調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 科学技術・学術政策研究所

「科学技術・学術政策研究所」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

大学の工学領域の研究者による論文分析:工学部の状況や論文分析の限界も併せて

トップ » 調査研究成果公表 » 「大学の工学領域の研究者による論文分析:工学部の状況や論文分析の限界も併せて」[講演録-300]の公表について 「大学の工学領域の研究者による論文分析:工学部の状況や論文分析の限界も併せて」[講演録-300]の公表について当研究所は、2014年1月に講演会「大学の工学領域の研究者による論文分析:工学部の状況や論文分析の限界も併せて」(大阪大学大学院工学研究科)を開催し、講師(大阪大学大学院工学研究科の研究者)より、それぞれの専門領域の状況について論文分析を用いて

科学技術に対する意識、関心です。

国民の科学技術に対する関心と科学技術に関する意識との関連

トップ » 調査研究成果公表 » 「国民の科学技術に対する関心と科学技術に関する意識との関連」 [DISCUSSION PAPER No.108] の結果公表について 「国民の科学技術に対する関心と科学技術に関する意識との関連」 [DISCUSSION PAPER No.108] の結果公表について当研究所では、科学技術に関する国民意識の調査の一環として、国民の科学技術に対する関心の程度と科学技術に対する意識等との関連を把握するためアンケート調査(Web調査)を実施し、その結果を取りまとめました

化学技術、研究開発についてのデータです。

科学技術指標2014

「科学技術指標2014」[調査資料-229]の結果公表について当研究所は、我が国の科学技術活動を客観的・定量的データに基づき体系的に分析した「科学技術指標2014」を取りまとめました。詳細につきましては、以下のリンクより御覧ください。科学技術指標 専用ページはこちら

ポストドクター等の雇用・進路に関する調査-大学・公的研究機関への全数調査(2012年度実績)-速報版

トップ » 調査研究成果公表 » 「ポストドクター等の雇用・進路に関する調査-大学・公的研究機関への全数調査(2012年度実績)-速報版」の公表について 「ポストドクター等の雇用・進路に関する調査-大学・公的研究機関への全数調査(2012年度実績)-速報版」の公表について当研究所は、文部科学省 科学技術・学術政策局 人材政策課と連携して、日本国内の大学・公的研究機関1,518機関に対して、2012年度におけるポストドクター等¹の雇用・進路に関する調査を実施しました(回収率99.7%)。今回の調査

研究領域を視覚的に見られるようにマッピングしています。

サイエンスマップ2010&2012-論文データベース分析(2005年から2010年および2007年から2012年)による注目される研究領域の動向調査-

トップ » 調査研究成果公表 » サイエンスマップ2010&2012-論文データベース分析(2005年から2010年および2007年から2012年)による注目される研究領域の動向調査-[NISTEP REPORT No.159]の公表について サイエンスマップ2010&2012-論文データベース分析(2005年から2010年および2007年から2012年)による注目される研究領域の動向調査-[NISTEP REPORT No.159]の公表について当研究所では、論文データベース分析により国際的に

科学技術についての意識調査です。

科学技術に対する国民意識調査分析-科学技術関心度、ノーベル賞受賞関心度、日本の経済国際競争力の維持・向上への科学技術寄与期待度の統計分析-

トップ » 調査研究成果公表 » 「科学技術に対する国民意識調査分析-科学技術関心度、ノーベル賞受賞関心度、日本の経済国際競争力の維持・向上への科学技術寄与期待度の統計分析-」[DISCUSSION PAPER No.107]の公表について 「科学技術に対する国民意識調査分析-科学技術関心度、ノーベル賞受賞関心度、日本の経済国際競争力の維持・向上への科学技術寄与期待度の統計分析-」[DISCUSSION PAPER No.107]の公表について当研究所では、科学技術や学術に関する様々なデータを分

R&Dについての調査です。

民間企業の研究活動に関する調査2013速報

「民間企業の研究活動に関する調査2013速報」の公開について当研究所では、民間企業の研究開発活動に関する基礎データを収集し、科学技術イノベーション政策の立案・推進に資することを目的として、「民間企業の研究活動に関する調査」を実施しております。本調査の結果をとりまとめ、「民間企業の研究活動に関する調査2013速報」として公表いたします。なお、確報については2014年9月頃に公表を予定しています。本調査の実施に際し、多大な御協力を頂いた企業の皆様をはじめとする関係者の方々に心から感謝申し上げます。(

ポスドクの就職についての調査です。

ポストドクターの正規職への移行に関する研究

「ポストドクターの正規職への移行に関する研究」[DISCUSSION PAPER No.106]の公表について本報告書では、ポストドクターから任期のない正規の雇用(正規職)への移行状況及び移行パターンを、文部科学省 科学技術・学術政策局 基盤政策課で実施した『ポストドクター等の雇用・進路に関する調査-大学・公的研究機関への全数調査(2009年度実績)』の個票データを用いて明らかにしています。また、正規職への移行に関する要因分析により、どのような人が正規職に移行しやすいか等、詳しく検討を行いました

