調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 帝国データバンク

「帝国データバンク」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年8月7日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

2012年~2014年IPO企業の業績動向調査

2015/8/62012年〜2014年IPO企業の業績動向調査上場直後に3割が減益〜 投資家の不信裏付け 〜はじめに2015年4月、日経平均株価が15年ぶりに2万円の大台に回復するなど、株式の売買が活発化している。アベノミクスによる経済政策に加え、円安を背景とした輸出企業の業績回復、2020年の東京オリンピックといった好材料もあり、国内株式市場に対して国内外の投資家から注目が集まっている。国内株式市場の回復は、新規株式上場(IPO)への追い風となり、リーマン・ショック後の2009年からIPO企業

2015年8月3日帝国データバンク★★フィードバック数:0社会/政治

民事再生法を申請した上場118社の追跡調査

2015/8/3民事再生法を申請した上場118社の追跡調査過去15年で再上場1社のみ〜 存続企業も4割にとどまる 〜はじめに民事再生手続き中のスカイマーク(株)(元・東証1部)の支援企業選定が大詰めを迎えている。ANA、デルタという日米の航空大手がスポンサーの座を争う異例の展開は、8月5日に債権者集会が開かれる。新たなスポンサーの下で、将来的な再上場も視野に再建を目指すスカイマーク(株)の動向から当面目が離せない。■帝国データバンクは、2000年4月の民事再生法施行後に同法を申請した上場会社11

2015年7月30日帝国データバンクフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

玩具関連企業2651社の実態調査

2015/7/30玩具関連企業2651社の実態調査ヒット商品が牽引し、製造・卸は好調〜 小売は恩恵薄く、明暗分かれる 〜はじめに夏休みシーズンに突入し、ファミリー層を中心とした消費動向が注目されている。子供や孫たちの帰省に伴って、各種おもちゃの購買意欲も高まることが予想される。一般社団法人日本玩具協会の調査によれば、2014年度の玩具市場は前年度比約9.0%の伸びを示し、過去10年で最高を記録。「妖怪ウォッチ」や「アナと雪の女王」関連の消費が、市場拡大を牽引したと分析されている。■帝国データバン

2015年7月23日帝国データバンクフィードバック数:0エンタテインメント

出版関連業者の経営動向調査

2015/7/23出版関連業者の経営動向調査総売上高は5年間で1兆2500億円消失〜 大手と中小で出版社の収益状況は2極化 〜はじめに電子書籍の台頭や、活字離れが騒がれるなか、出版業界を取り巻く環境は大きく変化している。大手企業は、こうした変化をビジネスチャンスと捉えデジタルコンテンツの充実を図るなど対策を立てている一方、大半の出版業者は厳しい経営環境を強いられており、老舗出版業者の倒産も散見される。また、今年6月には準大手の出版取次業者である栗田出版販売(株)が民事再生法の適用を申請。同社の倒

2015年7月21日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

東芝グループ国内主要企業の取引先実態調査

2015/7/21東芝グループ国内主要企業の取引先実態調査グループ主要関係会社の取引先、全国に2万2000社〜 東京都が最多、7割超が年商10億円未満 〜はじめに不適切会計問題に揺れる(株)東芝(東証1部)。第三者委員会の調査によって、2009年度以降で組織的に約1518億円にのぼる不正な利益計上が行われていたことなどが認定され、今後の対応や8月に発表予定の2015年3月期の通期決算業績などに注目が集まる。■帝国データバンクでは、自社データベースである企業概要ファイル「COSMOS2」(146万

2015年7月16日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

遊園地・テーマパーク経営企業の実態調査(2014年)

2015/7/16遊園地・テーマパーク経営企業の実態調査(2014年)2014年の収入高合計は前年比約1割増加〜 ハウステンボスV字回復鮮明、地域別では「九州」が伸び率トップ 〜はじめに中国をはじめアジア圏のビザ発給要件の緩和や円安などが寄与し、訪日外国人客が増加するなか、(株)ユー・エス・ジェイは「ハリー・ポッター」エリア開業の効果で14年度の入場者数が1270万人に達し、開業初年度以来13年ぶりに過去最高を更新。今年秋に株式の再上場を計画しており、注目を集めている。経済産業省の特定サービス産

