調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 東洋経済新報社

「東洋経済新報社」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年3月25日東洋経済新報社フィードバック数:0キャリアとスキル

平均年収が高い「トップ300社」ランキング

平均年収が高い「トップ300社」ランキング就活生必見!子会社・非上場会社も網羅 初任給だけではその会社に勤めて稼げる総額はわからない (写真:freeangle / PIXTA) 3月に入って就職活動が本格化したが、生活の変化にまだ慣れない人も多いだろう。しかし、エントリーシートの一次締切りを3月中に設定している会社も多く、あまりのんびりしている余裕はないはずだ。初任給だけで待遇を判断してはいけない​​​​就活生が今、取り組んでいるのは、広い意味で企業選択といえる。その判断基準はたくさんある

2017年3月24日東洋経済新報社フィードバック数:0キャリアとスキル

上場企業の残業は平均19時間26分、有休取得は10.1日

上場企業の残業は平均19時間26分、有休取得は10.1日

2017年3月23日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

最高益を久しぶりに更新した会社ランキング

最高益を久しぶりに更新した会社ランキング29期ぶりに最高益を達成したのは? 「何期ぶりの更新となるか」という年数の長さでランキングします(写真 : TOSHI / PIXTA) 最高益とはしばらく無縁だった企業が久々に更新するときは、株式市場の注目度が高まる。そこで今期久しぶりに最高益を更新する企業について、「何期ぶりの更新となるか」という年数(期数)の長さでランキングしてみた。事業移管によって発生する譲渡益で利益が一時的に膨らむTDKのような会社も入っているが、参考になるはずだ。井村屋グル

2017年3月15日東洋経済新報社フィードバック数:0キャリアとスキル

「就職に力を入れている大学」ランキング100

「就職に力を入れている大学」ランキング100トップは明治大、2位が金沢工業大、3位法政大 神田駿河台にある明治大学のリバティタワー(東京・千代田区)。昔から就職指導に定評がある(撮影:大澤誠) 大学生の就職状況が好調だ。文部科学省が公表した、2016年12月1日現在の2017年卒の就職内定率は、前年同時期を4.6ポイント上回る85.0%。調査開始以来、最高の数値である。学生の満足度も高い。リクルートの就職未来研究所が発表した『就職白書2017』によると、2016年12月時点で入社予定企業に

2017年3月14日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

売上高がガクンと落ちた500社ランキング

売上高がガクンと落ちた500社ランキング過去10年の減少率が大きい会社を一挙公開 大きな減少に直面している会社も少なくありません(写真:Rawpixel / PIXTA) 企業の業績で基本となるのは、いうまでもなく売り上げ(売上高)だ。ここを継続的に伸ばしていくことが企業経営の基本であり王道といえる。ところが、そんな売り上げを思うように伸ばせず、逆に減らしてしまうこともある。需要の減退、競争激化、外部環境の変化、事業の切り売りなど、さまざまな要因がある。東洋経済オンラインは10年前からの売上

2017年3月14日東洋経済新報社フィードバック数:0キャリアとスキル

「有給休暇を取得しやすい」300社ランキング

「有給休暇を取得しやすい」300社ランキングホンダ6年連続1位!取れない会社との違いは トップは6年連続。有休取得を徹底している会社だ(撮影:宮本 夏実) 多くの日本企業がまもなく年度末を迎える。さて今年度、読者のみなさんは有給休暇をしっかり取得できただろうか。すでに今年度分をしっかり使い切ったという人、もう取るのをあきらめた人、なかにはこれから駆け込みで有給休暇を取得しよう(する)と意気込んでいる人もいるだろう。日本人の有給休暇の取得率が低いということはかなり以前から言われてきた。毎年の数

2017年3月1日東洋経済新報社フィードバック数:0キャリアとスキル

社員の定着度が高いトップ100社ランキング

社員の定着度が高いトップ100社ランキング1位は花王、2位はデンソー、3位は三井物産 社員定着率の高さでランキング1位となった花王の本社 (記者撮影) せっかく就職するなら、ずっと働ける会社を選びたい。人材の流動化が叫ばれても、数年で人が入れ替わるような職場にはそれなりの理由があるはずだ。また、仮に転職するにしても、再び転職することがないような会社であってほしいと思う人は多いだろう。中途比率が高いと平均勤続年数は下がるそうした「定着率が高い会社」を探す指標として、「新卒3年後離職率」や「

