調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 経済協力開発機構

「経済協力開発機構」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年10月24日経済協力開発機構★★フィードバック数:0ビジネス

OECDデジタル経済アウトルック2017年版 (OECD Digital Economy Outlook 2017)

デジタル経済の可能性はアクセスと利用性の不平等に阻まれるOECD – パリ、2017年10月11日デジタル技術は目を見張るほどの進歩を続けています。インターネットインフラは日進月歩で、デジタルツールの利用も増加しています。デジタルイノベーションが社会に及ぼす影響も、多様な分野でさらに明かになってきました。しかし、進歩は各国間、企業間、そして社会の内部でも一様ではありません。デジタルを利用する機会が拡大し、それに後れた人々が追いつけるよう手を差し伸べることで、デジタル転換の便益を増し、それを経済全

2017年5月4日経済協力開発機構フィードバック数:0ライフスタイル

生徒の幸福度:PISA2015調査結果 (Students’ Well-Being: PISA 2015 Results)

Tokyo Centre › ニュースルーム › ほとんどの10代の若者は自分の生活に満足しているが学業に不安を覚えており、いじめが問題になっている ほとんどの10代の若者は自分の生活に満足しているが学業に不安を覚えており、いじめが問題になっている OECD-ロンドン、2017年4月19日OECD PISAによる生徒の幸福度に関する初の調査によると、10代の若者で学校の一員であると感じ、親や教師と良好な関係を築いている生徒は、学業成績も良く幸福だと感じる傾向が強く見られます。「生徒の幸福度:PI

2017年2月24日経済協力開発機構★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

OECD broadband statistics update

OECD broadband statistics updateParis, 22 July 2020 Mobile data usage is growing rapidly in the OECD area. From January to December 2019, it increased by more than 25% in 24 of the 35 OECD countries for which data were available, according to an upda

2016年12月17日経済協力開発機構フィードバック数:0社会/政治

PISA2015調査

シンガポールが1位 - OECD PISA学力調査学校制度の質、公平性、効率を評価するOECDのPISA調査の最新結果によると、シンガポールの成績が世界の他の国々を凌ぎ、トップになりました。OECD加盟国で最も成績が良かったのは、日本、エストニア、フィンランド、カナダでした。OECDのPISA2015調査は、世界72か国・地域の15歳の生徒約54万人を対象に、科学、読解力、数学、共同作業による問題解決の能力をテストしたものです。今回は、今日の経済社会で重要性が高まっている科学的リテラシーに焦点を

2015年6月26日経済協力開発機構★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

OECDのレポートです。

エネルギー利用への課税2015(Taxing Energy Use 2015)

エネルギー税はエネルギー利用が環境に与える影響からずれている2015年6月25日各国政府は、エネルギー利用の環境コストを削減するためのツールとして課税を利用するということがまだ十分にできていません。また、気候変動や大気汚染の原因となっている温室効果ガス排出の主要因に対する攻撃も弱めています。「エネルギー利用への課税2015(Taxing Energy Use 2015)」は、世界の41カ国におけるエネルギー利用(これが世界のエネルギーの80%を占める)に対する課税を比較しています。OECDによる

2015年6月25日経済協力開発機構フィードバック数:0社会/政治

低金利が年金と保険の支払い能力(ソルベンシー)を脅かす

低金利が年金と保険の支払い能力(ソルベンシー)を脅かす2015年6月24日OECDの最新レポートによると、現在の低金利環境は、年金基金や生命保険会社の長期的な財政的実効性に大きなリスクをもたらします。なぜなら、これらの機関は約束に見合った十分なリターンを求めるからです。今回が創刊となる「OECD企業・金融アウトルック」は、年金基金と生命保険会社は、金利が高かった時に保険契約者や信託受益者に対して約束したレベルのリターンを守るために「利回り追求」にのめり込む可能性があるということを主な懸念としてあ

2015年6月18日経済協力開発機構★フィードバック数:0ライフスタイル

OECDのレポートです。

Cardiovascular Disease and Diabetes: Policies for Better Health and Quality of Care

OECDによると、糖尿病と肥満の増加が心疾患への取り組みの進展を脅かす2015年6月17日最新のOECD報告書によると、以前と比べ脳卒中や心臓発作で死亡する人は少なくなった一方、特に若者の間における肥満及び糖尿病の増加が、死亡率を増加させようとしています。Cardiovascular Disease and Diabetes: Policies for Better Health and Quality of Careによると、心疾患の予防と治療の進歩により、過去50年間でOECDにおける死亡率