2015年7月14日帝国データバンク★★フィードバック数:0ビジネス

“本業”の現状と今後に対する企業の意識調査

2015/7/14“本業”の現状と今後に対する企業の意識調査創業以来、企業の47.7%が“本業”に変化〜 江戸期以前に創業の企業、“本業”を保ちつつ新分野への挑戦も積極的 〜はじめに経済のグローバル化やサービス化、技術革新・情報化の進展等、企業経営を取り巻く環境の急激な構造変化が進むなか、企業が長期継続する要因として、経営戦略のなかで“本業”をどのように捉えるかが重要となっている。また、成長戦略では、金融機関に対して、融資企業の経営改善や生産性向上、体質強化への取り組みがなされるように、企業の本

2015年7月10日帝国データバンクフィードバック数:0大型消費/投資

「東京都民・八千代・新銀行東京」取引企業実態調査

2015/7/7「東京都民・八千代・新銀行東京」取引企業実態調査3行の取引企業は2万5000社〜 年売上高1〜10億円未満の企業が5割弱 〜はじめに昨年10月、東京都民銀行と八千代銀行は経営統合を目的に、共同持ち株会社「東京TYフィナンシャルグループ」を設立、両行が傘下に入り、新たな金融グループが誕生した。さらに、東京TYフィナンシャルグループは今年6月に、東京都が出資する新銀行東京との2016年4月の経営統合を発表。持ち株会社の「東京TYフィナンシャルグループ」にぶら下がる形になる3行の合併も

2015年6月28日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

静岡県本社移転企業調査

2015/6/23特別企画 : 静岡県本社移転企業調査過去10年間では「転出」が「転入」を上回る〜 転入・転出は東京都・神奈川県・愛知県〜はじめに安倍内閣は、人口急減・超高齢化という今後日本が直面する課題に対し「地方創生」を打ち出し、各地域がそれぞれの特徴を生かした自律的で持続的な社会を創生できるよう、まち・ひと・しごと創生本部を設置。産業や企業が地域の雇用を創出するなど、企業立地動向が人の居住や人の流れといった人口動態に大きな影響を与えることは間違いない。各自治体における企業誘致合戦も激化の一

2015年6月28日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

第6回多摩地区の休廃業・解散動向調査

2015/6/23特別企画 :第6回多摩地区の休廃業・解散動向調査2014年度の休廃業・解散は361件はじめに2014年度(2014年4月〜2015年3月)の多摩地区の企業倒産件数(法的整理、負債1000万円以上)は、209件と対前年度比で25.1%の減少となった。公共工事に支えられ建設業の倒産が大幅に減少したほか、中小企業金融円滑化法の期限到来後も金融機関の支援が継続していることで、倒産の抑制状態が続いた結果である。このように政策的な支援により「倒産」という形で“ハードランディング”した企業が

2015年6月28日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

中国進出に関する愛知県企業の実態調査

2015/6/19特別企画 : 中国進出に関する愛知県企業の実態調査愛知県の中国進出企業は1046社、全国3位〜 「製造」52.2%、全国平均を9.3ポイント上回る 〜はじめに6月3日、LIXILグループ(東証1部上場)は中国で事業を展開する連結子会社の破産に伴い、最大662億円の損失が発生する可能性があると発表した。そのほかでも、中国経済の急減速をきっかけに中国進出企業の損失の発生が目立ってきた。改めて、「チャイナリスク」が意識されるようになり、中国へ進出する日本企業への影響が注目されている。

2015年6月25日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

国内主要112行の預金・貸出金等実態調査

2015/6/25国内主要112行の預金・貸出金等実態調査主要112行の貸出残高21兆2760億円増加〜 地方銀行の利ざや回復は、地方創生が鍵 〜はじめに昨年10月に東京都に本店を構える東京都民銀行(地方銀行)と八千代銀行(第二地方銀行)の経営統合に伴い共同持ち株会社「東京TYフィナンシャルグループ」が誕生。さらに、今月には同グループと東京都などが出資する新銀行東京が2016年4月の統合を目指して協議を進める基本合意を交わしたことが発表された。年々深刻化する少子高齢化を背景に、各方面で地方創生の

