調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 帝国データバンク

「帝国データバンク」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2020年7月27日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

SDGsに関する企業の意識調査

2020/7/14SDGsに関する企業の意識調査企業の24.4%がSDGsに積極的〜 力を入れて取り組む目標は『8.働きがいも経済成長も』がトップ 〜はじめにSDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)は、2015年9月の国連サミットにおいて、世界193カ国が産官学民などのステークホルダーとともに同意した「2030年アジェンダ」に掲載されている世界共通の目標である。採択から5年が経過しようとするなか、政府や行政機関のみならず民間企業の経営指針としても

2020年7月27日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

太陽光関連業者の倒産動向調査

2020/7/13太陽光関連業者の倒産動向調査(2020年上半期)上半期の太陽光関連倒産は前年同期5.0%増〜 3半期ぶりの増加に転じる 〜はじめに2006年1月から2020年6月までに発生した499社の太陽光関連業者(※)の倒産(法的整理 のみ、負債1000万円以上)について、「倒産件数と負債額の推移」「半期ベースの倒産件数と負債額の推移」「倒産態様別」「負債額別」「地域別」「業歴別」「資本金別」「従業員別」「業種別細分類」「倒産主因」について調査、分析した 。■前回調査は、2020年4月7日

2020年7月16日帝国データバンク★フィードバック数:0ビジネス

SDGsに関する企業の意識調査

企業の24.4%がSDGsに積極的~ 力を入れて取り組む目標は『8.働きがいも経済成長も』がトップ ~はじめに(持続可能な開発目標)は、年月の国連サミットにおいて、世界カ国が産官学民などのステークホルダーとともに同意した「年アジェンダ」に掲載されている世界共通の目標である。採択から年が経過しようとするなか、政府や行政機関のみならず民間企業の経営指針としても急速に注目を集めている。そこで、帝国データバンクは、SDGsに関する企業の見解について調査を実施した。本調査は、TDB景気動向調査2020年6

2020年6月19日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

新型コロナウイルス感染症に対する企業の意識調査(2020年5月)

2020/6/9新型コロナウイルス感染症に対する企業の意識調査(2020年5月)業績へ既にマイナスの影響がある企業、初めて6割台に上昇〜 中小企業は資金繰り対策、大企業はIT投資を推進 〜はじめに新型コロナウイルス感染症の影響により、国民の生活および経済活動は依然として深刻な状態が続いている。一方で、「緊急事態宣言」が約50日ぶりに全都道府県で解除されるなど、日本の社会は「ポストコロナ」に向けて徐々に動き始めた。また、政府は、国民や企業に対して「特別定額給付金」や「持続化給付金」などの各種支援策

2020年6月13日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

新型コロナウイルス感染症に対する企業の意識調査(2020年5月)

2020/6/1<速報>新型コロナウイルス感染症に対する企業の意識調査(2020年5月)業績へ既にマイナスの影響がある企業、初めて6割台に上昇〜 今後マイナスの影響を見込む企業は23.3%に減少 〜はじめに新型コロナウイルス感染症の影響により、国民の生活および経済活動は依然として深刻な状態が続いている。一方で、「緊急事態宣言」が約50日ぶりに全都道府県で解除されるなど、日本の社会は「ポストコロナ」に向けて徐々に動き始めた。そこで、帝国データバンクは、新型コロナウイルス感染症に対する企業の見解につ

2020年5月8日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

従業員の新型コロナウイルス感染、上場企業200社超に拡大

従業員の新型コロナウイルス感染、上場企業200社超に拡大 感染拡大防止に業界特有の難しさ露呈も 帝国データバンクは、新型コロナウイルスに従業員が感染したことを公表した上場企業について調査を行った。 建設・製造では2倍超に拡大 複数拠点で感染、死亡するケースも発生「新型コロナウイルス」感染者の発生 週別推移帝国データバンクの調べでは、グループ会社や関連会社を含め新型コロナウイルスに感染した従業員が判明した上場企業は、4月3日以降の10日間で約100社が新たに公表。13日までに累計210社に上ったほ

2020年4月23日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

新型コロナウイルスの影響による上場企業の業績修正動向調査(2020年4月8日時点)

