調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 帝国データバンク

「帝国データバンク」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2018年1月24日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

事業承継に関する山梨県内企業の意識調査(2017年)

2017/12/22事業承継に関する山梨県内企業の意識調査(2017年)事業承継、企業の83.5%が「経営上の問題」と認識〜 事業承継実施、企業の4割で5年後の業績にプラス影響 〜はじめに中小企業庁は、7月に今後5年程度を事業承継支援の集中実施期間とする「事業承継5ヶ年計画」を策定した。日本経済が継続的に発展を続けていくためには、永続的に企業を存続・発展させ、雇用や技術、暖簾(のれん)を後の世代に伝えていくことが必要不可欠といわれる。一方で、経営者の高齢化や後継者難が問題となる場合もしばしば指摘

2018年1月24日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

2017年 山口県 後継者問題に関する企業の実態調査

2017/12/222017年 山口県 後継者問題に関する企業の実態調査後継者不在率76.4%、全国で2番目に高く〜 社長年齢60歳以上で853社、事業承継急がれる 〜はじめに高齢化社会が加速度的に進み、企業が経営を継続するうえで、円滑な事業承継がこれまで以上に大きな課題となっている。これまでに培ってきた技術・ノウハウの次世代への伝承が地方経済の発展に不可欠とされる中で、M&Aやビジネスマッチングなど様々な取り組みが拡がりをみせているが、現状の山口県の後継者問題はどのようになっているのだろうか。

2018年1月24日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

大分県の2018年「周年記念企業」調査

2017/12/22大分県の2018年「周年記念企業」調査大分県内で「周年記念」を迎える企業は1495社〜 「創業100周年」は12社 〜はじめに来る2018年は明治維新から数えて150年を迎える節目の年。政府や地方自治体は、明治以降の日本の歩みを改めて整理し日本の強みを再認識するため、「大政奉還150周年」や「明治150周年」と銘打って様々な記念事業計画を進めている。企業においても節目の年を迎えることは、創業から現在までの歩みを振り返り、魅力や強みを再認識するきっかけとなるだろう。帝国データバ

2018年1月24日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

2017年 島根県 後継者問題に関する企業の実態調査

2017/12/222017年 島根県 後継者問題に関する企業の実態調査後継者不在率72.4%、全国で7番目に高く〜 社長年齢60歳以上で390社、事業承継急がれる 〜はじめに高齢化社会が加速度的に進み、企業が経営を継続するうえで、円滑な事業承継がこれまで以上に大きな課題となっている。これまでに培ってきた技術・ノウハウの次世代への伝承が地方経済の発展に不可欠とされる中で、M&Aやビジネスマッチングなど様々な取り組みが拡がりをみせているが、現状の島根県の後継者問題はどのようになっているのだろうか。

2018年1月24日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

2017年 岡山県 後継者問題に関する企業の実態調査

2017/12/222017年 岡山県 後継者問題に関する企業の実態調査後継者不在率62.5%、改善進まず〜 社長年齢60歳以上で1025社、事業承継急がれる 〜はじめに高齢化社会が加速度的に進み、企業が経営を継続するうえで、円滑な事業承継がこれまで以上に大きな課題となっている。これまでに培ってきた技術・ノウハウの次世代への伝承が地方経済の発展に不可欠とされる中で、M&Aやビジネスマッチングなど様々な取り組みが拡がりをみせているが、現状の岡山県の後継者問題はどのようになっているのだろうか。帝国デ

2018年1月24日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

2017年 鳥取県 後継者問題に関する企業の実態調査

2017/12/222017年 鳥取県 後継者問題に関する企業の実態調査後継者不在率72.6%、全国で6番目に高く〜 社長年齢60歳以上で301社、事業承継急がれる 〜はじめに高齢化社会が加速度的に進み、企業が経営を継続するうえで、円滑な事業承継がこれまで以上に大きな課題となっている。これまでに培ってきた技術・ノウハウの次世代への伝承が地方経済の発展に不可欠とされる中で、M&Aやビジネスマッチングなど様々な取り組みが拡がりをみせているが、現状の鳥取県の後継者問題はどのようになっているのだろうか。

2018年1月24日帝国データバンク★フィードバック数:0ビジネス

「老舗企業」の実態調査(2019年)

