「博報堂」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年8月27日博報堂フィードバック数:0ライフスタイル

はたらく女性のしあわせ調査(Happy Women Index)

NEWS10大経済圏在住、有職女性1万人調査 「はたらく女性のしあわせ調査(Happy Women Index)」結果発表 2015年08月27日株式会社博報堂はソーシャルデザインプロジェクト issue+designとの協働により、10大経済圏在住の有職女性1万人を対象に「はたらく女性のしあわせ」をテーマにした調査を実施いたしましたので、お知らせいたします。博報堂と issue+designでは、2014年に「地域しあわせ風土調査(ローカルハッピネス)」を実施、「男性よりも女性の幸福度が高い」

2015年8月3日博報堂★★フィードバック数:0ライフスタイル

博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・2015年8月](消費意欲指数・デフレ生活指数)

NEWS博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・8月](消費意欲指数・デフレ生活指数) 2015年08月03日●生活者の消費動向を、[消費意欲][デフレ生活]の2種類から分析 ●8月は [消費意欲指数= 50.3点][デフレ生活指数= 62.2点] 生活インデックスとは、生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。今回の生活インデックスレポートでは、【8月の消費動向】(消費意欲・デフレ生活志向)に関

2015年7月24日博報堂★★フィードバック数:0ライフスタイル

博報堂こそだて家族研究所:調査レポートvol.7「現代パパの子育て事情(後篇)」編

NEWS博報堂こそだて家族研究所:調査レポートvol.7「現代パパの子育て事情(後篇)」編 2015年07月24日今どきのパパは子育てを楽しみ、子ども、家族とのつながり消費に積極的。「子育て熱心パパ」はその傾向がより顕著。 ■今後パパがお金をかけたいものTop3は、「家族との旅行(46.0%)」、「貯蓄(33.5%)」、「子どもの教育(28.0%)」特に「子育て熱心パパ」は、全般的に全体平均よりも高く、子どもと家族のための消費に意欲的。■「パパと子どもだけのお出かけが、楽しいと感じている」パパは

2015年7月16日博報堂★フィードバック数:0ライフスタイル

マイビッグデータに関する意識調査

NEWS博報堂生活総研、“マイビッグデータ”に関する 意識調査を実施 2015年07月16日博報堂生活総合研究所(所長:石寺修三)は自分自身の身体に関する大量の情報「マイビッグデータ(※)」に関する意識調査を実施いたしました。本調査は、ウェアラブル端末や遺伝子検査など、デバイスや解析技術の発展・浸透によって飛躍的に増加が見込まれる、これまで知ることができなかった自分自身の情報、マイビッグデータに対する生活者の意識について調査・分析をしています。マイビッグデータは、多くの生活者からは「自分が気づか

2015年7月12日博報堂★★フィードバック数:0大型消費/投資

春節期における訪日中国人観光客の消費行動調査

NEWS博報堂「インバウンド・マーケティング・ラボ」、 春節期における訪日中国人観光客の消費行動調査結果発表 2015年07月10日-中国人観光客の消費のキーワードは、「普段購入している物を日本でリーズナブルに」株式会社博報堂のインバウンド消費に関する研究を行う社内横断チーム、博報堂「インバウンド・マーケティング・ラボ」は、春節期における東アジア4地域(中国・韓国・台湾・香港)の訪日観光客のインバウンド消費行動調査「IMBA(Inbound Marketing Breakdown Analyze

2015年7月6日博報堂フィードバック数:0ライフスタイル

[生活インデックスレポート・消費動向編・2015年7月](消費意欲指数・デフレ生活指数)

NEWS博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・7月](消費意欲指数・デフレ生活指数) 2015年07月01日●生活者の消費動向を、[消費意欲][デフレ生活]の2種類から分析 ●7月は [消費意欲指数= 50.5点][デフレ生活指数= 63.3点] 生活インデックスとは、生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。今回の生活インデックスレポートでは、【7月の消費動向】(消費意欲・デフレ生活志向)に関