Global Innovation Indexの推移です。

INSEADにおけるグローバルイノベーションインデックス (GII) の変遷の調査

トップ » 調査研究成果公表 » INSEADにおけるグローバルイノベーションインデックス (GII) の変遷の調査[調査資料-228]の公表について INSEADにおけるグローバルイノベーションインデックス (GII) の変遷の調査[調査資料-228]の公表について当研究所では、日本のイノベーションの状況を測る指標を選択するための参考情報として、「INSEADにおけるグローバルイノベーションインデックス(GII)の変遷の調査」を取りまとめました。詳細につきましては、以下のリンクより御覧ください

科学技術研究についての調査です。

科学技術の状況に係る総合的意識調査(NISTEP定点調査2013)[NISTEP REPORT No.157, 158]

「科学技術の状況に係る総合的意識調査(NISTEP定点調査2013)」[NISTEP REPORT No.157, 158]の結果公表について当研究所では、第4期科学技術基本計画期間中の我が国における科学技術やイノベーションの状況変化を把握するため、産学官の研究者や有識者への意識定点調査(NISTEP定点調査)を2011年度より実施しています。このたび、3回目となるNISTEP定点調査2013の結果がまとまりました。報告書等データ集

『科学コミュニティとステークホルダーの関係性を考える』報告書

トップ » 調査研究成果公表 » 『科学コミュニティとステークホルダーの関係性を考える』報告書[DISCUSSION PAPER No.105-1.2.3]の公表について 『科学コミュニティとステークホルダーの関係性を考える』報告書[DISCUSSION PAPER No.105-1.2.3]の公表について『科学コミュニティとステークホルダーの関係性を考える』三分冊の報告書を取りまとめました。詳細につきましては、以下のリンクより御覧ください。第一報告書第二報告書第三報告書

企業の「イノベーション」についての調査です。

第3回全国イノベーション調査報告

「第3回全国イノベーション調査報告」[NISTEP REPORT No.156]の公表について当研究所では、経済協力開発機構(OECD)のイノベーション・データの収集と解釈のためのガイドラインであるオスロ・マニュアルに準拠して、民間企業のイノベーション(画期的な製品等の開発に限らず、自社にとって新しい製品等の導入も含む)活動の状況を把握することを目的に、全国イノベーション調査を実施しています。このたび、2009年度~2011年度における民間企業のイノベーション活動について2013年1月~2月に調

福井県における国立大学等と地域企業の連携に関する調査報告

トップ » 調査研究成果公表 » 「福井県における国立大学等と地域企業の連携に関する調査報告」[DISCUSSION PAPER No.99]の結果公表について 「福井県における国立大学等と地域企業の連携に関する調査報告」[DISCUSSION PAPER No.99]の結果公表について当研究所では、福井県を対象に国立大学等と地域企業との連携に関する調査を実施し、分析結果をまとめました。アンケート調査は福井大学 産学官連携本部 吉長重樹准教授が担当し、質問票の設計・分析は当研究所が担当しました。

岡山県における国立大学等と地域企業の連携に関する調査報告

トップ » 調査研究成果公表 » 「岡山県における国立大学等と地域企業の連携に関する調査報告」[DISCUSSION PAPER No.100]の結果公表について 「岡山県における国立大学等と地域企業の連携に関する調査報告」[DISCUSSION PAPER No.100]の結果公表について当研究所では、岡山県を対象に国立大学等と地域企業との連携に関する調査を実施し、分析結果をまとめました。アンケート調査は岡山大学 研究推進産学官連携機構 産学官連携本部長 大原晃洋教授と産学官融合センター長 藤

広島県における国立大学等と地域企業の連携に関する調査報告

トップ » 調査研究成果公表 » 「広島県における国立大学等と地域企業の連携に関する調査報告」[DISCUSSION PAPER No.101]の結果公表について 「広島県における国立大学等と地域企業の連携に関する調査報告」[DISCUSSION PAPER No.101]の結果公表について当研究所では、広島県を対象に国立大学等と地域企業との連携に関する調査を実施し、分析結果をまとめました。アンケート調査は広島大学 若手研究人材養成センター 川畑弘特任教授が担当し、質問票の設計・分析は当研究所が

企業のR&Dについての調査です。

民間企業の研究活動に関する調査報告2012

「民間企業の研究活動に関する調査報告2012」[NISTEP REPORT No.155]の結果公表について当研究所では、「民間企業の研究活動に関する調査報告2012」を取りまとめました。1968年度より本調査を実施しており、2012年度調査は、研究開発を行っている資本金1億円以上の企業を対象に2012年11月~12月に実施しました。集計された企業は1,434社(回収率44.3%)でした。2012年度調査では、民間企業の研究開発の実施から収益獲得までの一連の動向を把握することを目的として、各企業