2019/1/8「老舗企業」の実態調査(2019年)業歴100年以上の「老舗企業」、全国に約3万3000社〜 「貸事務所」、「清酒製造」などが上位に 〜はじめに“企業長寿大国”である日本。世界と比べて、日本には業歴の長い企業が多く存在し、毎年1000社以上の企業が創業100周年を迎えている。第二次世界大戦といった“戦争”、バブル崩壊やリーマン・ショックなどの“金融・経済危機”、阪神淡路大震災・東日本大震災といった“災害”など、老舗企業には幾多の困難を乗り越えてきた強さがあり、企業理念や経営方針、

2018年1月24日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

茨城県内の2018年(平成30年)周年記念企業調査

2017/12/22茨城県内の2018年(平成30年)周年記念企業調査2018年の「周年記念企業」、茨城県内に2758社〜 創業100周年企業は、鈴縫工業など25社 〜はじめに来る2018年(平成30年)は明治維新から数えて150年を迎える節目の年。政府や地方自治体は、明治以降の日本の歩みを改めて整理し日本の強みを再認識するため、「大政奉還150周年」や「明治150周年」と銘打って様々な記念事業計画を進めている。企業においても節目の年を迎えることは、創業から現在までの歩みを振り返り、魅力や強みを

2018年1月23日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

2018年(平成30年)に「周年記念」を迎える栃木県内企業の実態調査

2017/12/212018年(平成30年)に「周年記念」を迎える栃木県内企業の実態調査栃木県内で「周年記念」を迎える企業は2095社〜 「創業100周年」は17社、「50周年」は412社 〜はじめに弊社が執筆した「御社の寿命〜あなたの将来は目利き力で決まる!」(中央公論新社刊)の中で、企業の寿命は平均30年・・・という統計数値が紹介されている。産業構造の変化や時代のニーズに対応しながら、事業を永続させる事は、まさに至難の業と云えよう。そのような中で、長寿企業として、アニバーサリーを迎えることは

2018年1月23日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

2018年の景気見通しに対する神奈川県内企業の意識調査

2017/12/212018年の景気見通しに対する神奈川県内企業の意識調査2018年景気は「人手不足」が最大の懸念材料〜 回復局面を見込む企業は4年ぶりに2割超す 〜はじめに2017年12月8日に発表された7-9月期の実質GDP成長率2次速報は前期(4〜6月期)比0.6%増、年率換算で2.5%増と、7四半期連続のプラス成長となった。また、輸出の増加や有効求人倍率の上昇など改善傾向を示す指標も相次いで発表されている。一方で、個人消費は天候不順など一部で足踏み状態がみられているほか、業種や地域では景

2018年1月23日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

後継者問題に関する静岡県内企業の実態調査

2017/12/21後継者問題に関する静岡県内企業の実態調査静岡県内企業、後継者不在率59.1%〜 後継者不在業種「建設業」が最多 〜はじめに中小企業の事業承継が、国家的な問題として認識され始めている。経済産業省の推計によれば、後継者問題等による中小企業の廃業が急増することで、2025年頃までの10年間で約650万人の雇用、約22兆円のGDPが失われる可能性が示唆されている。政府・与党は2018年度の税制改革において、事業承継に関わる税制優遇措置を拡大する方針であるとされ、今後10年近くをかけて

2018年1月23日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

第8回 宮城県内企業のメーンバンク実態調査

2017/12/21第8回 宮城県内企業のメーンバンク実態調査七十七銀行が5割超、シェア僅かに伸ばす〜 上位7行までを地元金融機関が占める 〜はじめに2017年も引き続き、地方銀行の大型再編が注目された1年だった。2月には三重県を経営地盤とする第三銀行と三重銀行が経営統合を発表。3月には近畿で関西アーバン銀行・近畿大阪銀行・みなと銀行の3行が、4月には北陸で第四銀行と北越銀行の2行がそれぞれ経営統合することを発表した。北海道拓殖銀行の経営破たん以降、金融機関同士の経営統合・再編は大手銀行が中心に