2015年6月30日博報堂フィードバック数:0マーケティング

連載【私の生活定点】第6回ー「調査と妄想」

SPECIAL連載【私の生活定点】第6回ー「調査と妄想」 2015年06月29日「調査と妄想」調査データってせつないと思うことがある知りたい相手(人とは限らない)のことをイマイチ理解出来ずお金と時間を使って調べる行為の産物にも思えるからだ何かにたとえると、うーん、好きな人の事を興信所を使って調べるような…何にもしなくてもお互い分かり合えるのが理想っちゃ理想だけどビジネスの世界なんかだと特にそうもいかない調査データは時としてとてもベンリなツールになるでも見方にちょっとコツが要る気がする例えば生活定

2015年6月26日博報堂★フィードバック数:0社会/政治

インタラクティブな特設サイトです。

人口減少×デザイン

日本の人口はこれから急激に減少すると見込まれます。 なぜ人口減少はこれほどまでに急激に進むのでしょうか? 日本人は、地方自治体は、国はどう対処すべきなのでしょうか?2015年6月2日に発売された「」の特設サイトでは、47都道府県および全1682市区町村の2010年から2060年までの人口の推移をシミュレーション可能です。 また、合計特殊出生率、転出数、転入数、この3つの人口関連指標を動かすことで、今後の対策により人口減をどの程度抑えることができるか、そんな人口減少対策の効果も検証できます。 参考

2015年6月9日博報堂フィードバック数:0マーケティング

【私の生活定点】第5回ー「料理好きな男は転職を考えてるかも」

SPECIAL連載【私の生活定点】第5回ー「料理好きな男は転職を考えてるかも」 2015年06月08日2015年6月8日博報堂 クリエイティブプロデューサー鷲尾和彦新しくなった「生活定点」調査のウェブサイト。 なかでも、「似てるかもグラフ」が面白くて、ときどき眺めています。時系列の推移を示す折れ線グラフの「カタチ」が似ている調査結果を、約4,200万通りの組み合わせの中からプログラムで自動抽出して重ねてみせてくれるのが、「似てるかもグラフ」。例えば、こんな感じ。例1)

2015年6月5日博報堂★フィードバック数:0ライフスタイル

消費スタイルをクラスターに分けて分析しています。

ASEAN 7都市:中間層女性の消費スタイル分析

NEWS博報堂【Global HABIT レポート 2015年 Vol.3】ASEAN 7都市:中間層女性の消費スタイル分析 2015年06月05日-5年間分のデータを使って5つのクラスターに分類-博報堂では、グローバル市場でのマーケティング戦略に活用するためのオリジナル生活者調査『Global HABIT(グローバルハビット)』を2000年より毎年アジアと欧米・中南米の主要35都市で中・上位収入層を対象に実施しています。今回のレポートでは、ASEAN7都市の中間層女性の消費意識、買物行動やブラ

2015年6月4日博報堂★フィードバック数:0大型消費/投資

パパと子育てです。

現代パパの子育て事情(前篇)

NEWS博報堂こそだて家族研究所:調査レポートvol.6「現代パパの子育て事情(前篇)」編 2015年06月04日今どきのパパは、8割以上が子育てに積極的。仕事と子育ての両立が必要だと思うパパも8割。 ■子育て熱心パパの約7割は「仕事を通して自分の能力や可能性を高めたい」と考えている。■仕事と子育ての両立ができると思うパパは半数以下の45.4%。■仕事と子育ての両立のために必要なのは「パパの意識改革」58.0%、「職場の理解」53.1%。2012年10月に設立された「博報堂こそだて家族研究所」は

2015年6月1日博報堂フィードバック数:0マーケティング

[生活インデックスレポート・消費動向編・2015年6月](消費意欲指数・デフレ生活指数)

NEWS博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・6月](消費意欲指数・デフレ生活指数) 2015年06月01日●生活者の消費動向を、[消費意欲][デフレ生活]の2種類から分析 ●6月は [消費意欲指数= 45.7点][デフレ生活指数= 62.0点]生活インデックスとは、生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。今回の生活インデックスレポートでは、【6月の消費動向】(消費意欲・デフレ生活志向)に関す

