調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 石油天然ガス・金属鉱物資源機構

「石油天然ガス・金属鉱物資源機構」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

豪州の鉱業の状況について

豪州の鉱業の状況について

チリの鉱業の現状と課題

チリの鉱業の現状と課題

市場データです。

ILZSG鉛亜鉛需給予測、供給不足継続も2015年不足幅縮小

ILZSG鉛亜鉛需給予測、供給不足継続も2015年不足幅縮小 -2014年秋季国際鉛亜鉛研究会(ILZSG)報告(1)-  2014年10月16~17日、リスボンにて、国際鉛亜鉛研究会(ILZSG)の秋季定期会合が開催された。ILZSGは、1959年に国際連合により発足された国際機関で、現在はリスボンに事務局を置いている。鉛・亜鉛市場における透明性確立を目的とし、需給調査や経済動向など鉛・亜鉛市場に影響を与える分野の情報収集、分析、統計を行っており、春季、秋季の年2回定期会合を開催している。今

市場データです。

銅需給、2015年は5年ぶりの供給過剰に転じる-2014年秋季国際銅研究会(ICSG)需給予測-

銅需給、2015年は5年ぶりの供給過剰に転じる -2014年秋季国際銅研究会(ICSG)需給予測-  2014 年10月13日と14 日の2日間にわたって、リスボンにて国際銅研究会(ICSG)*の秋季定期会合が開催された。参加者は、ICSG加盟国や産業団体、企業、専門家等の約50名。14日に開催された統計委員会では、2013年から2016年までの銅需給バランスに関して、加盟国から提出された数値や中国の保税在庫の変動調整をベースに、専門家及び各国参加者により検証が行われた。本稿では主に2014年

ホンジュラス鉱業に関する最近の動き

ホンジュラスでは、2013年11月に大統領選挙が行われ、本年1月に新たにJuan Orlando Hernández大統領が就任した。新大統領は、前Porfirio Lobo Sosa大統領と同じ与党国民党に所属し、前政権時代にはホンジュラス議会議長として鉱業法改正の審議を取り仕切った実績を有する。このため、前政権時代に行われていた改正鉱業法に基づく鉱業施策を引き継ぎつつ、ポテンシャルがあると言われている鉱物資源の開発を積極的に促進する政策を実行することにより、主要産業を農業に依存する同国経済に

インドネシアにおける鉱石輸出禁止政策の動向(その4)-鉱物資源高付加価値義務化の概要-

インドネシアにおける鉱石輸出禁止政策の動向(その4) -鉱物資源高付加価値義務化の概要-< 前ジャカルタ事務所 現総務部人事課長 高橋健一 報告 > < 金属資源調査課 山本万里奈 報告 >  インドネシアでの新たな鉱業法となる「鉱物・石炭鉱業に関する法律」(2009 年法律第4 号。以下本稿では「新鉱業法」という。)が公布・施行された2009 年1 月から5 年が経過し、新鉱業法で新たに盛り込まれ、同国にとって重要な施策の一つである鉱物の高付加価値義務に関し、その施行期限となっていた201

インドネシアにおける鉱石輸出禁止政策の動向(その3)-鉱物資源高付加価値義務化の概要-

インドネシアにおける鉱石輸出禁止政策の動向(その3) -鉱物資源高付加価値義務化の概要-< 前ジャカルタ事務所 現総務部人事課長 高橋健一 報告 > < 金属資源調査課 山本万里奈 報告 >  インドネシアでの新たな鉱業法となる「鉱物・石炭鉱業に関する法律」(2009 年法律第4 号。以下本稿では「新鉱業法」という。)が公布・施行された2009 年1 月から5 年が経過し、新鉱業法で新たに盛り込まれ、同国にとって重要な施策の一つである鉱物の高付加価値義務に関し、その施行期限となっていた201

モーリシャス:アフリカ投資のゲートウェイ

モーリシャス:アフリカ投資のゲートウェイ ~Access Africa Mauritius 2014参加報告(1)~  2014 年6 月24 日~25 日、モーリシャス・バラクラバにてMines and Money主催の「Access Africa Mauritius 2014」が開催された。アフリカ及びアジアの各国から、資源企業、金融業、コンサルタント等、約100 名が参加した。10 数社がブース展示を行い約30 名が講演を行った。日本からはJOGMECロンドン事務所が参加し講演を行った。

アフリカ投資のリスク緩和手法

アフリカ投資のリスク緩和手法 ~Access Africa Mauritius 2014参加報告(2)~  2014 年6 月24 日~25 日、モーリシャス・バラクラバにてMines and Money主催の「Access Africa Mauritius 2014」が開催された。本稿では、アフリカ投資のリスク緩和手法に関する講演2 件について、概要を紹介する。 1.講演「アフリカにおけるリスクの緩和手法」(世銀グループ 国際金融公社、Sacha Backes氏)【国際金融公社とは】 国

