調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 経済産業研究所

「経済産業研究所」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2014年7月23日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

米国製造業の回復:単なる上昇局面か、ルネサンスか?

世界の視点から 米国製造業の回復:単なる上昇局面か、ルネサンスか?2008-09年の世界同時不況後に製造業生産が堅調に回復したため、アナリストや政策立案者は製造業に再び関心を寄せている。本稿では、詳細にデータを検討した結果、米国が製造業ルネサンスを迎えているという主張には根拠がないことを示す。その一方、今後の米国経済全体の成長において製造業の寄与が大きくなることを裏付ける要因も存在する。 米国の「製造業ルネサンス」についてのエピソードが増える中、米国の国内総生産 (GDP) や世界の工業生産にお

2014年7月16日経済産業研究所★フィードバック数:0大型消費/投資

セミナー資料です。

決済システムの未来

決済システムの未来小田 圭一郎 (RIETI上席研究員・研究コーディネーター(研究調整担当)) 決済サービスのエンドユーザーの経済活動は、スマートフォン等によるITユビキタス化、グローバルサプライチェーンの形成等により、急速な変革を示している。経済社会の基礎的インフラである決済システムも、この流れに沿って革新させていかねばならない。こうした動きは、欧州等ではすでに現実のものとなっており、米国も追随する動きを示している等、急速に進展している。わが国においても、中核的インフラである日銀ネットの更改な

2014年7月16日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

今後50年の世界経済展望

今後50年の世界経済展望玉木 林太郎 (経済協力開発機構(OECD)事務次長(兼)チーフエコノミスト) 藤井 敏彦 (RIETIコンサルティングフェロー/経済産業省通商政策局通商政策課長) OECDは、現在世界共通となっている経済・社会問題が継続された場合の今後50年の世界経済展望を発表します。今後の各国の成長戦略や持続可能な環境政策にいかなる影響を与え得るか。世界貿易は今後いかなる変革を遂げるのか。グローバル化の進行が我々の経済に対する考えを変えることとなるのか。少子高齢化の中では知識ベースの

2014年7月2日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

奨学金の制度変更が進学行動に与える影響

奨学金の制度変更が進学行動に与える影響 佐野 晋平(千葉大学) /川本 貴哲(百五銀行) 概要本稿は日本学生支援機構奨学金の制度変更により、新たに奨学金を受けることが可能となった層に注目し、制度変更に直面した高校卒業者の大学進学確率が上昇したかどうかを検証した。1999年に日本学生支援機構の奨学金制度が変更されたが、その変更の1つに奨学金申請のための収入基準額の変更がある。具体的には、それまで生活保護地域1級地に相当するA級地の基準額は、2級地以下に相当するB級地の基準額より高く設定されて

2014年7月2日経済産業研究所★フィードバック数:0キャリアとスキル海外

統計分析を行っています。

拡大する中国人労働者の国際移動

拡大する中国人労働者の国際移動『日本再興戦略』と外国人労働者の受け入れ政府は6月24日、『日本再興戦略』改訂2014を閣議決定した。外国人技能実習制度の見直し、2020年東京オリンピックに向けての建設および造船分野における外国人材の活用、国家戦略特区における家事人材の受け入れなどが盛り込まれた。技能実習制度では、対象職種の拡大、技能実習期間の延長(最大3年間から最大5年間)、受け入れ枠の拡大などを行う。こうした外国人労働者の受け入れ環境の整備は中国人を含む外国人の雇用拡大を促進すると考えられる(

2014年7月1日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

性別職域分離と女性の賃金・昇進

ノンテクニカルサマリー 性別職域分離と女性の賃金・昇進 橋本 由紀 (九州大学) 佐藤 香織 (東京大学) このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 人的資本プログラム (第三期:2011~2015年度) 「

2014年6月18日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル海外

高失業率と人手不足が併存する中国労働市場

高失業率と人手不足が併存する中国労働市場中国では、近年、人手不足と同時に失業も問題視されている。2014年6月に卒業予定の大学生は727万人であり、2013年よりも28万人増加した。「史上最難就職年」と名付けられた2013年に続く2014年は「更なる難しい就職年」と呼ばれた。日本企業の海外進出の主要地域となっている中国労働市場の問題は日本でも注目されている。本稿は、人手不足と求職難が併存する中国労働市場について、いくつかの視点を提供する。 人手不足にも関わらず高い失業率中国で全国を網羅した労働力