2015年5月19日博報堂フィードバック数:0マーケティング

連載【私の生活定点】第4回ー”科学技術が進歩しすぎて不安である”という設問を”科学技術の進歩”を用いて解析

SPECIALHOMESPECIALコラム連載【私の生活定点】第4回ー”科学技術が進歩しすぎて不安である”という設問を”科学技術の進歩”を用いて解析連載【私の生活定点】第4回ー”科学技術が進歩しすぎて不安である”という設問を”科学技術の進歩”を用いて解析 2015年05月18日博報堂DYメディアパートナーズナレッジビジネスプロデューススタッフ篠田 裕之 ”科学技術が進歩しすぎて不安である”という設問を”科学技術の進歩”を用いて解析エレベータで知り合いと一緒になったときに、思わず目を伏せて無言で

2015年5月1日博報堂フィードバック数:0マーケティング

[生活インデックスレポート・消費動向編・2015年5月](消費意欲指数・デフレ生活指数)

NEWS博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・5月](消費意欲指数・デフレ生活指数) 2015年05月01日●生活者の消費動向を、[消費意欲][デフレ生活]の2種類から分析 ●5月は [消費意欲指数= 48.2点][デフレ生活指数= 62.7点] 生活インデックスとは、生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。今回の生活インデックスレポートでは、【5月の消費動向】(消費意欲・デフレ生活志向)に関

2015年4月23日博報堂★フィードバック数:0大型消費/投資

インバウンドです。

【Global HABIT レポート 2015年 Vol.2】アジア14都市の生活者の日本への観光意識

博報堂【Global HABIT レポート 2015年 Vol.2】アジア14都市の生活者の日本への観光意識■ 日本への渡航経験と渡航意向の両方が高いのは、台北、香港。今後の伸びが予想されるのはシンガポール、メトロマニラ、バンコク、広州。 ■ 行ってみたいエリアは「東京エリア」が断トツだが、台北、香港の人は「北海道エリア」 ■ 渡航の主目的は名所旧跡・雄大な自然・食・温泉、加えて「現代の日本を見る」「買物」も渡航目的の目玉。7割以上の人が様々な商品の買物を目的にしている。博報堂では、グローバル市

2015年4月21日博報堂フィードバック数:0マーケティング

【私の生活定点】第3回ー「友達」と「金髪」と「ソーシャルメディア」

SPECIAL連載【私の生活定点】第3回ー「友達」と「金髪」と「ソーシャルメディア」 2015年04月20日「友達」と「金髪」と「ソーシャルメディア」前回、吉岡虎太郎さんが広告界きってのロマンチストコピーライターとして「愛」と「カネ」という人生の普遍的な対立軸でコラムを書いていますので、自分はインタラクティブプラナーとして、ソーシャルコミュニケーションを13年間見つめてきた視点から「生活定点」特設サイトの魅力をお伝えしたいと思います。「生活定点」調査が始まったのは1992年。インターネットが日本

2015年4月1日博報堂フィードバック数:0マーケティング

[生活インデックスレポート・消費動向編・2015年4月](消費意欲指数・デフレ生活指数)

NEWS博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・4月](消費意欲指数・デフレ生活指数) 2015年04月01日●生活者の消費動向を、[消費意欲][デフレ生活]の2種類から分析 ●4月は [消費意欲指数= 45.9点][デフレ生活指数= 60.5点]生活インデックスとは、生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。今回の生活インデックスレポートでは、【4月の消費動向】(消費意欲・デフレ生活志向)に関す

2015年3月31日博報堂フィードバック数:0マーケティング

「愛」より「カネ」か?日本人

SPECIAL連載【私の生活定点】第2回ー「愛」より「カネ」か?日本人。  2015年03月30日株式会社博報堂クリエイティブ・ヴォックス クリエイティブディレクター吉岡虎太郎 「愛」より「カネ」か?日本人。さて、この度22年分の生活者データを見ることができるようになったという、この「生活定点」特設サイト。何かおもしろそうな質問はないかと探してみると、「信じるものは何ですか?」という質問があって、1994年、2004年、2014年のランキングを比べて見ることができます。1位はずっと「人の善意」

