「埼玉県」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年4月20日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

埼玉農業の再出発(平成27年4月20日) ― 大雪被害からの農業用ハウス等の復旧状況 ―

ここから本文です。埼玉農業の再出発(平成27年4月20日) ― 大雪被害からの農業用ハウス等の復旧状況 ― 部局名:農林部課所名:農業支援課担当名:普及活動担当担当者名:野口・小林  平成26年2月14日の大雪被害を受けた地域では、現在復旧に向けた取組が急ピッチで進められています。県では、埼玉農業の再出発に向け、被災した農業用ハウス等の一日も早い再建と、農業者の営農再開を支援しています。被災施設の再建状況 4月20日(月曜日)現在の状況は、県全体で再建90.9%、再建完了※76.3%です。 撤

2015年4月13日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

埼玉農業の再出発(平成27年4月13日) ― 大雪被害からの農業用ハウス等の復旧状況 ―

ここから本文です。埼玉農業の再出発(平成27年4月13日) ― 大雪被害からの農業用ハウス等の復旧状況 ― 部局名:農林部課所名:農業支援課担当名:普及活動担当担当者名:野口・後藤  平成26年2月14日の大雪被害を受けた地域では、現在復旧に向けた取組が急ピッチで進められています。県では、埼玉農業の再出発に向け、被災した農業用ハウス等の一日も早い再建と、農業者の営農再開を支援しています。 被災施設の再建状況 4月13日(月曜日)現在の状況は、県全体で再建90.2%、再建完了※74.8%です。 

2015年4月6日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

埼玉農業の再出発(平成27年4月6日) ― 大雪被害からの農業用ハウス等の復旧状況 ―

ここから本文です。埼玉農業の再出発(平成27年4月6日) ― 大雪被害からの農業用ハウス等の復旧状況 ― 部局名:農林部課所名:農業支援課担当名:普及活動担当担当者名:小林・後藤  平成26年2月14日の大雪被害を受けた地域では、現在復旧に向けた取組が急ピッチで進められています。県では、埼玉農業の再出発に向け、被災した農業用ハウス等の一日も早い再建と、農業者の営農再開を支援しています。● 被災施設の再建状況 4月6日(月曜日)現在の状況は、県全体で再建89.7%、再建完了※73.6%です。 撤

2015年3月30日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

埼玉農業の再出発(平成27年3月30日) ― 大雪被害からの農業用ハウス等の復旧状況 ―

ここから本文です。埼玉農業の再出発(平成27年3月30日) ― 大雪被害からの農業用ハウス等の復旧状況 ― 部局名:農林部課所名:農業支援課担当名:普及活動担当担当者名:小林・坂上  平成26年2月14日の大雪被害を受けた地域では、現在復旧に向けた取組が急ピッチで進められています。県では、埼玉農業の再出発に向け、被災した農業用ハウス等の一日も早い再建と、農業者の営農再開を支援しています。 被災施設の再建状況 3月30日(月曜日)現在の状況は、県全体で再建89.1%、再建完了※72.2%です。 

2015年3月29日埼玉県フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年 工場立地動向調査結果(速報)

ここから本文です。平成26年 工場立地動向調査結果(速報)について 部局名:産業労働部課所名:企業立地課担当名:総務・立地窓口担当担当者名:山﨑・石川  本日、経済産業省から平成26年(1月~12月)工場立地動向調査結果(速報)が公表されました。 本県の立地件数(電気業を除く)は、49件で、全国第4位となりました。平成24年の調査以降、一部の地域で大規模なメガソーラーの立地が進んだため、メガソーラーなどの電気業を含めた立地件数は全国第16位となっています。 1 調査結果(1)立地件数(電気業を

2015年3月29日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

埼玉県の推計人口(平成27年3月1日現在)