2014年6月15日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

「ダイバーシティとワークライフバランスの効果研究」研究会 成果発表

平成25年度ダイバーシティ経営企業100選表彰式・なでしこ銘柄 発表会 シンポジウム 経済産業研究所(RIETI)「ダイバーシティとワークライフバランスの効果研究」研究会 成果発表開催案内経済産業省では、女性、外国人、高齢者、障がい者などを含め、多様な人材を活用して、イノベーションを生み出している企業を「ダイバーシティ経営企業100選」として、表彰し、各社の成功の秘訣を1社ずつご紹介するシンポジウムを行います。併せて、経済産業省が東京証券取引所と共同で「女性活躍推進」に優れた上場企業を「中長期の

2014年6月10日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

対日直接投資の論点と事実:1990年代以降の実証研究のサーベイ

対日直接投資の論点と事実:1990年代以降の実証研究のサーベイ概要本論文は、対日直接投資をめぐる次の8つの疑問に注目する:1) 対内直接投資は経済成長を促すか。2) 対日直接投資を阻害する要因は何か。3) 外資系企業は日本企業と何が違うのか。4) 外資系企業の高い生産性は原因なのか、それとも結果なのか。5) 外資系企業の生産性の成長はリストラによるものか。6) 外資系企業はフットルース(足軽)か。7) 外資系企業の参入によって、日本国内の競争が激化するか。8) 外資系企業から日本企業への知識や技

2014年6月4日経済産業研究所フィードバック数:0ビジネス

企業間ネットワーク構造が海外直接投資行動に与える影響についての 理論・実証研究

ノンテクニカルサマリー 企業間ネットワーク構造が海外直接投資行動に与える影響についての 理論・実証研究 伊藤 亮 (名古屋市立大学) 中島 賢太郎 (東北大学) このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 新し

2014年5月30日経済産業研究所フィードバック数:0ビジネス海外

中国における産業集積効果の検証:北京のシリコンバレーと沿海開発特区の事例

中国における産業集積効果の検証:北京のシリコンバレーと沿海開発特区の事例概要本稿では、改革開放以来、中国政府が一貫して採用してきた外資導入による国内産業の育成、発展といった産業政策の是非を、そうした戦略がハイテク産業において結実したと思われる中関村科技圏区の事例、また中国の高度経済成長を牽引してきた沿岸の開放都市における生産性の改善という事例について産業集積の視点から検証した。分析からは、産業集積を図った政策によって生じるはずのメリット、スピルオーバー効果といった点で、中関村科技圏区、沿岸開放都

2014年5月30日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

組織の情報化と女性の活躍推進

組織の情報化と女性の活躍推進 牛尾 奈緒美(明治大学) /志村 光太郎(株式会社ヒューマネージ) 概要本稿では、女性の活躍推進において組織の情報化を有効に活用している企業に対してインタビュー調査を実施し、両者の関係性について考察を行った。その結果、次のようなことが指摘できる。女性の活躍をはばんでいる重要な要因として、女性に対する画一的な認識と、インクルージョン(受容)というスタンスの欠如があげられる。それを補うために、(1)女性においても多様な個が存在することを認識する。その上で、(2)そ

2014年5月30日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

海外就業とマネジメント経験の蓄積による女性のキャリア開発の可能性

海外就業とマネジメント経験の蓄積による女性のキャリア開発の可能性 牛尾 奈緒美(明治大学) /志村 光太郎(株式会社ヒューマネージ) 概要女性のキャリア形成を促進するための重要な要素として、異動やジョブ・ローテーションによる長期にわたる能力開発や、幅広い経験・スキルの蓄積があげられる。昨今、グローバル化が進む企業において、人材活用・育成の拠点を日本国内のみならず海外へと広げるケースが増えており、中には、積極的に女性社員を海外に赴任させ多様な職場経験を積ませることで長期的な内部人材育成につな

