調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 吉田秀雄記念事業財団

「吉田秀雄記念事業財団」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

広告についての研究誌です。

アド・スタディーズ Vol.51 Spring 2015(3月25日号)

■特集細分化の先へ:消費セグメンテーションの現在 青木 幸弘 学習院大学経済学部経営学科教授×小川 共和 電通マーケティングソリューション局次長 堀田 治 公益財団法人新国立劇場運営財団専門員 森 直樹 電通CDCプロジェクトプロデューサーズルーム部長・事業開発ディレクター 塚原 新一 ビデオリサーチ 調査分析局専門職局次長緒方 直美 ビデオリサーチ ソリューション推進局生活者インテリジェンス部 シェア型工房で新しいモノづくりが始まる・親方と作家がシェアする工房・工房に集う作家たち・アルチザ

2020年がテーマです。

「アド・スタディーズ」Special Issue 「未来がつくる広告2020」(2014年12月号)

Special Issue 「未来がつくる広告2020」(2014年12月号) ■2020年の循環型情報社会メディア・消費者・企業編 田中 洋 中央大学大学院教授石崎 徹 専修大学教授竹内淑恵 法政大学教授澁谷 覚 東北大学大学院教授石田 実 法政大学特任講師 清水 聰 慶應義塾大学教授寺本 高 明星大学准教授斉藤 嘉一 明治学院大学准教授井上 淳子 成蹊大学准教授 第4章 2020年の企業とマーケティング広告・コミュニケーションの変化を展望する─企業視点からの今後の10年 冨狭 泰 明治大学特

アド・スタディーズ Vol.49 Autumn 2014(9月25日号)

■特集パラダイム転換は本当に起きているのか 内田 和成 早稲田大学ビジネススクール教授×冨挟 泰 明治大学グローバル・ビジネス研究科特任教授 情報革命がもたらすパラダイムシフト —「ユース・ラディカル」と「人間中心」の視点が重要に— 砂田 薫 国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)主幹研究員・准教授 新しいパラダイムとしての「リアル・マーケティング」 —今生まれつつある新しい「リアル」とは— 藤田 康人 株式会社インテグレート 代表取締役CEO マーケティングはどう進化

アド・スタディーズ Vol.87 Summer 2014(5月25日号)

■特集マーケティング:実務とアカデミズム 阿部 周造 早稲田大学特任教授×疋田 聰 元東洋大学教授 広告リレーション理論の広告実務への応用 —新しい枠組みから「広告」と「学び」を再考する— ビッグデータ時代のリレーションシップマーケティングに求められる アカデミズムの視点 ・大阪町人の金銭教育/「儲かりまっか」・江戸ッ子商いと浪華ッ子商いをくらべれば…… 新たな「共食」の場をつくる・「おたがいさま食堂」への道・「おたがいさま食堂」の価値・「まち食」という場の広がり 消費者の情報受発信

アド・スタディーズ Vol.47 Winter 2014(2月25日号)

片平 秀貴 丸の内ブランドフォーラム代表×梶山 皓 獨協大学名誉教授 マーケティング環境変化に対応したリサーチの未来—何を継承し、何を革新するべきか— 萩原 雅之 トランスコスモス・アナリティクス株式会社 取締役副社長 東浦 和宏 (株)電通マクロミルインサイト シニア アドバイザー 井上 哲浩 慶應義塾大学大学院経営管理研究科教授 ハイエンドオーディオを極める(1)オーディオ人生60年の計(2)ハイエンドオーディオユーザーの世界(3)プロダクトブランドの確立 ・みんなで考えよう流行語・

性、世代別のメディア接触状況です。

マスメディアとインターネットでの広告接触 オムニバス調査2011年~2012年の変化

マスメディアとインターネットでの広告接触 オムニバス調査2011年~2012年の変化

社会問題についての意識調査です。

日本社会が取り組むべき問題 オムニバス調査2012にみる首都圏生活者の社会問題意識

日本社会が取り組むべき問題 オムニバス調査2012にみる首都圏生活者の社会問題意識

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

お知らせ