ここから本文です。埼玉県の推計人口(平成27年3月1日現在)について 部局名:総務部課所名:統計課担当名:人口統計担当担当者名:木村、佐藤、山本  埼玉県では、このほど平成27年3月1日現在の推計人口を取りまとめました。 平成27年3月1日現在の埼玉県の推計人口は、7,238,391人で、前月に比べ681人(0.01%)の減少となり、3か月連続で減少となりました。 前月からの人口増減の内訳は、自然増減が1,100人の減少、社会増減が419人の増加です。 市町村別では、2月中に人口が最も増加した

2015年3月23日埼玉県フィードバック数:0キャリアとスキル

平成26年度埼玉県就労実態調査

ここから本文です。平成26年度埼玉県就労実態調査結果について ― 県内中小企業の正社員の割合69.5%で前年比1.6ポイント増 ― 部局名:産業労働部課所名:勤労者福祉課担当名:労働福祉担当担当者名:碓井、景山  県では、このたび、平成26年7月31日現在の県内事業所における就労実態に関する調査結果を取りまとめました。この調査は、県内中小企業の就労状況を把握することを目的に実施しているものです。調査結果の主な特徴 「正社員」の割合は69.5%(前年比1.6ポイント増)で、大企業の56.6%より

2015年3月20日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

平成24年度埼玉の市町村民経済計算

ここから本文です。平成24年度埼玉の市町村民経済計算の結果について~市町村内総生産は、33市町村で対前年度増加率がプラス~ 部局名:総務部課所名:統計課担当名:経済分析担当担当者名:飯田・谷山  埼玉県は、このほど、平成24年度埼玉の市町村民経済計算を取りまとめました。これは、市町村における経済活動を生産、分配の二面から推計したもので、市町村経済の規模、経済構造、経済成長率などを明らかにし、市町村経済の実態をとらえることができる総合的な経済指標です。報告の概要1 市町村内総生産 市町村内総生産

2015年3月13日埼玉県フィードバック数:0大型消費/投資

平成25年住宅・土地統計調査結果(確報)

ここから本文です。平成25年住宅・土地統計調査結果(確報)の埼玉県分まとまる-空き家率が全国平均(13.5%)を超えた市町は7市3町- 部局名:総務部課所名:統計課担当名:人口統計担当担当者名:木村 佐藤 安部  住宅・土地統計調査は、住宅や土地の保有状況及び世帯の居住状況等の実態を明らかにすることを目的に行われている調査で、昭和23年から5年ごとに実施されています。なお、調査結果は、都道府県、人口1万5千人以上の市町村について集計されており、県内40市14町分が公表されています。埼玉県分の概

2015年3月13日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

さいたま市の家計調査結果(平成26年平均)

ここから本文です。さいたま市の家計調査結果(平成26年平均) 部局名:総務部課所名:統計課担当名:消費統計担当担当者名:大石 大内 笠原  実収入は3年連続減少するも、消費支出は2年ぶりに増加しました。二人以上の勤労者世帯における一世帯当たりの月平均実収入は578,820円で、対前年の実質増減率は3年連続減少となる6.3%減となりました。 実収入から税金や社会保険料等を除いた可処分所得も、同様に減少したものの、消費支出は355,605円で、実質増減率は2年振りの増加となる7.6%増となり、平均

2015年3月13日埼玉県フィードバック数:0キャリアとスキル

埼玉県の労働力調査結果(平成26年平均)

ここから本文です。埼玉県の労働力調査結果(平成26年平均)について 部局名:総務部課所名:統計課担当名:人口統計担当担当者名:木村、佐藤、田島 - 労働力人口が4年ぶりに増加 - 結果の概要は次のとおりです。1 本県の労働力人口は、4年ぶりに増加し、376万8千人 完全失業者は減少傾向2 完全失業率は3.5%で全国平均を下回る 労働力人口=就業者+完全失業者 就業者=仕事があった者(休業者含む) 完全失業者=仕事がなく、仕事を探していた者 完全失業率=(完全失業者/労働力人口)×100※ 詳