2017年3月1日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

過去10年で売上高が減った500社ランキング

過去10年で売上高が減った500社ランキング1位パナソニック1.3兆円減、東芝が2位に 減少を避けられない企業・業種も少なくありません(写真:ワトソン / PIXTA) 東洋経済オンラインは10年前から売り上げを増やした企業を「過去10年で『売上高』が増えたトップ500社」として2月8日配信記事で紹介した。企業の業績で基本となるのは、いうまでもなく売り上げ(売上高)だ。損益計算書のいちばん上に記載される数字であることから、「トップライン」とも呼ばれる。商品やサービスの販売など、企業の主たる営

2017年2月25日東洋経済新報社フィードバック数:0キャリアとスキル

先輩たちが選んだ「就職人気ランキング」100

先輩たちが選んだ「就職人気ランキング」100就活生必見!過去3年の人気企業をチェック 2015年卒生が参加していた、2014年1月開催のマイナビ就職EXPOの会場風景。当時の先輩たちにとっての人気企業はどんな会社だったのか (撮影:梅谷秀司) 就職活動をする学生は業界研究などを進めながら、自分に合う企業や行きたい企業を見つけていくことになるだろう。そしてその中には、誰もが知る有名企業や応募が殺到する人気企業も含まれるはずだ。では、具体的にどんな企業が就活生にとって、「人気企業」なのか?東洋経

2017年2月25日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

「海外勤務者が多い」トップ200社ランキング

「海外勤務者が多い」トップ200社ランキングメーカー、商社…海外で働ける企業はここだ 海外勤務者が多い企業でランキング上位に並ぶのは就活生の誰もが知る大企業だが…(撮影:木皮透庸) 就職活動で企業の「採用広報」解禁となる、3月1日がいよいよ迫ってきた。インターンシップやベンチャーなどの選考活動によって、すでに就活モードの学生もいるが、広報解禁をきっかけに、重い腰を上げる学生が毎年後を絶たないのが現状である。3月に入れば、説明会への参加やエントリーシートの提出に追われ、一気に慌ただしくなる。少

2017年2月24日東洋経済新報社フィードバック数:0大型消費/投資

大調査!20~30代独身「結婚のソントク勘定」

大調査!20~30代独身「結婚のソントク勘定」独身男の約2割が「結婚は赤字」と考えている 近ごろ、若者たちは「結婚はコスパが悪い」と言いますが、実際のところどれくらいの人が、なぜそう思っているのでしょうか。明治安田生活福祉研究所の調査で判明したこととは?(写真:alexlmx / PIXTA) あなたは、結婚について「コスパ」(コストパフォーマンス)で考えたことはありますか? 近年の若者の価値観を表すキーワードの1つに、コスパがあるといわれています。結婚を考える際にも、コスパの良しあしを意識

2017年2月20日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

!「新・企業力ランキング」トップ300社

最新!「新・企業力ランキング」トップ300社1位富士重工業、財務で計る企業の実力 昨年、新型に切り替わった富士重工業(スバル)の主力車「インプレッサ」は日本カー・オブ・ザ・イヤー大賞に選ばれるなど好評価を得ている(撮影:宮本 夏実) 今回で第11回目となる企業の真の力を探ろうとする「新・企業力ランキング」。成長性、収益性、安全性、規模の4つのカテゴリーで、それぞれの財務指標(3年平均)を多変量解析の「主成分分析」で相対評価し、各得点を合計して総合ランキングを作成した。ランキング対象は2016

2017年2月20日東洋経済新報社フィードバック数:0キャリアとスキル

1人当たり時価総額が低い300社ランキング

1人当たり時価総額が低い300社ランキング1人当たりの生産性がより重要になっていく 田中 久貴 : 東洋経済データ事業局データベース営業部 エアバッグのリコール問題に揺れるタカタは、1人当たり時価総額も落ち込んでいる(撮影:山田雄大) 先日、厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は、2053年ごろには日本の人口が1億人を割るという推計を公表した。今後、人手不足が深刻になっていくことは、十分に考えられるシナリオだ。企業は1人当たりの生産性を高くして、少ない人数で企業価値を維持していく意識がま