2020/4/10新型コロナウイルスの影響による上場企業の業績修正動向調査(2020年4月8日時点)新型コロナで161社が下方修正、製造業者の業績修正目立つ はじめに新型コロナウイルスは国内に大きなダメージを与えており、その影響によって業績予想の下方修正を発表する上場企業が後を絶たない。帝国データバンクでは、適時開示情報を発表した上場企業のうち、新型コロナウイルスの影響が含まれ、業績予想を下方修正した企業について集計し、分析した。■新型コロナウイルスの影響を含む要因によって業績予想を下方修正した

2020年4月13日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

<速報>新型コロナウイルス感染症に対する企業の意識調査(2020年3月)

2020/4/1<速報>新型コロナウイルス感染症に対する企業の意識調査(2020年3月)新型コロナウイルス、企業の80.3%で「業績にマイナス」〜 一部業種では業績にプラスの影響も 〜はじめに世界的に猛威をふるっている新型コロナウイルス感染症。2020年3月11日、WHO(世界保健機関)は、世界的な流行を意味する「パンデミック」にあたると宣言。日本でも国民生活だけでなく、企業の経済活動に大きな影響を及ぼしている。そこで、帝国データバンクは、新型コロナウイルス感染症に対する企業の見解について調査を

2020年3月16日帝国データバンク★フィードバック数:0社会/政治

「業界天気図」動向調査(2020年度見通し)

20年度見通し、「雨天」が7分野増加 製造業はリーマン・ショック級の業況悪化想定 ― 「業界天気図」動向調査(2020年度見通し) 米中貿易摩擦が影響、今後は新型コロナ感染拡大も懸念材料2019年度の国内景気は、総じて悪化傾向が鮮明となった。帝国データバンクが実施している景気動向調査(景気DI)では、これまでの回復基調から2019年12月以降「後退局面入り」に基調判断を引き下げた。こうしたなか、昨年末に中国・武漢から広まった「COVID-19」、いわゆる新型コロナウイルス(新型コロナ)の感染が日

2020年1月15日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

TDB景気動向調査(全国)

2020/1/9TDB景気動向調査 −2019年12月調査結果−2020年1月9日、帝国データバンクでは「TDB景気動向調査」のプレスリリースを行いました。景気DIは3カ月連続で悪化、年末需要が低迷 〜 製造業の悪化が続くなど、国内景気は後退局面に入っている 〜詳細はPDFをご確認ください※次回発表予定「TDB景気動向調査2020年1月調査結果」の発表は、2020年2月5日を予定しています。 お問い合わせ先株式会社帝国データバンク データソリューション企画部 産業データ分析課TEL: 03-57

2020年1月7日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

自然災害に対する企業の対応状況調査

2019/12/20自然災害に対する企業の対応状況調査自然災害リスクへの対応、企業の27.0%にとどまる〜 都道府県別では、「高知」が44.2%でトップ 〜はじめに2019年の秋は、台風15号や19号、相次ぐ大雨などにより、全国各地で水害や土砂災害などが発生した。近年、自然災害の発生件数が増加傾向にあるなかで、自然災害による企業活動への影響は、自社のみならず、取引先などに広がることも懸念されている。 そこで、帝国データバンクは、自然災害に対する経営上のリスクへの対応状況1について調査を実施した。

2019年12月19日帝国データバンク★★フィードバック数:0社会/政治

2020年の景気見通しに対する企業の意識調査

2019/12/122020年の景気見通しに対する企業の意識調査2020年の景気、「悪化」と見込む企業は37.2%〜 景気回復に必要な政策、「人手不足の解消」が2年連続でトップ 〜はじめに2019年12月9日に発表された7-9月期の実質GDP成長率2次速報は、前期(4〜6月期)比0.4%増(年率換算で1.8%増)となり、4四半期連続でプラスの成長となった。省力化投資などの設備投資や公共工事、五輪関連の建設需要などに加え、消費税率引き上げ前の駆け込み需要も好影響を与えた。一方、相次ぐ自然災害や世界

2019年12月9日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国平均借入金利動向調査(2018年度)

