調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 帝国データバンク

「帝国データバンク」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年5月24日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

「シャープ」取引企業、栃木県内実態調査

2015/5/18特別企画 : 「シャープ」取引企業、栃木県内実態調査「シャープ」取引企業、栃木県内で102社判明〜 同社の動向によっては大きな環境変化も 〜はじめに5月14日に発表された、「シャープ」の中期経営計画の中で、同社は栃木工場(矢板市)の存続を明言した。これにより当面は、生産拠点としての機能を保つ事になり、県内関係者は胸をなで下ろした。しかし、各マスコミの論調は決して安泰というものではなく、再建計画の中では成長戦略が見えてこないとの声も強く、今後に不安を残す内容といわざるを得ない。栃

2015年5月24日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

株式上場意向に関する東海4県企業の意識調査

2015/5/21特別企画 : 株式上場意向に関する東海4県企業の意識調査IPO意向「あり」、前年から2割増加〜 目的は「知名度や信用度の向上」が8割超 〜はじめに2014年の新規株式上場(IPO)は80社とリーマン・ショック後の2009年(19社)から5年連続で増加した。2015年も国内株式市場は取引が活発化し、4月には日経平均株価が約15年ぶりに2万円の大台を回復。国内外の投資家からの注目が高まるなか、2015年のIPO件数も前年を上回ることが期待されている。一方、最近はIPO企業の情報開示

2015年5月19日帝国データバンク★フィードバック数:0企業情報システム

TDBの調査です。

マイナンバー制度に対する企業の意識調査

2015/5/19マイナンバー制度に対する企業の意識調査マイナンバー、企業の9割超が認識も対応進まず〜 コスト負担は1社平均109万円と想定 〜はじめに全国民に対する税と社会保障の共通番号(マイナンバー)制度が導入されることに先立ち、2015年10月には市区町村から全国民へマイナンバーの通知が開始される。さらに、2016年1月からは、社会保障や税、災害対策の分野での番号の利用が始まる。企業は、2016年以降、税や社会保障の手続きでマイナンバー制度に対応することが求められているほか、従業員とその家

2015年5月17日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2015年度の業績見通しに関する山形県内企業の意識調査

2015/5/12特別企画 : 2015年度の業績見通しに関する山形県内企業の意識調査3割弱が「減収減益」、規模間格差拡大への懸念強まる〜 アベノミクスへの企業の評価は100点満点中61.0点 〜はじめに国内景気は、企業の設備投資意欲の改善で生産関連が堅調に推移しているほか、原油安や円安による外部環境の改善も加わり、消費税率引き上げ後の悪化傾向から脱し、上昇基調の様相をみせている。他方、人手不足による受注機会の喪失は景気拡大を抑制する懸念材料ともなっているなか、地域や業界、規模によって景気動向が

2015年5月10日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2015年度の業績見通しに関する山梨県内企業の意識調査

2015/5/8特別企画 : 2015年度の業績見通しに関する山梨県内企業の意識調査企業の4社に1社が「増収増益」を見込む〜 アベノミクスへの企業の評価は100点満点中66.6点 〜はじめに国内景気は、企業の設備投資意欲の改善で生産関連が堅調に推移しているほか、原油安や円安による外部環境の改善も加わり、消費税率引き上げ後の悪化傾向から脱し、上昇基調の様相をみせている。他方、人手不足による受注機会の喪失は景気拡大を抑制する懸念材料ともなっているなか、地域や業界、規模によって景気動向が業績に与える影

2015年5月7日帝国データバンク★フィードバック数:0ビジネス

IPOについての調査です。

株式上場意向に関するアンケート調査

2015/5/7株式上場意向に関するアンケート調査IPO予定市場、「東証マザーズ」が初の半数超え〜 IPOの目的、「優秀な人材の確保」が7割に迫る 〜はじめに2014年の新規株式上場(IPO)は80社と、リーマン・ショック後の2009年(19社)から5年連続で増加した。2015年も国内株式市場は取引が活発化し、4月には日経平均株価が約15年ぶりに2万円の大台を回復。円安を背景に、輸出企業を中心とした業績回復やROE(自己資本利益率)の向上に向けた上場企業の取り組みなどが好材料となり、国内株式市場

2015年5月6日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2015年度 多摩地区企業の雇用動向に関する意識調査

