「中央調査社」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2013年9月1日中央調査社フィードバック数:0ライフスタイル

国民生活動向調査の変遷 ~その意義と歴史、最近の調査結果から~

■「中央調査報(No.670)」より ■ 国民生活動向調査の変遷~その意義と歴史、最近の調査結果から~ 独立行政法人国民生活センター相談情報部相談第3課 課長補佐 仙北 由美1.はじめに国民生活センターは、法律(独立行政法人国民生活センター法)に基づいて設立された消費者庁所管の独立行政法人である。国民生活の安定及び向上への寄与という設立目的のもと、消費生活に関する相談事業をはじめ、全国の消費生活センター等に寄せられた消費生活情報の収集・分析と情報提供、重要消費者紛争の解決のための手続き(ADR)

2013年9月1日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

第647回 時事世論調査〔2013年7月結果〕

■「中央調査報(No.670)」より7月の時事世論調査の結果、安倍内閣の支持率は前月比3.8ポイント下落し53.6%、不支持率は同3.3ポイント増の23.3%となった。支持率の減少は3か月連続で内閣発足時の54.0%を初めて下回った。米金融緩和縮小観測や中国経済の変調などで株価の乱高下が続き、アベノミクスの評価についてさまざまに議論されはじめたことや、高市早苗政調会長が「福島第一原発事故で死者が出ているわけではない」と発言、すぐに徹回したことなどが影響したとみられる。調査は全国の成人男女2,00

2013年8月18日中央調査社★フィードバック数:0エンタテインメント

好きなスポーツ、チーム、選手についての調査です。

第21回「人気スポーツ」調査

第21回「人気スポーツ」調査

2013年8月1日中央調査社フィードバック数:16社会/政治

政治変動期の団体政治 ―主要団体リーダーによる歴代政権評価の分析―

■「中央調査報(No.669)」より ■ 政治変動期の団体政治―主要団体リーダーによる歴代政権評価の分析― 久保 慶明(筑波大学・助教)辻中豊(筑波大学・教授)1.社会の視点から政治を捉えるために2009年8月、民主党を中心とする連立政権が誕生した。これにより、1990年代以降政治改革を進めてきた日本は、その目標の一つであった選挙による政権交代を実現した。しかし、民主党は2012年の衆院選で敗北し、自民党と公明党が再び政権の座に就いた。有権者は2つの衆院選で続けて政権を交代させることになった。2

2013年8月1日中央調査社フィードバック数:3社会/政治

自治体広報に関する世論調査

■「中央調査報(No.669)」より時事通信社では、2013年4月5日から8日にかけて、無作為に選んだ全国20歳以上の男女2,000人を対象に「自治体広報に関する世論調査」を実施した。この調査は、調査員による個別面接聴取法で行い、1,310人から回答を得た。1.住まいの市区町村の広報や公開情報を見聞きすること住まいの市区町村の広報や公開される情報をどの程度見聞きしているか尋ねたところ、「よく見聞きしている」と答えた人が20.5%、「まあ見聞きしている」と答えた人が45.0%で、これらを合わせた見

2013年8月1日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

第646回 時事世論調査 〔2013年6月結果〕

■「中央調査報(No.669)」より6月の時事世論調査の結果、安倍内閣の支持率は前月比2.8ポイント下落し57.4%、不支持率は同2.4ポイント増の20.0%と、先月につづき、支持率が下がった。上昇基調を持続していた日経平均株価が5月下旬に急落、円相場も乱高下し、内閣が発表した成長戦略についても期待されたよりは力不足であるとの評価が多かったことに加え、憲法96条を先行して改正する方針に与党内でも不協和音が出るなどの状況が支持率低下に影響していると思われる。調査は全国の成人男女2,000人を対象に

2013年6月30日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

第645回 時事世論調査〔2013年5月結果〕

■「中央調査報(No.668)」より5月の時事世論調査の結果、安倍内閣の支持率は前月比1.9ポイント下落し60.2%、不支持率は同1.0ポイント増の17.6%と、第2次内閣発足後、支持率が初めて下がった。安倍内閣が掲げる「アベノミクス」の経済政策、成長戦略など景気回復への期待を寄せ、景気の向上感を抱く一方、物価上昇の不安や回復の実感が持てない景気の現状などが支持に影響していると思われる。調査は全国の成人男女2,000人を対象に、個別面接聴取法で5月10日から13日に実施。有効回収(率)は1,31