2014年5月30日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

介護労働者の賃金関数の推定―学歴プレミアムと資格プレミアム―

介護労働者の賃金関数の推定―学歴プレミアムと資格プレミアム―殷 婷(研究員) /川田 恵介(広島大学) /許 召元(中国国務院発展研究中心企業研究所) 概要本稿では『介護労働実態調査』労働者調査票の個票データを用いて、労働者の賃金関数の推定を試みる。とくに学歴や資格取得と賃金との相関について、重点的な議論を行う。具体的には、通常の学歴(高卒、高専・短大卒、大卒)のほかに、最終学歴が福祉系学科であったか否か、および、介護福祉士や介護支援専門員などの資格の有無も説明変数に加えた賃金関数の推定を

2014年5月30日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

中小企業における輸出と企業力の強化:工業統計ミクロデータを用いた輸出の学習効果の検証

中小企業における輸出と企業力の強化:工業統計ミクロデータを用いた輸出の学習効果の検証概要少子高齢化による国内需要の低下とアジアを始めとした新興諸国の台頭、さらには、地方経済の低迷や震災の影響によって、国内大企業の海外進出は加速している。他方で、大企業依存の下請けビジネスを中心としたわが国の中小企業の生産活動は、そのビジネスモデルの変更を余儀なくされているといってよい。こうした状況下で本研究は、中小企業の海外展開、具体的には輸出を通じて、たとえばTFP(全要素生産性)で見た生産性の向上といった当該

2014年5月18日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

次世代ロボットの研究開発動向

次世代ロボットの研究開発動向比留川 博久 (産業技術総合研究所 知能システム研究部門 研究部門長) 須藤 治 (経済産業省 製造産業局 産業機械課長) ロボット産業の現状、次世代ロボットを必要とする社会背景、次世代ロボットの研究開発動向、今後の展望についてご紹介する。 議事録ロボット産業の現状と社会背景1980年は「産業用ロボット元年」といわれていますが、当時の市場規模は760億円でした。塗装や溶接、組立てを中心に、会社によっては1事業部当たりの売上高が100億円を超え、産業用ロボットと

2014年5月18日経済産業研究所フィードバック数:0ビジネス

本社機能と生産性:企業内サービス部門は非生産的か?

本社機能と生産性:企業内サービス部門は非生産的か?概要本稿は、日本企業の大規模なパネルデータ(2001~2011年)を使用し、本社機能の大きさを規定する要因および本社機能と生産性の関係を実証的に分析するものである。本社機能は企業内事業サービス部門の中核であり、現代の企業において戦略的意思決定を支える重要な役割を果たしている。しかし、間接部門の縮小が組織全体の効率化につながるという単純な議論が行われることも少なくない。本社機能の大きさは、意思決定の集権化/分権化と密接に関係しているが、理論的に集権

2014年5月18日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

国民経済の強靭性と産業、財政金融政策の関連性についての実証研究

ノンテクニカルサマリー 国民経済の強靭性と産業、財政金融政策の関連性についての実証研究 前岡 健一郎 (防衛省) 神田 佑亮 (京都大学) 中野 剛志 (コンサルティングフェロー) 久米 功一 (リクルートワークス研究所) 藤井 聡 (ファカルティフェロー) このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表

2014年5月18日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル海外

中国・韓国企業における女性の活躍と収益・生産性・積極的雇用改善措置制度

ノンテクニカルサマリー 中国・韓国企業における女性の活躍と収益・生産性・積極的雇用改善措置制度このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 人的資本プログラム (第三期:2011~2015年度) 「ダイバーシティとワーク

2014年5月9日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

女性・外国人取締役はどのような企業にいるのか?―サーベイデータによる分析―

女性・外国人取締役はどのような企業にいるのか?―サーベイデータによる分析―概要本稿は、日本企業における女性取締役、外国人取締役の有無や数を規定する各種企業特性を分析したものである。分析結果の要点は以下の通りである。第1に、上場企業、創業からの歴史が長い企業、親会社を持つ企業、労働組合のある企業は女性取締役がいる確率や女性取締役の比率が低い。オーナー経営企業は女性取締役が存在する確率、女性取締役比率が非常に高く、女性社長の確率も高い。企業規模や外資比率は女性取締役と有意な関係がない。第2に、海外の