2015/4/282015年度 多摩地区企業の雇用動向に関する意識調査正社員採用「予定あり」が約6割〜 非正社員採用意欲が急上昇 〜はじめに人手不足が深刻化するなか、2014年12月の有効求人倍率は1.15 倍と、1992年3月以来22年9ヵ月ぶりの高水準となった。また、新規学卒者の就職内定率は2014年12月時点で80.3%(大卒)と4年連続で上昇し、リーマン・ショック前の2008年の水準に迫っている。しかし一方で、地域間や業界間、社員・非正社員間などの雇用動向には依然として差異がみられる。帝

2015年5月6日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2015年度の業績見通しに関する千葉県内企業の意識調査

2015/4/242015年度の業績見通しに関する千葉県内企業の意識調査企業の3社に1社が「増収増益」見込み〜 アベノミクスへの企業の評価は100点満点で62.9点 〜はじめに国内景気は、企業の設備投資意欲の改善で生産関連が堅調に推移しているほか、原油安や円安による外部環境の改善も加わり、消費税率引き上げ後の悪化傾向から脱し、上昇基調の様相をみせている。他方、人手不足による受注機会の喪失は景気拡大を抑制する懸念材料ともなっているなか、地域や業界、規模によって景気動向が業績に与える影響は異なってい

2015年5月6日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2015年度の業績見通しに関する企業の意識調査

2015/4/272015年度の業績見通しに関する企業の意識調査(新潟県)4分の1が「増収増益」も、規模間格差への懸念は根強い〜 アベノミクスに対する評価は100点満点中62.5点 〜はじめに国内景気は、企業の設備投資意欲の改善で生産関連が堅調に推移しているほか、原油安や円安による外部環境の改善も加わり、消費税率引き上げ後の悪化傾向から脱し、上昇基調の様相をみせている。他方、人手不足による受注機会の喪失は景気拡大を抑制する懸念材料ともなっているなか、地域や業界、規模によって景気動向が業績に与える

2015年5月6日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2015年度の業績見通しに関する静岡県内企業の意識調査

2015/4/24特別企画 : 2015年度の業績見通しに関する静岡県内企業の意識調査企業の4社に1社が「増収増益」を見込む〜 アベノミクスへの企業の評価は100点満点中63.9点〜はじめに国内景気は、企業の設備投資意欲の改善で生産関連が堅調に推移しているほか、原油安や円安による外部環境の改善も加わり、消費税率引き上げ後の悪化傾向から脱し、上昇基調の様相をみせている。他方、人手不足による受注機会の喪失は景気拡大を抑制する懸念材料ともなっているなか、地域や業界、規模によって景気動向が業績に与える影

2015年5月6日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2015年度の業績見通しに関する長野県内企業の意識調査

2015/4/30特別企画 :2015年度の業績見通しに関する長野県内企業の意識調査「増収増益」が25.2%、前年度から7.2ポイント減少〜 アベノミクスの成果に対する企業の評価は100点満点中63.7点 〜はじめに国内景気は、企業の設備投資意欲の改善で生産が堅調に推移しているほか、原油安や円安による外部環境も改善。消費税率引き上げ後の悪化傾向から脱し、上昇基調の様相をみせている。TDB景気動向調査における景気DIは、全国・長野県とも昨年12月まで下降局面にあったが、今年1月改善に転じ、3月まで

2015年5月6日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2015年度の業績見通しに関する近畿地区企業の意識調査

2015/4/242015年度の業績見通しに関する近畿地区企業の意識調査27.9%が「増収増益」も、規模間格差拡大への懸念強まる〜 アベノミクスへの企業の評価は100点満点中66.1点 〜はじめに国内景気は、企業の設備投資意欲の改善で生産関連が堅調に推移しているほか、原油安や円安による外部環境の改善も加わり、消費税率引き上げ後の悪化傾向から脱し、上昇基調の様相をみせている。他方、人手不足による受注機会の喪失は景気拡大を抑制する懸念材料ともなっているなか、地域や業界、規模によって景気動向が業績に与