2013年6月30日中央調査社★フィードバック数:0デジタル家電

デジタル機器の所有についての調査です。

パーソナル先端機器商品の利用状況調査(第28回)

■「中央調査報(No.668)」よりパーソナル先端商品の利用状況(第28回)(調査結果の概要) 当社が例年実施している「パーソナル先端商品の利用状況」調査について今年の結果を報告します。この調査は1986年11月から毎年行っており、今回が28回目です。調査は、20歳以上の全国4,000人の男女個人を対象として、2013年2月、個別面接方式で行い、有効回収数は1,191でした。1.利用率は、AV関連機器等では、・「放送受信装置」は、「地上波」は順調に伸びて、44.1%となったが、「BS」「CS」は

2013年6月30日中央調査社★フィードバック数:2社会/政治

時系列推移が見られます。

原発の安全性・脱原発・再稼動に対する世論の動向 ―「原子力発電に関する意識調査」2011年5月調査から2013年1月調査―

トップページ > 中央調査報 > 原発の安全性・脱原発・再稼働に対する世論の動向 ―「原子力発電に関する意識調査」2011年5月調査から2013年1月調査―■「中央調査報(No.668)」より ■ 原発の安全性・脱原発・再稼働に対する世論の動向―「原子力発電に関する意識調査」2011年5月調査から2013年1月調査―時事通信社と中央調査社は、2011年3月の東日本大震災・東電福島第一原発事故後、原子力発電に対する世論の動向を探るため、同年5月より、原発の安全性への評価、脱原発の賛否、原発の再稼働

2013年6月5日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

第634回 時事世論調査〔2013年4月結果〕

■「中央調査報(No.667)」より4月の時事世論調査の結果、安倍内閣の支持率は前月比0.7ポイント増の62.1%、不支持率は前月比0.1ポイント減の16.6%と、内閣発足後、高支持を維持している。安倍内閣は、TPP(環太平洋経済連携協定)交渉参加を正式表明。2%の物価上昇を掲げる黒田東彦氏が日銀新総裁に就任し、新たな量的緩和策を決定。円安・株高基調や景気好転への期待が高まり続け、北朝鮮の弾道ミサイル発射の動きに対する自衛隊への破壊措置命令など、リーダーシップが支持に影響していると思われる。調査

2013年6月5日中央調査社★フィードバック数:5社会/政治

2013年2月の調査です。

東日本大震災に関する世論調査(2013/5)

■「中央調査報(No.667)」より時事通信社では、2013年2月8日から11日にかけて、無作為に選んだ全国20歳以上の男女個人2,000人を対象に、「東日本大震災に関する世論調査」を実施した。この調査は、調査員による面接聴取法により実施し、1,254人(回収率62.7%)から回答を得た。この調査は2012年にも実施している。1.東日本大震災から2年経過後の意識東日本大震災から2年が経過し、震災からの復興と福島第1原子力発電所の事故収束の取り組みについて尋ねたところ「あまり進んでいない」が62.

2013年6月5日中央調査社フィードバック数:81キャリアとスキル

「働き方とライフスタイルの変化に関する全国調査(JLPS)2012」にみる「不安社会」日本と「大人になること」の難しさ

トップページ > 中央調査報 > 「働き方とライフスタイルの変化に関する全国調査(JLPS)2012」にみる「不安社会」日本と「大人になること」の難しさ■「中央調査報(No.667)」より ■ 「働き方とライフスタイルの変化に関する全国調査(JLPS)2012」にみる「不安社会」日本と「大人になること」の難しさ石田浩(東京大学社会科学研究所・教授)有田伸(東京大学社会科学研究所・教授)田辺 俊介(早稲田大学文学学術院・准教授)大島 真夫(東京理科大学理工学部教養・専任講師)東京大学社会科学研究所

2013年5月7日中央調査社フィードバック数:1社会/政治

第643回 時事世論調査 〔2013年3月結果〕

■「中央調査報(No.666)」より3月の時事世論調査の結果、安倍内閣の支持率は前月と同率の61.4%を維持、不支持率は前月比0.8ポイント減の16.7%だった。安倍首相は、ホワイトハウスでのオバマ大統領との初の首脳会談で、TPP(環太平洋経済連携協定)交渉で、すべての品目の関税撤廃が前提でないと確認し、TPP交渉参加の意向を固めた。緊急経済対策を柱とする13兆円超の12年度補正予算を参院本会議において1票差で可決成立させ、大型財政出動を示した。2月の月例経済報告で景気基調を「下げ止まり」と判断