2015年3月28日博報堂★フィードバック数:0マーケティング

CRM施策について消費者側の調査です。

CRM施策受容性調査

NEWS博報堂DYグループ ショッパーマーケティングセンター「CRM施策受容性調査」を実施 2015年03月26日■ 「クーポン」「ポイント付与」などの経済的特典施策は、現状の【体験率】が高い上に、顧客側の【将来期待率】はさらに高く、企業側のオファー次第では、さらに体験者が増加する可能性が高い。「クーポン」【体験率】 46.6% → 【将来期待率】 71.6%「ポイント付与」 【体験率】 49.3% → 【将来期待率】 54.5%■ 「自分の趣向に合わせたクーポンの提供」など、履歴に応じカスタマ

2015年3月25日博報堂★フィードバック数:0マーケティング

博報堂の研究です。

生活者の「行動の習慣化」モデルに関する第一回調査レポート

NEWS博報堂行動デザイン研究所と東京大学先端研、生活者の「行動の習慣化」モデルに関する第一回調査レポートを発表 2015年03月25日株式会社博報堂(東京都港区、代表取締役社長:戸田裕一)の専門組織博報堂行動デザイン研究所(所長:國田圭作)は、東京大学先端科学技術研究センター渡邊克巳(専門:認知科学分野)の監修のもと、生活者の「行動の習慣化」に関する調査を実施、分析結果の一部をレポートにまとめました。当レポートは生活者の新しい行動がいかに定着し、また離脱にいたるのか、という「行動の習慣化」およ

2015年3月2日博報堂フィードバック数:0マーケティング

[生活インデックスレポート・消費動向編・2015年3月](消費意欲指数・デフレ生活指数)

NEWS博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・3月](消費意欲指数・デフレ生活指数) 2015年03月02日●生活者の消費動向を、[消費意欲][デフレ生活]の2種類から分析 ●3月は [消費意欲指数= 46.3点][デフレ生活指数= 59.9点]生活インデックスとは、生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。今回の生活インデックスレポートでは、【3月の消費動向】(消費意欲・デフレ生活志向)に関す

2015年2月2日博報堂フィードバック数:0マーケティング

[生活インデックスレポート・消費動向編・2015年2月](消費意欲指数・デフレ生活指数)

博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・2月](消費意欲指数・デフレ生活指数)●生活者の消費動向を、[消費意欲][デフレ生活]の2種類から分析 ●2月は [消費意欲指数= 44.3点][デフレ生活指数= 61.9点]生活インデックスとは、生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。今回の生活インデックスレポートでは、【2月の消費動向】(消費意欲・デフレ生活志向)に関する分析結果についてご報告いたしま

2015年1月27日博報堂★フィードバック数:0社会/政治

移住についてのレポートです。

ローカルハッピネスNo.05

ローカルハッピネスNo.05

2015年1月26日博報堂★★フィードバック数:0ライフスタイル

博報堂の調査です。

アジア14都市における和食・日本酒・緑茶の浸透度(経験度)

NEWS博報堂【Global HABIT レポート 2015年 Vol.1】 アジア14都市における和食・日本酒・緑茶の浸透度(経験度) 2015年01月26日■食べたことがある和食トップ3は、寿司、ラーメン、天ぷら。和食経験の豊富さは、台北・香港・ソウルが突出。次いでシンガポールとメトロマニラ。■日本酒は、香港とソウルで飲用割合が高いものの、アジア全体ではまだこれから。■緑茶は、東アジア都市に加えバンコクとシンガポールでも飲用経験が高い。博報堂では、グローバル市場でのマーケティング戦略に活用す