2015年5月6日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

広島県 本社移転に関する企業調査

2015/4/27広島県 本社移転に関する企業調査2005年〜2014年、県外への転出超過56社〜 転入元・転出先ともに、東京都が最多 〜はじめに人口の減少と東京への一極集中を背景に、近い将来に地方経済の衰退、自治体の運営不安が起こりうる可能性が現実味を帯びてきている。そこで、第2次安倍内閣では「地方創生」をキーワードに、2014年12月に「まち・ひと・しごと創生総合戦略」を閣議決定し、2015年度から具体的な取り組みを本格化している。その施策の柱に、企業の地方拠点強化税制の創設や移住の相談窓口

2015年5月6日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

岡山県 本社移転に関する企業調査

2015/4/27特別企画 : 岡山県 本社移転に関する企業調査2005年〜2014年、県内への転入超過42社〜 転入元・転出先ともに、広島県が最多 〜はじめに人口の減少と東京への一極集中を背景に、近い将来に地方経済の衰退、自治体の運営不安が起こりうる可能性が現実味を帯びてきている。そこで、第2次安倍内閣では「地方創生」をキーワードに、2014年12月に「まち・ひと・しごと創生総合戦略」を閣議決定し、2015年度から具体的な取り組みを本格化している。その施策の柱に、企業の地方拠点強化税制の創設や

2015年4月30日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

第7回 全国「休廃業・解散」動向調査(2014年度)

2015/4/30特別企画 : 第7回:全国「休廃業・解散」動向調査(2014年度)2014年度の「休廃業・解散」は「倒産」の2.7倍 〜 件数は微減の2万4153件、「休廃業」は増加 〜はじめに2014年度の企業倒産件数(法的整理、負債1000万円以上)は、9044件と8年ぶりに1万件を下回った。公共工事に支えられ建設業の倒産が大幅に減少したほか、中小企業金融円滑化法の期限到来後も金融機関の支援が継続していることで、倒産の抑制状態が続いた結果である。このように政策的な支援により「倒産」という形

2015年4月26日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2015年度の業績見通しに関する東北6県企業の意識調査

2015/4/232015年度の業績見通しに関する東北6県企業の意識調査「増収増益」見通しは23.5%〜 アベノミクスへの評価は61.9点、全国10ブロック別では最低 〜はじめに国内景気は、企業の設備投資意欲の改善で生産関連が堅調に推移しているほか、原油安や円安による外部環境の改善も加わり、消費税率引き上げ後の悪化傾向から脱し、上昇基調の様相をみせている。他方、人手不足による受注機会の喪失は景気拡大を抑制する懸念材料ともなっているなか、地域や業界、規模によって景気動向が業績に与える影響は異なって

2015年4月26日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

長野県女性社長分析

2015/4/22特別企画 : 長野県女性社長分析女性社長比率が高い業種は「サービス」「小売」〜 7割近くが年商「1億円未満」、平均年齢は男性社長を上回る 〜はじめに2014年10月、第1回「すべての女性が輝く社会づくり本部会合」が開催され、「すべての女性が輝く政策パッケージ」が取りまとめられた。同政策パッケージは、女性の活躍を阻むあらゆる課題に挑戦するものであり、“日本最大の潜在力”と位置づけられている「女性の力」を最大限発揮できる活力ある社会を目指すものである。人材活用策として女性の登用を推

2015年4月26日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2015年度の業績見通しに関する九州企業の意識調査

2015/4/202015年度の業績見通しに関する九州企業の意識調査26.1%が「増収増益」も、規模間格差拡大への懸念強まる〜 アベノミクスへの企業の評価は100点満点中64点 〜はじめに国内景気は、企業の設備投資意欲の改善で生産関連が堅調に推移しているほか、原油安や円安による外部環境の改善も加わり、消費税率引き上げ後の悪化傾向から脱し、上昇基調の様相をみせている。他方、人手不足による受注機会の喪失は景気拡大を抑制する懸念材料ともなっているなか、地域や業界、規模によって景気動向が業績に与える影響

2015年4月19日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2015年京都府女性社長分析

2015/4/142015年京都府女性社長分析府内女性社長は全体の7.6%〜 年商規模別では、1億円未満が9.64%でトップ 〜はじめに2014年10月、第1回「すべての女性が輝く社会づくり本部会合」が開催され、「すべての女性が輝く政策パッケージ」が取りまとめられた。同政策パッケージは、女性の活躍を阻むあらゆる課題に挑戦するものであり、“日本最大の潜在力”と位置づけられている「女性の力」を最大限発揮できる活力ある社会を目指すものである。活躍する女性の象徴として最も影響力を持つのが、女性社長ではな