2017年2月19日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

「新卒でないと入りにくい会社」トップ100

「新卒でないと入りにくい会社」トップ100中途採用より新卒を重視する企業はここだ 中途採用よりもフレッシュな新卒採用を好む企業は少なくないようだ(写真:xiangtao/ PIXTA) 3月の本格的な就職活動開始まで残り1カ月近くとなった。今年は売り手市場で高望みしなければ、比較的内定が取りやすいともいわれる。ただ、いくら内定が取れても、どのような会社でもいいわけではないだろう。ブラック企業は避けたいし、できるだけ働きやすい会社を選びたいと思うのが普通だ。新卒占有率が100%なのは8社 そこ

2017年2月19日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

「オフィスがきれいな会社」100社ランキング

「オフィスがきれいな会社」100社ランキングカフェテリアもトイレも健康を保つには重要 東京・江東区にある日本ヒューレット・パッカードの本社。カフェテリアがあるなどオフィス環境には定評がある (記者撮影) 就職活動で企業探しをする際、事業内容や業績、成長性などを重視する人も多いだろう。その一方で、会社や職場の雰囲気、福利厚生や勤務体系といった労働環境なども、判断基準にする人はいるだろう。中でも「オフィスがきれいか」というのは、男女問わず、就活生にとっては気になるところだ。これから1日の3分の1

2017年2月19日東洋経済新報社フィードバック数:0キャリアとスキル

平均年収「全国ワースト500社」ランキング

平均年収「全国ワースト500社」ランキング300万円未満が8社、地方企業の姿目立つ 田中 久貴 : 東洋経済データ事業局データベース営業部 首都・東京に本社を置く上場企業の姿もチラホラ(写真:HIT1912 / PIXTA) 東洋経済オンラインがでも掲載しているデータを活用して、全上場企業約3600社を対象に1月26日に配信した「平均年収『全国トップ500社』ランキング」には多方面から反響が寄せられた。トップクラスになると年収1000万円を超える高給企業の社員をうらやんだ読者も少なくないだ

2017年2月19日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

過去10年で「売上高」が増えたトップ500社

過去10年で「売上高」が増えたトップ500社1位トヨタ7.3兆円増、重厚長大企業目立つ 日本最大の企業でありながら売上高増加額も1位(撮影:梅谷 秀司) 3月期決算企業の第3四半期累計(4~12月)業績の発表が相次いでいる。多くの企業で残り3カ月を経たうえでの着地が見えてくるタイミングだ。企業の業績で基本となるのは、言うまでもなく売り上げ(売上高)だ。損益計算書の一番上に記載される数字であることから、「トップライン」とも呼ばれる。商品やサービスの販売など、企業の主たる営業活動によって得られた

2017年2月19日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

売上高がバツグンに伸びた500社ランキング

売上高がバツグンに伸びた500社ランキング10年前からの増加率、1位グリーは600倍超 1位のグリーはピークから半減しても10年前とは比べものにならない規模に成長(撮影:谷川 真紀子) 上場企業の7割を占める3月期決算企業にとって、この時期は書き入れ時だ。期末に向けて少しでも収益を確保すべく、多くの企業が奔走している。そんな企業の成長を語るうえで、最もわかりやすい数字が売り上げ(売上高)だ。商品やサービスの販売など、企業の主たる営業活動によって得られた収益である。業種・業態によって稼ぎ方はさ

2017年1月18日東洋経済新報社フィードバック数:0キャリアとスキル

平均年収「近畿603社」ランキング

最新!平均年収「近畿603社」ランキング1位は前年比741万円増、初任給も高い 田中 久貴 : 東洋経済データ事業局データベース営業部 JR大阪駅前。近畿を代表する企業の本社が多い(写真:pheeby / PIXTA) 東洋経済オンラインはでも掲載しているデータを活用して、全上場企業約3600社を全国7地域(北海道東北、東京除く関東、東京、中部、近畿、中国四国、九州沖縄)に分けた平均年収ランキングをまとめた。これまで「東京都トップ500社」「東京都ワースト500社」「東京を除く関東340社