2015年1月22日博報堂★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

消費者側の調査です。

第5回生活者調査「電力小売自由化について」

博報堂エネルギーマーケティング推進室、第5回生活者調査「電力小売自由化について」●「電力自由化時に」電力会社を「変えてみたい」と答えた人は、64.0%で約2/3に。●電力会社選択時に最重視するのは、「料金の安さ」で75.5%。続いて「料金メニューや手続きのわかりやすさ」「安心安全イメージの企業」が5割前後の支持。2015年1月22日博報堂エネルギーマーケティング推進室は、2010年よりエネルギーに関する生活者調査を実施しておりますが、このたび、2016年春に予定されている「電力小売の自由化」にむ

2015年1月6日博報堂フィードバック数:0マーケティング

[生活インデックスレポート・消費動向編・2015年1月](消費意欲指数・デフレ生活指数)

博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・1月](消費意欲指数・デフレ生活指数)●生活者の消費動向を、[消費意欲][デフレ生活]の2種類から分析 ●1月は [消費意欲指数= 49.0点][デフレ生活指数= 62.7点]生活インデックスとは、生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。今回の生活インデックスレポートでは、【1月の消費動向】(消費意欲・デフレ生活志向)に関する分析結果についてご報告いたしま

2014年12月4日博報堂フィードバック数:0マーケティング

BIG PRESENTATION 2015「デュアル・マス」

NEWS博報堂生活総合研究所 BIG PRESENTATION 2015「デュアル・マス」 を発表 2014年12月04日2014年12月4日博報堂生活総合研究所は、“大きな変化の時代に、大きな知恵を”という視座から、生活者の未来について提言していく「BIG PRESENTATION」(※)を本年より開始いたします。2015年のタイトルは「デュアル・マス」です。2015年の日本は戦後70年、戦後レジーム(55年体制)確立から60年という節目を迎えます。人口、経済、情報環境など21世紀の大きな構造

2014年12月1日博報堂フィードバック数:0マーケティング

[生活インデックスレポート・消費動向編・2014年12月](消費意欲指数・デフレ生活指数)

博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・12月](消費意欲指数・デフレ生活指数)●生活者の消費動向を、[消費意欲][デフレ生活]の2種類から分析 ●12月は [消費意欲指数= 56.7点][デフレ生活指数= 65.7点]2014年12月1日生活インデックスとは、生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。今回の生活インデックスレポートでは、【12月の消費動向】(消費意欲・デフレ生活志向)に関する分析

2014年11月26日博報堂★フィードバック数:0マーケティング

博報堂によるランキングです。

2014年 ヒット商品分析レポート【今年のときめき】ランキング

2014年 ヒット商品分析レポート【今年のときめき】ランキング

2014年11月20日博報堂★フィードバック数:0社会/政治

地域幸せラボのレポートです。

ローカルハッピネスNo.04

ローカルハッピネスNo.04

2014年11月4日博報堂フィードバック数:0マーケティング

[生活インデックスレポート・消費動向編・2014年11月](消費意欲指数・デフレ生活指数)

博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・11月](消費意欲指数・デフレ生活指数)●生活者の消費動向を、[消費意欲][デフレ生活]の2種類から分析 ●11月は [消費意欲指数= 47.2点][デフレ生活指数= 62.3点]2014年11月4日生活インデックスとは、生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。今回の生活インデックスレポートでは、【11月の消費動向】(消費意欲・デフレ生活志向)に関する分析

2014年11月2日博報堂フィードバック数:0マーケティング

新大人研レポート いま高齢社会は“新しい大人社会”へと大きく変化

NEWSHOMENEWSニュースリリース新大人研レポート いま高齢社会は“新しい大人社会”へと大きく変化 ー博報堂と富士通、コクヨS&T共同レポートー 介護家族の負担軽減にはコミュニケーションが力になる新大人研レポート いま高齢社会は“新しい大人社会”へと大きく変化 ー博報堂と富士通、コクヨS&T共同レポートー 介護家族の負担軽減にはコミュニケーションが力になる 2014年10月31日■介護で最も重いのは「精神的負担」。介護従事者では77.0%に。■ふだん(事前)の情報整理とその共有が負担軽減の

