調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 日興アセットマネジメント

「日興アセットマネジメント」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

成長の勢いが増すとみられる米国経済

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年4月22日足元で発表されている米国の主要経済指標は、悪天候による足かせが弱まり、経済活動が回復し始めていることを示すものが多くなっています。そうした中、21日に米民間調査機関コンファレンス・ボードが発表した3月の米景気総合指数は、注目度の高い景気先行指数で前月比+0.8%の100.9と、3ヵ月連続の上昇となり、米景気の先行きに対する期待を高めるものとなりました。景気先行指数は景気に先行して動くとされている10の経済・市場指標で構成

国債利回りの低下が示すユーロ圏の「平常モード」

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年4月18日国債利回りの低下が示すユーロ圏の「平常モード」 ユーロ圏各国の長期金利が軒並み低下傾向にあります。最近の債券市場では、ドイツの10年国債利回りが昨年5月以来11ヵ月ぶりに1.5%を下回ったほか、欧州債務危機に揺れた南欧諸国でも、イタリアの国債利回りが統計をさかのぼれる範囲内では過去最低水準となり、スペインの国債利回りは約8年半ぶりの低水準まで低下しました。こうした背景には、ECB(欧州中央銀行)がインフレの減速につなが

JAPAN is BACK 2014年4月号

※純資産または月間設定額が上位のファンド(公募追加型投信のうち株式投資信託(除くETF、SMA専用、DC専用、ブル・ベア型)に分類される投資信託)を掲載しています。 日興アセットマネジメント株式会社金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第368号加入協会:一般社団法人 投資信託協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

シェール革命が進展する中、注目高まるMLP

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年4月11日シェール革命が進展する中、注目高まるMLP 米国の「シェール革命」が注目されて久しくたちますが、その革命は現在も進行中です。最近では、米国による欧州やウクライナへの天然ガス輸出案が、ロシアのウクライナに対する介入拡大を抑えるために有効な一手とされるなど、天然ガスの輸出に対する注目度が増しています。これまで、米国の天然ガス輸出はFTA(自由貿易協定)を結ぶカナダやメキシコなど以外は米政府の認可が必要でしたが、近年、日本な

IMFの世界経済見通し~力強さを増す先進国が世界経済を牽引

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期)2014年4月9日IMFの世界経済見通し~力強さを増す先進国が世界経済を牽引 IMF(国際通貨基金)は4月8日に最新の世界経済見通しを発表し、2014年の世界の成長率予測を3.6%、2015年の予測を3.9%と前回1月時点の予測からそれぞれ0.1ポイント引き下げました。先進国の生産活動は上向くものの、新興国では一部の国で金融情勢の逼迫化から成長が鈍化する可能性があるほか、ウクライナ情勢の緊迫化が成長の重石となることを理由としています。先進国

景気の回復とともに一段の上昇が期待されるグローバルREIT

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年4月7日景気の回復とともに一段の上昇が期待されるグローバルREIT グローバルREITは、2014年に入り堅調な推移となっています。これは、イエレン新FRB(米連邦準備制度理事会)議長が、バーナンキ体制下での金融政策を維持する方針を示し、超低金利政策の長期化観測が拡がったことなどを受けて、米国を中心にREIT価格が大きく上昇したことが背景と考えられます。昨年を振り返ると、米国で量的緩和の早期縮小懸念が強まるなか、長期金利の上昇

中国の景気対策とリスク資産見直しの動き

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年4月4日中国では、企業景況感が悪化傾向にあるだけでなく、今年1~2月に鉱工業生産などの主要経済指標がそろって数年ぶりの低い伸びにとどまったことなどから、景気の先行きに対する警戒感が強まりました。そうした中、国務院(内閣)は2日、中小企業に対する税制優遇措置の拡充、鉄道建設の加速、低所得者居住地域の再開発からなる景気下支え策を発表しました。当局が景気下支えに動くとの観測が台頭し、事前に株価が反発していたこと、具体策が想定の範囲にとど