2014年5月9日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

原子力発電の効率化と産業政策―国産化と改良標準化―

原子力発電の効率化と産業政策―国産化と改良標準化―概要1960年代の原発に対する産業政策においては、海外技術の早急な導入とともに、機器の国産化が強く推奨された。国産化に向けた政策支援を受けながらも、電力会社と電機メーカーは自立的に動き、海外技術導入と国産技術開発に向けて共同研究を積み重ねた。これにより、PWRグループとBWRグループを形成し、着々と原発建設を推進した。建設の過程では、単なる技術導入にとどまらず、独自の改良や新たな技術の改良もなされた。1970年代の石油危機を経て、エネルギー政策が

2014年5月1日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

3Dプリンタから生まれる新たなものづくり

METI-RIETIシンポジウム 3Dプリンタから生まれる新たなものづくり開催案内近年、急速に注目を集める「3Dプリンタ」。その本質は、プリンタそのものではなく、「デジタルデータから直接様々な造形物を作り出す」ことでデジタル製造技術の発展を一気に加速する点にあります。経済産業省とRIETIでは、3Dプリンタを端緒として生まれる新たなものづくりのあり方について、昨年10月からの「新ものづくり研究会」の議論や最新の欧米各国や国内の動向を踏まえ、講演とパネルディスカッションを開催いたします。 イベント

2014年4月10日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

賃上げと5.5兆円の経済対策で消費増税の影響は限定的 ~駆け込み需要の反動減を乗り越えれば、好循環が視野に 今こそ官民で構造改革を~

賃上げと5.5兆円の経済対策で消費増税の影響は限定的 ~駆け込み需要の反動減を乗り越えれば、好循環が視野に 今こそ官民で構造改革を~今年の春闘では、昨年とは打って変わって多くの企業が定昇などに加えてベースアップ(ベア)にまで踏み込んだ回答を行った。新聞報道ではベースアップに応じた企業の割合は回答企業の約7割に及んでいるが、未だ景気の先行きが不透明でベースアップの回答割合が1割強であった昨年とは様変わりとなっている。もっとも、ベースアップ企業が少なかった昨年でも、定昇などにより平均賃上げ率は1.8

2014年4月9日経済産業研究所★フィードバック数:0キャリアとスキル

従業員のメンタルヘルスについての調査です。

従業員のメンタルヘルスと労働時間-従業員パネルデータを用いた検証-

ノンテクニカルサマリー 従業員のメンタルヘルスと労働時間-従業員パネルデータを用いた検証- 黒田 祥子 (早稲田大学) 山本 勲 (慶應義塾大学) このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 人的資本プログラム

2014年4月9日経済産業研究所★フィードバック数:0キャリアとスキル

従業員のメンタルヘルスについての調査です。

企業における従業員のメンタルヘルスの状況と企業業績-企業パネルデータを用いた検証-

ノンテクニカルサマリー 企業における従業員のメンタルヘルスの状況と企業業績-企業パネルデータを用いた検証- 黒田 祥子 (早稲田大学) 山本 勲 (慶應義塾大学) このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 人

2014年4月3日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

基本的モラルと社会的成功

ノンテクニカルサマリー 基本的モラルと社会的成功西村 和雄 (ファカルティフェロー) 平田 純一 (立命館大学) 八木 匡 (同志社大学) 浦坂 純子 (同志社大学) このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。

2014年3月28日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

労働契約法改正に対する労働者の評価・反応-「多様化する正規・非正規労働者の就業行動と意識に関する調査」の調査結果より

労働契約法改正に対する労働者の評価・反応-「多様化する正規・非正規労働者の就業行動と意識に関する調査」の調査結果より 戸田 淳仁(リクルートワークス研究所) /鶴 光太郎(ファカルティフェロー) 概要労働者のアンケート調査をもとに、非正社員や有期雇用者の実態を把握するとともに、2013年の労働契約法改正に対して、労働者がどのように評価し、対応するかといった点を検討した。労働契約法改正の個々の内容について、賛成が反対よりも上回っているが、半数は分からないと回答した。雇用契約期間について分か