2017年1月18日東洋経済新報社フィードバック数:0キャリアとスキル

「女性管理職」を積極登用する50社ランキング

「女性管理職」を積極登用する50社ランキング全体比率と増加率で見る活躍度合い 女性がイキイキと働ける会社とは?(写真:kikuo / PIXTA) 東洋経済データを用いたランキングシリーズをお届けし、いわゆる「管理職」全般を対象とした各企業の動向・取り組みを見ていくことにする。『CSR企業総覧』では、管理職の定義を「部下を持つ、または部下を持たなくとも同等の地位にある者」としており、「部長職」は含まれるが、「役員」(執行役員を含む)は含まれていない。ただし、企業ごとに管理職の基準は異なってい

2017年1月18日東洋経済新報社フィードバック数:0キャリアとスキル

平均年収「東京除く関東340社」ランキング

平均年収「東京除く関東340社」ランキング1000万円超2社、日産やイオンを超えるのは? 田中 久貴 : 東洋経済データ事業局データベース営業部 横浜の中心部。東京を除く関東圏で高給な企業は横浜に集中している(写真:たっきー / PIXTA) 東洋経済オンラインはでも掲載しているデータを活用して、全上場企業約3600社を全国7地域(北海道東北、東京除く関東、東京、中部、近畿、中国四国、九州沖縄)に分けた平均年収ランキングをまとめた。これまで「東京都トップ500社」「東京都ワースト500社」を

2017年1月18日東洋経済新報社フィードバック数:0キャリアとスキル

採用数多い「優良中堅メーカー」トップ200社

採用数多い「優良中堅メーカー」トップ200社優良中堅企業を「就職四季報」で厳選! 乕尾 あい : 東洋経済『就職四季報 企業研究・インターンシップ版』編集長 『就職四季報 優良・中堅企業版』から採用数が多いメーカーを探す (写真:xiangtao / PIXTA) 年が明け、2018年卒生(現大学3年生・大学院1年生)の就職活動がいよいよ本番を迎えることとなる。2017年卒(現大学4年生・大学院2年生)の就職活動は、売り手市場と言われて終わったが、2018年卒の就職活動はどうなるだろうか。採

2017年1月13日東洋経済新報社フィードバック数:0大型消費/投資

都心の地下鉄、混んでいるのはどの区間か?

都心の地下鉄、混んでいるのはどの区間か?メトロ・都営13路線の輸送量を比較 日比谷線が混むのは、「東急側」か「東武側」か(撮影:尾形文繁) いつ乗っても混んでいる印象のある東京の地下鉄。ターミナルから離れるほど乗客が減っていくのが一般的な郊外の路線とは異なり、都心部を貫いている地下鉄の場合はどのあたりが混み合い、どのあたりで空くのかがなかなかわかりにくい。出勤時のラッシュはともかく、夜などは自分の乗る方面の電車が満員なのに、反対方面は座れそう……といった光景を眺めながら帰宅する人も多いだろう

2017年1月12日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

これが「金持ち企業」トップ500社だ

「金持ち企業」トップ500社【2016年版】1位ソニー、2位任天堂・・・財務健全なのは? いざというときのおカネが多いと安心なのは家庭も企業も同じ(写真:KY / PIXTA) 年の瀬が近づいてきた。企業にとって12月は従業員への冬のボーナス(賞与、一時金)の支給のほか、取引先への支払いなどがかさむ時期。神経を尖らせている企業経営者や財務・経理担当者もいるだろう。一般家庭もそうだが企業もカネがなければ極端な話は破綻してしまう。そんな企業の財務健全性を示すのがネットキャッシュだ。現預金と短期保

2017年1月12日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

「借金が多い」500社ランキング

「借金が多い」500社ランキング【2016年版】1位ソフトバンク、重厚長大企業も目立つ 昨年に続いて1位はあの会社(撮影:風間 仁一郎) 12月13日に配信した「最新!これが『金持ち企業』トップ500社だ」には多方面から反響が寄せられた。企業の財務健全性を示す指標として、ネットキャッシュ(現預金+短期保有有価証券-有利子負債-前受金)が多い会社のランキングだったが、今度はその逆。手元資金に対して借り入れが大きい=ネットキャッシュのマイナスが大きい会社の上位500社を紹介しよう。各社の財務諸表