中国の景気対策とリスク資産見直しの動き

中国の景気対策とリスク資産見直しの動き

金利の「力(ちから)」を利用する

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年4月3日新興国では、経済成長に伴なう資金需要の拡大などによって、債券市場の規模が拡大傾向にあります。加えて、対外債務残高の減少や外貨準備高の増加などを背景に、国の信用度の目安と捉えられている格付けが改善傾向にある国もあり、比較的高い金利と相俟って、新興国の国債や債券への注目度を高めています。また、相対的に信用度が高いと見られる先進国の国債や債券においても、日本のそれらを大きく上回る利回りとなっています。「72の法則」という考え方を

トルコ・リラを巡る投資環境について

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年4月2日トルコでは、エルドアン政権への信任投票と位置づけられていた、3月30日投開票の統一地方選挙で、同首相率いる公正発展党(AKP)が勝利しました。これを受けて、通貨リラは31日に大きく上昇し、足元では昨年末頃の水準を回復しています。エルドアン政権は、強権姿勢などに対する抗議や汚職疑惑などの逆風にさらされてきましたが、今回の統一地方選挙でのAKPの得票率は40%台半ばと、最大野党の得票率を20ポイント近く上回りました。また、特に

世界各国の国債(通貨)の騰落率から考える

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年4月2日世界各国の国債(通貨)の騰落率から考える 2014年に入ってからの主要国の国債(現地通貨建て)の動きをみると、新興国および高金利国の強い動きが目立っています。昨年は、米国の量的緩和の縮小への警戒感が高まった5月以降に、投資家がリスク回避的な姿勢を強め、相対的にリスクが高いとされる新興国を中心に投資資金を引き揚げる動きがみられた一方、先進国に資金が流入する傾向がありました。しかし、量的緩和の縮小が決定した昨年12月以降は、

足元で急速な回復をみせるブラジルの通貨および株式市場

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年4月1日足元で急速な回復をみせるブラジルの通貨および株式市場 昨年5月以降、米国の長期金利の上昇をきっかけに、新興国の通貨や株式市場が下落し、中でも、経常赤字やインフレ率の高さ、軟調な経済情勢などを背景に、ブラジルの通貨および株価の下落が大きくなりました。今年に入ってからもアルゼンチン・ペソの急落に伴なう新興国通貨不安の高まり、中国景気の先行き不安、ウクライナ情勢の緊迫化などが続き、ブラジル金融市場の重石となりました。しかしなが

拡大傾向の家計の金融資産残高

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年3月28日日銀の発表によると、2013年末時点の家計の金融資産残高は前年比+6.0%の1,645兆円と、比較可能な1997年末以降で最大となりました。家計の金融資産残高の増加の主な背景は、株高や円安によって株式や投資信託の評価額が膨らんだことにあります。最も寄与したのは株式・出資金で、前年比+38.5%の155兆円と、2007年9月末以来の水準に拡大しました。2013年末での株式優遇税制の終了に伴ない、駆け込みで売却が増加したもの

「6年ぶりの高水準」米国の2014年3月のCB消費者信頼感指数

当ファンドは、PIMCOが運用するバミューダ籍外国投資信託と、日興アセットマネジメントが運用する証券投資信託「マネー・オープン・マザーファンド」に投資するファンド・オブ・ファンズです。

実質ゼロ金利政策の解除に向けて~問われるFRBの「市場との対話」~

実質ゼロ金利政策の解除に向けて~問われるFRBの「市場との対話」~

地価上昇~Jリートによる物件取得が好影響

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年3月19日地価上昇~Jリートによる物件取得が好影響 3月18日に国土交通省が発表した「公示地価」によると、2014年1月1日時点の全国全用途の地価は、前年比0.6%下落と6年連続の下落となりましたが、三大都市圏では全用途が前年比0.7%上昇と、6年ぶりに上昇に転じるなど、不動産市場が回復局面に入りつつあることを示す結果となりました。三大都市圏での地価上昇は、国内景気の回復や住宅ローン金利の低位安定、都市部への人口流入の加速、企業

