調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 日本能率協会

「日本能率協会」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年11月8日日本能率協会フィードバック数:0キャリアとスキル

『日本企業の経営課題2021』 調査結果速報【第7弾】 研修・人材育成において重視しているテーマ

『日本企業の経営課題2021』 調査結果速報【第7弾】 研修・人材育成において重視しているテーマ 新入・若手、中堅社員、課長層向けの階層別研修がトップ3。ハラスメント研修も8割超大企業では「女性リーダーの育成」「ダイバーシティの理解」を重視する比率が高めに 一般社団法人日本能率協会(会長:中村正己、JMA)は、企業が抱える経営課題を明らかにし、これからの経営指針となるテーマや施策の方向性を探ることを目的に、1979年から、企業経営者を対象に、「当面する企業経営課題に関する調査」を実施しています。

2021年10月18日日本能率協会フィードバック数:0ビジネス

2021年「ビジネスパーソン1000人調査」【雑談機会と効果】

2021年「ビジネスパーソン1000人調査」【雑談機会と効果】 職場において雑談は自身にとって「プラスである」が8割超 週1日以上テレワークをしている人で「雑談する機会が減った」が5割超 生産性、創造性、人間関係の構築のためにも雑談機会の確保が重要 一般社団法人日本能率協会(JMA、会長:中村正己)は、2013年より全国のビジネスパーソン1000人に対し、職場や仕事に対する考えについて意識調査を行っています。この調査は、働く人びとに焦点を当て、その時々の旬の話題をデータで紹介するシリーズです。今

2020年10月21日日本能率協会フィードバック数:0社会/政治

企業経営者のSDGs認知度は約9割、取り組み実施企業は6割超  『日本企業の経営課題2020』第3弾

企業経営者のSDGs認知度は約9割、取り組み実施企業は6割超... 企業経営者のSDGs認知度は約9割、取り組み実施企業は6割超『日本企業の経営課題2020』第3弾の調査結果を報告一般社団法人日本能率協会(会長:中村 正己、JMA)は、企業が抱える経営課題を明らかにし、これからの経営指針となるテーマや施策の方向性を探ることを目的に、1979年から、企業経営者を対象に、「当面する企業経営課題に関する調査」を実施しています。今年度は2020年7~8月に実施し、532社からの回答を得ました。今回

2020年10月15日日本能率協会フィードバック数:0ビジネス

『日本企業の経営課題2020』 調査結果 【第2弾】 DX(デジタル・トランスフォーメーション)の取り組み状況

ニュースリリース 『日本企業の経営課題2020』 調査結果 【第2弾】 DX(デジタル・トランスフォーメーション)の取り組み状況 5割超の企業がDXの推進・検討に着手済み。大企業では8割超2020/09/24Tweet一般社団法人日本能率協会(会長:中村正己、JMA)は、企業が抱える経営課題を明らかにし、これからの経営指針となるテーマや施策の方向性を探ることを目的に、1979年から、企業経営者を対象に、「当面する企業経営課題に関する調査」を実施しています。今年度は2020年7~8月に実施し、5

2020年10月15日日本能率協会フィードバック数:0ビジネス

『日本企業の経営課題2020』 調査結果 【第1弾】 新型コロナウイルス感染拡大の事業への影響

ニュースリリース 『日本企業の経営課題2020』 調査結果【第1弾】 新型コロナウイルス感染拡大の事業への影響 7割超の企業が現状のビジネスモデルや事業形態を「変更する必要がある」2020/09/14Tweet一般社団法人日本能率協会(会長:中村正己、JMA)は、企業が抱える経営課題を明らかにし、これからの経営指針となるテーマや施策の方向性を探ることを目的に、1979年から、企業経営者を対象に、「当面する企業経営課題に関する調査」を実施しています。今年度は2020年7~8月に実施し、532社か