2018年1月23日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

清酒メーカーの経営実態調査

2017/12/21清酒メーカーの経営実態調査 海外需要増加も「増収」企業は3年ぶり減少〜 2016年度の清酒メーカートップは「白鶴酒造」、8位の「旭酒造」は前年度比6割超の大幅増収 〜はじめに「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録され、ヘルシーさなどから世界的に人気が高まるなか、海外では和食にマッチする日本独自の酒類として「日本酒」が注目されている。長期的な人口減少や嗜好の多様化により国内需要が伸び悩むなか、和食ブームに乗り海外への輸出量が増加。2016年における清酒輸出額は155億円にのぼり、

2018年1月23日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

後継者問題に関する長野県内企業の実態調査

2017/12/20後継者問題に関する長野県内企業の実態調査県内企業の3分の2近くが後継者不在〜 現社長が同族継承で就任した企業では7割以上に及ぶ 〜はじめに中小企業の事業承継が国家的な問題に浮上している。経済産業省の推計によれば、後継者問題などによる中小企業の廃業が急増することで、2025年頃までの10年間で約650万人の雇用、約22兆円のGDPが失われる可能性が示唆されている。政府・与党は2018年度の税制改革において、事業承継に関わる税制優遇措置を拡大する方針であるとされ、今後10年近くを

2018年1月23日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

2018年山形県内「周年記念企業」調査

2017/12/202018年山形県内「周年記念企業」調査2018年の「周年記念企業」、山形県内に1,548社〜 創業100周年企業は19社、同160周年も1社判明 〜はじめに来る2018年は明治維新から数えて150年を迎える節目の年。政府や地方自治体は、明治以降の日本の歩みを改めて整理し日本の強みを再認識するため、「大政奉還150周年」や「明治150周年」と銘打って様々な記念事業計画を進めている。企業においても節目の年を迎えることは、創業から現在までの歩みを振り返り、魅力や強みを再認識するきっ

2018年1月23日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

京都府内の2018年「周年記念企業」実態調査

2017/12/19京都府内の2018年「周年記念企業」実態調査2018年の「周年記念企業」、京都府に2818社〜 創業100周年企業は、メテックなど36社判明 〜はじめに来る2018年は明治維新から数えて150周年を迎える節目の年。政府や地方自治体は、明治以降の日本の歩みを改めて整理し日本の強みを再認識するため、「大政奉還150周年」や「明治150周年」と銘打って様々な記念事業計画を進めている。企業においても節目の年を迎えることは、創業から現在までの歩みを振り返り、魅力や強みを再認識するきっか

2018年1月23日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

2017年 後継者問題に関する埼玉県内企業の実態調査

2017/12/192017年 後継者問題に関する埼玉県内企業の実態調査後継者不在が71.3%〜 埼玉県の後継者不在率は全国8番目に高い水準 〜はじめに中小企業の事業承継が国家的な問題として認識され始めている。経済産業省の推計によれば、後継者問題等による中小企業の廃業が急増することで、2025年頃までの10年間で約650万人の雇用、約22兆円のGDPが失われる可能性が示唆されている。政府・与党は2018年度の税制改革において、事業承継に関わる税制優遇措置を拡大する方針であるとされ、今後10年近く

2018年1月23日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

2018年近畿地区「周年記念企業」実態調査

2017/12/192018年近畿地区「周年記念企業」実態調査2018年の「周年記念企業」は近畿地区で2万1757社〜 うち上場企業は70社、100周年は245社 〜はじめに来る2018年は明治維新から数えて150年を迎える節目の年。政府や地方自治体は、明治以降の日本の歩みを改めて整理し日本の強みを再認識するため、「大政奉還150周年」や「明治150周年」と銘打って様々な記念事業計画を進めている。企業においても節目の年を迎えることは、創業から現在までの歩みを振り返り、魅力や強みを再認識するきっか

2018年1月23日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

鳥取県 メーンバンク実態調査(2017年)

2017/12/19鳥取県 メーンバンク実態調査(2017年)トップの山陰合同銀行、シェア48.62%〜 ランキング、上位15位に変動なし 〜はじめに2016年2月にマイナス金利政策が導入されて以降、地方経済を支える金融機関を取り巻く環境は予想以上の逆風が続いている。金融庁が2017年10月に公表した「金融レポート」で、2017年3月期末時点で、すでに半数以上の地銀で本業が赤字に陥り、収益悪化が顕著になったことが示された。近い将来、少子高齢化の加速とともに都市部への人口流出・集中する傾向が強まり