2019/11/29全国平均借入金利動向調査(2018年度)企業の借入金利、11年連続で低下〜 最も低い金利は「香川県」 〜はじめに日本銀行によるマイナス金利政策の継続により、企業を取り巻く金融環境はこれまでにない低金利の時代に突入している。競争が激化する地域金融機関においても、その過半数で本業利ざや(貸出金利息−預金利息)が減少するなど銀行経営に影を差し、近時はSBIグループを中心とした地銀再編機運も高まりを見せている。 五輪を来年に控えて堅調な建設業界や、設備投資意欲の旺盛な運輸・倉庫業者な

2019年11月14日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

東京五輪に関する企業の意識調査(2019年)

2019/11/14東京五輪に関する企業の意識調査(2019年)五輪開催が日本経済の持続的な成長に有効と46.8%が認識〜 五輪期間中の働き方、都内の1割超の企業で休暇の設定や時差通勤を検討 〜はじめに2020年7月から9月にかけて、東京五輪・パラリンピック(以下、東京五輪)が開催され、開催都市である東京にとどまらず、全国的に経済波及効果が期待されている。加えて、さらなるスポーツ振興や世界に先駆けた新エネルギー活用に向けた取り組みなど、さまざまな好影響をもたらすと言われている。一方で、大会期間中

2019年11月6日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

TDB景気動向調査(全国)2019年10月調査

2019/11/6TDB景気動向調査 −2019年10月調査結果−2019年11月6日、帝国データバンクでは「TDB景気動向調査」のプレスリリースを行いました。消費税率の引き上げで、小売業が大幅悪化 〜 台風も国内景気を下押し 〜詳細はPDFをご確認ください※次回発表予定「TDB景気動向調査2019年11月調査結果」の発表は、2019年12月4日を予定しています。 お問い合わせ先株式会社帝国データバンク データソリューション企画部 産業データ分析課TEL: 03-5775-3163E-mail:

2019年10月18日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

「後継者難倒産」の動向調査(2019年1~9月累計)

2019/10/10「後継者難倒産」の動向調査(2019年1〜9月累計)後継者難倒産、前年同期比12.8%増〜 事業承継問題の深刻化で、年間最多を更新する勢い 〜はじめに企業経営者の高齢化が進むなか、政府は2021年までの5年間を中小企業の事業承継支援の集中期間と定めている。中小企業庁は昨年10月、中小企業の経営者、後継者、支援機関などを一堂に会した「全国事業承継推進会議」を開催。以降も、今年に入り各地で地方ブロック会議が開催されるなど、より積極的な支援に乗り出している。一方、後継者が不在の企業

2019年10月17日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

海外進出に関する企業の意識調査(2019年)

2019/10/15海外進出に関する企業の意識調査(2019年)企業の24.7%が海外に進出〜 海外進出への課題、「社内人材(邦人)の確保」がトップ 〜はじめに政府は、成長戦略のなかで中小企業の海外進出を重要な政策課題として位置づけている。こうしたなか、国や自治体の積極的な支援を追い風として、大企業だけでなく、中小企業を含む日本企業がより一層の海外進出を目指すことが期待されている。一方で、企業にとって、現地情報の収集や日本と諸外国との関係などが海外に進出する際のリスクとして顕在している。そこで、

2019年7月18日帝国データバンク★フィードバック数:0社会/政治

消費税率引き上げに対する企業の意識調査(2019年)

2019/7/11消費税率引き上げに対する企業の意識調査(2019年)予定どおり実施すべきが44.1%も否定派と拮抗〜 約半数の企業が「駆け込み需要はない」と回答 〜はじめに2012年の改正消費税法では2015年10月に消費税率10%への引き上げが予定されていたが、2014年11月と2016年6月の2度にわたり、消費税率引き上げは延期された。現在、政府は2019年10月に消費税率を10%に引き上げるとしている。また、今回の消費税率引き上げでは軽減税率制度の導入も予定され、過去の消費税率引き上げと

2019年7月4日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

国内主要111行の預金・貸出金等実態調査

2019/6/27 国内主要111行の預金・貸出金等実態調査貸出金537兆1564億円、前年比5.0%増〜 地域別の貸出金増加率は「九州」がトップ 〜はじめに超低金利下で収益確保が厳しい経営環境が続く銀行業界。今後の各地域の人口動態や中小企業経営者の高齢化に伴う取引先数の変動などのほかにも、近時では中小企業金融円滑化法にあわせて実施されてきた貸付条件の変更等の状況報告が4月以降休止になったことに伴う取引先への影響について話題となるなど、引き続き各銀行の動向が注目されている。 帝国データバンクは、