ペルーの鉱業です。

ペルーの2013年の鉱業の動向

2014 年2 月にエネルギー鉱山省が公表した資料によると、ペルーの2013 年の輸出総額は41,826百万US$で2012 年に比べて約9.6%減少し、その内、鉱産物輸出額の合計は全体の55%に当たる23,030百万US$であり、2012 年に比べ12.6%の減少となった。一方で、鉱産物輸出額の8 割を占める銅、亜鉛、金の2013 年の鉱石生産量は、金を除き2012 年に引き続き増加した。  本稿では、これら主要鉱種について、エネルギー鉱山省により公表された2013 年の生産量とペルーの鉱業プ

中国、アセアン、欧州の動向が銅市場に与える影響

中国、アセアン、欧州の動向が銅市場に与える影響 ~2014年春季国際銅研究会(ICSG)参加報告~  2014 年3 月31 日~4 月1 日、ポルトガル・リスボンにて国際銅研究会(ICSG)春季会合の一連の会議が開催され、約20の国、国際機関、業界団体、資源メジャー、コンサルタント等から30 名ほどが参加した。日本からは、在ポルトガル大使館、日本鉱業協会、鉱山会社、商社、JOGMECロンドン事務所他が参加した。 今回のICSGにおいては、2014 年及び2015 年の鉱山生産、製錬、消費、需

ブラジルの2013年の鉱物資源生産および探査開発動向

ブラジルの2013 年の鉱物資源生産および探査開発動向  ブラジル国家鉱物生産局(DNPM: Departamento Nacional de Produção Mineral)は2014 年3 月に2013 年下期鉱物資源レポート(Informe Mineral julho/dezembro 2013)を公表した。同レポートには鉱物生産指数(IPM: Índice de Produção Mineral1)、鉱産物輸出入状況のほか、鉱業ロイヤルティ(CFEM:Compensação Fina

資源メジャーの決算のまとめです。

「資源ビジネスの最新動向」(1)資源メジャーの業績レビュー 2013

「資源ビジネスの最新動向」(1)資源メジャーの業績レビュー 2013

ニッケル需給、2014年にタイト化、長期的に供給不足へ

ニッケル需給、2014年にタイト化、長期的に供給不足へ -2014年春季国際ニッケル研究会(INSG)参加報告-  国際ニッケル研究会(INSG)は、国際非鉄3 研究会の中では国際鉛亜鉛研究会(ILZSG)に次いで2 番目に古い歴史を持つ研究会で、世界のニッケル市場の透明性の強化を目的に1991 年に国連の招請・勧告によって発足した国際機関である。現在、ニッケル生産国、消費国及び貿易国からなる14 か国及びEUが加盟している。事務局は、設立当初はオランダ・ハーグに、2006 年からポルトガル・

プレゼン資料です。

ニッケルの国内需給動向

ニッケルの国内需給動向

プレゼン資料です。

銅の国内需給動向

銅の国内需給動向

2013年金属鉱物資源分野の10大ニュース

JOGMEC調査部では、2013年の世界の金属鉱業情勢を概観し、金属鉱物資源分野における10大ニュースを次のとおり選定し、それらについてまとめた。NO.12013年も価格下落が続く NO.2インドネシア新鉱業法に基づく2014年1月からの高付加価値化義務政策の混迷 NO.3非鉄メジャー、ノンコア事業の資産売却続く NO.4国際ビジネスサミット(J-SUMIT)、日アフリカ資源大臣会合、TICADⅤ開催 NO.5Glencore とXstrata合併完了 NO.6南ア労働争議の混迷、白金族金属の生

インドネシア鉱業政策の現状と今後の展望 -鉱物資源高付加価値化義務実施の行方ー

インドネシア鉱業政策の現状と今後の展望 -鉱物資源高付加価値化義務実施の行方ー

EUとアフリカ ~今、何が起こっているのか~

EUとアフリカ ~今、何が起こっているのか~

習近平政権下の中国の金属・鉱物資源産業・政策の現状と課題

習近平政権下の中国の金属・鉱物資源産業・政策の現状と課題

豪州の鉱業の状況について

豪州の鉱業の状況について

鉱物資源と投資についてのまとまったレポートです。

パプアニューギニア独立国の投資環境調査 2013年

パプアニューギニア独立国の投資環境調査 2013年

鉱物資源と投資についてのまとまったレポートです。

ベトナム社会主義共和国の投資環境調査 2013年

ベトナム社会主義共和国の投資環境調査 2013年

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