2018年1月23日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

第10回 多摩地区企業のメーンバンク実態調査

2017/12/19第10回 多摩地区企業のメーンバンク実態調査多摩信金がシェア22.97%で、9年連続の首位〜 シェア増加率首位も、多摩信金 〜はじめに帝国データバンクは、2017年11月末時点の企業概要ファイル「COSMOS2」(147万社)に収録されている多摩地区企業(2万7261社)がメーンバンクと認識している金融機関について抽出し、集計した。調査対象は全業種全法人で、個人経営も含む。同調査は2016年12月に続き、今回で10回目。■本調査は「COSMOS2」に収録されている企業のデータ

2018年1月19日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

2017年 広島県 後継者問題に関する企業の実態調査

2017/12/182017年 広島県 後継者問題に関する企業の実態調査後継者不在率73.4%、全国で5番目に高く〜 社長年齢60歳以上で1726社、事業承継急がれる 〜はじめに少子高齢化社会が加速度的に進み、企業が経営を継続するうえで、円滑な事業承継がこれまで以上に大きな課題となっている。これまでに培ってきた技術・ノウハウの次世代への伝承が地方経済の発展に不可欠とされる中で、M&Aやビジネスマッチングなど様々な取り組みが拡がりをみせているが、現状の広島県の後継者問題はどのようになっているのだろ

2018年1月19日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

島根県 メーンバンク実態調査(2017年)

2017/12/18島根県 メーンバンク実態調査(2017年)トップの山陰合同銀行、シェア6割超〜 上位15位中、7つの金融機関がシェアを拡大 〜はじめに2016年2月にマイナス金利政策が導入されて以降、地方経済を支える金融機関を取り巻く環境は予想以上の逆風が続いている。金融庁が2017年10月に公表した「金融レポート」で、2017年3月期末時点で、すでに半数以上の地銀で本業が赤字に陥り、収益悪化が顕著になったことが示された。近い将来、少子高齢化の加速とともに都市部への人口流出・集中する傾向が強

2018年1月19日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

第15回兵庫県メーンバンク調査

2017/12/18第15回兵庫県メーンバンク調査メガバンクシェアは5年連続減少〜 シェア拡大幅トップは但陽信金 〜はじめに近年、日本銀行のマイナス金利政策による貸出金利低下や人口減少のほか、フィンテックなどの技術革新を通じた異業種の金融分野進出による新たな金融競争の発生などにより、地域金融機関にも再編の波が押し寄せている。兵庫県内では、3月にみなと銀行が、大阪を基盤とする関西アーバン銀行と近畿大阪銀行との3行間で経営統合することを発表した。これを契機に、県内11信用金庫の経営統合についても再燃

2018年1月19日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

第7回 福島県内企業のメーンバンク実態調査

2017/12/18第7回 福島県内企業のメーンバンク実態調査東邦銀行、シェア4割でトップ〜 上位4行を地元金融機関が占め、シェア6割強 〜はじめに2017年も引き続き、地方銀行の大型再編が注目された1 年だった。2 月には三重県を経営地盤とする第三銀行と三重銀行が経営統合を発表。3月には近畿で関西アーバン銀行・近畿大阪銀行・みなと銀行の3行が、4月には北陸で第四銀行と北越銀行の2行がそれぞれ経営統合することを発表した。北海道拓殖銀行の経営破たん以降、金融機関同士の経営統合・再編は大手銀行が中心

2018年1月18日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

神奈川県内の2018年「周年記念企業」調査

2017/12/15神奈川県内の2018年「周年記念企業」調査2018年の「周年記念企業」、神奈川県内に6,727社〜 「創業100周年」は33社、17年比6社増 〜はじめに来る2018年は明治維新から数えて150年を迎える節目の年。政府や地方自治体は、明治以降の日本の歩みを改めて整理し日本の強みを再認識するため、「大政奉還150周年」や「明治150周年」と銘打って様々な記念事業計画を進めている。企業においても節目の年を迎えることは、創業から現在までの歩みを振り返り、魅力や強みを再認識するきっか