2015年6月18日経済協力開発機構★フィードバック数:0社会/政治

OECDのレポートです。

金融とインクルーシブな成長(Finance and Inclusive Growth)

金融セクターはインクルーシブな成長を推進すべき2015年6月17日最新のOECD研究によると、現代経済でキーとなる要素は金融ですが、金融活動が多すぎても経済成長を阻み所得格差を悪化させます。最新のOECDレポート「金融とインクルーシブな成長(Finance and Inclusive Growth)」は、異なる種類の金融が今後一層の拡大を続けた場合に経済活動や不平等に与える様々な影響を、過去50年のデータを基に分析したものです。キャサリン・マンOECDチーフ・エコノミストは、ロンドンで本研究を発

2015年5月31日経済協力開発機構★フィードバック数:0キャリアとスキル

OECDのレポートです。

OECD技能アウトルック2015

OECDによると、各国政府は若者の失業に取り組むべく一層の努力をすべき2015年5月27日16~29歳のニート(就学、就労、職業訓練のいずれも行っていない者)は、OECD諸国全体で3500万人を超えています。概して若者は、働き盛りの世代とくらべて2倍失業しやすいことがわかっています。OECDの最新レポートは、各国政府は若者がワークライフの良いスタートをきれるように、就職において支援すべきであると述べています。OECD技能アウトルック2015によると、OECD各国におけるニート人口の約半数は就学も

2015年5月22日経済協力開発機構★フィードバック数:0社会/政治

OECDのレポートです。

格差縮小に向けて(In it together: Why Less Inequality Benefits All)

Tokyo Centre › ニュースルーム › OECDによると、職の質向上と男女格差の縮小に努めることが拡大する格差是正につながるOECDによると、職の質向上と男女格差の縮小に努めることが拡大する格差是正につながる2015年5月21日多くのOECD加盟国において所得格差は史上最大レベルに達しており、多くの新興経済においては特に高いレベルを維持しています。OECDによると、現在、OECD諸国の人口の上位10%の富裕層は下位10%の貧困層の9.6倍の所得があり、これは1980年代の7倍、2000

2015年5月14日経済協力開発機構★フィードバック数:0キャリアとスキル海外

OECDによる教育についてのレポートです。

Universal Basic Skills

Universal Basic SkillsWhat Countries Stand to Gain While access to schooling has expanded around the world, many countries have not realised the hoped-for improvements in economic and social well-being. Access to education by itself is an incomplete

2015年5月13日経済協力開発機構★フィードバック数:0社会/政治

OECDのレポートです。

有害なアルコール摂取への取り組み

Tokyo Centre › ニュースルーム › OECDは、有害な飲酒がもたらす高いコストに取り組むことができるよう、各政府に対して行動を提言。OECDは、有害な飲酒がもたらす高いコストに取り組むことができるよう、各政府に対して行動を提言。2015年5月12日有害な飲酒は、多くのOECD加盟国において若者や女性を中心に増加傾向にあります。最新のOECD報告書によると、その要因としては、アルコールへのアクセスがしやすくなったこと、より安価になったこと、より効果的な広告が広がっていること、などがあ

2015年5月1日経済協力開発機構★フィードバック数:0社会/政治

高齢化についてのレポートです。

「都市における高齢化」報告書

「都市における高齢化」報告書

2015年4月16日経済協力開発機構★フィードバック数:0社会/政治

OECDのレポートです。

アベノミクスの第三の矢こそ日本経済を再生させる鍵

アベノミクスの第三の矢こそ日本経済を再生させる鍵2015年4月15日, 東京最新のOECD対日経済審査によると、日本経済は成長に回帰することが期待されるが、より画期的な回復、長期的な財政安定化の確保、そして主要OECD加盟国との間に格差が出ている生活水準を改善するためには抜本的な構造改革が必要です。アンヘル・グリアOECD事務総長が東京で発表した本報告書は、経済再生とデフレ脱却を遂げるためのアベノミクスのインパクト(つまり継続する政府の大胆な金融政策、柔軟な財政政策、そして改革に後押しされた成長