2015年4月19日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

長野県内貨物自動車運送業者の倒産動向調査

2015/4/15長野県内貨物自動車運送業者の倒産動向調査2014年度は6件に急増、過去最多と並ぶ〜 破産申請準備中も3件判明、厳しい経営環境続く 〜はじめに全国的に倒産減少傾向が長期化している。既報の通り、2014年度(2014年4月〜2015年3月)に県内では85件の倒産(法的整理、負債1000万円以上)が発生したが、3年連続の減少となるとともに、比較可能な2005年度(同年度に倒産集計の対象を法的整理に限定)以降の最低を2年続けて更新した。前年度比では12.4%減、この間のピークである20

2015年4月16日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

アパレル関連業者の倒産動向調査

2015/4/8特別企画 : アパレル関連業者の倒産動向調査アパレル小売、円安と消費低迷の板ばさみで悪化 〜 年明け以降は卸・小売とも軟調 〜はじめに2014年度における全体の倒産件数は8年ぶりに1万件を下回った。その一方で、アパレル関連業者にとっては、昨年4月の消費増税に伴う消費低迷や10月末のサプライズ金融緩和以降に急激に進んだ円安など、不安定な経営環境が続く。本格的な消費の回復が遅れるなか、 “不要不急”であるアパレル関連商品の販売動向や関連企業の倒産動向に与える影響が注目されている。 そ

2015年4月14日帝国データバンク★フィードバック数:0ビジネス

TDBの調査です。

2015年度の業績見通しに関する企業の意識調査

2015/4/14特別企画 : 2015年度の業績見通しに関する企業の意識調査3割が「増収増益」も、規模間格差拡大への懸念強まる 〜 アベノミクスへの企業の評価は100点満点中64点 〜はじめに国内景気は、企業の設備投資意欲の改善で生産関連が堅調に推移しているほか、原油安や円安による外部環境の改善も加わり、消費税率引き上げ後の悪化傾向から脱し、上昇基調の様相をみせている。他方、人手不足による受注機会の喪失は景気拡大を抑制する懸念材料ともなっているなか、地域や業界、規模によって景気動向が業績に与え

2015年4月12日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

2015年度の雇用動向に関する山梨県内企業の意識調査

2015/4/32015年度の雇用動向に関する山梨県内企業の意識調査正社員採用予定59.1%、4年連続上昇〜 非正規社員は8年ぶりに5割を上回る 〜はじめに人手不足が深刻化するなか、2014年12月の有効求人倍率は1.15倍と、1992年3月以来22年9カ月ぶりの高水準となった。また、新規学卒者の就職内定率は2014年12月時点で80.3%(大卒)と4年連続で上昇し、リーマン・ショック前の2008年の水準に迫っている。しかし一方で、地域間や業界間、社員・非正社員間などの雇用動向には依然として格差

2015年4月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

東京都・本社移転企業調査

2015/4/7特別企画 : 東京都・本社移転企業調査東京への転入企業増加、都心回帰進む 〜 転出は神奈川・埼玉・千葉へ 〜はじめに安倍内閣は、人口急減・超高齢化という今後日本が直面する課題に対し「地方創生」を打ち出し、各地域がそれぞれの特徴を生かした自律的で持続的な社会を創生できるよう、まち・ひと・しごと創生本部を設置。産業や企業が地域の雇用を創出するなど、企業立地動向が人の居住や人の流れといった人口動態に大きな鍵を握るといえるだろう。 帝国データバンクでは、2005年から2014年の10年間

2015年4月6日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

「円安関連倒産」の動向調査

2015/4/6「円安関連倒産」の動向調査2014年度の円安倒産、前年度の2.2倍に急増 〜 食料品、繊維・アパレル関連の倒産目立つ 〜はじめに昨年3月末に103円前後だった円ドル相場は、この1年で約17円も円安が進んだ。4月2日の円相場は1ドル=119円台半ばにとどまるなど、年明け以降、急速な円安進行には歯止めがかかったものの、依然として円安基調が続いている。この間、各種食料品や繊維・アパレル関係の業者を中心に影響が広がっており、「円安関連倒産」は年度下半期にかけて増加基調を強めている。 帝国