2018年1月18日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

戌年生まれの神奈川県内企業と社長

2017/12/15戌年生まれの神奈川県内企業と社長戌年生まれの県内企業は5551社、社長は4512人はじめに干支は古代中国の思想で日本でも暦や時間、方角を表すために使われていた。年を数える十二支をわかりやすくして広めようと、絵・文字の形や訓読み、音読みで似ている動物の名前を当てはめた。2018年は十二支では11番目に当たる「戌」だが、日を数えるための十干では5番目に当たる「戊」。丙午(ひのえうま)など60種(還暦は干支・十干の60の組み合わせが一回りしたことを意味する)ある中で35番目の「戊戌

2018年1月18日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

2017年 北陸3県後継者問題に関する企業の実態調査

2017/12/152017年 北陸3県後継者問題に関する企業の実態調査後継者不在率54.2%〜 建設業の不在率59.1%と最大となる 〜はじめに中小企業の事業承継が、国家的な問題として認識され始めている。経済産業省の推計によれば、後継者問題等による中小企業の廃業が急増することで、2025年頃までの10年間で約650万人の雇用、約22兆円のGDPが失われる可能性が示唆されている。政府・与党は2018年度の税制改革において、事業承継に関わる税制優遇措置を拡大する方針であるとされ、今後10年近くをか

2018年1月18日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

山口県 メーンバンク実態調査(2017年)

2017/12/15山口県 メーンバンク実態調査(2017年)トップの山口フィナンシャルグループ、シェア6割超〜 上位20位中、6つの金融機関がシェアを拡大 〜はじめに2016年2月にマイナス金利政策が導入されて以降、地方経済を支える金融機関を取り巻く環境は予想以上の逆風が続いている。金融庁が2017年10月に公表した「金融レポート」で、2017年3月期末時点で、すでに半数以上の地銀で本業が赤字に陥り、収益悪化が顕著になったことが示された。近い将来、少子高齢化の加速とともに都市部への人口流出・集

2018年1月17日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

岡山県 メーンバンク実態調査(2017年)

2017/12/14岡山県 メーンバンク実態調査(2017年)トップの中国銀行、シェア47.32%に拡大〜 上位20位中、11の金融機関がシェアを拡大 〜はじめに2016年2月にマイナス金利政策が導入されて以降、地方経済を支える金融機関を取り巻く環境は予想以上の逆風が続いている。金融庁が2017年10月に公表した「金融レポート」で、2017年3月期末時点で、すでに半数以上の地銀で本業が赤字に陥り、収益悪化が顕著になったことが示された。近い将来、少子高齢化の加速とともに都市部への人口流出・集中する

2018年1月17日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

神奈川県下メーンバンク調査(2017年)

2017/12/14神奈川県下メーンバンク調査(2017年)横浜銀行が20.6%でトップ、6年連続でシェアを拡大〜 メガ離れ進み、横浜信金が三井住友銀を逆転 〜はじめに2017年も引き続き、地方銀行の大型再編が相次いで発表された1年だった。2月には三重県を経営地盤とする第三銀行と三重銀行が経営統合を発表。3月には近畿で関西アーバン銀行・近畿大阪銀行・みなと銀行の3行が、4月には北陸で第四銀行と北越銀行の2行がそれぞれ経営統合することを発表した。北海道拓殖銀行の経営破たん以降、金融機関同士の経営統

2018年1月17日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2018年の景気見通しに対する企業の意識調査

2017/12/142018年の景気見通しに対する企業の意識調査2018年景気は「人手不足」が最大の懸念材料〜 回復局面を見込む企業は4年ぶりに2割超す 〜はじめに2017年12月8日に発表された7-9月期の実質GDP成長率2次速報は前期(4〜6月期)比0.6%増、年率換算で2.5%増と、7四半期連続のプラス成長となった。また、輸出の増加や有効求人倍率の上昇など改善傾向を示す指標も相次いで発表されている。一方で、個人消費は天候不順など一部で足踏み状態がみられているほか、業種や地域では景況感の格差