2015年3月28日経済協力開発機構★フィードバック数:0社会/政治海外

OECDのレポートです。

OECD中国経済審査

Tokyo Centre › ニュースルーム › 中国をより緩やかで持続可能、包括的な成長をもたらす「ニューノーマル」時代に落ち着かせることができるのは構造改革である中国をより緩やかで持続可能、包括的な成長をもたらす「ニューノーマル」時代に落ち着かせることができるのは構造改革である2015年3月20日, 北京30年もの驚異的な経済発展を遂げ、中国は今、より緩やかで持続可能な成長へと切り替えています。最新のOECD中国経済審査によると、今後の成長が強靭、包括的でグリーンであるためには、一層の改革が

2015年3月28日経済協力開発機構フィードバック数:0社会/政治海外

OECDインドネシア経済審査

Tokyo Centre › ニュースルーム › OECDによると、持続可能で包括的な成長を確保すべく、インドネシアは改革加速化と人材への投資をすべきOECDによると、持続可能で包括的な成長を確保すべく、インドネシアは改革加速化と人材への投資をすべき2015年3月25日, パリインドネシア経済は、過去15年間ほど、強く安定した成長を遂げました。その結果、大幅な貧困削減や生活水準の向上につながりました。しかし、最新のOECDインドネシア経済審査によると、より高所得な経済に移行するには、多くの課題が

2015年3月28日経済協力開発機構★フィードバック数:0社会/政治

OECDのレポートです。

OECD中間経済審査

Tokyo Centre › ニュースルーム › OECDによると、石油価格の低迷と金融緩和により、世界経済は緩やかな回復を始めているOECDによると、石油価格の低迷と金融緩和により、世界経済は緩やかな回復を始めている2015年3月18日, パリ最新のOECD中間経済審査によると、石油価格の低迷と金融緩和が世界の主要経済の成長を引き起こしているものの、短期的な成長ペースは緩やかなままで、異常に低いインフレと利率が金融不安定のリスクを示しています。アメリカでは強い内需が成長を押し上げており、さらに

2015年2月11日経済協力開発機構★フィードバック数:0社会/政治

OECDのレポートです。

成長へ向けて 2015年版

OECDによると、野心的な改革が強固かつ包括的な成長への道を創りだす2015年2月9日, イスタンブール最新のOECD報告書「成長へ向けて 2015年版」によると、広範な政策分野を網羅する包括的な改革政策を実施できる明確かつ計画的な行動こそが、脆弱な需要を活性化する機会を政府に提供し、健全な経済成長を回復させ、雇用を生み出し、その利益が社会全体に分配されることを確実にできます。本報告書は、各国の2013年以降の改革ペースを審査・比較し、より包括的な成長を回復するために必要な新たな優先事項を特定し

2015年1月21日経済協力開発機構★フィードバック数:0社会/政治

OECDのレポートです。

教育政策アウトルック2015年版:改革実現に向けて

OECDによると教育改革の成功は監査不足により脅かされている2015年1月19日, パリ世界各国の政府にとって、自国の教育制度の改善は喫緊の課題です。支出増加は、例えば恵まれない子供を支援したり、教員への投資に使われたり、研修の向上に使われています。しかし、OECDによると、これら改革の成果に対する評価が全体的に欠けています。「教育政策アウトルック2015年版:改革実現に向けて」によると、新しい政策が適用されると、そのフォローアップがなされていません。2008から2014年の間に適用された450

2014年12月11日経済協力開発機構★フィードバック数:0社会/政治

OECDの税金についてのレポートです。

税収は危機後から回復しているものの、税収構造では各国間で大きな違いが見られる

Tokyo Centre › ニュースルーム › OECDによると税収は危機後から回復しているものの、税収構造では各国間で大きな違いが見られるOECDによると税収は危機後から回復しているものの、税収構造では各国間で大きな違いが見られる2014年12月10日OECDの最新報告書によると、先進国の間では、世界金融危機以降初めてとなる高レベルの租税負担と税収となりましたが、税収構造は各国で大きく違うことがわかりました。「税収統計2014年版」によると、租税負担率は、OECD平均で2011年の33.3%

2014年12月9日経済協力開発機構フィードバック数:0社会/政治

所得格差は経済成長を損なう

OECDによると、所得格差は経済成長を損なう2014年12月9日最新のOECD分析によると、所得格差を是正すれば、経済成長は活性化されるでしょう。所得格差の縮小している国は所得格差が拡大している国より速く成長すると分析しています。成長にとって最大の問題は、下位中間層及び貧困世帯とそれ以外の社会層との格差が拡大していることです。重要なのは教育で、格差が成長を損なう主な要因は貧困層の教育投資不足です。アンヘル・グリアOECD事務総長は「この説得力あるデータは、大きく、さらに拡大しつつある格差問題に取