2015年4月5日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

山陰地区 2015年度の雇用動向に関する企業の意識調査

2015/3/27山陰地区 2015年度の雇用動向に関する企業の意識調査正社員「採用ある」63.5%、2年ぶりに6割超える〜 人手不足、企業間格差を助長か 〜はじめに消費税率が8%へ引き上げられてから、まもなく1年を迎えるが、国内消費は持ち直しの動きが強まりつつある。上場企業の2015年3月期決算では7年ぶりに過去最高益を更新する見通しとなるなど、大手の業績回復が鮮明となり、中小企業へも波及しつつある。今年1月の有効求人倍率(季節調整値)は、島根県が1.16倍、鳥取県が1.03倍となった。ともに

2015年4月5日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

2015年度の雇用動向に関する埼玉県内企業の意識調査

2015/3/272015年度の雇用動向に関する埼玉県内企業の意識調査正社員採用、8年ぶりの高水準〜 企業が活用に注力している人材は若者が最多 〜はじめに人手不足が深刻化するなか、2014年12月の全国有効求人倍率は1.15倍と、1992年3月以来22年9カ月ぶりの高水準となった。また、新規学卒者の就職内定率は2014年12月時点で80.3%(大卒)と4年連続で上昇し、リーマン・ショック前の2008年の水準に迫っている。しかし一方で、地域間や業界間、社員・非正社員間などの雇用動向には依然として格

2015年4月5日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

2015年度の雇用動向に関する愛知県企業の意識調査

2015/3/302015年度の雇用動向に関する愛知県企業の意識調査正社員「採用予定ある」64%、2年連続の改善〜 全国を0.5ポイント上回り、大都市圏でトップ、「小売」「運輸・倉庫」で意欲旺盛 〜はじめに人手不足が深刻化するなか、2014年12月の有効求人倍率は1.15倍と1992年3月以来、22年9カ月ぶりの高水準となった。また、新卒者の就職内定率は2014年12月時点で80.3%(大卒)と4年連続で上昇、リーマン・ショック前の2008年の水準に迫っている。しかし一方で、地域間や業界間、社員

2015年4月5日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

2015年度の賃金動向に関する山梨県内企業の意識調査

2015/3/272015年度の賃金動向に関する山梨県内企業の意識調査賃金改善を見込む企業は44.6%で過去最高〜 6割超の企業で総人件費が増加見通し 〜はじめに2014年4月の消費税率引き上げ以降、景気が低調に推移するなか、政府は政労使会議等を通じて賃金の引き上げを要請している。そのため、雇用確保とともにベースアップや賞与(一時金)の引き上げなど、賃金改善の動向はアベノミクスの行方を決定づける要素として注目されている。このようななか、帝国データバンクは、2015年度の賃金動向に関する企業の意識

2015年4月5日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

2015年度の雇用動向に関する長野県内企業の意識調査

2015/4/12015年度の雇用動向に関する長野県内企業の意識調査「採用予定がある」企業、前年とほぼ同水準の63.9%〜 最も注力している人材、「若者」が約4割 〜はじめに帝国データバンクが1月に行った「人手不足に対する長野県内企業の動向調査」によると、現在従業員が「不足している」と回答した企業が正社員については37.6%、非正社員は23.5%となった。特に正社員は前年を4.1ポイント上回っており、有効求人倍率が緩やかな上昇をたどる中で、企業の人手不足感が県内にも及んでいることが窺える。その一

2015年4月5日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2015年神奈川県女性社長分析

2015/3/312015年神奈川県女性社長分析県内女性社長は全体の7.1%〜 年商規模別では、1億円未満が8.48%でトップ〜はじめに2014年10月、第1回「すべての女性が輝く社会づくり本部会合」が開催され、「すべての女性が輝く政策パッケージ」が取りまとめられた。同政策パッケージは、女性の活躍を阻むあらゆる課題に挑戦するものであり、“日本最大の潜在力”と位置づけられている「女性の力」を最大限発揮できる活力ある社会を目指すものである。活躍する女性の象徴として最も影響力を持つのが、女性社長ではな

2015年4月5日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

第4回 青森「休廃業・解散」動向調査(2014年)