2014年3月28日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

人的資本・人材改革-鳥瞰図的視点-

人的資本・人材改革-鳥瞰図的視点-概要急速な高齢化の進行、グローバル競争の強まりなど内外の厳しい環境の下で資源小国である日本が経済活力を維持・強化し、成長力を高めていくためには、女性、若者・高齢者を問わず人的資源の活用が重要である。本稿では人的資本・人材力に関して統合的・包括的な視点から検討するため、ライフ・サイクル全体を通じた人的資本・人材力に焦点を当てる。就業前の教育については産業界・企業が求める人材像(グローバル人材など)を明確化し、そうした人材を育成するための教育のあり方を検討すべきだ。

2014年3月28日経済産業研究所★フィードバック数:0キャリアとスキル

経済産業研究所の調査です。

多様化する正規・非正規労働者の就業行動と意識-RIETI Webアンケート調査の概要

多様化する正規・非正規労働者の就業行動と意識-RIETI Webアンケート調査の概要 久米 功一(リクルートワークス研究所) /大竹 文雄(大阪大学) /鶴 光太郎(ファカルティフェロー) 概要人々の働き方や嗜好が多様化する中で、従来の正規・非正規の雇用形態の区分だけでは、政策的に十分に対応しきれない事象が起きている。この現状に鑑みて、本稿では、多様な就業行動や意識、法改正に対する賛否を明らかにするために実施された(独)経済産業研究所のWebアンケート調査の結果を概観して、その政策的なイ

2014年3月27日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

幼少期の家庭環境、非認知能力が学歴、雇用形態、賃金に与える影響

ノンテクニカルサマリー 幼少期の家庭環境、非認知能力が学歴、雇用形態、賃金に与える影響 戸田 淳仁 (リクルートワークス研究所) 鶴 光太郎 (ファカルティフェロー) 久米 功一 (リクルートワークス研究所) このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研

2014年3月19日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

上場企業における女性活用状況と企業業績との関係-企業パネルデータを用いた検証-

上場企業における女性活用状況と企業業績との関係-企業パネルデータを用いた検証-概要本稿では、2000年代以降の近年の日本の上場企業のパネルデータを用いて、企業における女性活用の状況を明らかにするとともに、女性活用によって企業業績が高まるか、その要因にどのようなものがあるかといった点を検証する。分析の結果、正社員女性比率が高いほど企業の利益率が高まる傾向があることがわかった。特に、正社員女性比率が30~40%の企業で利益率が顕著に高くなっているほか、年齢層別にみると結婚・出産・育児などで正社員女性

2014年3月19日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

企業における職場環境と女性活用の可能性-企業パネルデータを用いた検証-

企業における職場環境と女性活用の可能性-企業パネルデータを用いた検証-概要本稿では、企業パネルデータを用いて、どのような企業で女性活用が進んでいるのかを定量的に明らかにする。検証の結果、職場の労働時間の短い企業、雇用の流動性の高い企業、賃金カーブが緩く賃金のばらつきの大きい企業、WLB施策の充実している企業では、正社員女性比率や管理職女性比率が高くなっていることがわかった。このことは、長時間労働、長期雇用、大きい労働の固定費用、画一的な職場環境といったものが、企業における女性活用の阻害要因になっ

2014年3月19日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

人口減少下における望ましい移民政策-外国人受け入れの経済分析をふまえての考察-

人口減少下における望ましい移民政策-外国人受け入れの経済分析をふまえての考察- 萩原 里紗(慶應義塾大学) /中島 隆信(ファカルティフェロー) 概要本論文の目的は、移民の受け入れが国内経済に及ぼす影響について、経済成長率、イノベーション、産業構造の高度化、賃金、雇用、失業、社会保障、財政という観点から既存研究のサーベイを行い、世界にも例を見ない少子高齢・人口減少社会を迎える日本にとって望ましい移民政策を探ることである。サーベイの結果、高度な技術・技能を有し、受入国の標準語でのコミュニケー

2014年3月11日経済産業研究所フィードバック数:0ビジネス

女性は融資を受けられる可能性は低いのか?-新規開業パネル調査による分析-

ノンテクニカルサマリー 女性は融資を受けられる可能性は低いのか?-新規開業パネル調査による分析-このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 人的資本プログラム (第三期:2011~2015年度) 「ダイバーシティとワー

