「新潟県」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2014年12月28日新潟県フィードバック数:0社会/政治

新潟県推計人口(平成26年12月1日現在)

平成26年12月1日現在の県人口は2,312,006人で、前月と比べると 1,051人の減少、前年同月と比べると17,036人の減少となりました。世帯数は880,103世帯で、前月と比べると188世帯の増加、前年同月と比べると5,146世帯の増加となりました。(表1、2、図1)11月1か月間の人口動態は、出生1,243人、死亡2,296人で、差引き 1,053人の自然減となり、転入3,492人(うち県外からの転入1,215人)、転出3,490人(うち県外への転出1,298人)で、差引き2人の社会

2014年12月7日新潟県★フィードバック数:0社会/政治

新潟県のまとめです。

統計データハンドブック(平成26年度)

本文統計表はMicrosoft Excelファイルの形式で掲載されています。ダウンロードしてご利用ください。↓の項目をクリックすると内容が表示されます。統計表その他 新潟県新潟市中央区新光町4番地1 新潟県庁行政庁舎 8時30分から17時15分まで、土日・祝祭日を除く

2014年11月20日新潟県フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年上期工場立地動向調査

平成26年上期工場立地動向調査結果について 平成26年上期工場立地動向調査結果(本県分)をお知らせします。平成26年上期の工場立地は、立地件数、立地面積とも、前年同期に比べ増加しました。≪平成26年上期(1~6月)立地動向調査結果(概要)≫・立地件数 27件(対前年同期比:10件(58.8%)増、全国16位)・立地面積 71.1ha(対前年同期比:46.9ha(193.8%)増、全国13位)年次別、業種別、圏域別等の詳細なデータ表は、以下のファイルをご覧ください。PDFファイルをご覧いただくため

2014年11月2日新潟県フィードバック数:0社会/政治

新潟県推計人口(平成26年10月1日現在)

本文10月1日現在推計人口 平成26年10月1日現在の県人口は2,313,820人で、前月と比べると769人の減少、前年同月と比べると16,977人の減少となりました。世帯数は879,598世帯で、前月と比べると410世帯の増加、前年同月と比べると5,056世帯の増加となりました。(表1、2、図1)9月中の人口動態 9月1か月間の人口動態は、出生1,537人、死亡2,282人で、差引き745人の自然減となり、転入4,456人(うち県外からの転入2,008人)、転出4,480人(うち県外への転出1

2014年9月30日新潟県フィードバック数:0社会/政治

新潟県推計人口(平成26年9月1日現在)

平成26年9月1日現在の県人口は2,314,589人で、前月と比べると858人の減少、前年同月と比べると17,067人の減少となりました。世帯数は879,188世帯で、前月と比べると217世帯の増加、前年同月と比べると5,017世帯の増加となりました。(表1、2、図1)8月1か月間の人口動態は、出生1,409人、死亡2,114人で、差引き705人の自然減となり、転入4,165人(うち県外からの転入1,806人)、転出4,318人(うち県外への転出2,019人)で、差引き153人(うち県外差引き2

2014年9月16日新潟県フィードバック数:0社会/政治

新潟県の平成25年人口動態統計(確定数)の概況

新潟県の平成25年人口動態統計(確定数)の概況を公表します 新潟県の平成25年人口動態統計(確定数)の概況を公表します  厚生労働省大臣官房統計情報部は、「平成25年人口動態統計(確定数)の概況」を、平成25年9月11日に公表しました。この公表内容に基づき、新潟県に住所を有する者に係る人口動態の概要を取りまとめました。〔概要〕 1 出生数出生数は17,066人で、前年より410人減少した。出生率(人口千対)は7.4で前年を0.1ポイント下回った。合計特殊出生率(※)は1.44で、前年を0.01

2014年9月16日新潟県フィードバック数:0社会/政治

新潟県の老年人口(65歳以上)

平成26年9月15日現在の老年人口は66万9千人で、前年に比べて1万6千人、2.5%増加しました。内訳は、男性28万3千人、女性38万6千人で、女性が10万3千人多く、 性比(女性100人に対する男性の数)は73.3で、前年と比べ0.8ポイント上昇しました。(表1) 県人口に占める老年人口の割合は28.9%で、前年に比べて0.9ポイント上昇しました。なお、平成25年10月1日現在の本県の老年人口割合は28.1%で全国の割合の25.1%より3.0ポイント高く、6年程度早く高齢化が進んでいます。※2