2014年10月22日博報堂★★★フィードバック数:0マーケティング

博報堂生活総研です。

生活定点2014

NEWS22年間にわたる生活者観測データを一般公開、博報堂生活総研「生活定点2014」 2014年10月22日発見や発想のヒントが得られる『生活定点』特設サイトオープン株式会社博報堂のシンクタンク「博報堂生活総合研究所」(以下「生活総研」所長:嶋本達嗣)は、22年間にわたり隔年で実施してまいりました生活者意識の定点観測調査『生活定点』を無償一般公開(フリーダウンロード、二次利用可能)いたしました。『生活定点』調査とは、1992 年から 22 年間にわたって隔年で実施している生活総研のオリジナル定

2014年10月1日博報堂フィードバック数:0マーケティング

[生活インデックスレポート・消費動向編・10月](消費意欲指数・デフレ生活指数)

NEWS博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・10月](消費意欲指数・デフレ生活指数) 2014年10月01日●生活者の消費動向を、[消費意欲][デフレ生活]の2種類から分析 ●10月は [消費意欲指数= 46.6点][デフレ生活指数= 61.5点]2014年10月1日生活インデックスとは、生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。今回の生活インデックスレポートでは、【10月の消費動向】(消費意

2014年9月1日博報堂フィードバック数:0マーケティング

[生活インデックスレポート・消費動向編・2014年9月](消費意欲指数・デフレ生活指数)

NEWS博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・9月](消費意欲指数・デフレ生活指数) 2014年09月01日●生活者の消費動向を、[消費意欲][デフレ生活]の2種類から分析 ●9月は [消費意欲指数= 48.6点][デフレ生活指数= 61.8点]2014年9月1日生活インデックスとは、生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。今回の生活インデックスレポートでは、【9月の消費動向】(消費意欲・デフ

2014年8月14日博報堂★フィードバック数:0マーケティング

博報堂の調査です。

「ソロ男」クラスター分析

博報堂、“ソロ活動系男子(通称:ソロ男(だん))”の研究活動及び マーケティング活動支援を開始「単身・独身20~50代男性」の消費力や自由で自立したライフスタイルに着目、 「ソロ活動系男子研究プロジェクト」を発足2014年8月14日 株式会社博報堂(東京都港区、代表取締役社長:戸田裕一)は、自由で自立したライフスタイルを謳歌する単身・独身男性「ソロ活動系男子(通称:ソロ男)」の研究活動及び企業のマーケティング活動の支援を開始いたしました。「ソロ男」とは、独身20代~50代男性、親と同居していない

2014年8月11日博報堂★フィードバック数:0社会/政治

幸福度の都道府県ランキングです。

地域しあわせ風土調査

NEWS博報堂、慶応義塾大学前野隆司教授との共同研究により、 地域の幸福度を測定する「地域しあわせ風土調査」を実施 2014年08月11日1位は沖縄県。鹿児島県、熊本県、宮崎県、東京都と続く -人口減少時代の地方を救う「地域しあわせラボ」設立-2014年8月11日株式会社博報堂のソーシャルデザイン専門組織 hakuhodo i+dは、慶應義塾大学システムデザイン・マネジメント研究科(前野隆司研究科委員長/教授)らと共同で、地域の幸福度を測定するオリジナル調査「地域しあわせ風土調査」を、全国15,

2014年8月1日博報堂フィードバック数:0マーケティング

[生活インデックスレポート・消費動向編・2014年8月](消費意欲指数・デフレ生活指数)

NEWS博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・8月](消費意欲指数・デフレ生活指数) 2014年08月01日●生活者の消費動向を、[消費意欲][デフレ生活]の2種類から分析 ●8月は [消費意欲指数= 51.6点][デフレ生活指数=64.5点]2014年8月1日 生活インデックスとは、生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。今回の生活インデックスレポートでは、【8月の消費動向】(消費意欲・デフ