2018年1月17日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

第8回 人手不足に対する愛知県企業の動向調査

2017/12/13第8回 人手不足に対する愛知県企業の動向調査正社員「不足」51.9%、過去最高を更新〜 「建設」「運輸・倉庫」で約7割、「製造」は初の5割超 〜はじめに有効求人倍率の上昇や失業率の低下など労働市場が逼迫するなかで、求職者側では明るい材料となっている。一方で、企業は人手不足の状態が続くことで人件費上昇などコスト負担の高まりに直面、今後の景気回復に足かせにもなりかねない。こうしたなか、人口減少と産業構造の変化によって働き手の奪い合いが生じており、アベノミクスの成長戦略を進めていく

2018年1月17日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

人手不足に対する長野県内企業の動向調査(2017年10月)

2017/12/13人手不足に対する長野県内企業の動向調査(2017年10月)正社員の「不足」、2期連続で過去最高を更新〜 2017年は正社員・非正社員とも「不足」が高水準で推移 〜はじめに企業の人手不足感が強くなっている。依然として景況感の改善基調が続いているが、増加する業務量に対応する人的体制の構築に苦慮する企業も出てきている。長野労働局が先月まとめた「最近の雇用情勢(2017年10月分)」によると、長野県の有効求人倍率は1.69倍と、4カ月連続で1.6倍を突破。高い有効求人倍率は求職者にと

2018年1月17日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

中国地方 メーンバンク実態調査(2017年)

2017/12/12中国地方 メーンバンク実態調査(2017年)広島銀行が8年連続のトップ、シェア15.71%に拡大〜 ランキング、上位14番目まで変動なし 〜はじめに昨年2月にマイナス金利政策が導入されて以降、地方経済を支える金融機関を取り巻く環境は予想以上の逆風が続いている。金融庁が今年10月に公表した「金融レポート」で、2017年3月期末時点で、すでに半数以上の地銀で本業が赤字に陥り、収益悪化が顕著になったことが示された。近い将来、少子高齢化の加速とともに都市部への人口流出・集中する傾向が

2018年1月17日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

広島県 メーンバンク実態調査(2017年)

2017/12/12広島県 メーンバンク実態調査(2017年)トップの広島銀行、シェア36.85%に拡大〜 上位20位中、8金融機関がシェアを拡大 〜はじめに昨年2月にマイナス金利政策が導入されて以降、地方経済を支える金融機関を取り巻く環境は予想以上の逆風が続いている。金融庁が今年10月に公表した「金融レポート」で、2017年3月期末時点で、すでに半数以上の地銀で本業が赤字に陥り、収益悪化が顕著になったことが示された。近い将来、少子高齢化の加速とともに都市部への人口流出・集中する傾向が強まり、地

2018年1月17日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

事業承継に関する京都府企業の意識調査(2017年)

2017/12/12事業承継に関する京都府企業の意識調査(2017年)事業承継、企業の69.9%が「経営上の問題」と認識〜 事業承継実施、企業の3割超で5年後の業績にプラス影響 〜はじめに中小企業庁は、7月に今後5年程度を事業承継支援の集中実施期間とする「事業承継5ヶ年計画」を策定した。日本経済が継続的に発展を続けていくためには、永続的に企業を存続・発展させ、雇用や技術、暖簾(のれん)を後の世代に伝えていくことが必要不可欠といわれる。一方で、経営者の高齢化や後継者難が問題となる場合もしばしば指摘

2018年1月16日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

2017年 後継者問題に関する沖縄県企業の実態調査

2017/12/82017年 後継者問題に関する沖縄県企業の実態調査企業の後継者不在は8割余り〜 後継者不在率は全国で1位 〜はじめに中小企業の事業承継が、国家的な問題として認識され始めている。経済産業省の推計によれば、後継者問題等による中小企業の廃業が急増することで、2025年頃までの10年間で約650万人の雇用、約22兆円のGDPが失われる可能性が示唆されている。政府・与党は2018年度の税制改革において、事業承継に関わる税制優遇措置を拡大する方針であるとされ、今後10年近くをかけて、集中的