2019年6月18日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

アパレル関連企業の倒産動向調査

2019/6/10 アパレル関連企業の倒産動向調査「小売」で大型倒産増加〜 倒産件数減少も負債総額は増加 〜はじめに2018年度(2018年4月〜2019年3月)の全業種の倒産件数は、前年度比2.8%減の8057件と低水準が続いている。その一方で、今年3月に民事再生法の適用を申請した(株)ロン・都(長野市)や5月に民事再生法の適用を申請した(株)リファクトリィ(東京都中央区)など、アパレル関連企業では比較的規模の大きな事業者の倒産が目立ち始めている。 こうした状況下、帝国データバンクは、2018

2019年6月18日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

「飲食店」の倒産、休廃業・解散動向調査(2018年度)

2019/6/10 「飲食店」の倒産、休廃業・解散動向調査(2018年度)倒産、休廃業・解散計1180件、過去最多〜 倒産は減少も休廃業・解散の増加が全体を押し上げ 〜はじめに飲食店を取り巻く環境が厳しくなっている。消費者の嗜好やトレンドが一巡し、流行の波に乗ってきたとみられるチェーン店の雲行きが怪しくなってきた。飲食業界は、消費者マインドが直接的に反映されるだけに経営に影響が生じやすい。人手不足、社長の高齢化、後継者問題、キャッシュレス化への適応、10月に予定されている消費増税など懸念材料が山

2019年6月18日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

TDB景気動向調査 -2019年5月調査結果-

2019/6/5TDB景気動向調査 −2019年5月調査結果−2019年6月5日、帝国データバンクでは「TDB景気動向調査」のプレスリリースを行いました。国内景気、後退局面入りの可能性 〜 米中貿易摩擦と大型連休が悪影響 〜詳細はPDFをご確認ください※次回発表予定「TDB景気動向調査2019年6月調査結果」の発表は、2019年7月3日を予定しています。 お問い合わせ先株式会社帝国データバンク データソリューション企画部 産業データ分析課TEL: 03-5775-3163E-mail: keik

2019年3月26日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2019年度の雇用動向に関する企業の意識調査

2019/3/142019年度の雇用動向に関する企業の意識調査正社員採用予定の企業は64.2%で高水準続く〜 生産性向上につながる人材育成、短期はOJTが60.1%で突出 〜はじめに人手不足が深刻化するなか、2018年の有効求人倍率は1.61倍と、1973年以来45年ぶりの高水準となった。また、新規学卒者の就職内定率は2018年12月時点で87.9%(大卒)と8年連続で上昇し、1996年に調査を開始して以来最高となっている。さらに、政府・企業をはじめとして「働き方改革」が進められるなかで、生産性

2019年3月20日帝国データバンク★フィードバック数:0社会/政治

改元に関する企業の意識調査

2019/3/19改元に関する企業の意識調査4割以上の企業が自社に影響ありと認識〜 消費マインドの改善を期待する反面、大型連休による営業日数の減少を懸念 〜はじめに2019年5月1日の改元に先立ち、4月1日に新元号が発表となる。今回の改元は明治以降では初めてとなる譲位による皇位継承で行われ、昭和から平成への改元とは異なる影響が表れる可能性も指摘されている。また、改元に際して2019年に限り5月1日が祝日となることで10日間におよぶ大型連休が控えており、個人消費の拡大が期待されるほか、消費マインド

2019年3月13日帝国データバンクフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

「トヨタ自動車グループ」下請企業調査(2019年)

2019/3/1「トヨタ自動車グループ」下請企業調査(2019年)「トヨタ自動車グループ」下請企業、全国に3万8663社〜 業種別では一次・二次とも「非製造業」が初のトップ 〜はじめにトヨタ自動車(東証1部)が2月6日に発表した、2018年4〜12月期(第3四半期累計)連結決算によれば、同社グループ世界販売台数が約800万台、売上高は最高を記録した。国内では、フラグシップセダン「クラウン」のフルモデルチェンジや「カローラスポーツ」の投入など、積極的な市場戦略を展開。同社の高級車ブランド「レクサス