2020年10月15日日本能率協会★フィードバック数:0ビジネス

『日本企業の経営課題2020』 調査結果 【第3弾】 SDGs の認知度と取り組み状況を報告

ニュースリリース 『日本企業の経営課題2020』 調査結果 【第3弾】 SDGs の認知度と取り組み状況を報告 SDGs の認知度が約9割に。取り組み実施企業は6割超2020/10/01Tweet一般社団法人日本能率協会(会長:中村正己、JMA)は、企業が抱える経営課題を明らかにし、これからの経営指針となるテーマや施策の方向性を探ることを目的に、1979年から、企業経営者を対象に、「当面する企業経営課題に関する調査」を実施しています。今年度は2020年7~8月に実施し、532社からの回答を得ま

2020年4月16日日本能率協会★★フィードバック数:0ビジネス

企業のイノベーション創出と組織活性化に関する実態調査

ニュースリリース 企業のイノベーション創出と組織活性化に関する実態 調査結果 イノベーション能力に優れた組織の特長は何か?2020/04/15Tweet一般社団法人日本能率協会(会長:中村正己、JMA)は、イノベーションの実現と企業組織のあり方の間にどのような関係があるのかを探ることを目的として、立教大学大学院ビジネスデザイン研究科 山中伸彦教授と共同で、「企業のイノベーション創出と組織活性化に関する実態調査」を実施しました。分析の結果から、イノベーション能力に優れた組織の特長として、下記を確

2019年2月19日日本能率協会フィードバック数:0ビジネス

「ビジネスパーソン1000人調査」【働き方改革と副業編】

ビジネスパーソンの“今”をデータで読み解く 第9回「ビジネス... ビジネスパーソンの“今”をデータで読み解く第9回「ビジネスパーソン1000人調査」【働き方改革と副業編】働き方改革「実感している」3割に。2017年比10ポイント増「ムダな業務・会議の削減」が働き方改革の実感のポイントに副業に関しては、やってみたい人4割、 一方、経験者は2割。理想と現実ギャップも一般社団法人日本能率協会(JMA、会長:中村 正己)は、2013年より全国のビジネスパーソン1000人に対し、職場や仕事に対する

2018年12月26日日本能率協会フィードバック数:0ビジネス

第9回「ビジネスパーソン1000人調査」【理想のチーム編】

ビジネスパーソンの“今”をデータで読み解く 第9回「ビジネス... ビジネスパーソンの“今”をデータで読み解く第9回「ビジネスパーソン1000人調査」【理想のチーム編】魅力を感じるのは「助け合う」チーム助け合いやコミュニケーションがチームへの満足度を高める要因にチームリーダーは感謝・ねぎらいの声がけで、チームの雰囲気づくりを一般社団法人日本能率協会(JMA、会長:中村正己)は、2013年より全国のビジネスパーソン1,000人に対し、職場や仕事に対する考えについて意識調査を行っています。この

2016年9月12日日本能率協会フィードバック数:0マーケティング

第7回「ビジネスパーソン1,000人調査」

職場の女性活躍「今より進むべき」と考える人が7割弱に 第7回... 職場の女性活躍「今より進むべき」と考える人が7割弱に 第7回「ビジネスパーソン1,000人調査」女性活躍推進編 一般社団法人日本能率協会(JMA、会長:中村 正己)は、2013年より全国のビジネスパーソン1,000人に対し、職場や仕事に対する考えについて意識調査を行っています。この調査は、働く人びとに焦点を当て、その時々の旬の話題をデータで紹介するシリーズです。今回は、政府が最重要課題の1つと位置づける「女性活躍推進」につ

2011年12月11日日本能率協会フィードバック数:0ビジネス

組織活力とマネジメント意識調査

ニュースリリース 部課長400人アンケート「組織活力とマネジメント意識調査」結果 風通しがよいと思う企業1位はグーグル 部課長としての悩みは、「特定の人に仕事が偏る」こと2018/12/06Tweetマネジメントに関する調査・研究、研修を手がける一般社団法人日本能率協会(JMA、会長:中村正己)は、このたび、全国の部課長400人を対象に、組織の活力向上に向けた取組み意識に関するアンケート調査を行いました。本調査は、“組織活力”の視点から、部課長が日頃どのようなマネジメントを行っているかを調べた

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

お知らせ