JAPAN is BACK 2014年3月号

※純資産または月間設定額が上位のファンド(公募追加型投信のうち株式投資信託(除くETF、SMA専用、DC専用、ブル・ベア型)に分類される投資信託)を掲載しています。 日興アセットマネジメント株式会社金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第368号加入協会:一般社団法人 投資信託協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

「9年ぶりの高水準」ニュージーランドの2014年1-3月期の消費者信頼感指数

※純資産または月間設定額が上位のファンド(公募追加型投信のうち株式投資信託(除くETF、SMA専用、DC専用、ブル・ベア型)に分類される投資信託)を掲載しています。 日興アセットマネジメント株式会社金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第368号加入協会:一般社団法人 投資信託協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

明るさが増しつつあるオーストラリア経済

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年3月14日13日に発表されたオーストラリアの2月の雇用統計によると、常勤雇用者が前月比で8.05万人増加し、増加幅としては1991年8月以来約22年ぶり、過去2番目の大きさとなりました。非常勤雇用者が減少したことから、全体の雇用者数は前月比4.73万人増でしたが、事前予想の同1.5万人増を大きく上回りました。最近のオーストラリアでは、資源関連の投資ブームがピークを過ぎていることが、景気の下押し要因となっています。一方、これまでの利

本日の日本株式市場の下落について

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年3月14日14日の日本株式市場は、日経平均株価が前日比488円(3.3%)安の14,327円となるなど大幅下落で取引を終えました。前日の欧米の株式市場が、ウクライナ情勢の緊迫化などを背景に大幅下落した流れを受けたほか、投資家のリスク回避姿勢が強まり、円相場が1米ドル=101円台に上昇したことも影響しました。ウクライナ情勢の緊迫化の背景には、ウクライナ南部のクリミア自治共和国で16日にロシア編入の是非を問う住民投票が実施された場合、

「脱デフレ」「経済の好循環」に向けさらに歩みを進めた日本

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年3月13日「脱デフレ」「経済の好循環」に向けさらに歩みを進めた日本 春闘での経営側の集中回答日となった12日、政府の賃上げ要請などもあり、過去最高水準のベアの実施やボーナスの満額回答が相次ぎました。大手企業が賃金抑制から賃上げに転じたことは、賃金上昇を中小企業にも波及させる上で重要な一歩と考えられます。4月に消費税率の引き上げ(5%→8%)が控えていることもあり、今後は国内景気への関心が一段と高まることでしょう。市場では、1-3

他の先進国に先駆けた利上げにより注目集まるニュージーランド

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年3月13日他の先進国に先駆けた利上げにより注目集まるニュージーランド ニュージーランド準備銀行(中央銀行)は13日、政策金利を0.25ポイント引き上げることを金融政策決定会合で決定しました。2011年3月に過去最低水準となる2.50%に引き下げて以来、据え置かれていた政策金利は2.75%となりました。なお、利上げは、2010年7月以来、約3年8ヵ月ぶりです。政策金利が歴史的低水準に維持される中、堅調な国内景気の拡大を背景として、

「物価の上昇」がもたらすもの

「物価の上昇」がもたらすもの

資産配分とリスク配分どちらに注目?

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年3月7日金融資産の変動が大きくなる中、様々な資産に投資するバランスファンドでは、「リスク配分」に着眼した「リスク・パリティ」という考え方を用いて資産配分を行なうファンドが増えています。これまでバランスファンドといえば、「資産配分」を中心とした考え方をベースとした、資産配分を均等にした分かりやすいファンドが多く設定されてきました。これらのファンドは各資産の配分を一定に保つため、リバランス効果(値上がりした資産を売却し、値下がりした資

オフィス市況の改善により、高まるJリートの収益向上に対する期待

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年3月7日オフィス市況の改善により、高まるJリートの収益向上に対する期待 6日に三鬼商事がまとめた東京都心5区のオフィス空室率(2月末時点)は、前月末比0.17ポイント低下の7.01%と、2009年5月(6.96%)以来、4年9ヵ月ぶりの低い水準となりました。景気回復による企業収益の改善を受けてオフィス需要が拡大していることが要因となっており、3月には空室率が一段と低下する可能性が高まっています。また、同地区のオフィス平均募集賃料

軟調な米国経済指標、春の訪れはいつ?