2014年12月9日経済協力開発機構フィードバック数:0社会/政治

OECD年金アウトルック2014

OECDによると、人口動態の変化や世界経済の停滞が年金制度に圧力となる2014年12月8日最新のOECD報告書によると、世界経済の低迷を背景とした低成長、低金利、低投資収益率(運用利回り)が、公的、私的を問わず、年金制度に深刻な問題をもたらしています。OECDの新報告書によると、人口が高齢化するにつれ、退職後に十分な所得を確保するためには、年金への拠出金の増額や、退職年齢の先延ばしなどの必要に迫られます。『OECD年金アウトルック2014』によれば、危機を受けて、大半の国々は年金制度の持続可能性

2014年12月2日経済協力開発機構★フィードバック数:0社会/政治

贈賄についてのレポートです。

OECDの最新レポートにより国際的贈賄の規模が明らかになる

OECDの最新レポートにより国際的贈賄の規模が明らかになる2014年12月2日外国贈賄及び腐敗に係るコストに関するOECDの最新分析によると、ほとんどの国際的贈賄は大企業により払われており、通常幹部クラスも承知していることがわかりました。今回分析したケース(計427件の事件)の中で、賄賂は平均で取引総額の10.9%、利益の34.5%に等しい額で、賄賂1件につき1380万米ドルに等しくなっています。しかし、腐敗した取引の背景は明らかにならず複雑であることからも、OECDは氷山の一角に過ぎないと指摘

2014年12月2日経済協力開発機構★フィードバック数:0社会/政治

OECDのレポートです。

国際移民アウトルック2014年版

OECDによると、移民トレンドの変化に対応する政策改革が必要2014年12月1日金融危機の影響で減少していた移民の動きが回復し、EU内では多くの人が移動し、OECD加盟国での移民登録が増加しています。OECD各国への高度スキルを持った移民の移動のほか人道的背景の移民も増加しています。OECDの最新報告書によると、このように移民の数・背景が変化する中で各国は移民政策を順次適応させる必要があります。国際移民アウトルック2014年版によると、OECD諸国への永住型移民フローは回復し始めており、新規の永

2014年11月30日経済協力開発機構★フィードバック数:0ライフスタイル

OECDのレポートです。

図表で見る医療 アジア・太平洋 2014年 - 国民皆保険に向けた進展の評価

Tokyo Centre › ニュースルーム › OECDによると、多くのアジア・太平洋の国々は医療の手頃なアクセスを向上させる必要があるOECDによると、多くのアジア・太平洋の国々は医療の手頃なアクセスを向上させる必要がある2014年11月27日アジア・太平洋地域のほとんどの国は、より多くの人々が手頃で良質の医療にアクセスできるようにするために努力を重ねなければならなりません。最新のOECD報告書によると、高額なために、医師の診察を受ける許可を得るのが困難なために、または地方での医療提供者不足

2014年11月14日経済協力開発機構フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

OECD科学技術産業アウトルック2014年版

科学技術の支出において、中国が、日本・EU・アメリカを追い越す見込み2014年11月12日, パリ日本、EU、アメリカにおけるR&D予算が減少していることから、これらの国における科学技術研究、特許申請、科学的な出版物に対するプライオリティが低くなってきていることが窺えます。その一方でOECD最新報告書によると、中国はR&D支出において2019年頃には日米EUなどを追い抜き世界トップになることが予測されています。OECD科学技術産業アウトルック2014年版によると、ほとんどのOECD加盟国政府や企

2014年11月14日経済協力開発機構フィードバック数:0社会/政治海外

東南アジア、中国、インド経済アウトルック

Tokyo Centre › ニュースルーム › 新興アジアでは中期的には、堅調な成長が見込まれるものの、長期的には改革を遂行する“制度”の質を強化する改革が不可欠新興アジアでは中期的には、堅調な成長が見込まれるものの、長期的には改革を遂行する“制度”の質を強化する改革が不可欠2014年11月13日, ネピドー, ミャンマーOECD開発センターは、新たに公表した年次報告書「東南アジア、中国、インド経済アウトルック2015」で、OECD加盟国の成長が引き続き緩やかな成長を示す中、新興アジア諸国は中

