調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 労務行政研究所

「労務行政研究所」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2020年10月31日労務行政研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

新型コロナウイルス感染症への企業の対応アンケート

検索新型コロナウイルス感染症への企業の対応アンケート ~在宅勤務の実施状況、社員が感染した場合の対応などを調査~ 民間調査機関の一般財団法人 労務行政研究所(理事長:猪股 宏)は、新型コロナウイルス感染症(以下、新型コロナ)に企業がどのように対応したのかを調べるために、2020年8月25日~9月4日にかけてアンケートを実施し、495社から回答を得た。 本調査では、感染拡大防止に向けた対応・対策をはじめ、在宅勤務・テレワークの実施状況や、社員の感染疑い、感染発覚時の対応など、新型コロナに関わる企業

2012年2月17日労務行政研究所フィードバック数:0ビジネス

3.11 大震災以降の職場と個人の実情に関するアンケート

研究所案内理事長挨拶経営理念沿革採用情報アクセス

2011年10月11日労務行政研究所フィードバック数:0ライフスタイル

ビジネスパーソンの体力・運動事情に関するアンケート

ビジネスパーソンの体力・運動事情に関するアンケート

2011年4月27日労務行政研究所フィードバック数:0大型消費/投資

東証第1部上場企業の2011年夏季賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査

研究所案内理事長挨拶経営理念沿革採用情報アクセス

2011年4月15日労務行政研究所フィードバック数:0社会/政治

ビジネスパーソンの東日本大震災に関するアンケート

検索震災後の今の不安は原発51.7%、余震49.0%〜1都5県のビジネスパーソン412人アンケート〜 労務行政研究所ジンジュール編集部では「ビジネスパーソンの東日本大震災に関するアンケート」を実施した。それによると、震災当日〜翌日にかけて帰宅した人は74%で、うち45%が帰宅手段に徒歩を含む。現在の不安は「原発事故による健康被害」「余震や再びの天災への備え」が約半数に上る−−ことなどがわかった。 ■1.震災当日の状況1-1 震災の瞬間、どこで何をしていたか民間調査機関の(財)労務行政研究所(理

2011年4月12日労務行政研究所フィードバック数:0社会/政治

東日本大震災への企業の対応

研究所案内理事長挨拶経営理念沿革採用情報アクセス

2008年4月21日労務行政研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

新入社員の初任給調査

2008年度新入社員の初任給調査(労務行政研究所) 東証第1部上場企業214社のうち、2008年度に初任給を据え置いた企業は66.8%。一方,引き上げた企業は32.7%で3社に1社となった。初任給額は,大学卒で20万4333円,高校卒で16万2241円の水準。同一企業でみた場合、昨年度に比べそれぞれ1500円・0.7%,897円・0.6%の上昇である。 民間調査機関の(財)労務行政研究所(理事長:矢田敏雄,東京都港区東麻布1−4−2)では,今年4月入社者の決定初任給を調査し,4月7日までにデー

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お知らせ