2014年3月11日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

仕事に関する「強み」自認の規定要因と効果-「30代ワークスタイル調査」の分析より-

ノンテクニカルサマリー 仕事に関する「強み」自認の規定要因と効果-「30代ワークスタイル調査」の分析より-このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 人的資本プログラム (第三期:2011~2015年度) 「労働市場制

2014年3月7日経済産業研究所★フィードバック数:0キャリアとスキル

経済産業研究所のセミナー資料です。

日本人の労働時間と働き方に関する現状と課題

日本人の労働時間と働き方に関する現状と課題黒田 祥子 (早稲田大学教育・総合科学学術院 准教授) 小川 誠 (RIETIコンサルティングフェロー/経済産業省 経済産業政策局 審議官(雇用・人材担当)) 日本人はかつてより働きすぎと言われ、ワークライフバランスの必要性が指摘されてきた。しかし、OECD統計によれば、現在においても週60時間以上労働する男性労働者の比率は、イギリス、アメリカ、フランス、ドイツなどでは4~7%であるのに対して、日本は18%と突出して高い。人口が減少していく中、全員参加型

2014年3月5日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

動き出すメガEPA:経済効果の比較検討

動き出すメガEPA:経済効果の比較検討2013年は、世界的に経済連携の動きが加速し、日本、米国、EUの巨大三角形の間で交渉が始まった。アジア太平洋では、環太平洋経済連携(TPP)の交渉に日本が参加する一方、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の交渉が開始された。また、日本とEUの経済連携、米国とEUの環大西洋貿易投資連携(TTIP)の交渉も同じ年の内に始まった。図表1:アジア太平洋における経済連携の枠組み 本稿では、経済連携協定(EPA)が経済全体に与えるマクロ的な経済効果を数量的に議論する。

2014年2月23日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

需要ショックと雇用調整-2008-09年グローバル金融危機の下での輸出企業の従業員構成変化-

ノンテクニカルサマリー 需要ショックと雇用調整-2008-09年グローバル金融危機の下での輸出企業の従業員構成変化- 滝澤 美帆 (東洋大学) 鶴 光太郎 (ファカルティフェロー) 細野 薫 (学習院大学) このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究

2014年2月16日経済産業研究所★フィードバック数:0キャリアとスキル

論文です。

日本・中国・韓国企業におけるジェンダー・ダイバーシティ経営の実状と課題-男女の人材活用に関する企業調査(中国・韓国)605企業の結果-

日本・中国・韓国企業におけるジェンダー・ダイバーシティ経営の実状と課題-男女の人材活用に関する企業調査(中国・韓国)605企業の結果-概要日本、中国、および韓国は、北東アジアに位置する隣国であり、男女別役割分業に関係する儒教的な考えを有し、職場での男女間格差が認められる点で共通している。今後、アジア経済や世界経済に果たす役割は増し、企業進出や就業者移動は増加すると考えられる。本稿の目的は、日中韓3カ国の企業調査データを用いて「ジェンダー・ダイバーシティ経営」(職場において男女という多様性を取り込

2014年2月11日経済産業研究所★フィードバック数:0社会/政治

政権運営の安定と経済の関連を見ています。

政治の安定性の回復は実体経済にどう影響するか?

政治の安定性の回復は実体経済にどう影響するか?一昨年末の政権交代により政権運営の安定性は格段に増した。つまり、政治状況は「決められない政治」から「決められる政治」へと好転した。当時の全国紙は、安定した政治基盤が築かれたことで政府・与党は懸案の政策に取り組むことができるようになったとして、政治の安定性の回復を高く評価した。ところで、経済産業研究所が2011年末から2012年2月にかけておこなった約3400社の企業へのアンケート調査では、それらのうち33%の企業が経営に重大な影響を及ぼす要素として政

2014年1月17日経済産業研究所フィードバック数:0ビジネス

貨物輸送業における時間価値の計測

ノンテクニカルサマリー 貨物輸送業における時間価値の計測小西 葉子 (研究員) 文 世一 (京都大学) 西山 慶彦 (京都大学経済研究所) 成 知恩 (リサーチアシスタント / 京都大学) このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示