2015/3/27第4回:青森「休廃業・解散」動向調査(2014年)2014年の「休廃業・解散」は「倒産」の4.7倍〜青森県、シャッター街加速の兆し〜はじめに「債務者が自主廃業を選択する場合の取引先対応等を含めた円滑な処理等への協力」(金融庁『監督指針』、2011年4月)、「2020 年までに開業率が廃業率を定常的に上回る状態にする」(民主党野田政権下『日本再生戦略』、2012年7月)、「開業率が廃業率を上回る状態にし、米国・英国レベルの開・廃業率10%台を目指す」(自民党安倍政権下『日本再興戦

2015年4月5日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

岡山県 2015年度の雇用動向に関する企業の意識調査

2015/4/1岡山県 2015年度の雇用動向に関する企業の意識調査正社員「採用ある」73.4%、8年ぶりの高水準〜 5年連続の改善も企業間格差を助長か 〜はじめに消費税率が8%へ引き上げられてから1年が過ぎ、国内消費は持ち直しの動きが強まりつつある。上場企業の2015年3月期決算では7年ぶりに過去最高益を更新する見通しとなるなど、大手の業績回復が鮮明となり、中小企業へも波及しつつある。今年2月の岡山県の有効求人倍率(季節調整値)は1.44倍となった。中国5県でトップの倍率で推移し、全国でも8番

2015年4月5日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

2015年度の雇用動向に関する千葉県内企業の意識調査

2015/3/272015年度の雇用動向に関する千葉県内企業の意識調査正社員採用、6年連続で改善〜 非正社員も半数近くが「採用予定あり」 〜はじめに人手不足が深刻化するなか、2014年12月の全国の有効求人倍率は1.15倍と、1992年3月以来22年9カ月ぶりの高水準となった。また、新規学卒者の就職内定率は2014年12月時点で80.3%(大卒)と4年連続で上昇し、リーマン・ショック前の2008年の水準に迫っている。しかし一方で、地域間や業界間、正社員・非正社員間などの雇用動向には依然として格差

2015年4月5日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

2015年度の雇用動向に関する近畿地区企業の意識調査

2015/3/272015年度の雇用動向に関する近畿地区企業の意識調査正社員採用、7年ぶりの高水準〜 深刻化する人手不足が雇用改善を促す 〜はじめに人手不足が深刻化するなか、2014年12月の有効求人倍率は1.15倍と、1992年3月以来22年9カ月ぶりの高水準となった。厚生労働、文部科学両省が3月20日に平成26年度大学卒業予定者の就職内定率が86.7%となったと発表。4年連続で上昇し、リーマン・ショック前の2008年の水準に迫っている。しかし一方で、地域間や業界間、社員・非正社員間などの雇用

2015年4月1日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

第2回 「シャープ」グループの下請企業実態調査

2015/4/1第2回 「シャープ」グループの下請企業実態調査シャープグループ下請先、全国に1万1200社 〜 2012年の前回調査時から800社減少 〜はじめに今年2月、2015年3月期通期連結業績予想を下方修正したシャープ。300億円の黒字予想から一転、2期ぶりの最終赤字転落となる見通しを発表した。5月をメドに公表予定の新中期経営計画に注目が集まるなか、今後のシャープグループの業績動向および再建策の具体的な中身次第では、全国各地の下請企業への影響が懸念される。 帝国データバンクは、企業概要デ

2015年3月29日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

第2回 東北6県リサイクル業 主要100社の最新期業績動向調査

2015/3/26第2回 東北6県リサイクル業 主要100社の最新期業績動向調査100社売上高 前期比11.9%増〜 全6県で増収増益、好調さが浮き彫りに 〜はじめに東日本大震災では、宮城県で1171万トン、岩手県で429万トン、福島県で280万トンと、被災3県で1880万トンもの震災ガレキが発生し(環境省調べ)、2014年3月までにほぼすべての処理を完了した。また、消費税増税前の住宅購入の駆け込みで、解体・産廃処理需要が増加したうえ、アベノミクス効果による円安、スクラップ相場の上昇基調などで廃