2017年1月12日東洋経済新報社フィードバック数:0キャリアとスキル

「勤務スタイルが柔軟」な会社トップ100社

「勤務スタイルが柔軟」な会社トップ100社在宅勤務や休暇制度が充実している会社とは 充実した在宅勤務制度を設けているなど、「勤務スタイルが柔軟」な企業とはどんな企業なのか (写真:cba / PIXTA) 就職活動の会社選びの際に気にしておきたい項目の一つに、「勤務スタイルが柔軟」かどうかがある。就業時間がフレックス勤務制度か、さらには在宅勤務、育児時短などの制度が設けられているかなど、多様なライフスタイルに対応した制度の有無やその内容から、企業の働き方に対する姿勢や考え方が見えてくるからだ

2017年1月12日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

過去1年で株主に儲けさせた100社ランキング

過去1年で株主に儲けさせた100社ランキング「ギャル向け雑貨店」への投資が1年で5倍に 市場関係者の間では、2015年夏の日経平均高値奪回への期待が高まっている(撮影:尾形文繁) 2年初の連続暴落に始まり、2月から11月初旬まではボックス相場が続いた2016年の日本株市場。英国のEU離脱や不安定な中東情勢など海外要因に加え、冴えない国内景気や企業業績が株価の頭を抑えていた。しかし、米国大統領選挙でトランプが勝利してからは様相が一変。新政権が積極的な財政支出や(選挙公約とは逆に)富裕層・ウォー

2017年1月12日東洋経済新報社フィードバック数:0キャリアとスキル

「残業時間が少ない」トップ100社ランキング

「残業時間が少ない」トップ100社ランキング一番少ない会社は月の残業時間が1時間6分 残業時間が長くても、情報開示している企業は、そうでない企業よりも信頼できる(写真:プラナ / PIXTA) 「残業時間が少ない会社に入りたい」と思う学生は多いらしい。確かに最近、残業が多い会社は「ブラック企業」と批判され、若い社員に気を使って「残業を命じにくい」という中年上司も増えていると聞く。以前は長時間労働を推奨していた経営者の中にも、「残業をなくしていく」という方針に変えるケースが増えている。学生だけ

2017年1月12日東洋経済新報社フィードバック数:0キャリアとスキル

就活生注目!3年後離職率が低いトップ200社

就活生注目!3年後離職率が低いトップ200社平均31.9%、辞める新入社員が少ないのは? 新入社員が辞めない働きやすい会社はどこか。「3年後離職率」の低い会社をランキングで取り上げた (写真: EKAKI / PIXTA) いよいよ年の瀬、年末年始をゆっくり過ごす予定の学生も多いはずだ。年が明けると期末試験が始まり、あっという間に3月1日の採用広報解禁日を迎えることになる。とはいえ、今のところ1年先輩の就活を見て、「何とかなるはず」と楽観視している学生も多いだろう。3月以降は、説明会への参加

2016年12月25日東洋経済新報社フィードバック数:0企業情報システム

全上場企業3635社についてデジタル技術の活用状況を調査

全上場企業3635社についてデジタル技術の活用状況を調査

2016年12月19日東洋経済新報社フィードバック数:0社会/政治

痴漢検挙の82%が鉄道内だった!

独自調査、痴漢検挙の82%が鉄道内だった!情報開示でわかった車内・駅での被害実態 佐藤 裕一 : ジャーナリスト(回答する記者団/日本不審者情報センター) 警視庁がこの3年間に検挙した痴漢行為の多くは電車内や駅構内で発生していた(写真:Graphs / PIXTA) 2015年までの3年間(2013~2015年)に警視庁が検挙した痴漢行為のうち、約82%にあたる3079件が列車内と駅構内で発生していたことが、筆者の請求に応じて同庁が開示した痴漢や盗撮などの集計データから判明した。盗撮も列車

2016年12月9日東洋経済新報社★フィードバック数:0キャリアとスキル

生涯給料「全国トップ500社」ランキング

生涯給料「全国トップ500社」ランキングついに10億円超え企業が登場! 長期間にわたる積み上げという視点で給料を考えてみましょう(写真:わたなべ りょう / PIXTA) 今週後半からいよいよ12月。多くの企業や役所で冬のボーナス(賞与、一時金)がもらえる時期だ。今年の年収もだいたい確定するタイミングだ。一方で、給料は働いているかぎりずっともらい続けるものだ。短期的ではなく積み上げて考えてみないと、給料の本当の差は見えてこない。東洋経済オンラインはそんな問いへの答えを出すため、会社に新卒(2