中京圏(愛知県・岐阜県・三重県)における国立大学等と地域企業の連携に関する調査報告

トップ » 調査研究成果公表 » 「中京圏(愛知県・岐阜県・三重県)における国立大学等と地域企業の連携に関する調査報告」[DISCUSSION PAPER No.97]の結果公表について 「中京圏(愛知県・岐阜県・三重県)における国立大学等と地域企業の連携に関する調査報告」[DISCUSSION PAPER No.97]の結果公表について当研究所では、中京圏(愛知県・岐阜県・三重県)を対象に国立大学等と地域企業との連携に関する調査を実施し、分析結果をまとめました。アンケート調査は名古屋大学、名古

科学技術、研究開発についてのデータです。

科学技術指標2013

「科学技術指標2013」[調査資料-225]の結果公表について当研究所では、我が国の科学技術活動を客観的・定量的データに基づき体系的に分析した「科学技術指標2013」を取りまとめました。詳細につきましては、以下のリンクより御覧ください。

大学の基礎研究の状況をどう考えるか、これからどうすべきか? ―定点調査ワークショップ(2013年3月)より―

トップ » 調査研究成果公表 » 「大学の基礎研究の状況をどう考えるか、これからどうすべきか? ―定点調査ワークショップ(2013年3月)より―」[調査資料-224]の結果公表について 「大学の基礎研究の状況をどう考えるか、これからどうすべきか? ―定点調査ワークショップ(2013年3月)より―」[調査資料-224]の結果公表について当研究所では、第4期科学技術基本計画期間中の我が国の科学技術やイノベーションの状況を把握するために、産学官の有識者を対象とした意識調査(NISTEP定点調査)を実施

イベントによる盛り上がりを見ています。

自然科学イベントが国民の科学技術に関する意識に与える影響 -2012年の金環日食の影響-

トップ » 調査研究成果公表 » 「自然科学イベントが国民の科学技術に関する意識に与える影響 -2012年の金環日食の影響-」[調査資料-223]の結果公表について 「自然科学イベントが国民の科学技術に関する意識に与える影響 -2012年の金環日食の影響-」[調査資料-223]の結果公表について2012年5月21日、日本の広範囲において、多くの国民が非常に珍しい天体現象である金環日食を観察しました。この金環日食が国民の科学技術に関連する意識に与えた影響について把握するため、2012年6月、8月及

科学技術研究についての調査です。

科学技術の状況に係る総合的意識調査(NISTEP定点調査2012)

「科学技術の状況に係る総合的意識調査(NISTEP定点調査2012)」[NISTEP REPORT No.153, 154]の結果公表について科学技術政策研究所では、第4期科学技術基本計画期間中の我が国における科学技術やイノベーションの状況変化を把握するため、産学官の研究者や有識者への意識定点調査(NISTEP定点調査)を2011年度より実施しています。このたび、第2回目となるNISTEP定点調査2012の結果がまとまりました。自由記述簡易検索用データベースを用いるとNISTEP定点調査2011

論文についての統計的分析です。

科学研究のベンチマーキング2012 ―論文分析でみる世界の研究活動の変化と日本の状況―

トップ » 調査研究成果公表 » 「科学研究のベンチマーキング2012 ―論文分析でみる世界の研究活動の変化と日本の状況―」[調査資料-218]の結果公表について 「科学研究のベンチマーキング2012 ―論文分析でみる世界の研究活動の変化と日本の状況―」[調査資料-218]の結果公表について科学技術政策研究所では、研究活動結果の公表媒体である学術論文(以下、論文)に着目し、我が国の科学研究のベンチマーキングを行いました。具体的には、個別指標(1.論文数、2.Top10%補正論文数、3.被引用数)

大学・公的研究機関における在籍研究人材に関する情報把握の実態調査

トップ » 調査研究成果公表 » 「大学・公的研究機関における在籍研究人材に関する情報把握の実態調査 ―博士人材データベース構築のための基礎調査―」[NISTEP NOTE(政策のための科学) No.5]の結果公表について 「大学・公的研究機関における在籍研究人材に関する情報把握の実態調査 ―博士人材データベース構築のための基礎調査―」[NISTEP NOTE(政策のための科学) No.5]の結果公表について科学技術政策研究所では、文部科学省の科学技術イノベーション政策における「政策のための科学

研究開発投資の経済的・社会的波及効果の測定についての海外動向に関する調査

トップ » 調査研究成果公表 » 「研究開発投資の経済的・社会的波及効果の測定についての海外動向に関する調査」[調査資料-219]の結果公表について 「研究開発投資の経済的・社会的波及効果の測定についての海外動向に関する調査」[調査資料-219]の結果公表について科学技術政策研究所では、文部科学省の科学技術イノベーション政策における「政策のための科学」推進事業の一環として、研究開発投資の経済的・社会的波及効果の測定手法についての海外動向に関する調査を行っています。近年、欧米諸国では国や地域の競争

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