2019年3月4日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

人手不足に対する企業の動向調査(2019年1月)

2019/2/21人手不足に対する企業の動向調査(2019年1月)正社員、非正社員ともに1月の過去最高を更新〜 「飲食店」は正社員、非正社員ともに前年から不足感が上昇 〜はじめに2018年の人手不足倒産の件数は153件(前年比44.3%増)となり、調査を開始した2013年以降で最多を更新し、人手不足が企業活動に与える影響は一段と強まっている(帝国データバンク「『人手不足倒産』の動向調査(2013〜18年)」)。また、2018年の有効求人倍率は45年ぶりの高水準で推移し、労働需給はひっ迫度を増して

2019年2月25日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2019年度の賃金動向に関する企業の意識調査

2019/2/142019年度の賃金動向に関する企業の意識調査賃金改善理由、「労働力の定着・確保」が初の80%台に上昇〜 2019年度の従業員給与・賞与、約4.1兆円増加と試算 〜はじめに2018年の景気は「回復局面」とする企業が2年ぶりに1割台に低下した一方、「悪化局面」は2ケタ台に上昇し、回復傾向から一転して、厳しさの増した一年となった(帝国データバンク「2019年の景気見通しに対する企業の意識調査」)。また、2019年10月には消費税率引き上げを控えているほか、人手不足が深刻化するなかで賃

2019年2月22日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

国内菓子メーカー522社の経営実態調査

2019/2/12国内菓子メーカー522社の経営実態調査増収企業比率は九州がトップ〜 インバウンド需要と安定した販路で好調 〜はじめに2月14日のバレンタインデーを控え、チョコレートを扱う菓子メーカー各社は一大商戦を迎えている。菓子の需要は近年増加基調にあり、なかでもチョコレート、アイスクリームの市場は拡大している(全日本菓子協会、日本アイスクリーム協会)。一方で、ネット通販への対応、職人などの人材不足や技術継承、安定した販路の確保、運送費や原材料価格の高騰など様々な課題を抱えている。帝国データ

2019年2月20日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計1月報

2019年 1月報倒産件数は694件、2カ月ぶりの前年同月比増加 負債総額は1723億5600万円、3カ月ぶりの前年同月比増加 主要ポイント■倒産件数は694件と、2カ月ぶりに前年同月を上回り、2017年10月(前年同月比10.1%増)以来、1年3カ月ぶりの前年同月比2ケタ増■負債総額は、負債100億円以上の倒産が2件発生したことなどを受け、前年同月比71.5%増の1723億5600万円■業種別に見ると、7業種中5業種で前年同月を上回った。小売業(158件、前年同月比17.9%増)は2カ月ぶり、

2019年2月18日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

TDB景気動向調査(全国)2019年1月調査

2019/2/5TDB景気動向調査 −2019年1月調査結果−2019年2月5日、帝国データバンクでは「TDB景気動向調査」のプレスリリースを行いました。国内景気、後退局面入りの兆し 〜 米中貿易摩擦を背景に、中国向けなど輸出の減速が響く 〜詳細はPDFをご確認ください※次回発表予定「TDB景気動向調査2019年2月調査結果」の発表は、2019年3月5日を予定しています。 お問い合わせ先株式会社帝国データバンク データソリューション企画部 産業データ分析課TEL: 03-5775-3163E-m

2019年2月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国社長年齢分析(2019年)

2019/1/29全国社長年齢分析(2019年)社長の平均年齢、59.7歳〜 昭和生まれ社長は建設業、平成生まれ社長はサービス業に多い 〜はじめに日本で“高齢化”が叫ばれるようになって久しい。「平成30年版高齢社会白書」(内閣府)によると、65歳以上の高齢者人口は3515万人で、2065年には約2.6人に1人が65歳以上、約3.9人に1人が75歳以上になることが推計されている。高齢化による様々な影響が懸念されているが、企業においても経営者の平均年齢は年々上昇傾向で推移しており、円滑な事業承継が求