2016年12月9日東洋経済新報社フィードバック数:0マーケティング

50~60代に好感度が高い企業・ブランド100

50~60代に好感度が高い企業・ブランド100トヨタが1位、上位には意外な名前も シニア世代の間におけるトヨタの好感度は圧倒的だ(撮影:尾形 文繁) 日常生活を送っていく中で、人はさまざまな商品やサービスを利用している。それを提供している企業やブランドを「認識」しているだけではなく、「好感を持っている」いう観点で見ると、意外な傾向が見て取れる。東洋経済オンラインがJNNデータバンクの協力を得て作成した「好感度が高い企業・ブランド『トップ200』」(10月23日配信)、「10~20代に好感度が

2016年12月9日東洋経済新報社フィードバック数:0キャリアとスキル

40歳年収「全国トップ500社」ランキング

40歳年収「全国トップ500社」ランキング1000万円超は36社、M&A関連が目立つ 上場企業の約半数が本社を置く東京の企業が目立つ(写真:HAKU / PIXTA) 12月まであと5日余り。多くの企業や役所で冬のボーナス(賞与、一時金)が支給される時期だ。今年の年収を決定づけるだけにその金額の多寡に一喜一憂するビジネスパーソンは少なくないだろう。東洋経済オンラインは上場企業約3600社を対象に各社の40歳社員の年収を推計。全国トップ500社のランキングを紹介する。10月26日に配信した「3

2016年11月24日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

驚愕!「社員が高齢化した」500社ランキング

驚愕!「社員が高齢化した」500社ランキング10年前から5歳超の高齢化は315社 うまく歳を取れている企業とそうでない企業に分かれます(写真:xiangtao / PIXTA) 日本企業の多くが、バブル期の大量採用により現在50歳前後に多くの従業員を抱えている。一方、1990年代後半~2000年代前半にかけては、日本が企業にとってかなり厳しい事業環境が続き、新卒採用を抑制する事態が起きた。その後はリーマンショックを経て、雇用環境は回復してきたものの、非正規雇用比率はかつてないほどまでに高まっ

2016年11月24日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

10~20代に好感度が高い企業・ブランド100

10~20代に好感度が高い企業・ブランド100LINEや任天堂、コカ・コーラなど強い 総合53位のLINEが10~20代ランキングでは上位に(撮影:梅谷 秀司) 日常生活を送っていく中で、人はさまざまな商品やサービスを利用している。それを提供している企業やブランドを「認識」しているだけではなく、「好感を持っている」いう観点で見ると、意外な傾向も見て取れたはずだ。前回のランキングは13~69歳の幅広い年代を総合した内容だったが、今度は10代、20代のそれぞれに絞った好感度ランキングをお届けしよう

2016年11月24日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

30~40代に好感度が高い企業・ブランド100

30~40代に好感度が高い企業・ブランド100やはりあのコンビニ大手、モスが強い モスバーガーはセブン-イレブンと同じく幅広い年代で好感度が高い(撮影:今井 康一) 日常生活を送っていく中で、人はさまざまな商品やサービスを利用している。それを提供している企業やブランドを「認識」しているだけではなく、「好感を持っている」いう観点で見ると、意外な傾向が見て取れる。東洋経済オンラインがJNNデータバンクの協力を得て作成した「好感度が高い企業・ブランド『トップ200』」(10月23日配信)、「10~

2016年11月24日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

「業績計画を増額した236社」ランキング

「業績計画を増額した236社」ランキング早くも「アップルペイ」で利益拡大した会社も アップルペイのような話題の新商品をきっかけに、自社の業績を飛躍させる会社もある(写真:ロイター/アフロ) 円高や国内消費の低迷などを受けて、企業業績の進捗度合いや通期決算の見通しがどのようになるか、株式市場でも注目が高まっている。中間決算(2016年4~9月)の発表シーズンにあった3月決算会社を対象に、9月から11月第1週までに行われた会社の発表を集計したところ、2017年3月期の営業利益計画を期初の計画に比

