「水産庁」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年3月3日水産庁フィードバック数:0社会/政治

水産加工業者における東日本大震災からの復興状況アンケート(第4回)

ホーム報道発表資料水産加工業者における東日本大震災からの復興状況アンケート(第4回)の結果について プレスリリース水産加工業者における東日本大震災からの復興状況アンケート(第4回)の結果について水産庁は、水産加工関係団体の協力を得て実施した、青森県、岩手県、宮城県、福島県及び茨城県の水産加工業者における東日本大震災からの復興状況に関するアンケート調査の結果を取りまとめました。 1.概要 水産加工業者における東日本大震災からの復興状況を把握し、今後の施策推進につなげるため、平成28年11月14日

2017年2月15日水産庁★★フィードバック数:0社会/政治

太平洋クロマグロの資源管理の遵守・徹底に関する調査

プレスリリース太平洋クロマグロの資源管理の遵守・徹底に関する調査結果について水産庁は、沿海地区の全都道府県に対し太平洋クロマグロの資源管理の遵守・徹底に関する調査を行い、その結果を中間整理し、取りまとめましたので公表します。 1.経緯 我が国は中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)の国際合意に基づき、太平洋クロマグロの ・30キログラム未満の小型魚の漁獲上限を4,007トン ・30キログラム以上の大型魚の漁獲上限を4,882トン とし、漁獲管理に取り組んでいます。 このような中、昨年、長崎県で

2016年9月5日水産庁フィードバック数:0社会/政治

2016年IWC/日本共同北太平洋鯨類目視調査

プレスリリース「2016年IWC/日本共同北太平洋鯨類目視調査」の結果について我が国と国際捕鯨委員会(IWC)が共同で北太平洋海域において実施していた鯨類目視調査が8月30日(火曜日)に終了しました。1.調査の目的本調査は、国際捕鯨委員会(IWC(注1))の太平洋鯨類生態系調査プログラム(POWER(注2))に基づき、北太平洋海域の鯨類資源状況等を把握することを目的に、我が国とIWCが共同で実施しているものです。2010年から実施しており、今回が7回目の調査となります。2.調査の概要 (1)調査

2016年2月26日水産庁フィードバック数:0社会/政治

水産加工業者における東日本大震災からの復興状況アンケート(第3回)

ホーム > 報道発表資料 > 水産加工業者における東日本大震災からの復興状況アンケート(第3回)の結果について水産加工業者における東日本大震災からの復興状況アンケート(第3回)の結果について水産庁は、水産加工関係団体の協力を得て実施した、青森県、岩手県、宮城県、福島県及び茨城県の水産加工業者における東日本大震災からの復興状況に関するアンケート調査の結果を取りまとめました。 1.概要水産加工業者における東日本大震災からの復興状況を把握し、今後の施策推進につなげるため、平成27年11月12日か

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