2015年6月23日帝国データバンク★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設業界です。

2014年度 主要上場建設会社62社の受注・業績動向調査

2015/6/232014年度 主要上場建設会社62社の受注・業績動向調査売上総利益率10%の大台に〜 リーマン・ショック以来の高水準 〜はじめに上場建設会社の2014年度決算が出揃った。2014年12月に実施した前回調査(2014年度第2四半期業績)では、民間工事に減速感がありつつも、公共工事の増加は続き、売上総利益率は上昇。ゼネコン各社が着実に利益を確保していることが明らかになっている。資材価格の高騰、人手不足等のマイナス要因も存在するなか、ゼネコン各社がどこまで利益水準を高めることができた

2015年6月21日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2014年度長野県内企業売上高ランキング(上位100社・速報)

2015/6/18特別企画 :2014年度長野県内企業売上高ランキング(上位100社・速報)100社の総額は4兆2861億円、3年連続増加〜 伸び率は前年を下回る4.4%、増収企業は59社 〜はじめに一年を通じて、景況感がほぼ堅調さを持続した2013年度に対し、2014年度(2014年4月〜2015年3月)は当初より逆風に見舞われた。4月1日の消費税率引き上げの影響である。従前の駆け込み需要の反動が生じることは当初より想定されていたが、景気回復の受け止め方にバラツキがあったことも重なり、需要減は

2015年6月21日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2014年度福島県内企業の休廃業・解散動向調査

2015/6/18特別企画 : 2014年度福島県内企業の休廃業・解散動向調査「休廃業・解散」は倒産の8.7倍にあたる340件〜 「建設業」大幅増で3年ぶりの前年度比増加に 〜はじめに2014年度の福島県の企業倒産件数(法的整理、負債1000万円以上)は、39件と2年連続で40件を下回った。復興需要に支えられ「建設業」の倒産が減少したほか、中小企業金融円滑化法の期限到来後も金融機関の支援が継続していることで、倒産の抑制状態が続いた結果である。このように政策的な支援により「倒産」という形で“ハード

2015年6月21日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

従業員の健康管理に対する静岡県内企業の意識調査

景気・業界に関する記事はこちらから検索できます 業界調査関連 関連サービス景気・経済動向関連サービス

2015年6月21日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

マイナンバー制度に対する東北6県企業の意識調査

2015/6/12特別企画 : マイナンバー制度に対する東北6県企業の意識調査マイナンバー、「内容を含めて知っている」企業は4割〜 コスト負担は1社平均103万円と想定 〜はじめに全国民に対する税と社会保障の共通番号(マイナンバー)制度が導入されることに先立ち、2015年10月には市区町村から全国民へマイナンバーの通知が開始される。さらに、2016年1月からは、社会保障や税、災害対策の分野での番号の利用が始まる。企業は、2016年以降、税や社会保障の手続きでマイナンバー制度に対応することが求めら

2015年6月21日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

従業員の健康管理に対する企業の意識調査(新潟県)

2015/6/16特別企画 :従業員の健康管理に対する企業の意識調査(新潟県)企業の84.1%が従業員の健康管理対策を実施〜 その一方で、1割弱の企業で過重労働の従業員が存在 〜はじめに労働者の高齢化にともない、従業員の健康管理が企業の重要課題となっている。また、日本再興戦略(成長戦略)で「国民の健康寿命の延伸」が重要施策の1つとして位置づけられているなか、12月に施行される改正労働安全衛生法により、従業員50人以上の事業所においてはいわゆるストレスチェックの実施が義務づけられる(50人未満の事

2015年6月14日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

マイナンバー制度に対する神奈川県内企業の意識調査

2015/6/5特別企画 : マイナンバー制度に対する神奈川県内企業の意識調査マイナンバー制、県内企業の9割超が認識も対応進まず〜 コスト負担は1社平均約114万円と推計〜はじめに全国民に対する税と社会保障の共通番号(マイナンバー)制度が導入されることに先立ち、2015年10月には市区町村から全国民へマイナンバーの通知が開始される。さらに、2016年1月からは、社会保障や税、災害対策の分野での番号の利用が始まる。企業は、2016年以降、税や社会保障の手続きでマイナンバー制度に対応することが求めら