2016年11月6日東洋経済新報社フィードバック数:0キャリアとスキル

「30代社員が多い企業」ランキング100

「30代社員が多い企業」ランキング100「CSR企業総覧」で読み解く有望企業 「30代未満が多いオフィスは、明るく活気があることが多いので、新入社員にとっては馴染みやすい」(写真:KAORU / PIXTA) これまで50代、40代と、紹介してきた世代別比率ランキング。今回は仕事に慣れて各社の中核となっていく、30代の社員を対象にした「30代社員比率」をご紹介する。、でも説明しているが、どの世代の従業員が多いかは、単純な平均年齢だけではわからない。『CSR企業総覧』では30代、40代

2016年11月5日東洋経済新報社フィードバック数:0キャリアとスキル

30歳年収「全国ワースト500社」ランキングhttp://www.idc.com/getdoc.jsp?containerId=prUS41882816

30歳年収「全国ワースト500社」ランキング上場企業の社員でも300万円未満は74社 全国トップ500社とは様変わりの顔ぶれです(写真:bee / PIXTA) 東洋経済オンラインは上場企業約3600社を対象に各社の30歳社員の年収を推計。全国7地域(北海道・東北、東京除く関東、東京、中部、近畿、中国四国、九州沖縄)に分けてまとめた。企業や読者の一部から「トップ500でランキングをすると、まるで500位が低いように見える」「給料の高い会社ばかりではなく、高くない会社の情報も知りたい」という指

2016年11月5日東洋経済新報社フィードバック数:0キャリアとスキル

30歳年収「全国トップ500社」ランキング

30歳年収「全国トップ500社」ランキング1000万円超は10社、東京の企業目立つ 絶対数も含めて上位には東京に本社を置く有名企業が目立つ(写真:まちゃー / PIXTA) 東洋経済オンラインは上場企業約3600社を対象に各社の30歳社員の年収を推計。全国7地域(北海道・東北、東京除く関東、東京、中部、近畿、中国四国、九州沖縄)に分けてまとめた。『会社四季報』の本社欄に掲載した本社所在地が各地域の会社のうち単体従業員数が20人に満たない場合や平均賃金の発表がない企業は原則除いて集計した。各社

2016年11月1日東洋経済新報社★★フィードバック数:0マーケティング

好感度が高い企業・ブランド「トップ200」

好感度が高い企業・ブランド「トップ200」1位はセブン-イレブン、2位トヨタ 1位はあのコンビニ大手(撮影:梅谷 秀司) 日常生活を送っていく中で、人はさまざまな商品やサービスを利用している。意識するにせよ、しないにせよ、その裏側にはそれらを提供している企業がいる。テレビやネット、新聞、雑誌などで取り上げられていたり、広告を出していたりする企業・ブランドほど、消費者には認識されているだろう。一方、「認識」されているだけではなく、「好感を持っている」という観点で見るとどうだろうか。東洋経済オン

2016年10月4日東洋経済新報社フィードバック数:0キャリアとスキル

社員と役員の年収格差「東京都トップ500社」

社員と役員の年収格差「東京都トップ500社」1位すかいらーく89倍!10倍超は64社 田中 久貴 : 東洋経済データ事業局データベース営業部 トップはあの外食大手です(撮影:猪澤 顕明) 欧米では高額な役員報酬が社会的な問題として指摘されるが、日本企業でも近年は役員報酬が高額化している。東京商工リサーチによれば、2016年3月期決算企業で役員報酬1億円以上を受け取った役員は414人(昨年は413人)と過去最多に上った。東洋経済オンラインは、上場企業の役員報酬の平均額と従業員の平均賃金の格差

2016年10月4日東洋経済新報社フィードバック数:0社会/政治

最新通信簿!47都道府県「幸福度」ランキング

最新通信簿!47都道府県「幸福度」ランキング幸福度1位は福井県、もっとも不幸なのは? 最も幸福なのは北陸のこの街です(写真:Tomokazu / PIXTA) 『』(寺島実郎:監修、日本総合研究所:編)が東洋経済新報社より刊行された(7月29日発売)。各県知事・メディアが注目する「総合ランキング」についての解説を転載し、紹介する。なおランキングの詳細については書籍をご一読願いたい。「幸福」という概念は、一般的には主観的で相対的なものである。そのことを念頭に置きつつも、我々は地域に生きる人々の