2015年3月6日埼玉県★フィードバック数:0社会/政治

埼玉県の調査です。

大地震への県民一人一人の備えについて

ここから本文です。~県政サポーターアンケートの結果を発表します~ テーマは「大地震への県民一人一人の備えについて」 部局名:危機管理防災部課所名:危機管理課担当名:震災予防・復興支援担当担当者名:星  首都直下地震の発生が懸念される中、埼玉県では被害を最小化するために“自分の命は自分で守る”、いわゆる自助の取組を推進しています。県民の自助の取組の実施状況等を把握するために行われた第45回県政サポーターアンケート(テーマ:「大地震への県民一人一人の備えについて」)の結果がまとまりましたので発表し

2015年2月27日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

埼玉県の推計人口(平成27年2月1日現在)

ここから本文です。埼玉県の推計人口(平成27年2月1日現在)について 部局名:総務部課所名:統計課担当名:人口統計担当担当者名:木村、佐藤、山本  埼玉県では、このほど平成27年2月1日現在の推計人口を取りまとめました。 平成27年2月1日現在の埼玉県の推計人口は、7,239,072人で、前月に比べ741人(0.01%)の減少となり、2か月連続で減少となりました。 前月からの人口増減の内訳は、自然増減が2,046人の減少、社会増減が1,305人の増加です。 市町村別では、1月中に人口が最も増加

2015年2月9日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

埼玉県の推計人口(平成27年1月1日現在)

ここから本文です。埼玉県の推計人口(平成27年1月1日現在)について 部局名:総務部課所名:統計課担当名:人口統計担当担当者名:木村 佐藤 山本 埼玉県では、このほど平成27年1月1日現在の推計人口を取りまとめました。平成27年1月1日現在の埼玉県の推計人口は、7,239,813人で、前月に比べ487人(0.01%)の減少となり、昨年3月以来10か月ぶりの減少となりました。 前月からの人口増減の内訳は、自然増減が932人の減少、社会増減が445人の増加です。 市町村別では、12月中に人口が最も

2015年1月29日埼玉県★★★フィードバック数:0ライフスタイル

埼玉県の調査です。

マレーシア国内等におけるハラル化粧品に関する市場調査

ここから本文です。マレーシア国内等におけるハラル化粧品に関する市場調査結果埼玉県では、「通商産業政策の地方分権化」を推進し、地域の産業や雇用を創出するため、県独自の通商産業政策・中小企業の国際化への支援に力を入れています。今般、県では県内化粧品事業者に業務の参考資料として御活用いただくため、マレーシア国内等におけるハラル化粧品に関する市場調査を実施したので、その結果を公表します。1対象者イスラム教徒の女性(20歳から59歳)2調査地域及び調査内容(1)マレーシア国内※1)における化粧品需要の調査

2015年1月27日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

埼玉農業の再出発 ― 大雪被害からの農業用ハウス等の復旧状況 ―(2015年1月26日)

ここから本文です。埼玉農業の再出発 ― 大雪被害からの農業用ハウス等の復旧状況 ― 部局名:農林部課所名:農業支援課担当名:普及活動担当担当者名:川岸・坂上  平成26年2月14日の大雪被害を受けた地域では、現在復旧に向けた取組が急ピッチで進められています。県では、埼玉農業の再出発に向け、被災した農業用ハウス等の一日も早い再建と、農業者の営農再開を支援しています。被災施設の再建状況 1月26日(月曜日)現在の状況は、県全体で再建73.9%、再建完了※55.5%です。 撤去については、ほぼ完了し

2015年1月27日埼玉県★フィードバック数:0ライフスタイル

農産物についての調査です。

県政サポーターアンケートの結果について 地場産農産物に求めるものは「新鮮さ」が第1位

ここから本文です。県政サポーターアンケートの結果について 地場産農産物に求めるものは「新鮮さ」が第1位 部局名:農林部課所名:農業ビジネス支援課担当名:販売対策担当担当者名:遠藤・青木 埼玉県産農産物をテーマとして実施した第46回県政サポーターアンケートの結果がまとまりました。  今回のアンケートでは、「農産物を購入するときに埼玉県産であることを意識している人」は55.1%、「県産農産物サポート店を利用したい人」は62.3%、「地場産農産物に求めるもの」は新鮮さが第1位といった結果となりまし

