調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 労働政策研究・研修機構

「労働政策研究・研修機構」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

ビジネス・レーバー・モニター調査 定例調査 2013年1~3月の業況実績と4~6月期の業況見通し

ビジネス・レーバー・モニター調査 定例調査 2013年1~3月の業況実績と4~6月期の業況見通し

最近の統計調査結果から 2013年6月

統計調査報告国民経済計算 ―平成25年1~3月期・2次速報―平成25年1~3月期の実質GDP(国内総生産)成長率(季調値)は前期比1.0%(年率4.1%)と1次速報値と比べて0.1ポイント(年率0.6ポイント)の上方修正となった。内需、外需別の寄与度は、内需(国内需要)が0.6%、外需(財貨・サービスの純輸出)が0.4%となった。図表1:実質GDP成長率と実質GDPの内外需要別寄与度の推移(平成25年1~3月期2次速報)労働経済動向調査 ―平成25年5月―平成25年5月1日現在の正社員等労働者

テーマ別にみた労働統計

エッセイ労働市場の諸要素玄田 有史(東京大学社会科学研究所教授)黒田 祥子(早稲田大学教育・総合科学学術院准教授)山本 勲(慶應義塾大学商学部准教授)川口 大司(一橋大学大学院経済学研究科准教授)西久保 浩二(山梨大学生命環境学部地域社会システム学科教授)原 ひろみ(日本女子大学家政学部家政経済学科准教授)神林 龍(一橋大学経済研究所准教授)阿部 正浩(中央大学経済学部教授)上野 有子(内閣府経済社会総合研究所景気統計部)上西 充子(法政大学キャリアデザイン学部・大学院キャリアデザイン学研究科教

最近の統計調査結果から -2013年5月分-

統計調査報告労働力調査詳細集計 ―1~3月期平均―平成25年1~3月期平均の雇用者(役員を除く)のうち、正規の職員・従業員は3281万人で、前年同期に比べ53万人の減少となった。非正規の職員・従業員は1870万人で、前年同期に比べ65万人の増加となった。非正規の職員・従業員がその雇用形態についた主な理由は、男性では「正規の職員・従業員の仕事がないから」が31.1%、「自分の都合のよい時間に働きたいから」が21.9%、女性では「家計の補助・学費等を得たいから」が27.0%、「自分の都合のよい時間

震災と雇用についての調査です。

東日本大震災等と企業行動に関する調査

東日本大震災等と企業行動に関する調査

最近の統計調査結果から 2013年4月

統計調査報告被保護者調査(注) ― 1月分概数―1月の生活保護の被保護世帯数は1,572,966世帯、被保護実人員は2,153,642人となった。(注)生活保護法に基づく保護を受けている世帯及び保護を受けていた世帯の保護の受給状況を把握するための調査である。毎月勤労統計調査 ―2月分確報―平成25年2月の現金給与総額(規模5人以上)は前年同月比0.8%減、きまって支給する給与は前年同月比0.9%減となった。また、所定内給与は前年同月比0.7%減、所定外給与は2.7%減となった。特別に支払われた

最近の統計調査より 2013年 4月号

最近の統計調査より 2013年 4月号

7割が仕事に見合った賃金水準を重視―基幹労連調査

7割が仕事に見合った賃金水準を重視―基幹労連調査

地域シンクタンク・モニター定例調査―2012年第4四半期、2013年第1四半期調査から

地域シンクタンク・モニター定例調査―2012年第4四半期、2013年第1四半期調査から

ビジネス・レーバー・モニター調査―2012年10~12月の業況実績と2013年1~3月期の業況見通し

ビジネス・レーバー・モニター調査―2012年10~12月の業況実績と2013年1~3月期の業況見通し

高年齢者の雇用をめぐる現状

高年齢者の雇用をめぐる現状

最近の統計調査結果から -2013年3月分-

統計調査報告国民経済計算 ―平成24年10~12月期・2次速報―2012年10~12月期の実質GDP(国内総生産)成長率(季調値)は前期比0.0%(年率0.2%)と1次速報値と比べて0.1ポイント(年率0.6ポイント)の上方修正となった。内需、外需別の寄与度は、内需(国内需要)が0.2%、外需(財貨・サービスの純輸出)が-0.2%となった。図表1:実質GDP成長率と実質GDPの内外需要別寄与度の推移 (平成24年10~12月期2次速報)労働経済動向調査 ―平成25年2月―平成25年2月1日現在

最近の統計調査結果から 2013年2月

統計調査報告平成24年毎月勤労統計調査特別調査事業所規模1~4人の事業所について、平成24年7月における1人平均きまって支給する現金給与額は188,928円(前年比0.5%増)となった。平成23年8月1日から平成24年7月31日までの1年間における1人平均特別に支払われた現金給与額は191,400円(前年比0.2%増)となった。被保護者調査(注) ― 11月分概数―11月の生活保護の被保護世帯数は1,567,797世帯、被保護実人員は2,147,303人となった。(注)生活保護法に基づく保護を

ちょっと気になるデータ解説―職業別にみた就業者の実状

ちょっと気になるデータ解説―職業別にみた就業者の実状

最近の統計調査より(ビジネス・レーバー・トレンド2013年2月号)

最近の統計調査より(ビジネス・レーバー・トレンド2013年2月号)

地域シンクタンク・モニター定例調査(2012年第3四半期の実績及び第4四半期の見通し)

地域シンクタンク・モニター定例調査(2012年第3四半期の実績及び第4四半期の見通し)

労働法制の見直しにどう対応するか―ビジネス・レーバー・モニター特別調査から

労働法制の見直しにどう対応するか―ビジネス・レーバー・モニター特別調査から

ビジネス・レーバー・モニター調査(2012年7~9月期の業況実績/10~12月期の業況見通し)

ビジネス・レーバー・モニター調査(2012年7~9月期の業況実績/10~12月期の業況見通し)

職業移動からみた職業の類似性

職業移動からみた職業の類似性

職業に関する数値化情報の解析 (2)スキル、知識

職業に関する数値化情報の解析 (2)スキル、知識

職業に関する数値化情報の解析 (1)職業興味、職業価値観、仕事環境

職業に関する数値化情報の解析 (1)職業興味、職業価値観、仕事環境

様々な職業を同じ尺度で比較し、職業間の距離(近似性)を算出するなど、おもしろい調査研究です。

職業情報の収集と職業の数値化―意義と可能性

職業情報の収集と職業の数値化―意義と可能性

最近の統計調査結果から 2013年1月

統計調査報告平成24年賃金構造基本統計調査(都道府県別速報)1月10日(木曜)厚生労働省発表賃金(注)が最も高いのは東京都で365,200円、次いで神奈川県の329,000円、愛知県の311,400円となっている。賃金が最も低いのは青森県で227,200円、次いで岩手県の231,200円、沖縄県の232,600円となっている。(注)平成24年6月分として支払われた所定内給与額の平均値。毎月勤労統計調査 ―11月分確報―平成24年11月の現金給与総額(規模5人以上)は前年同月比0.8%減。きまっ

パートなど短時間労働者についての企業および本人を対象とした調査です。

短時間労働者の多様な実態に関する調査

短時間労働者の多様な実態に関する調査

経営面からの雇用・人事に関する調査結果です。

雇用システムと人事戦略に関する調査

雇用システムと人事戦略に関する調査

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お知らせ