調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 日本生産性本部

「日本生産性本部」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年8月5日日本生産性本部★フィードバック数:0マーケティング

2021年度 JCSI(日本版顧客満足度指数)第1回調査結果

2021年度 JCSI(日本版顧客満足度指数)第1回調査結果2021年度 JCSI(日本版顧客満足度指数)第1回調査結果 2021年8月4日 公益財団法人 日本生産性本部 サービス産業生産性協議会(SPRING) サービス産業生産性協議会では、この度、2021年度「JCSI(日本版顧客満足度指数:Japanese Customer Satisfaction Index)」第1回調査として、7業種(飲食、カフェ、携帯電話、銀行、証券、電力小売、)のべ79企業・ブランドの顧客満足度を発表しました。

2020年5月28日日本生産性本部フィードバック数:0ビジネス

生産性レポート Vol.13「産業別労働生産性水準の国際比較 ~米国及び欧州各国との比較~」

生産性レポート Vol.13「産業別労働生産性水準の国際比較 ~米国及び欧州各国との比較~」生産性レポート Vol.13「産業別労働生産性水準の国際比較 ~米国及び欧州各国との比較~」 2020年5月18日 公益財団法人 日本生産性本部 調査研究や提言、実践活動により生産性向上をめざす公益財団法人日本生産性本部は5月18日、「産業別労働生産性水準(2017年)の国際比較」を発表しました。 これは、2018年4月に「産業別労働生産性水準(2015年)の国際比較」として公表した日米独英仏の5カ国比

2019年1月17日日本生産性本部★★フィードバック数:0ビジネス

労働生産性の国際比較2018

日本生産性本部、「労働生産性の国際比較 2018」を公表 日... 日本生産性本部、「労働生産性の国際比較 2018」を公表日本の時間当たり労働生産性は47.5ドル(4,733円)、 OECD加盟36カ国中20位調査研究や提言、実践活動により生産性向上をめざす公益財団法人日本生産性本部(東京都千代田区、会長:茂木 友三郎)は、12月19日、「労働生産性の国際比較 2018」を発表しました。これは、当本部がOECDデータベース等をもとに毎年分析・検証し、公表しているものです。人口減少に伴う生

2018年12月17日日本生産性本部★フィードバック数:0ビジネス

日本の労働生産性の動向2018

2017年度の名目労働生産性は過去最高を更新 「日本の労働生... 2017年度の名目労働生産性は過去最高を更新「日本の労働生産性の動向 2018」を発表公益財団法人日本生産性本部は「日本の労働生産性の動向 2018」を11月9日、発表いたしました。日本の労働生産性は、OECD加盟35カ国中20位(『労働生産性の国際比較』日本生産性本部、2017年)で加盟国平均を下回っており、低迷が続いています。なお、日本生産性本部では、最新の国際比較を12月下旬にとりまとめ、公表する予定です。2017年

2017年12月7日日本生産性本部フィードバック数:0キャリアとスキル

日本の労働生産性の動向 2017年版を発表  ~時間当たり・1人当たり名目労働生産性は過去最高を更新~

日本の労働生産性の動向日本の労働生産性の動向は、日本の生産性の現状や動向について、各種のデータを利用しながら概説したものです。2015年度まであわせて公表していた「労働生産性の国際比較」については、2016年度から別のレポートとして公表しています。2020年度の日本の時間当たり名目労働生産性は4,986円。実質(時間当たり)労働生産性上昇率は前年度比-0.4%。2020年後半は回復に転じたものの、2021年に入って再び低迷2020年度の日本の時間当たり名目労働生産性(就業1時間当たり付加価値額)

2014年10月30日日本生産性本部フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

産業別月次生産性統計データ平成26年8月分

生産性に関する統計・各種データ日本生産性本部では、鉱工業分野および主要産業分野の労働生産性(物的労働生産性指数)を月次・四半期・年次ベースで計測し、産業・業種別の効率性をはかる指標として1958年から生産性統計を発表しています。<労働生産性統計(2022年2月実績)について>【2022.04.28】労働生産性統計(2022年2月実績)を更新しました。(2022.04.28)非製造業分野の「ガス」及び「建設業」については5月上旬の公表を予定しています。(2022.04.28)厚生労働省の毎月勤労統

2010年8月17日日本生産性本部フィードバック数:12ライフスタイル

第5回 『メンタルヘルスの取り組み』に関する企業アンケート調査結果

Skip to content約メンタルヘルス相談について〜専門相談機関に行きたい人の10%以上〜2004年の組合生活に関する調査報告書(抜粋)仕事のストレスを「感じる」と答えた人は、メンタルヘルスに関する専門相談機関(医療機関、官民相談機関など)が近くにあるかどうか尋ねた。 「思う」と答えた回答者はわずか13.1%、54.8%は「私は考えていません」、31.7%は「どちらとも言えない」と回答しました(図1)。ストレスを感じても、相談所に行くことに抵抗を感じる人も多いようです。性別では「思う」の

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

特集データ

お知らせ