2015年6月14日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

長野県本社移転企業調査

2015/6/10特別企画 :長野県本社移転企業調査過去10年間では「転入」が「転出」の1.36倍〜 移転元・移転先とも「東京都」が他を大きく引き離す 〜はじめに安倍内閣は、人口急減・超高齢化という今後日本が直面する課題に対し「地方創生」を打ち出している。各地域がそれぞれの特徴を生かした自律的・持続的な社会の創生を目指し、まち・ひと・しごと創生本部を設置。産業や企業は地域の雇用創出の源となるため、企業立地動向が人の居住や人の流れといった人口動態に大きな影響を及ぼすことは間違いない。各自治体間にお

2015年6月14日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

北海道の休廃業・解散動向調査

2015/6/8特別企画 : 北海道の休廃業・解散動向調査2014年度の休廃業・解散は1302件、倒産の約5倍〜 休廃業が約7割を占める 〜はじめに2014年度の北海道の企業倒産は275件で、前年度比7.7%減となった。リーマン・ショックの影響が色濃く出た2008年度は494件(休廃業・解散は1593件)で、この時期と比べると2014年度は44.3%の減少になるが、休廃業・解散件数では18.3%の減少に過ぎない。アベノミクス効果もあって景気が回復基調にあるとは言え、業績悪化から立ち直れない企業や

2015年6月11日帝国データバンク★フィードバック数:0ライフスタイル

TDBの調査です。

従業員の健康管理に対する企業の意識調査

2015/6/11従業員の健康管理に対する企業の意識調査1割を超える企業で過重労働の従業員あり、人手不足が拍車〜 企業の84.2%で従業員の健康管理対策を実施 〜はじめに労働者の高齢化にともない、従業員の健康管理が企業の重要課題となっている。また、日本再興戦略(成長戦略)で「国民の健康寿命の延伸」が重要施策の1つとして位置づけられているなか、12月に施行される改正労働安全衛生法により、従業員50人以上の事業所においてはいわゆるストレスチェックの実施が義務づけられる(50人未満の事業所は努力義務)

2015年6月8日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

第3回 中国進出企業の実態調査

2015/6/8第3回 中国進出企業の実態調査中国進出の日本企業は1万3200社〜 円安や中国経済減速で前回調査から1200社減少 〜はじめに6月3日、LIXILグループ(東証1部上場)は、中国で事業を展開する連結子会社の破産に伴い、最大662億円の損失が発生する可能性があると発表した。中国経済の急減速をきっかけに中国進出企業の損失などが目立ちはじめた。改めて「チャイナリスク」が意識されるようになり、中国へ進出する日本企業への影響が注目されている。帝国データバンクは、自社データベース・信用調査報

2015年6月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

岡山県 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査

2015/6/2特別企画 : 岡山県 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査休廃業・解散は477件、倒産件数の5.6倍に〜 代表者年齢、70歳以上が4割超 〜はじめに岡山県の2014年度の企業倒産は、件数が3年連続で減少し、抑制傾向がより鮮明となった。その背景には、中小企業金融円滑化法が終了して2年が経過しても、今なお資金繰りの厳しい状況にある中小企業に対して返済猶予が続いている金融環境がある。公共投資が増加した建設業者をはじめ、円安で業界環境が好転した輸出関連の製造など、幅広い業種で持ち直し

2015年6月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

第8回「円安関連倒産」の動向調査

2015/6/5第8回 「円安関連倒産」の動向調査円安倒産、17カ月連続の前年同月比増加〜 12年半ぶりの125円台突破で、今後のさらなる増加を懸念 〜はじめに6月2日の円相場は一時、約12年半ぶりに1ドル=125円台となり、5月下旬から10日あまりで5円も円安が進んだ。3日以降、こうした急激な動きは一服しているが、短期間で急速に円相場が変動したことで、昨年末から続く円安の影響を受けた関連倒産のさらなる増加が懸念される。帝国データバンクは、2013年1月から2015年5月までの倒産企業(負債10