2014年11月12日経済協力開発機構★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

OECDのレポートです。

東南アジアのグリーン成長

OECDによると、東南アジアはより環境に配慮した成長モデルへの転換が必要2014年11月11日、OECDインドネシア・ジョグジャカルタ 発東南アジアでは、経済成長の実現のために石油、ガス、鉱物、木材などの天然資源に過度に依存しています。この度OECDが発表した「東南アジアのグリーン成長」によると、こうした状況は環境破壊を引き起こしているだけでなく、将来的に見ても持続不可能であり、適切な対策が打たれない限り、今後の成長に悪影響を及ぼすことになります。本報告書によると、東南アジアでは天然資源からもた

2014年9月10日経済協力開発機構★フィードバック数:0社会/政治

OECDのまとめです。

図表で見る教育

先進国において教育の流動性は鈍化し始めている2014年9月9日全世界的に教育へのアクセスは拡大している一方、高等教育を修了した成人とその他の社会経済的格差は拡大しています。最新のOECD報告書は、全ての人が早い段階から良い教育を受ける機会が与えられることが必要として、各国政府には一層の取り組みを呼びかけました。図表で見る教育2014によると、先進国で教育における世代間の流動性が鈍化し始めています。両親よりも低い教育段階を修了している人は、55-64歳で9%、35-44歳で12%、25-34歳で1

2014年9月4日経済協力開発機構★フィードバック数:0キャリアとスキル

OECDの調査です。

OECD Employment Outlook 2014

雇用の回復は、2015年も弱い2014年9月3日ほとんどのOECD諸国で、失業率は2014年後半から2015年にかけて徐々に下がるものの、2015年も金融危機以前の水準を上回る見込みだと、OECD雇用アウトルック2014は述べています。それによると、OECD地域全体の平均失業率は今後18か月で漸減し、2014年半ばの7.4%から2015年末には7.1%になります。これはほぼ4,500万人が失業していることになり、金融危機前よりも1,210万人多い状態です。世界全体で見ると、推定で2億200万人が

2014年8月20日経済協力開発機構★フィードバック数:0大型消費/投資海外

OECDの調査です。

PISA2012金融リテラシー調査

PISAKey findingsPISA 2012 Results: Students and Money (Volume VI)This sixth volume of PISA 2012 results examines 15-year-old students’ performance in financial literacy in the 18 countries and economies that participated in this optional assessment.

2014年7月3日経済協力開発機構★フィードバック数:0社会/政治

グローバルでの政策課題についてのレポートです。

今後数十年で所得格差の拡大により世界の成長は鈍化する

OECDによると、今後数十年で所得格差の拡大により世界の成長は鈍化する2014年7月2日最新のOECD報告(「今後50年間の政策課題」)は、2060年の世界展望を示しており、それによると、今後世界経済成長の鈍化や所得格差の拡大が予測されます。高齢化及び新興国の緩やかな失速により、世界の成長率は2010~2020年の3.6%から2050~2060年には2.4%へと鈍化し、イノベーションや技能投資に益々牽引されるようになります。「今後50年間の政策課題」によると、二酸化炭素排出量の増加を抑制しない限

2014年6月26日経済協力開発機構フィードバック数:0社会/政治海外

OECD launches interactive website on regional well-being

OECD launches interactive website on regional well-being24/06/2014 - Life expectancy, air quality, safety and other indicators of well-being can vary dramatically within countries, depending on which region you live in. Looking beyond national averag

2014年6月26日経済協力開発機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

The OECD Teaching and Learning International Survey (TALIS) - 2013 Results

The OECD Teaching and Learning International Survey (TALIS) - 2013 Results TALIS 2013 Results: An International Perspective on Teaching and LearningWho are today's teachers and what drives them?The best education systems need competent, motivated tea

2014年3月20日経済協力開発機構★フィードバック数:0社会/政治

OECDのレポートです。

図表で見る社会 2014

不平等と社会の分裂に対処する行動が早急に求められる2014/03/18所得不平等と社会の分裂が高まっており、政府が社会で社会的弱者への支援を早急に増やす方策を取らない限り、その状態が固定化してしまうと、OECDの新報告書、「図表で見る社会 2014」は述べています。本報告書によると、世界経済は徐々に改善しているものの、多くの国で取られている中期的な緊縮財政措置により、経済危機が原因で社会から脱落した人々を救済することが困難になると見られています。障害者、家族、失業者などへの給付に充てられる公的支