2018年1月16日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

第8回 千葉県内企業のメーンバンク実態調査

2017/12/8第8回 千葉県内企業のメーンバンク実態調査トップは千葉銀行、初めて40%へ〜 千葉、京葉、千葉興業の地元3行で62.7% 〜はじめに日本銀行のマイナス金利政策により、国内金融機関は貸出金利の低下を招いて経営環境は厳しさを増している。また金融庁は、従来の信用保証・担保依存から「事業性評価」に基づく融資姿勢の転換や、企業の経営支援を重視する「金融仲介機能のベンチマーク」の利用を呼びかけており、今後も「地域密着型金融(リレーションシップバンキング)」の深化が一層求められている。帝国デ

2018年1月16日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国メーンバンク調査(2017年)

2017/12/8全国メーンバンク調査(2017年)9地域中6地域で「地方銀行」がシェアトップ〜「三菱東京UFJ」が9年連続全国首位 〜はじめに2017年も引き続き、地方銀行の大型再編が注目された1年だった。2月には三重県を経営地盤とする第三銀行と三重銀行が経営統合を発表。3月には近畿で関西アーバン銀行・近畿大阪銀行・みなと銀行の3行が、4月には北陸で第四銀行と北越銀行の2行がそれぞれ経営統合することを発表した。北海道拓殖銀行の経営破たん以降、金融機関同士の経営統合・再編は大手銀行が中心になって

2018年1月16日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業の財務分析(2016年度)

2017/12/8全国企業の財務分析(2016年度)建設業の生産性、リーマン前の約3倍〜 人手不足が顕著な小売、運輸・通信業で伸び鈍化 〜はじめに2016年度の決算は、円高の影響から海外売上高が減少する一方で、高採算品へのシフトや資源価格の回復などを背景として増益企業が相次いだ。特に非製造業は、値上げによる収益力アップで減収ながらも過去最高益となった企業が散見された。2012年12月に始まった景気回復局面がついに「いざなぎ景気」を超え、戦後2番目に長い好景気となることが見込まれている。しかし、海

2018年1月15日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

事業承継に関する山形県内企業の意識調査(2017年)

2017/12/7事業承継に関する山形県内企業の意識調査(2017年)事業承継、企業の74.4%が「経営上の問題」と認識〜 計画を進めていない/計画がない理由、「後継者が決まっていない」がトップ 〜はじめに中小企業庁は、7月に今後5年程度を事業承継支援の集中実施期間とする「事業承継5ヶ年計画」を策定した。日本経済が継続的に発展を続けていくためには、永続的に企業を存続・発展させ、雇用や技術、暖簾(のれん)を後の世代に伝えていくことが必要不可欠といわれる。一方で、経営者の高齢化や後継者難が問題となる

2018年1月15日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

2018年に「周年記念」を迎える静岡県内企業の実態調査

2017/12/72018年に「周年記念」を迎える静岡県内企業の実態調査静岡県内で「周年記念」を迎える企業は4,207社〜 「創業100周年」は42社 〜はじめに来る2018年は明治維新から数えて150年を迎える節目の年。政府や地方自治体は、明治以降の日本の歩みを改めて整理し、日本の強みを再認識するため、「明治150周年」と銘打って様々な記念事業計画を進めている。企業においても節目となる年を迎えることは、創業から現在までの歩みを振り返り、魅力や強みを再認識するきっかけとなるだろう。帝国データバン

2018年1月15日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

2018年「周年記念企業」調査(新潟県)

2017/12/72018年「周年記念企業」調査(新潟県)2018年に「周年記念」を迎える企業は、新潟に3162社〜 1918年(大正7年)創業の「100周年」企業は43社 〜はじめに来る2018年は明治維新から数えて150年を迎える節目の年。政府や地方自治体は、明治以降の日本の歩みを改めて整理し日本の強みを再認識するため、「大政奉還150周年」や「明治150周年」と銘打って様々な記念事業計画を進めている。企業においても節目の年を迎えることは、創業から現在までの歩みを振り返り、魅力や強みを再認識

2018年1月15日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

第9回大阪府下メーンバンク調査

2017/12/7第9回大阪府下メーンバンク調査三菱東京UFJが6年連続首位、三井住友は4業種でトップ〜 大阪北地区では北おおさか信金が初の首位 〜はじめに北海道拓殖銀行の経営破たん以降、金融機関同士の経営統合・再編は大手銀行が中心になって行われてきた。近年は日本銀行のマイナス金利政策による貸出金利低下や人口減少のほか、フィンテックなどの技術革新を通じた異業種の金融分野進出による新たな金融競争の発生などにより、地域金融機関にも業界再編の波が押し寄せている。2月には三重県を経営地盤とする第三銀行と