2015年6月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

島根県 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査

2015/6/2特別企画 : 島根県 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査休廃業・解散は185件、倒産件数の4倍に〜 代表者年齢、70歳以上が4割超 〜はじめに島根県の2014年度の企業倒産は、件数が3年ぶりに上昇したものの、依然として抑制傾向で推移している。その背景には、中小企業金融円滑化法が終了して2年が経過しても、今なお資金繰りの厳しい状況にある中小企業に対して返済猶予が続いている金融環境がある。公共投資が増加した建設業者をはじめ、円安で業界環境が好転した輸出関連の製造など、幅広い業種

2015年6月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

多摩地区企業の2015年度の業績見通しに関する意識調査

2015/6/2特別企画 :多摩地区企業の2015年度の業績見通しに関する意識調査多摩地区企業、アベノミクスは62.9点〜 下振れ懸念で「雇用の悪化」「人手不足」が急増 〜はじめに国内景気は、企業の設備投資意欲の改善で生産関連が堅調に推移しているほか、原油安や円安による外部環境の改善も加わって,消費税率引き上げ後の悪化傾向から脱し、上昇基調の様相をみせている。他方、人手不足による受注機会の喪失は景気拡大を抑制する懸念材料にもなっている。また、規模によって景気動向が業績に与える影響は異なっている。

2015年6月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

山口県 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査

2015/6/2特別企画 : 山口県 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査休廃業・解散は319件、倒産件数の4.3倍に〜 代表者年齢、70歳以上が99件 〜はじめに山口県の2014年度の企業倒産は、件数が2年ぶりに減少し、抑制傾向がより鮮明となった。その背景には、中小企業金融円滑化法が終了して2年が経過しても、今なお資金繰りの厳しい状況にある中小企業に対して返済猶予が続いている金融環境がある。公共投資が増加した建設業者をはじめ、円安で業界環境が好転した輸出関連の製造など、幅広い業種で持ち直し

2015年6月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

神奈川県 本社移転に関する企業調査

2015/5/29特別企画 : 神奈川県 本社移転に関する企業調査05年〜14年、10年間で県内への転入超過780社〜 転入元・転出先ともに、東京都が最多〜はじめに人口の減少と東京への一極集中を背景に、近い将来に地方経済の衰退、自治体の運営不安が起こりうる可能性が現実味を帯びてきている。そこで、第2次安倍内閣では「地方創生」をキーワードに、2014年12月に「まち・ひと・しごと創生総合戦略」を閣議決定し、2015年度から具体的な取り組みを本格化している。その施策の柱に、企業の地方拠点強化税制の創

2015年6月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

マイナンバー制度に対する県内企業の意識調査(千葉)

2015/5/29特別企画 : マイナンバー制度に対する県内企業の意識調査マイナンバー、企業の9割超が認識も対応進まず〜 コスト負担は1社平均81万円と想定 〜はじめに全国民に対する税と社会保障の共通番号(マイナンバー)制度が導入されることに先立ち、2015年10月には市区町村から全国民へマイナンバーの通知が開始される。さらに、2016年1月からは、社会保障や税、災害対策の分野での番号の利用が始まる。企業は、2016年以降、税や社会保障の手続きでマイナンバー制度に対応することが求められているほか

2015年6月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

広島県 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査

2015/5/29特別企画 :広島県 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査休廃業・解散は808件、倒産件数の4.1倍に〜 代表者年齢、70歳以上が4割近くに 〜はじめに広島県の2014年度の企業倒産は、2年ぶりに件数が減少し、抑制傾向がより鮮明となった。その背景には、中小企業金融円滑化法が終了して2年が経過しても、今なお資金繰りの厳しい状況にある中小企業に対して返済猶予が続いている金融環境がある。公共投資が増加した建設業者をはじめ、円安で業界環境が好転した輸出関連の製造など、幅広い業種で持ち