2014年1月15日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

成人うつに対するコンピュータ認知行動療法(CCBT)の臨床効果、及び費用対効果についての系統的レビュー

ノンテクニカルサマリー 成人うつに対するコンピュータ認知行動療法(CCBT)の臨床効果、及び費用対効果についての系統的レビューこのノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 人的資本プログラム (第三期:2011~2015

2014年1月15日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

東日本大震災における復興投資の地域間再分配効果の計測

ノンテクニカルサマリー 東日本大震災における復興投資の地域間再分配効果の計測 林山 泰久 (東北大学) 中嶌 一憲 (兵庫県立大学) 坂本 直樹 (東北文化学園大学) 阿部 雅浩 (東北大学) このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解

2014年1月8日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

補完性、分散度および特許の藪の効果

ノンテクニカルサマリー 補完性、分散度および特許の藪の効果長岡 貞男 (ファカルティフェロー) 西村 陽一郎 (神奈川大学) このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 技術とイノベーションプログラム (第三期

2014年1月8日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

投資協定が多国籍企業の活動及びホスト国の経済厚生に与える影響についての経済分析

ノンテクニカルサマリー 投資協定が多国籍企業の活動及びホスト国の経済厚生に与える影響についての経済分析このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 貿易投資プログラム (第三期:2011~2015年度)「国際投資法の現代

2013年12月15日経済産業研究所★フィードバック数:0ビジネス

経済についての各種情報のまとめです。

日本産業生産性(JIP)データベース2013

データ・統計JIPデータベース2013日本産業生産性(JIP)データベース2013について経済産業研究所(RIETI)の「産業・企業生産性向上」プログラムの「東アジア産業生産性」プロジェクトでは一橋大学経済研究所と協力して、日本の経済成長と産業構造変化を分析するための基礎資料である、日本産業生産性データベース(Japan Industrial Productivity Database、以下ではJIPと略記)の改訂と更新を進めてきた。今回このウェブ・ページで公開するのは、JIP 2013(201

2013年12月12日経済産業研究所フィードバック数:0ライフスタイル

親の関与と小学校低学年児童の学習時間―21世紀出生児縦断調査による検証―

ノンテクニカルサマリー 親の関与と小学校低学年児童の学習時間―21世紀出生児縦断調査による検証― 松岡 亮二 (情報・システム研究機構 統計数理研究所) 中室 牧子 (慶應義塾大学) 乾 友彦 (ファカルティフェロー) このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)

2013年12月4日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

賃金について考える-果たして賃金は下がっているのか? 影響を大きく受けた人は誰か? その要因は何か?

賃金について考える -果たして賃金は下がっているのか? 影響を大きく受けた人は誰か? その要因は何か?今年2月、安倍晋三首相は、経団連、経済同友会、日本商工会議所の経済3団体トップと首相官邸で会談し、デフレ脱却に向けて業績が改善した企業から賃金を引き上げるよう要請した(2013年2月12日 日本経済新聞)。そもそも、我々の賃金は平均的にはどのように変化してきたのだろうか。このコラムでは、賃金について考えてみよう。果たして賃金は下がっているのか? いないのか? その影響を大きく受けた人は誰か? そ

2013年11月29日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電力自由化に関わる市場設計の国際比較研究~欧州における電力の最終需給調整を中心として~

電力自由化に関わる市場設計の国際比較研究~欧州における電力の最終需給調整を中心として~八田 達夫(ファカルティフェロー) /三木 陽介(経済同友会政策分析センター) 概要日本では電力システムの大改革が行われようとしている。この改革で導入されるもっとも大きな制度は、「電力の最終需給調整への市場メカニズムの導入」である。具体的には、主としてインバランス精算制度と調整電力の入札制度である。これらの制度は、電力消費の時点における需給の逼迫状況をインバランス精算価格を通じて発電者にも需要家にも伝え、

2013年11月20日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

良いことを毎日3つ書くと幸せになれるか?

ノンテクニカルサマリー 良いことを毎日3つ書くと幸せになれるか?関沢 洋一 (上席研究員) 吉武 尚美 (お茶の水女子大学) このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 人的資本プログラム (第三期:2011~

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

特集データ

お知らせ