2018年1月15日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

事業承継に関する栃木県内企業の意識調査(2017年)

2017/12/6事業承継に関する栃木県内企業の意識調査(2017年)事業承継が「経営上の問題」、県内企業の72.7%〜 実際に計画を進めている企業は23.6%にとどまる 〜はじめに事業承継が企業経営の大きな課題といわれて久しい。弊社が行った栃木県内企業の「休廃業・解散」動向調査(2016年)によれば、実に1年間で592社もの企業が消滅していたことが確認されている。これは県内企業の2.7%にあたり、その多くを占めるのが「後継者不在」による休廃業であり、決して看過できない状況と捉えられよう。中小企

2018年1月15日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

2017年 中国地方 後継者問題に関する企業の実態調査

2017/12/62017年 中国地方 後継者問題に関する企業の実態調査後継者不在率70.6%、全国9エリアで2番目に高く〜 都道府県別、山口が2位、広島が5位、鳥取が6位、島根が7位に 〜はじめに高齢化社会が加速度的に進み、企業が経営を継続するうえで、円滑な事業承継がこれまで以上に大きな課題となっている。これまでに培ってきた技術・ノウハウの次世代への伝承が地方経済の発展に不可欠とされる中で、M&Aやビジネスマッチングなど様々な取り組みが拡がりをみせているが、中国地方の後継者問題はどのようになっ

2018年1月15日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

2017年 後継者問題に関する道内企業の実態調査

2017/12/62017年 後継者問題に関する道内企業の実態調査後継者不在率74.0%、全国9地域中、最も高い水準に〜 道内地域別では14地域中7地域で不在率が上昇 〜はじめに中小企業の事業承継が、国家的な問題として認識され始めている。経済産業省の推計によれば、後継者問題等による中小企業の廃業が急増することで、2025年頃までの10年間で約650万人の雇用、約22兆円のGDPが失われる可能性が示唆されている。政府・与党は2018年度の税制改革において、事業承継に関わる税制優遇措置を拡大する方針

2018年1月15日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

山口県 人手不足に対する企業の意識調査(2017年10月)

2017/12/5山口県 人手不足に対する企業の意識調査(2017年10月)正社員の人手不足53.5%、過去10年で2番目に高く〜 業種別、「運輸・倉庫」で8割占める 〜はじめに12月1日に総務省統計局が発表した労働力調査(2017年10月分・速報)によると、就業者数は6581万人で、前年同月に比べて61万人増え、58ヵ月連続で増加した。正規の職員・従業員数は3485万人で、前年同月に比べて68万人増えた。前年同月を上回るのは35ヵ月連続となった。また、非正規の職員・従業員数は2041万人で、2

2018年1月15日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

山陰地方 人手不足に対する企業の意識調査(2017年10月)

2017/12/5山陰地方 人手不足に対する企業の意識調査(2017年10月)正社員の人手不足38.8%、過去10年で2番目に高く〜 業種別、「サービス」で8割に 〜はじめに12月1日に総務省統計局が発表した労働力調査(2017年10月分・速報)によると、就業者数は6581万人で、前年同月に比べて61万人増え、58ヵ月連続で増加した。正規の職員・従業員数は3485万人で、前年同月に比べて68万人増えた。前年同月を上回るのは35ヵ月連続となった。また、非正規の職員・従業員数は2041万人で、2ヵ月

2018年1月15日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

広島県 人手不足に対する企業の意識調査(2017年10月)

2017/12/5広島県 人手不足に対する企業の意識調査(2017年10月)正社員の人手不足50%、過去10年で最も高く〜 業種別、「運輸・倉庫」「建設」で顕著に 〜はじめに12月1日に総務省統計局が発表した労働力調査(2017年10月分・速報)によると、就業者数は6581万人で、前年同月に比べて61万人増え、58ヵ月連続で増加した。正規の職員・従業員数は3485万人で、前年同月に比べて68万人増えた。前年同月を上回るのは35ヵ月連続となった。また、非正規の職員・従業員数は2041万人で、2ヵ月

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