2015年6月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

マイナンバー制度に対する埼玉県内企業の意識調査

2015/6/2特別企画 : マイナンバー制度に対する埼玉県内企業の意識調査マイナンバー、企業の9割超が認識も対応進まず〜 コスト負担は1社平均88万円と想定 〜はじめに全国民に対する税と社会保障の共通番号(マイナンバー)制度が導入されることに先立ち、2015年10月には市区町村から全国民へマイナンバーの通知が開始される。さらに、2016年1月からは、社会保障や税、災害対策の分野での番号の利用が始まる。企業は、2016年以降、税や社会保障の手続きでマイナンバー制度に対応することが求められているほ

2015年6月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

中国地方 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査

2015/5/29特別企画 :中国地方 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査休廃業・解散は1959件、倒産件数の4.7倍に〜 代表者年齢、70歳以上が約4割 〜はじめに中国地方の2014年度の企業倒産は、2年ぶりに件数が減少し、抑制傾向がより鮮明となった。その背景には、中小企業金融円滑化法が終了して2年が経過しても、今なお資金繰りの厳しい状況にある中小企業に対して返済猶予が続いている金融環境がある。公共投資が増加した建設業者をはじめ、円安で業界環境が好転した輸出関連の製造など、幅広い業種で持

2015年6月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

鳥取県 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査

2015/6/2特別企画 :鳥取県 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査休廃業・解散は170件、倒産件数の10.6倍に〜代表者年齢、60歳以上が3年連続で7割超〜はじめに鳥取県の2014年度の企業倒産は、件数が2年連続で減少し、抑制傾向がより鮮明となった。その背景には、中小企業金融円滑化法が終了して2年が経過しても、今なお資金繰りの厳しい状況にある中小企業に対して返済猶予が続いている金融環境がある。公共投資が増加した建設業者をはじめ、円安で業界環境が好転した輸出関連の製造など、幅広い業種で持

2015年6月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

マイナンバー制度に対する山梨県内企業の意識調査

2015/6/5特別企画 : マイナンバー制度に対する山梨県内企業の意識調査マイナンバー、企業の9割超が認識も対応進まず〜 法人番号制度を認識していない企業は4割超 〜はじめに全国民に対する税と社会保障の共通番号(マイナンバー)制度が導入されることに先立ち、2015年10月には市区町村から全国民へマイナンバーの通知が開始される。さらに2016年1月からは、社会保障や税、災害対策の分野での番号の利用が始まる。企業は2016年以降、税や社会保障の手続きでマイナンバー制度に対応することが求められている

2015年6月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

マイナンバー制度に対する群馬県内企業の意識調査

2015/6/3マイナンバー制度に対する群馬県内企業の意識調査マイナンバー制度、県内企業の9割超が認識するも対応進まず〜 法人番号制度は県内企業の4割が認知せず 〜はじめに全国民に対する税と社会保障の共通番号(マイナンバー)制度が導入されることに先立ち、2015年10月には市区町村から全国民へマイナンバーの通知が開始される。さらに、2016年1月からは、社会保障や税、災害対策の分野での番号の利用が始まる。企業は、2016年以降、税や社会保障の手続きでマイナンバー制度に対応することが求められている

2015年6月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

東北6県「休廃業・解散」動向調査(2014年度)

2015/5/29特別企画 : 東北6県「休廃業・解散」動向調査(2014年度)「休廃業・解散」は倒産の4.5倍にあたる1635件〜 3年連続で減少、「建設業」に増加の兆し 〜はじめに2014年度の東北6県の企業倒産件数(法的整理、負債1000万円以上)は、362件と3年連続で400件を下回った。復興需要に支えられ「建設業」の倒産が減少したほか、中小企業金融円滑化法の期限到来後も金融機関の支援が継続していることで、倒産の抑制状態が続いた結果である。このように政策的な支援により「倒産」という形で“

2015年6月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

マイナンバー制度に対する企業の意識調査(新潟県)

2015/6/2特別企画 :マイナンバー制度に対する企業の意識調査(新潟県)マイナンバー、企業の9割超が認識も対応進まず〜 コスト負担は1社平均72万円と想定 〜はじめに全国民に対する税と社会保障の共通番号(マイナンバー)制度が導入されることに先立ち、2015年10月には市区町村から全国民へマイナンバーの通知が開始される。さらに、2016年1月からは、社会保障や税、災害対策の分野での番号の利用が始まる。企業は、2016年以降、税や社会保障の手続きでマイナンバー制度に対応することが求められているほ