2013年5月7日中央調査社フィードバック数:1ライフスタイル

学齢児童を対象とした縦断的研究の意義と課題

トップページ > 中央調査報 > 学齢児童を対象とした縦断的研究の意義と課題 ―青少年期から成人期への移行についての追跡的研究 (Japan Education Longitudinal Study: JELS)から― ■「中央調査報(No.666)」より ■ 学齢児童を対象とした縦断的研究の意義と課題―青少年期から成人期への移行についての追跡的研究(Japan Education Longitudinal Study: JELS)から―中西 啓喜(お茶の水女子大学)耳塚 寛明(お茶の水女子大学

2013年4月7日中央調査社★フィードバック数:2デジタル家電

デジタル家電やサービスの利用についての調査です。

パーソナル先端商品の利用状況

パーソナル先端商品の利用状況

2013年4月2日中央調査社★フィードバック数:9マーケティング

メディアの利用や信頼性についての調査です。

第5回「メディアに関する全国世論調査」

■「中央調査報(No.665)」より ■ 第5回「メディアに関する全国世論調査」(2012年)結果の概要公益財団法人新聞通信調査会(理事長 長谷川 和明)は、2012年9月に「第5回メディアに関する全国世論調査(2012年)」を実施しました。調査方法は、住民基本台帳から無作為に選んだ全国の18歳以上の5,000人を対象とした訪問留置法で、3,404人から回答を得ました。この調査は、メディアの問題点や評価、信頼度などを客観的で信頼の高い統計手法を用いて調査し、クロス・メディア時代における新聞の在り

2013年3月4日中央調査社★フィードバック数:1社会/政治

2012年7月の調査です。

東日本大震災における岩手県釜石市の被災者に関する生活実態・意識調査

トップページ > 中央調査報 > 東日本大震災における岩手県釜石市の被災者に関する生活実態・意識調査の結果概要■「中央調査報(No.664)」より ■ 東日本大震災における岩手県釜石市の被災者に関する生活実態・意識調査の結果概要 神戸大学大学院人間発達環境学研究科・教授 平山 洋介東京大学社会科学研究所・教授 佐藤 岩夫東京大学と神戸大学を中心とする全国の研究者のグループは、2011年8月と2012年7月の2回にわたり、東日本大震災の被災地である岩手県釜石市において、被災者を対象とする生活実態・

2013年3月4日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

第641回 時事世論調査 〔2013年1月結果〕

■「中央調査報(No.664)」より1月の時事世論調査の結果、第2次安倍内閣の支持率は54.0%、不支持率は20.8%だった。2012年末に発足した安倍新政権は、「長引くデフレと円高からの脱却」を重要政策とし、20兆円を超える緊急経済対策を閣議決定。日銀に2%のインフレ目標を明記した「共同声明」や期限を設けずに国債などの金融資産を買い入れる新たな金融緩和策を迫った。これらが円安・株高を加速させ、経済の先行きに期待感が高まった。06年10月の第1次安倍内閣初回調査の支持率51.3%をいくぶん上回り

2012年11月8日中央調査社フィードバック数:2エンタテインメント

「ロンドンオリンピック」に関する全国意識調査

「ロンドンオリンピック」に関する全国意識調査

2012年11月8日中央調査社フィードバック数:34社会/政治

議員、官僚、大企業、警察等の信頼感調査(第7回)

議員、官僚、大企業、警察等の信頼感調査(第7回)

2012年8月15日中央調査社★フィードバック数:14製造業/エレクトロニクス

原子力発電についての意識調査です。

東日本大震災と原子力発電に関する全国世論調査(2012年5月調査)

トップページ > 中央調査報 > 原子力発電の安全性・今後のあり方、再稼働に対する意識 ―「東日本大震災と原子力発電に関する全国世論調査」(2012年5月調査)から―■「中央調査報(No.657)」より■ 原子力発電の安全性・今後のあり方、再稼働に対する意識―「東日本大震災と原子力発電に関する全国世論調査」(2012年5月調査)から―時事通信社と中央調査社は、2012年5月10日から20日にかけて無作為に抽出した全国の満20歳以上の男女4,000人を対象に、東日本大震災・福島第一原発事故から1年

2012年7月25日中央調査社★フィードバック数:26エンタテインメント

主にプロスポーツの人気についての調査です。

(第20回)「人気スポーツ」調査

(第20回)「人気スポーツ」調査

2009年7月21日中央調査社フィードバック数:0エンタテインメント

「人気スポーツ」調査

「人気スポーツ」調査

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

お知らせ