2014年7月29日博報堂★フィードバック数:0ライフスタイル

主婦対象の調査です。

「増税後の主婦の消費意識」調査

博報堂消費税対策研究プロジェクト、「増税後の主婦の消費意識」調査増税後に買い控えしたのは57.6%。価格表示の変更も大きな影響■買い控えの理由:「商品の値ごろ感が分からなくなった=76.0%」 「価格表示が分からなくなった=74.0%」■メリハリ消費の意識高まる:「たまの外食は、おいしいものを食べたい=85.4%」2014年7月29日博報堂は、2014年4月より実施された消費増税に関し、増税後の消費行動について20代~60代の主婦500人に調査し速報をまとめましたので、ご報告いたします。2014

2014年7月28日博報堂フィードバック数:0大型消費/投資

統合型リゾート(IR/MICE)に 関する全国調査

博報堂、統合型リゾート(IR/MICE)に 関する全国調査を実施個別の情報収集、分析ニーズに対応した「カスタマイズレポート」を提供開始株式会社博報堂(東京都港区、代表取締役社長:戸田裕一)の「IR/MICE推進室」は、カジノ推進法案の上程、及び、国民世論の高まりを受けて、「統合型リゾート(IR/MICE)に関する調査」を日本全国を対象に実施いたしました。(2014年3月実施)この調査では、日本国内の各都道府県別のIR/MICE及びそのコンテンツであるカジノに対する現状の意識や、IR導入が議論され

2014年7月9日博報堂★フィードバック数:0マーケティング海外

買物の比較です。

【Global HABIT レポート 2014年 Vol.3】 アジア15都市生活者の普段の買物場所

博報堂【Global HABIT レポート 2014年 Vol.3】 アジア15都市生活者の普段の買物場所■東アジアは「モダン流通型」、東南アジアは「モダン流通と伝統流通の混合型」、インドは「伝統流通型」。■スキンケア、化粧品、ヘアケア商品は「モダン流通」利用が主流、食品系は「伝統流通」の利用も多い。■ソウルと台北では「オンライン流通」の利用が活発で、スキンケア、化粧品、ヘアケア商品での利用は20%超。博報堂では、グローバル市場でのマーケティング戦略に活用するためのオリジナル生活者調査『Glob

2014年7月2日博報堂★フィードバック数:0ライフスタイル

日本とASEANとの違いを見ています。

第一回「アセアン生活定点」調査

NEWS第一回「アセアン生活定点」調査結果速報 アセアン6カ国6都市 計5,400名に約1,000項目の調査を実施 2014年07月02日「博報堂生活総研」×「博報堂生活総研アセアン」初のグローバル共同調査博報堂生活総合研究所と博報堂生活総研アセアン(※)は、アセアン6カ国【シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、フィリピン、ベトナム】の生活者の意識と行動を幅広く観察することを目的に、初の共同調査「アセアン生活定点」調査を実施いたしました。当調査は日本で1992年より実施している「生活定点

2014年7月1日博報堂フィードバック数:0マーケティング

[生活インデックスレポート・消費動向編・2014年7月](消費意欲指数・デフレ生活指数)

NEWS博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・7月](消費意欲指数・デフレ生活指数) 2014年07月01日●生活者の消費動向を、[消費意欲][デフレ生活]の2種類から分析 ●7月は [消費意欲指数= 49.7点][デフレ生活指数= 61.2点]2014年7月1日 生活インデックスとは、生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。今回の生活インデックスレポートでは、【7月の消費動向】(消費意欲・デ

2014年6月2日博報堂フィードバック数:0マーケティング

[生活インデックスレポート・消費動向編・6月](消費意欲指数・デフレ生活指数)

博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・6月](消費意欲指数・デフレ生活指数)●生活者の消費動向を、[消費意欲][デフレ生活]の2種類から分析 ●6月は [消費意欲指数= 47.2点][デフレ生活指数= 61.0点]2014年6月2日 生活インデックスとは、生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。今回の生活インデックスレポートでは、【6月の消費動向】(消費意欲・デフレ生活志向)に関する分析結果に