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年2月28日昨年12月以降、過去十数年で最大級の寒波が米国を襲っており、製造業の活動や小売業の販売などが抑制されたことから、1月以降の米国の経済指標は、市場予想を下回る軟調なものが目立ちました。これを受け、1月は米国株式も軟調に推移しましたが、2月以降は急速に値を戻す展開となっています。株価が持ち直した背景には、悪天候の影響はいずれ解消されるとの見方や、景気が弱くなる場合には、FRB(米連邦準備制度理事会)が量的緩和縮小のスピードを

信頼回復に努めるブラジル当局

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年2月27日ブラジル中央銀行は26日、政策金利の引き上げ(10.5%→10.75%)を金融政策委員会で決定しました。利上げは昨年4月以降、8会合連続となりますが、今回の利上げ幅は過去6回の0.5ポイントから縮小され、0.25ポイントとなりました。利上げ幅縮小の背景の一つに、政府が先週20日、2014年の歳出削減を発表し、インフレ抑制や財政規律を重視する姿勢を示したことが挙げられます。景気低迷と財政悪化を背景に、格付会社は昨年、同国の

シェール革命の影響がオフィスの賃料上昇にも拡がる米国

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年2月27日シェール革命の影響がオフィスの賃料上昇にも拡がる米国 最近の米国では、景気回復の動きが進んでいることや、企業業績が改善していることなども相俟って、オフィス需要が増加しています。そうした中、シェール革命によってシェールガスやシェールオイルの生産量が急増し、その恩恵を受ける傾向にある製造業やエネルギー関連企業の活動が活発化していることなどがオフィス需要増に大きく貢献しており、米国の主要都市では力強いオフィス賃料の上昇が見込

欧州景気の回復とともに収益拡大が期待されるドイツ企業

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年2月26日欧州景気の回復とともに収益拡大が期待されるドイツ企業 昨今の株式市場では、先進国株式の好調さが目立っており、なかでも、ドイツの主要企業30社で構成されるDAX指数は、米国の主要株式指標と並んで過去最高値を更新しています。日米独の直近1年の騰落率でみても、良好なパフォーマンスとなっており、こうした好調な株価の背景には、輸出をはじめとしたドイツ経済の強さが挙げられます。欧州最大かつ世界第4位の経済規模を誇るドイツは、欧州諸

「4ヵ月」ドイツの2014年2月のIfo企業景況指数の連続上昇月数

※純資産または月間設定額が上位のファンド(公募追加型投信のうち株式投資信託(除くETF、SMA専用、DC専用、ブル・ベア型)に分類される投資信託)を掲載しています。 2020/07/032020/07/02「2020年6月のマーケットをザックリご紹介」を掲載[908KB]最近気になるトピック:感染拡大第2波への警戒感が拡がる中でも、上昇が続いた米国株 ピックアップカントリー:英国、中国 2020/07/012020/06/30 2020/06/302020/06/292020/06/29202

「普通の人が、普通に始めていい時代」の到来が予感される今、日興アセットがお伝えしたいこと

「普通の人が、普通に始めていい時代」の到来が予感される今、日興アセットがお伝えしたいこと

“金利上昇に備える”債券への人気が高まる

“金利上昇に備える”債券への人気が高まる

JAPAN is BACK 2014年2月号

※純資産または月間設定額が上位のファンド(公募追加型投信のうち株式投資信託(除くETF、SMA専用、DC専用、ブル・ベア型)に分類される投資信託)を掲載しています。 日興アセットマネジメント株式会社金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第368号加入協会:一般社団法人 投資信託協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