2019年1月28日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計12月報

2018年 12月報倒産件数は627件、2カ月ぶりの前年同月比減少 負債総額は757億3800万円、2000年以降最小 主要ポイント■倒産件数は627件で、前年同月比9.9%の減少となり、2カ月ぶりに前年同月を下回った。負債総額は757億3800万円、前年同月比51.6%の減少と、2カ月連続で前年同月を下回り、2000年以降最小となった■業種別に見ると、7業種中4業種で前年同月を下回った。このうち、建設業(100件、前年同月比17.4%減)は6カ月連続、卸売業(93件、同19.8%減)は3カ月連

2019年1月28日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計2018年報

2018年報倒産件数は8063件、2年ぶりの前年比減少負債総額は1兆6255億5200万円、2000年以降最小〈注〉2017年の負債総額は、タカタ(株)の負債額を1兆823億8400万円(確定再生債権等の総額)として集計(2018年6月報より適用)主要ポイント■2018年の倒産件数は8063件(前年8376件、前年比3.7%減)と、2年ぶりに前年を下回った。月別では12カ月中9カ月で前年同月を下回った■負債総額は1兆6255億5200万円(前年2兆4548億8400万円、前年比33.8%減)と、

2019年1月25日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

TDB景気動向調査 -2018年12月調査結果-

2019/1/10TDB景気動向調査 −2018年12月調査結果−2019年1月10日、帝国データバンクでは「TDB景気動向調査」のプレスリリースを行いました。国内景気、弱含み傾向続く 〜 輸出減速が響き、製造業が悪化 〜詳細はPDFをご確認ください※次回発表予定「TDB景気動向調査2019年1月調査結果」の発表は、2019年2月5日を予定しています。 お問い合わせ先株式会社帝国データバンク データソリューション企画部 産業データ分析課TEL: 03-5775-3163E-mail: keiki

2019年1月23日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

国内主要111行の第2四半期決算(中間期)預金・貸出金等実態調査

2018/12/27国内主要111行の第2四半期決算(中間期)預金・貸出金等実態調査中間期の預金26兆4861億円増加〜 大手銀と地銀、第二地銀の利ざや二極化続く 〜はじめに2018年は5月に「きらぼし銀行」が発足した一方、一部の地方銀行で利益確保の柱として積極的に進められてきた投資用不動産融資でのトラブルが大きな社会問題となり、金融機関としての資質・姿勢が問われた。引き続き、低金利下における地方銀行、第二地方銀行を中心とする金融再編や各行の地域特性を収益にどう繋げていくかなど金融機関の動向に注

2019年1月18日帝国データバンクフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2018年度第2四半期主要上場建設会社57社の受注・業績動向調査

2018/12/212018年度第2四半期 主要上場建設会社57社の受注・業績動向調査受注高合計、前年同期比5%減〜 売上総利益率0.5pt減で、利幅が低下 〜はじめに主要上場建設会社の2018年度第2四半期(中間期)決算が出揃った。2017年度の通期決算では受注の伸びが鈍化し、東京五輪等による建設需要はピークアウト感が出始めていた。こうしたなか、今期に入り2025年の万博開催地が大阪に決定し、都市インフラの整備、開発に対する期待が高まるなど、ポスト五輪を牽引する要素も見られる。しかしながら、近

2019年1月15日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2019年の景気見通しに対する企業の意識調査

2018/12/132019年の景気見通しに対する企業の意識調査2019年景気、「悪化」局面を見込む企業が29.4%に急増〜 「消費税制」が最大の懸念材料に 〜はじめに2018年12月10日に発表された7〜9月期の実質GDP成長率2次速報は、前期(4〜6月期)比0.6%減(年率換算2.5%減)と、2四半期ぶりのマイナス成長となった。人手不足の深刻化に加えて、台風や地震など自然災害も重なり個人消費や輸出、設備投資などが悪化した。一方、有効求人倍率の上昇など雇用・所得環境の改善傾向を示す指標もあり、

2019年1月9日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計11月報

2018年 11月報倒産件数は706件、3カ月ぶりの前年同月比増加 負債総額は1238億6600万円、4カ月ぶりの前年同月比減少 主要ポイント■倒産件数は706件(前年同月比9.3%増)と、3カ月ぶりに前年同月を上回った。負債総額は1238億6600万円(同8.2%減)と、4カ月ぶりに前年同月を下回った■業種別に見ると、7業種中5業種で前年同月を上回った。このうち、製造業(81件、前年同月比19.1%増)は8カ月ぶりの前年同月比増加。また、サービス業(173件)は前年同月比21.8%の大幅増とな