2014年5月25日博報堂★フィードバック数:0ライフスタイル海外

ミャンマーの富裕層です。

【Global HABIT レポート 2014年 Vol.2】 ミャンマー・ヤンゴンの富裕層・準富裕層の暮らしぶり

【Global HABIT レポート 2014年 Vol.2】 ミャンマー・ヤンゴンの富裕層・準富裕層の暮らしぶり■家電「三種の神器(テレビ・冷蔵庫・洗濯機)」の保有率は9割超、自家用車保有は5割。 ただし、電気や水道など生活インフラの整備はこれから。■よく接するメディアはテレビがダントツ1位。面白さや情報の信頼度でもテレビが強い。■7割強がスマートフォンを保有し、ネット利用はスマートフォンがパソコンを上回る。博報堂では、グローバル市場でのマーケティング戦略に活用するためのオリジナル生活者調査『

2014年5月22日博報堂★フィードバック数:0マーケティング

母親調査です。

子どもの情報機器の接し方

NEWS博報堂こそだて家族研究所 調査レポート vol.4 「子どもの情報機器の接し方」編 2014年05月22日子どもと情報機器の関係について、「不安」を持ちながらも「期待」もあるママたち ■子どもが情報機器で行っているのは「通話」「無料動画サイト」「インターネットの検索」 ■子どもが情報機器を使うこと:不安1位は「視力や姿勢など成長への悪影響」、期待1位は「楽しく勉強できる」 2012年10月に設立された「博報堂こそだて家族研究所」は、子どもをもつ家族の消費やライフスタイルについて研究してい

2014年5月19日博報堂★フィードバック数:0マーケティング

各都道府県をブランドとして、内部評価、外部評価によってプロットしています。

都道府県の「“属”ブランド力調査」

NEWS博報堂、人に注目した 都道府県の「“属”ブランド力調査」を実施 2014年05月19日~31県が県内よりも県外からのブランド評価が高い結果に~株式会社博報堂(東京都港区、代表取締役社長:戸田裕一)の「博報堂ブランドデザイン」と「テーマビジネス開発局」は、魅力的なブランドづくりに必要な三つの要素「志」―「形」-「属」の観点から地域社会のブランディングを支援する「LoCoBra」(※)を2014年4月2日に発表いたしました。この「LoCoBra」の考え方に基づき、「志」―「形」-「属」の三要

2014年5月8日博報堂フィードバック数:0マーケティング

[生活インデックスレポート・消費動向編・2014年5月](消費意欲指数・デフレ生活指数)

NEWS博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・5月](消費意欲指数・デフレ生活指数) 2014年05月07日●生活者の消費動向を、[消費意欲][デフレ生活]の2種類から分析 ●5月は [消費意欲指数=44.3点][デフレ生活指数=63.3点]2014年5月7日 生活インデックスとは、生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。今回の生活インデックスレポートでは、【5月の消費動向】(消費意欲・デフレ

2014年4月25日博報堂フィードバック数:0マーケティング

『生活インデックスレポート・生活価値観編~2014年春~』 [自立意欲][家族の絆意欲][世づくり意欲]

NEWS博報堂生活総研『生活インデックスレポート・生活価値観編~2014年春~』 [自立意欲][家族の絆意欲][世づくり意欲] 2014年04月25日●生活者の価値観変化を、[自立][家族の絆][世づくり]の3つの意欲から分析●2014年春の[自立意欲 63.6点↑] [家族の絆意欲 68.9点↑] [世づくり意欲 39.5点↑]2014年4月25日生活インデックスとは、博報堂生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指

2014年4月18日博報堂フィードバック数:0マーケティング

生活インデックスレポート・生活感情編~2014年春~

博報堂生活総研『生活インデックスレポート・生活感情編~2014年春~』●生活者の感情変化を、[ときめき度][にごり度]の2指数から分析●2014年春の[ときめき度 48.0点↓][にごり度 48.8点→]2014年4月18日 生活インデックスとは、博報堂生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。今回の生活インデックスレポートでは、【生活感情】(ときめき度・にごり度)の推移に関する分析結果についてご報告いたします

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お知らせ