2015年5月31日帝国データバンクフィードバック数:0企業情報システム

マイナンバー制度に対する九州企業の意識調査

2015/5/29特別企画 : マイナンバー制度に対する九州企業の意識調査マイナンバー制度への「対応中・完了」企業は2割未満〜 制度内容理解企業は36.5%にとどまる 〜はじめに全国民に対する税と社会保障の共通番号(マイナンバー)制度が導入されることに先立ち、2015年10月には市区町村から全国民へマイナンバーの通知が開始される。さらに、2016年1月からは、社会保障や税、災害対策の分野での番号の利用が始まる。企業は、2016年以降、税や社会保障の手続きでマイナンバー制度に対応することが求められ

2015年5月31日帝国データバンクフィードバック数:0企業情報システム

マイナンバー制度に対する静岡県内企業の意識調査

2015/5/26特別企画 : マイナンバー制度に対する静岡県内企業の意識調査マイナンバー、企業の9割超が認識も対応進まず〜 法人番号制度、企業の4割が認知していない〜はじめに全国民に対する税と社会保障の共通番号(マイナンバー)制度が導入されることに先立ち、2015年10月には市区町村から全国民へマイナンバーの通知が開始される。さらに、2016年1月からは、社会保障や税、災害対策の分野での番号の利用が始まる。企業は、2016年以降、税や社会保障の手続きでマイナンバー制度に対応することが求められて

2015年5月31日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

九州・沖縄地区の「休廃業・解散」動向調査(2014年度)

2015/5/28特別企画 : 九州・沖縄地区の「休廃業・解散」動向調査(2014年度)「休廃業・解散」は「倒産」の4.01倍〜 2年ぶりに増加、8年ぶりに4倍を上回る 〜はじめに2014年度の九州・沖縄地区(以下、九州)の企業倒産件数(法的整理のみ、負債1000万円以上)は、696件と8年ぶりに700件を下回った。公共工事に支えられ建設業の倒産が前年度比3割以上減少したほか、中小企業金融円滑化法の期限到来後も金融機関の支援が継続していることから、倒産の抑制状態が続いた結果である。政策的な支援に

2015年5月31日帝国データバンクフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年度長野県内建設業売上高ランキング(速報)

2015/5/28特別企画 :2014年度長野県内建設業売上高ランキング(速報)上位30社の総売上高は前年度比3.2%増の4136億円〜 増収企業は17社、前年度の29社から4割以上減少 〜はじめにアベノミクスがスタートして以来、景気の牽引役を果たしてきた建設業。それまで、建設業界は市場の縮小が著しく、全産業の中でも特に不況感が強かったが、2013年以降状況は大きく変化した。公共事業の増加、景気回復の広がりに伴う民間需要の拡大、さらに2014年4月の消費増税前の駆け込み需要などを受け市場が活性化

2015年5月31日帝国データバンクフィードバック数:0企業情報システム

中国地方 マイナンバー制度に関する企業の意識調査

2015/5/25特別企画 :中国地方 マイナンバー制度に関する企業の意識調査4月時点、「何も対応していない」が6割超える〜 企業版マイナンバー、「法人番号制度」への理解もこれから 〜はじめに2016年1月に運用の始まるマイナンバー制度。5月21日には、衆院本会議で全国民に対する税と社会保障の共通番号(マイナンバー)の適用範囲を預金口座や予防接種の記録などに広げるマイナンバー法改正案が賛成多数で可決され、6月中に成立する見通しとなるなど、政府では本格運用に向けての準備を進めている。この制度が本格

2015年5月31日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

京都府の休廃業・解散動向調査(2014年度)

2015/5/22特別企画 : 京都府の休廃業・解散動向調査(2014年度)2014年度の「休廃業・解散」は499件〜 前年度比1.6%減、倒産件数の1.9倍 〜はじめに2014年度の京都府の企業倒産件数(法的整理、負債1000万円以上)は、263件と過去10年で最少を記録した。公共工事に支えられ建設業の倒産が大幅に減少したほか、中小企業金融円滑化法の期限到来後も金融機関の支援が継続していることで、倒産の抑制状態が続いた結果である。このように政策的な支援により「倒産」という形で“ハードランディン