2016年10月3日東洋経済新報社フィードバック数:0キャリアとスキル

就活生が選ぶ「印象の良い説明会」トップ50社

就活生が選ぶ「印象の良い説明会」トップ50社会社説明会での印象が就活行動に影響 15位にランクインした三井物産の会社説明会の様子。会社説明会の印象はその後の就活行動にも影響を与える(撮影:風間仁一郎) 就活生がナビサイトや企業HPを見て興味がわき、企業についてもっと知りたいと思ったら、企業が独自に開催する会社説明会(セミナーを含む)に参加するのが王道だ。そして参加した就活生は、どんな印象をもったのだろうか。HR総研は楽天「みんなの就職活動日記」と共同で、今年就職活動をしている2017年卒業予

2016年10月3日東洋経済新報社フィードバック数:0キャリアとスキル

年収増減「東京除く関東249社」ランキング

年収増減「東京除く関東249社」ランキング1位は212万円増、ワーストは249万円減 神奈川の中心地、横浜に本社を置く上場企業も多い(写真:gandhi / PIXTA) 東洋経済オンラインは、主要な上場企業が過去10年にわたってどれだけ従業員の平均年収を増減させたかを調査。全国のトップ500社、ワースト500社に続いて、本社所在地で見て全国7地域別(北海道・東北、東京除く関東、東京、中部、近畿、中国四国、九州沖縄)のランキングを作成した。これまで紹介した「東京都トップ500社」「東京都ワー

2016年9月27日東洋経済新報社フィードバック数:0キャリアとスキル

平均年収増減「中部地方321社」ランキング

平均年収増減「中部地方321社」ランキングファナック619万円増、200万円減の企業も 中部地方の要、名古屋市内の中心部(写真:天空のジュピター / PIXTA) 東洋経済オンラインは、主要な上場企業が過去10年にわたってどれだけ従業員の平均年収を増減させたかを調査。全国のトップ500社、ワースト500社に続いて、本社所在地で見て全国7地域別(北海道・東北、東京除く関東、東京、中部、近畿、中国四国、九州沖縄)のランキングを作成した。これまで紹介した「東京都トップ500社」「東京都ワースト30

2016年9月21日東洋経済新報社フィードバック数:0キャリアとスキル

平均年収が減った「東京都ワースト300社」

平均年収が減った「東京都ワースト300社」200万円減は10社、業績不振企業目立つ 新宿副都心。東京には日本の主要企業の本社が集積する(写真:まちゃー / PIXTA) この夏、あなたはどれぐらいのボーナス(賞与、一時金)をもらっただろうか。昨年夏から比べて増えた人、減った人――。業種・業態や企業ごとの事情などによってさまざまだろう。一部の規制産業を除いて、多くの企業が激しい競争にさらされる中、同じ会社にずっと勤めていても今の給与水準が保てるとは限らない。東洋経済オンラインは、主要な上場企業

2016年9月21日東洋経済新報社フィードバック数:0キャリアとスキル

「ビジネス・経済書」トップ200冊ランキング

「ビジネス・経済書」トップ200冊ランキング異例!5週連続でトップを守っているのは? 先週もっとも多く売れたビジネス・経済書をランキング!(写真:わたなべ りょう / PIXTA) 毎週月曜日夕方に配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは9月4~10日のランキングだ。なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している。首位はムーギー・キム氏の新著『最強

2016年9月19日東洋経済新報社フィードバック数:0キャリアとスキル

「有名企業への就職率が高い大学」ランキング

「有名企業への就職率が高い大学」ランキング大手企業400社への実就職率1位は「一橋大」 2016年版「有名企業400社の実就職率ランキング」で1位となった一橋大学(写真:route134 / PIXTA) 企業の旺盛な採用意欲に支えられ、来春大学や大学院を卒業する2017年卒業生の就活状況も好調だ。しかし大学生の売り手市場がいくら続こうと、日本の企業の1%に満たない大企業へのハードルは高く、一般的な大学から多くの就職者を出すことは難しい。そうした状況は、2016年卒業生を対象にした「有名企業

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
 

お知らせ