2015年3月29日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

熊本県メーンバンク調査

2015/3/24熊本県メーンバンク調査トップは肥後銀行、シェアは6割にせまる〜 上位10行に順位変動なし 〜はじめに2014年11月10日、九州の有力地銀である肥後銀行と鹿児島銀行が、統合に向け交渉していることを正式発表。その4日後には、地銀トップの横浜銀行と、都内に本店を置く東日本銀行が経営統合検討を発表するなど、ここに来て各地で「地銀再編」の機運が高まっている。中小企業からも、資金調達先である金融機関の再編には高い関心が寄せられている。事業承継・廃業支援など政府による「新陳代謝」促進も活発

2015年3月29日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

熊本県 企業倒産予測値グレード分析(2012年~2014年)

2015/3/20熊本県 企業倒産予測値グレード分析(2012年〜2014年)信用リスクの高い企業、熊本県内に850社超〜 構成比27.8%、低下傾向示し全国より低水準 〜はじめに株式会社帝国データバンク熊本支店(以下「TDB」)は、2001年7月から提供している倒産予測値において、算出可能な熊本県内に本社を置く企業のグレード別分布を集計した。倒産予測値は、TDBが保有する企業財務データや信用調査報告書などの定性データを同時に取り込み、1年以内に企業が倒産する確率の予測値を0〜100%の範囲で1

2015年3月29日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

人手不足に対する道内企業の動向調査

2015/3/24人手不足に対する道内企業の動向調査正社員、企業の37.0%で不足感〜 「繊維・繊維製品・服飾品製造」「家電・情報機器小売」などで高い 〜はじめに人口減少が進み産業構造が変化するなか、働き手の奪い合いが生じ、公共事業では入札不調が続くなど円滑な執行ができない状況も生まれている。アベノミクスの成長戦略推進において人手不足がネックとなり、この状態が続くと今後の景気回復の足かせともなりかねない。帝国データバンク札幌支店は、人手不足に対する道内企業の見解について調査を実施した。なお、本調

2015年3月29日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

2015年全国女性社長分析

2015/3/262015年全国女性社長分析女性社長は全体の7.5% 24年連続で前年比増加 〜 都道府県別では、青森県が10.14%でトップ 〜はじめに2014年10月、第1回「すべての女性が輝く社会づくり本部会合」が開催され、「すべての女性が輝く政策パッケージ」が取りまとめられた。同政策パッケージは、女性の活躍を阻むあらゆる課題に挑戦するものであり、“日本最大の潜在力”と位置づけられている「女性の力」を最大限発揮できる活力ある社会を目指すものである。活躍する女性の象徴として最も影響力を持つの

2015年3月22日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

神奈川県内企業の2015年度雇用動向に関する企業の意識調査

2015/3/18神奈川県内企業の2015年度雇用動向に関する企業の意識調査正社員採用予定58.8%、5年連続上昇〜 非正規社員は7年ぶりに採用予定「あり」が「なし」を上回る〜はじめに人手不足が深刻化するなか、2014年12月の有効求人倍率は1.15倍と、1992年3月以来22年9カ月ぶりの高水準となった。また、新規学卒者の就職内定率は2014年12月時点で80.3%(大卒)と4年連続で上昇し、リーマン・ショック前の2008年の水準に迫っている。しかし一方で、地域間や業界間、社員・非正社員間など

2015年3月22日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

2015年度の賃金動向に関する道内企業の意識調査

2015/3/162015年度の賃金動向に関する道内企業の意識調査賃金改善を見込む企業は45.2%〜 賃金改善の内容は、ベア36.4%・賞与21.1% 〜はじめに2014年4月の消費税率引き上げ以降、景気が低調に推移するなか、政府は政労使会議等を通じて賃金の引き上げを要請している。そのため、雇用確保とともにベースアップや賞与(一時金)の引き上げなど、賃金改善の動向はアベノミクスの行方を決定づける要素として注目されている。このようななか、帝国データバンクは、2015年度の賃金動向に関する企業の意識

2015年3月22日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

2015年度の雇用動向に関する九州企業の意識調査

2015/3/192015年度の雇用動向に関する九州企業の意識調査正社員採用、8年ぶりの高水準〜 人手不足感が強い「運輸・倉庫」「サービス」で高い 〜はじめに人手不足が深刻化するなか、2014年12月の有効求人倍率は1.15倍と、1992年3月以来22年9カ月ぶりの高水準となった。また、新規学卒者の就職内定率は2014年12月時点で80.3%(大卒)と4年連続で上昇し、リーマン・ショック前の2008年の水準に迫っている。しかし一方で、地域間や業界間、社員・非正社員間などの雇用動向には依然として格