2015年5月31日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

埼玉県内上場企業の2014年度決算動向調査

2015/5/25特別企画 : 埼玉県内上場企業の2014年度決算動向調査増収企業が多いものの、増収率は小幅が大半〜 経常利益は減益企業が増益企業を上回る 〜はじめに3月決算企業の決算がほぼ出そろい、大手企業のなかには過去最高売り上げ、最高益を果たしたところもある。金融緩和をはじめとした各種経済政策の効果もあり、企業業績は概ね回復基調で推移しているが、昨年4月の消費増税の影響は思いのほか長引いているとの指摘もある。こうしたなか、埼玉県内上場企業の2014年度決算はどのような結果になったのであろう

2015年5月28日帝国データバンク★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

TDBの調査です。

第2回「新電力会社(特定規模電気事業者、PPS)」の実態調査

2015/5/28第2回「新電力会社(特定規模電気事業者、PPS)」の実態調査駆け込み需要で登録社数が急増〜 電力小売りの自由化に向けて参入企業相次ぐ 〜はじめに東日本大震災以降、再生可能エネルギーの注目度が高まり、「新電力会社(PPS)」事業への新規参入が相次いでいる。特に、2012年7月に再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)が開始され、全国的に太陽光発電所が急拡大した背景がある。さらに、来年4月とされる電力小売りの全面自由化を見据えて新規参入を狙う企業が増えており、電力小売り事業の

2015年5月24日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2014年度長野県内「休廃業・解散」動向調査

2015/5/20特別企画 :2014年度長野県内「休廃業・解散」動向調査長野県内の「休廃業・解散」件数は470件〜 倒産件数の5.5倍、全国の2.7倍を大幅に上回る 〜はじめに倒産の減少が続いている。既報の通り、2014年度(2014年4月〜2015年3月)に県内で集計された倒産(法的整理、負債1000万円以上)は85件となり、前年度を12.4%下回るとともに、3年連続で減少した。2009年度の184件からは53.8%減と半分以下にとどまっている。中小企業金融円滑化法の期限到来後も続く金融機関

2015年5月24日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

マイナンバー制度に対する近畿企業の意識調査

2015/5/22マイナンバー制度に対する近畿企業の意識調査法人番号制度36.1%が認識せず、中小企業へのPRに課題〜 マイナンバー制度への「対応中・完了」企業は2割未満〜はじめに全国民に対する税と社会保障の共通番号(マイナンバー)制度が導入されることに先立ち、2015年10月には市区町村から全国民へマイナンバーの通知が開始される。さらに、2016年1月からは、社会保障や税、災害対策の分野での番号の利用が始まる。企業は、2016年以降、税や社会保障の手続きでマイナンバー制度に対応することが求めら

2015年5月24日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

四国地方 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査

2015/5/15特別企画 : 四国地方 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査2014年度の「休廃業・解散」は「倒産」の5.8倍〜 件数は1126件、高水準が続く 〜はじめに中小企業金融円滑化法が終了して2年が経過、金融庁が継続支援の方向性を示したことにより金融機関の支援姿勢に変化はなく、「倒産の急増」は回避された。アベノミクス効果による景気回復により、大手企業ではリーマン・ショック前の水準まで業績を回復してきている。一方で、借入金の返済猶予を受けてきた企業や代表者が高齢で後継者がいないため

2015年5月24日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

北海道・本社移転企業調査

2015/5/15特別企画 : 北海道・本社移転企業調査2005年〜2014年、道外への転出超過79社〜 2014年は転出超過が最大に 〜はじめに安倍内閣は、人口急減・超高齢化という今後日本が直面する課題に対し「地方創生」を打ち出し、各地域がそれぞれの特徴を生かした自律的で持続的な社会を創生できるよう、まち・ひと・しごと創生本部を設置。産業や企業が地域の雇用を創出するなど、企業立地動向が人の居住や人の流れといった人口動態に大きな鍵を握るといえるだろう。帝国データバンク札幌支店では、2005年から

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