2014年2月23日経済協力開発機構フィードバック数:0社会/政治

成長へ向けて Going for Growth

23 July 2020 アジア太平洋地域では、2018年に税収の対GDP比の上昇と国内の歳入増加の取り組みが好調に進展していましたが、税収は新型コロナウイルスのパンデミックの打撃を受けると見られています。 16 July 2020 世界的な新型コロナウイルスのパンデミックとの闘いは、労働市場や投入産業(input industries)、農業生産、食品加工、交通、物流、さらに食料と食品サービスへの需要の変化などの弱点と相まって、世界の食糧供給網において空前の不確実性の原因となっています。

2013年12月4日経済協力開発機構★フィードバック数:0ライフスタイル

グローバルでの学習到達度調査です。

PISA2012調査

31 July 2020 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的な大流行)の影響により、 新興アジア諸国経済は、平均でマイナス2.9% の低成長が見込まれています。東南アジア諸国連合(ASEAN)10カ国、中国、インドの国々では、ほとんどの国で記録的な低成長が予測されています。 23 July 2020 アジア太平洋地域では、2018年に税収の対GDP比の上昇と国内の歳入増加の取り組みが好調に進展していましたが、税収は新型コロナウイルスのパンデミックの打撃を受ける

2013年11月27日経済協力開発機構★フィードバック数:0大型消費/投資

OECDのレポートです。

図表でみる年金2013

23 July 2020 アジア太平洋地域では、2018年に税収の対GDP比の上昇と国内の歳入増加の取り組みが好調に進展していましたが、税収は新型コロナウイルスのパンデミックの打撃を受けると見られています。 16 July 2020 世界的な新型コロナウイルスのパンデミックとの闘いは、労働市場や投入産業(input industries)、農業生産、食品加工、交通、物流、さらに食料と食品サービスへの需要の変化などの弱点と相まって、世界の食糧供給網において空前の不確実性の原因となっています。

2013年11月17日経済協力開発機構★フィードバック数:0社会/政治

OECDによるGovernment at a Glanceです。

Governments can do more to regain trust, says OECD report

Governments can do more to regain trust, says OECD report14/11/2013 - The global economic crisis has undermined trust in government. Today only four out of ten citizens in OECD countries say they have confidence in their national authorities. Not sur

2013年7月18日経済協力開発機構フィードバック数:1キャリアとスキル

OECD雇用アウトルック2013

1 July 2020 未曾有のパンデミックに対処するために、OECDでは特設ウェブサイト Digital Hub on Tackling the Coronavirus (COVID-19) を開設し、新型コロナウイルスの影響・対策に関してこれまでに100件以上の政策提言を発表してきました。このたび、そのウェブサイトの日本語版を新たに開設し、各種コンテンツの一部が日本語でもご利用いただけるようになりました。 16 July 2020 世界的な新型コロナウイルスのパンデミックとの闘いは、労働

2013年6月26日経済協力開発機構★フィードバック数:14ライフスタイル

グローバル調査です。

図表でみる教育2013

23 July 2020 アジア太平洋地域では、2018年に税収の対GDP比の上昇と国内の歳入増加の取り組みが好調に進展していましたが、税収は新型コロナウイルスのパンデミックの打撃を受けると見られています。 16 July 2020 世界的な新型コロナウイルスのパンデミックとの闘いは、労働市場や投入産業(input industries)、農業生産、食品加工、交通、物流、さらに食料と食品サービスへの需要の変化などの弱点と相まって、世界の食糧供給網において空前の不確実性の原因となっています。

2011年4月14日経済協力開発機構フィードバック数:15社会/政治

図表でみる社会2011

31 July 2020 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的な大流行)の影響により、 新興アジア諸国経済は、平均でマイナス2.9% の低成長が見込まれています。東南アジア諸国連合(ASEAN)10カ国、中国、インドの国々では、ほとんどの国で記録的な低成長が予測されています。 23 July 2020 アジア太平洋地域では、2018年に税収の対GDP比の上昇と国内の歳入増加の取り組みが好調に進展していましたが、税収は新型コロナウイルスのパンデミックの打撃を受ける

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