2019年1月9日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

玩具関連企業2515社の経営実態調査

2018/12/7玩具関連企業2515社の経営実態調査任天堂好調、ヒット商品が牽引〜 製造・卸・小売ともに売上高合計増加 〜はじめに12月に入りクリスマスに向けて、子供たちへのプレゼント用をはじめ、各種おもちゃの購買意欲が高まる。また、近年では大人でも楽しめるハイテク玩具なども増えるなか、消費者の年齢の枠も広がっており、購買層にも変化がみられている。そうしたなか、2017年9月には米・トイザらスが経営破綻、今年6月までにアメリカ国内の全店舗を閉鎖し、大きな話題となった。帝国データバンクでは、企業

2019年1月7日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

TDB景気動向調査(全国)2018年11月調査

2018/12/5TDB景気動向調査 −2018年11月調査結果−2018年12月5日、帝国データバンクでは「TDB景気動向調査」のプレスリリースを行いました。景気DIは4カ月ぶりに改善 〜 災害復旧・復興や建築需要が関連業種に波及 〜詳細はPDFをご確認ください※次回発表予定「TDB景気動向調査2018年12月調査結果」の発表は、2019年1月10日を予定しています。 お問い合わせ先株式会社帝国データバンク データソリューション企画部 産業データ分析課TEL: 03-5775-3163E-ma

2018年12月27日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

上場企業の監査法人異動調査(2018年1月~10月)

2018/11/29上場企業の監査法人異動調査 (2018年1月〜10月)2018年は10月までに160社が異動を発表〜 太陽有限責任監査法人の合併で前年比41.6%増 〜はじめに近時、注目上場企業の業績悪化が相次いで発表され話題になっている。業績確定に至っては各社の会計監査人(監査法人)の監査を経ているが、問題を抱える企業は意見対立などから異動回数が多い傾向がみられ、動向を占ううえで、監査法人との関係は重要視されている。帝国データバンクは2018年(1月〜10月)に会計監査人の異動に関する適時

2018年12月26日帝国データバンクフィードバック数:0エンタテインメント

パチンコホール経営業者の経営実態調査

2018/11/26パチンコホール経営業者の経営実態調査増収企業は1割未満で、売上高合計も減少〜 倒産件数は2年連続で増加の見込み 〜はじめに「依存症問題」に端を発し、規制強化が進むパチンコ・パチスロ業界。今年8月には6段階設定搭載パチンコ機が発売されたほか、2019年2月以降は6号機と呼ばれるパチスロ機の検定基準変更が控えるなどルールの厳格化が進んでいる。こうした規制強化による射幸性の低下は、依存症問題の解決策と目される一方、“遊技者離れ”を引き起こす可能性が指摘されており、パチンコホール経営

2018年12月26日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

人手不足に対する企業の動向調査(2018年10月)

2018/11/21人手不足に対する企業の動向調査(2018年10月)企業の52.5%が正社員不足、過去最高を更新〜 正社員は3業種が7割超の企業で不足、非正社員は「飲食店」で高水準が続く 〜はじめに9月の有効求人倍率は依然として高水準で推移し、労働需給はひっ迫度を増している。人手不足が深刻さを増すなか、人件費上昇は企業収益にも悪影響を及ぼし始めており、各社は生産性の向上などによるコスト削減に追われている。人手不足倒産の件数も2018年度上半期(4〜9月期)は年度通期で100件を超えた2017年

2018年12月25日帝国データバンク★フィードバック数:0ビジネス

2019年「周年記念企業」調査

2018/11/272019年「周年記念企業」調査2019年の「周年記念企業」、全国に14万1550社〜 創業100周年企業は、川崎汽船、オリンパスなど1686社判明 〜はじめに来る2019年は平成最後の年。平成元年に創業した企業は30周年の節目を迎えることとなる。また、東名高速道路が全線開通した1969年(昭和44年)に創業した企業は50周年を、第一次世界大戦終結から間もない1919年(大正8年)に創業した企業は100周年を、それぞれ迎える。帝国データバンクでは2019年に創業から節目の年を迎