2014年8月29日新潟県フィードバック数:0社会/政治

新潟県推計人口(平成26年8月1日現在)

平成26年8月1日現在の県人口は 2,315,447人で、前月と比べると 777人の減少、前年同月と比べると17,220人の減少となりました。世帯数は 878,971世帯で、前月と比べると424世帯の増加、前年同月と比べると4,925世帯の増加となりました。(表1、2、図1)7月1か月間の人口動態は、出生1,437人、死亡2,139人で、差引き702人自然減となり、転入4,635人(うち県外からの転入2,042人)、転出4,710人(うち県外への転出2,085人)で、差引き75人(うち県外差引き

2014年8月1日新潟県フィードバック数:0大型消費/投資

平成25年度本県外国人宿泊数調査

平成25年度の本県外国人宿泊数は93,757泊、対前年度比32.1%の増、22,806泊の増となりました。誘客対象重点地域の宿泊数は49,941泊、対前年度比30.9%の増、11,781泊の増となりました。※誘客対象重点地域:韓国、台湾、中国、ロシア アジア地域 56,821泊(33.6%)ヨーロッパ地域 11,508泊(19.3%)アメリカ地域 7,479泊(△1.2%)オーストラリア 15,419泊(56.9%)その他地域 2,530泊(82.4%)合 計93,757泊(32.1%) 韓 国

2014年8月1日新潟県フィードバック数:0社会/政治

新潟県推計人口(平成26年7月1日現在)

本文平成26年7月1日現在推計人口 平成26年7月1日現在の県人口は2,316,224人で、前月と比べると1,123人の減少、前年同月と比べると17,053人の減少となりました。世帯数は878,547世帯で、前月と比べると187世帯の増加、前年同月と比べると4,850世帯の増加となりました。(表1、2、図1)平成26年6月中の人口動態 6月1か月間の人口動態は、出生1,357人、死亡2,219人で、差引き862人の自然減となり、転入4,037人(うち県外からの転入1,640人)、転出4,298人

2014年7月18日新潟県フィードバック数:0大型消費/投資

平成25年新潟県観光入込客統計

平成25年新潟県観光入込客統計調査結果をお知らせします。 本県の延べ入込客数は、71,602千人で、前年を1.0%上回りました。詳しくは添付ファイルをご覧ください。住所: 950-8570 新潟市中央区新光町4番地1電話:ファクシミリ: 025-211-3533電子メール: ngt150010@pref.niigata.lg.jpこのページに関するお問い合わせは

2014年6月30日新潟県フィードバック数:0社会/政治

新潟県推計人口(平成26年6月1日現在)

本文6月1日現在推計人口 平成26年6月1日現在の県人口は2,317,347人で、前月と比べると1,015人の減少、前年同月と比べると17,028人の減少となりました。世帯数は878,360世帯で、前月と比べると455世帯の増加、前年同月と比べると4,722世帯の増加となりました。(表1、2、図1)5月中の人口動態 5月1か月間の人口動態は、出生1,432人、死亡2,212人で、差引き780人の自然減となり、転入4,113人(うち県外からの転入1,636人)、転出4,348人(うち県外への転出1

2014年6月20日新潟県フィードバック数:0キャリアとスキル

平成26年夏季一時金要求妥結状況

県労政雇用課では、県内民間労働組合260組合を対象として、夏季一時金要求・妥結状況を調査しました。平成26年の要求・妥結状況(8月10日現在の最終集計結果)をお知らせします。8月10日現在で有効回答のあった151組合(回答率58.1%)の状況です。◎平均妥結額は、組合員1人平均で545,942円(2.1か月分) ◎妥結額を25年実績と比較すると、組合員1人平均で+24,200円増(+0.1か月分)5月31日現在で有効回答のあった55組合(回答率21.2%)の状況です。◎平均妥結額は、組合員1人平

2014年5月30日新潟県フィードバック数:0社会/政治

新潟県推計人口(平成26年5月1日現在)

平成26年5月1日現在の県人口は2,318,362人で、前月と比べると 1,765人の増加、前年同月と比べると16,770人の減少となりました。世帯数は877,905世帯で、前月と比べると3,280世帯の増加、前年同月と比べると4,817世帯の増加となりました。(表1、2、図1)4月1か月間の人口動態は、出生1,323人、死亡2,365人で、差引き1,042人の自然減となり、転入10,459人(うち県外からの転入4,992人)、転出7,652人(うち県外への転出3,462人)で、差引き2,807

