知る”と“買う”が近い。ラ王は話題先行型ブランド。 アンケートとインターネット行動ログデータを組み合わせた市場調査および事業成長支援サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:

2018年8月28日ヴァリューズフィードバック数:0マーケティング

夏の旅行 クチコミサイトが1年で急躍進 ネットユーザー行動分析トレンドreport【2018夏の旅行】

夏の旅行 クチコミサイトが1年で急躍進 ネットユーザー行動分析トレンドreport【2018夏の旅行】 ◆ 旅行業界のWebサイトでは「トリップアドバイザー」「フォートラベル」が前年比大幅アップ◆ 今夏は、「格安予約」「クチコミ」「キャンプ」に関連するメディアがユーザー数伸ばす ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸)は、一般ネットユーザーの行動ログとデモグラフィック(属性)情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMar

2014年7月16日ヴァリューズ★フィードバック数:0大型消費/投資

ネット利用ログを使ったレポートです。

ネットユーザー行動分析トレンドreport <2014夏の旅行>

ネットユーザー行動分析トレンドreport <2014夏の旅行> 閲覧サイトから読み解く、旅行検討者の消費意欲と情報感度 ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸、以下ヴァリューズ)は、一般ネットユーザーの行動ログとデモグラフィック(属性)情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用して、この夏に旅行予定がある消費者のネット行動を分析しました。また、昨年も同様の調査・分析を実施しており、前年度データとの傾向比

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着データ

お知らせ