2015年3月22日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2014年長野県内企業売上高ランキング(速報)

2015/3/182014年長野県内企業売上高ランキング(速報)上位100社の総売上高が6年ぶりに4兆円を突破〜 前年比9.6%増、伸び率は90年以降で最大 〜はじめに2013年以来、企業の景況感は格差の大きさを指摘されながらも回復基調をたどってきたが、2014年には転機が訪れた。4月に消費税率が引き上げられることが決まっていたため、直前に幅広い分野で駆け込み需要が発生。逆に、引き上げ後には反動減に見舞われた業界も多く、その影響は予想以上に長引いた。一方、円安の進行によるコスト高や有効求人倍率上

2015年3月22日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

静岡県社長分析

2015/3/17静岡県社長分析社長の平均年齢は過去最高齢の59.5歳〜 女性社長比率も6.0%と過去最高を記録 〜はじめに2014年の「休廃業・解散」は、740件<帝国データバンク静岡支店『2014年静岡県「休廃業・解散」動向調査』、2月13日発表>。うち経営者の年齢が「70歳以上」の構成比は3年連続で前年を上回ったほか、全体の約1割が「80歳以上」となるなど、経営者の高齢化問題が深刻さを増してきた。自身の高齢化にともない、事業承継するのか、廃業するのか、選択を迫られる経営者は多い。帝国データ

2015年3月22日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

人手不足に対する愛知県企業の意識調査

2015/3/19人手不足に対する愛知県企業の意識調査「正社員が不足」4割、全国を上回る〜 一方「過剰」も増加、人材の移転進まず 〜はじめに人口減少が進んで産業構造が変化するなか働き手の奪い合いが生じ、公共事業では入札不調が続くなど円滑な執行ができない状況も生まれている。アベノミクスの成長戦略推進において人手不足がネックとなり、この状態が続くと今後の景気回復の足かせともなりかねない。帝国データバンク名古屋支店は、人手不足に対する企業の見解について調査を実施した。本調査は、TDB景気動向調査201

2015年3月19日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

防犯・監視カメラ関連業者158社の経営実態調査

2015/3/19防犯・監視カメラ関連業者158社の経営実態調査防犯・監視カメラ関連業者の市場拡大が加速 〜 売上高規模800億円を突破 〜はじめに世界中で頻発するテロや多様化する犯罪。ここ数年、世界的にセキュリティー意識の高まりを見せ、テロや防犯対策の手段として防犯・監視カメラに熱い視線が注がれている。日本でも2020年に開催される東京五輪に向けたセキュリティー対策の強化として、監視カメラの拡充が見込まれる。 こうした市場の拡大予想に合わせ、2月10日にはキヤノンが監視カメラ世界最大手のアクシ

2015年3月17日帝国データバンクフィードバック数:0ライフスタイル

“地場系”ウイスキー&ビール&ワイン実態調査

2015/3/17“地場系”ウイスキー&ビール&ワイン実態調査地ウイスキー、クラフトビール、着実な成長 〜 国内酒類市場は縮小続くも、新興勢力が台頭 〜はじめに若者のハード・リカー離れ、健康志向、第三のビールやプライベート・ブランド商品に象徴される根強い低価格志向。国税庁調べの酒類出荷量(国産+輸入、国税庁調べ)によれば、酒類全体の出荷量は2010年に900万klの大台を割り込んで以来、低迷が続いている。特に、ビール、清酒、焼酎の三大カテゴリーにおいて、その傾向が顕著だ。 しかし、その一方で“地

2015年3月15日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

岡山県 2015年度の賃金動向に関する企業の意識調査

2015/3/11岡山県 2015年度の賃金動向に関する企業の意識調査賃金改善「ある」企業、2年連続でほぼ5割に〜 理由、従業員の定着・確保が重点に 〜はじめにアベノミクス効果で大手企業を中心に業績回復がより鮮明になった2014年度。円安効果と欧米、新興国向けが好調な自動車業界、公共投資の増加による内需拡大が続く建設業界などで業績が急回復している。一方で、2014年4月に消費税率が8%に引き上げられて以降、原材料の高騰などによる値上げなどで、駆け込み需要の反動減が長引き、実質賃金が物価上昇に追い

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