輸出拡大を通じて成長が期待されるニュージーランド

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年2月17日輸出拡大を通じて成長が期待されるニュージーランド ニュージーランドは、オーストラリアやASEAN(東南アジア諸国連合)などとFTA(自由貿易協定)やEPA(経済連携協定)を締結しており、貿易の自由化を進めることにより農産物を中心に輸出を拡大してきました。また、同国は先進国としては初めて中国とFTAを締結するなど、早くから中国市場に注目し、2008年のFTA発効以降、中国向けの輸出を大幅に増加させています。ニュージーラン

市場の動向から注目集まる“金”

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年2月13日金価格は2012年10月以降、主要な金の需要国であるインドや中国の景気低迷などによる金需要の縮小懸念を受け、軟調な展開となっていました。2013年の中国の金輸入が過去最高水準となるなど、実需面では金の需要増がみられましたが、先行きへの思惑で取引される先物市場やETF(上場投信)市場を通じた金売りが、金価格に悪影響を及ぼしたとみられます。加えて、米国景気の回復傾向を背景に米ドルへの信認が回復したことで、金よりも米国債が選好

改革への取り組みにより、Aクラス入りを遂げたメキシコ

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年2月10日改革への取り組みにより、Aクラス入りを遂げたメキシコ 格付会社ムーディーズ・インベスターズ・サービス(以下、ムーディーズ)は2月5日、メキシコの長期債務格付(外貨建て、自国通貨建ての両方)を「Baa1」から「A3」へ1段階引き上げました。主な背景は、構造改革に向けての政治的意思の強さと、改革に伴なって見込まれる、潜在成長率の上昇および財政基盤の改善です。なお、主要格付会社の評価で長期債務格付が外貨建て、自国通貨建ての両

【続】日経平均株価は目先的には底入れが近付いている可能性

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年2月5日【続】日経平均株価は目先的には底入れが近付いている可能性 4日の日本株式市場は、日経平均株価が前日比611円(4.18%)安の14,008円となるなど大幅下落で取引を終えました。新興国経済に対する不透明感が高まる中、3日に発表された1月の米ISM(供給管理協会)製造業景況指数が市場予想以上に大きく低下したことを受けて、米国景気の先行き不安が台頭し、同日の米国株式市場が大幅下落となったことが日本株式市場の下落の主因となりま

日経平均株価は目先的には底入れが近付いている可能性

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年2月3日日経平均株価は目先的には底入れが近付いている可能性 3日の日本株式市場では、日経平均株価が前週比295円(1.98%)安の14,619円となり、およそ2ヵ月半ぶりの安値を付けました。新興国経済の先行き懸念などを受けて、前週末の欧米株式市場が総じて下落したことに加え、1日に発表された中国の1月の製造業PMI(購買担当者指数)が半年ぶりの低水準となり、新興国不安がさらに強まったことなどが要因となりました。また、為替市場で円高

逆境をバネに変化する日本企業

逆境をバネに変化する日本企業

金融市場の混乱は一時的~新興国の政策に対する信認向上がポイントに

金融市場の混乱は一時的~新興国の政策に対する信認向上がポイントに

大胆な金融引き締めに踏み切ったトルコ中央銀行

大胆な金融引き締めに踏み切ったトルコ中央銀行

株主還元で先行する米国とそれを追う日本

株主還元で先行する米国とそれを追う日本

IMFの世界経済見通し~先進国の成長加速が世界経済を牽引

IMFの世界経済見通し~先進国の成長加速が世界経済を牽引

「JPX日経400」の登場などにより注目が高まる企業の資本効率

「JPX日経400」の登場などにより注目が高まる企業の資本効率

本日の日本株式市場の下落について

本日の日本株式市場の下落について

より安定化しつつある欧州の債券市場

より安定化しつつある欧州の債券市場

「41年ぶり」日経平均株価の2013年の年間上昇率の水準

※純資産または月間設定額が上位のファンド(公募追加型投信のうち株式投資信託(除くETF、SMA専用、DC専用、ブル・ベア型)に分類される投資信託)を掲載しています。 日興アセットマネジメント株式会社金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第368号加入協会:一般社団法人 投資信託協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