2015年1月21日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

平成27年度埼玉県就労実態調査

ここから本文です。平成27年度埼玉県就労実態調査結果について― 県内中小企業の正社員の割合は70.1%(調査開始以来2年連続の増加)― 部局名:産業労働部課所名:勤労者福祉課担当名:労働福祉担当担当者名:根立、竹内、塩野  県では、このたび、平成27年7月31日現在の県内事業所における就労実態に関する調査結果を取りまとめました。この調査は、県内中小企業の就労状況を把握することを目的に実施しているものです。● 調査結果の主な特徴・ 中小企業の「正社員」の割合は70.1%(前年比0.6ポイント増)

2015年1月14日埼玉県フィードバック数:0キャリアとスキル

平成27年3月中学校等卒業予定者の進路希望状況調査(平成26年12月15日現在)

ここから本文です。「平成27年3月中学校等卒業予定者の進路希望状況調査(平成26年12月15日現在)」について 部局名:教育局課所名:教育政策課担当名:調査・統計担当担当者名:柴田  「中学校等卒業予定者の進路希望状況調査」は、県内の中学校等卒業予定者について、その進路希望状況を明らかにする目的で実施しています。 この度、平成27年3月卒業予定者に係る平成26年12月15日現在の調査結果がまとまりましたので、お知らせします。1 調査対象 平成27年3月に県内国・公・私立の中学校又は特別支援学校

2015年1月6日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

埼玉農業の再出発 ― 大雪被害からの農業用ハウス等の復旧状況 ―(2015年1月6日)

ここから本文です。埼玉農業の再出発 ― 大雪被害からの農業用ハウス等の復旧状況 ― 部局名:農林部課所名:農業支援課担当名:普及活動担当担当者名:川岸・坂上  平成26年2月14日の大雪被害を受けた地域では、現在復旧に向けた取組が急ピッチで進められています。 県では、埼玉農業の再出発に向け、被災した農業用ハウス等の一日も早い再建と、農業者の営農再開を支援しています。被災施設の再建状況 1月6日(火曜日)現在の状況は、県全体で再建69.5%、再建完了※51.1%です。 撤去については、ほぼ完了し

2014年12月28日埼玉県フィードバック数:0ビジネス

平成25年特定サービス産業実態調査結果(確報)の埼玉県分まとまる 広告業の年間売上高の増減率が全国第1位に

ここから本文です。平成25年特定サービス産業実態調査結果(確報)の埼玉県分まとまる 広告業の年間売上高の増減率が全国第1位に 部局名:総務部課所名:統計課担当名:動態統計担当担当者名:橋本・関  この調査は、特定のサービス産業の実態や事業経営の現状を明らかにすることを目的に行われている調査で、前回は平成22年に実施されました。 1 調査の概要(1)調査期日 平成25年7月1日(2)調査対象 ソフトウェア業、広告業、冠婚葬祭業など22業種 (このほか新聞業、出版業など6業種を国が直接調査)(3)

2014年12月28日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

埼玉県の推計人口(平成26年12月1日現在)

ここから本文です。埼玉県の推計人口(平成26年12月1日現在)について 部局名:総務部課所名:統計課担当名:人口統計担当担当者名:木村 佐藤 山本 埼玉県では、このほど平成26年12月1日現在の推計人口を取りまとめました。 平成26年12月1日現在の埼玉県の推計人口は、7,240,300人で、前月に比べ91人(0.00%)の増加となり、9か月連続で最多を更新しました。 前月からの人口増減の内訳は、自然増減が514人の減少、社会増減が605人の増加です。 市町村別では、11月中に人口が最も増加し

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