2014年5月22日新潟県フィードバック数:0社会/政治

平成25年度(25年4月1日~26年3月31日)の新潟空港利用状況

平成25年度(25年4月1日~26年3月31日)の新潟空港利用状況 平成25年度の新潟空港利用状況をお知らせします。[ポイント]○利用者数が平成20年度(1,048,934人)以来5年ぶりに100万人超えを達成・国際情勢等の影響から国際線の利用者数が前年度を下回ったものの、国内線の利用者が大きく増加した。大阪線:上期からの増便や運航機材の大型により利用者数が増加成田線:路線の認知度向上などにより利用者が増加[利用者数]○全体(国内線・国際線) 1,016,771人対前年比 103.1%・国内線8

2014年5月7日新潟県フィードバック数:0社会/政治

新潟県のこどもの数(15歳未満)

新潟県のこどもの数は284,215人(県人口の12.3%)  平成26年4月1日現在の当県のこどもの数は284,215人で、前年に比べて 5,052人減少しました。県人口(平成26年4月1日 現在 2,316,597人)に占めるこどもの数の割合は12.3%で、前年に比べて0.2ポイント低下しました。男女別では、男性が145,799人、女性が138,416人で男性が7,383人多く 、性比(女性100人に対する男性の比率)は105.3で、 前年に比べて0.1ポイント増加しました。年齢階級別にみると

2014年4月30日新潟県フィードバック数:0キャリアとスキル

新潟県賃金労働時間等実態調査結果(平成25年度)

新潟県賃金労働時間等実態調査結果(平成25年度) ◎ 平成25年7月の賃金支給総額は、270,145円(前年に比べ1.2%減少) ◎ 平成25年7月の総実労働時間は、178.6時間(前年に比べ1.0%増加) ◎ 男性の育児休業取得率は1.3%2014年11月25日 「結果の概況(報道発表資料)」: 調査結果のポイント内「育児休業の取得状況」及び別添概況第10表(4ページ)、「Ⅲ 調査結果の分析(本文)」:第35表(38ページ)をそれぞれ訂正しました。PDFファイルをご覧いただくためには、Adob

2014年4月30日新潟県フィードバック数:0社会/政治

新潟県推計人口(平成26年4月1日現在)

平成26年4月1日現在の県人口は2,316,597人で、前月と比べると7,735人の減少、前年同月と比べると15,593人の減少となりました。世帯数は874,625世帯で、前月と比べると298世帯の減少、前年同月と比べると4,904世帯の増加となりました。(表1、2、図1)3月1か月間の人口動態は、出生1,353人、死亡2,446人で、差引き1,093人の自然減となり、転入12,283人(うち県外からの転入5,003人)、転出18,925人(うち県外への転出10,371人)で、差引き6,642人

2014年4月14日新潟県フィードバック数:0社会/政治

2013年度の新潟空港利用状況

平成25年度の新潟空港利用状況をお知らせします。[ポイント]◎国際情勢等の影響から国際線の利用者数が前年を下回ったものの、国内線の利用者数が大きく増加した。全体では約3万人増の1,016,771人(対前年比103.1%)となり、平成20年度(1,048,934人)以来、5年振りに100万人超を達成。【国内線】 大阪線の利用者数が上期からの増便や運航機材の大型化により増加したほか、成田線が路線の認知度向上などにより利用者数を伸ばしたことなどから、国内線全体の利用者数は、前年を5万3千人上回り、86

2014年4月4日新潟県フィードバック数:0ライフスタイル

2013年新潟県農産物直売所調査

「平成25年新潟県農産物直売所調査」の結果がまとまりました 本文「平成25年新潟県農産物直売所調査」の結果がまとまりました 県内の農産物直売所の状況について、平成25年の直売所調査結果がまとまりましたので、お知らせします。調査結果の概要(1)直売所の店舗数及び年間販売額等について店舗数:617箇所 年間販売額:117億30百万円 出荷者数:16,334人前年と比べて、店舗数は22箇所減少したものの、年間販売額で8億71百万円、延べ出荷者数で307人、それぞれ増加(2)販売額別店舗数と構成比につい

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ

お知らせ