2018年12月20日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業財務分析調査(2018年)

2018/12/11全国企業財務分析調査(2018年)売上高経常利益率、リーマン・ショック後最高〜 自己資本比率は26.4%、7年連続で積み増し続く 〜はじめに2017年度の企業決算は、景気の緩やかな回復による設備投資の増加や消費者購買意欲の高付加価値製品シフト、訪日外国人観光客の増加によるインバウンド消費の拡大などで、総じて増収増益傾向で推移。一部では過去最高利益を計上した企業も見られた。他方、国内では深刻化する人手不足に加え、最低賃金の改訂も加わって人件費負担が増加。ガソリンなど燃料価格のほ

2018年12月13日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

TDB景気動向調査2018年10月

2018/11/5TDB景気動向調査 −2018年10月調査結果−2018年11月5日、帝国データバンクでは「TDB景気動向調査」のプレスリリースを行いました。景気DIが2カ月連続で悪化、国内景気は弱含み 〜 原油高と人手不足でコスト負担が増大 〜詳細はPDFをご確認ください※次回発表予定「TDB景気動向調査2018年11月調査結果」の発表は、12月5日を予定しています。 お問い合わせ先株式会社帝国データバンク データソリューション企画部 産業データ分析課TEL: 03-5775-3163E-m

2018年11月19日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

最低賃金改定に関する企業の意識調査(2018年)

2018/10/15最低賃金改定に関する企業の意識調査(2018年)採用時の最低時給は975円、最低賃金を101円上回る〜 企業の8割で賃上げ実施に加え、4割超で給与体系見直し 〜はじめに2018年10月1日〜中旬にかけて、最低賃金が改定される。2018年度の最低賃金の改定は、政府が「未来投資戦略2018」(成長戦略)や「経済財政運営と改革の基本方針2018」(骨太の方針)などで、年率3%を目途として、全国加重平均1,000円を目指すなかで、最低賃金が時給で決まるようになった2002年度以降で最

2018年10月31日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

TDB景気動向調査-2018年9月調査結果-

2018/10/3TDB景気動向調査 −2018年9月調査結果−2018年10月3日、帝国データバンクでは「TDB景気動向調査」のプレスリリースを行いました。景気DIは0.1ポイント減、足踏み状態続く 〜 災害相次ぎ『北海道』『近畿』が悪化 〜詳細はPDFをご確認ください※次回発表予定「TDB景気動向調査2018年10月調査結果」の発表は、11月5日を予定しています。 お問い合わせ先株式会社帝国データバンク データソリューション企画部 産業データ分析課TEL: 03-5775-3163E-mai

2018年6月2日帝国データバンク★フィードバック数:0ビジネス

人手不足に対する企業の動向調査(2018年4月)

2018/5/24人手不足に対する企業の動向調査(2018年4月)企業の49.2%が正社員不足、4月では過去最高〜 「飲食店」の人手不足は正社員・非正社員とも高水準 〜はじめに2017年度の有効求人倍率が44年ぶりの高水準を記録するなど、労働需給はひっ迫度を増している。こうしたなか、企業においては人件費の上昇などを通じて、収益環境への影響も表れはじめた。また、優秀な人材の確保が難しくなっていることに加え、人手不足にともなう供給制約が日本経済の成長に対する懸念材料となってきた。一方、労働環境は求職

2018年6月2日帝国データバンク★★フィードバック数:0ビジネス

女性社長比率調査(2018年)

2018/5/22女性社長比率調査(2018年)企業の女性社長比率は7.8%〜 都道府県別では、青森県が10.6%でトップ 〜はじめに女性活躍推進法が2016年4月に施行されてから2年あまりが経過した。政府の「すべての女性が輝く社会づくり本部」が掲げる「女性活躍加速のための重点方針2017」では、女性の起業支援の強化が盛り込まれ、「女性起業家等支援ネットワーク」を通じた支援環境の整備などが進む。また、今年1月には女性起業家支援の優良事例を表彰する「女性起業家支援コンテスト(ジョキコン)」が経済産

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