調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 経済産業研究所

「経済産業研究所」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2013年11月20日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

社会資本の生産力効果の再検討

ノンテクニカルサマリー 社会資本の生産力効果の再検討宮川 努 (ファカルティフェロー) 川崎 一泰 (東洋大学) 枝村 一磨 (NISTEP) このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 産業・企業生産性向上プ

2013年11月20日経済産業研究所フィードバック数:0マーケティング

心理指標と消費者マインドはどのように関係しているか?

ノンテクニカルサマリー 心理指標と消費者マインドはどのように関係しているか?このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 人的資本プログラム (第三期:2011~2015年度)「人的資本という観点から見たメンタルヘルスに

2013年11月20日経済産業研究所フィードバック数:0ライフスタイル

子どもはテレビやゲームの時間を勉強時間とトレードするのか-小学校低学年の子どもの学習時間の決定要因-

ノンテクニカルサマリー 子どもはテレビやゲームの時間を勉強時間とトレードするのか-小学校低学年の子どもの学習時間の決定要因- 中室 牧子 (慶應義塾大学) 松岡 亮二 (統計数理研究所) 乾 友彦 (ファカルティフェロー) このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(

2013年11月15日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

地域間人口移動に対する地域別政策プライオリティの影響-テキストマイニングによる政策プライオリティの定量的計測-

ノンテクニカルサマリー 地域間人口移動に対する地域別政策プライオリティの影響-テキストマイニングによる政策プライオリティの定量的計測-このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 地域経済プログラム (第三期:2011~

2013年10月17日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

再生可能エネルギー普及促進策の経済分析~固定価格買取(FIT)制度と再生可能エネルギー利用割合基準(RPS)制度のどちらが望ましいか?~

再生可能エネルギー普及促進策の経済分析~固定価格買取(FIT)制度と再生可能エネルギー利用割合基準(RPS)制度のどちらが望ましいか?~ 日引 聡(上智大学) /庫川 幸秀(東京工業大学) 概要再生可能エネルギーの導入を促進する政策手段として、近年、日本でも導入され、注目されているものに、固定価格買取(FITと略称する)制度、再生可能エネルギー利用割合基準(以下ではRPSと略称する)制度がある。本稿では、独占的に価格支配力を持つ一般電気事業者(外部費用を伴う火力発電)と価格受容者として競争

2013年10月10日経済産業研究所★フィードバック数:0ビジネス

企業の研究開発についてのレポートです。

日本のイノベーションの実態と今後の課題

日本のイノベーションの実態と今後の課題

2013年10月9日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

震災時ガソリン供給情報の不足と殺到行動

震災時ガソリン供給情報の不足と殺到行動概要本稿では、東日本大震災後のガソリンの供給不足下での消費者のガソリン購入行動を取り上げる。このガソリンの供給不足は被災地を越えて東日本全体で発生し、それに対する消費者の行動は地域ごとに異なる上、道路や宅地のように破損が形として残るものではないため、個別の地域ごとの具体的な状況を把握、分析することは困難である。ここでは仙台市内などで見られたガソリンスタンドへの自動車の殺到問題を取り上げ、その発生原因を供給情報の不足という観点から考察するとともに、今後の災害に

2013年9月19日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

省エネルギー技術開発と企業価値

ノンテクニカルサマリー 省エネルギー技術開発と企業価値 枝村 一磨 (科学技術政策研究所) 岡田 羊祐 (一橋大学) このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 新しい産業政策プログラム (第三期:2011~2

2013年9月19日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国際輸送部門における環境政策に関する経済分析

ノンテクニカルサマリー 国際輸送部門における環境政策に関する経済分析このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 新しい産業政策プログラム (第三期:2011~2015年度)「大震災後の環境・エネルギー・資源戦略に関わる

2013年9月19日経済産業研究所★フィードバック数:0社会/政治

風評被害の定量評価方法についてのレポートです。

東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う農林水産品の「風評被害」に関する定量的判定・評価について

ノンテクニカルサマリー 東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う農林水産品の「風評被害」に関する定量的判定・評価について 独立行政法人経済産業研究所(法人番号 6010005005426)当サイト内の署名記事は、執筆者個人の責任で発表するものであり、経済産業研究所としての見解を示すものでは有りません。 掲載している肩書や数値、固有名詞などは、原則として初掲載当時のものです。当サイトのコンテンツを転載される場合は、事前にご連絡ください。

2013年8月30日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

地域間の人的資本格差と生産性

地域間の人的資本格差と生産性概要本論文は、Caves, Christensen, Diewert (1982)が提案した指数作成方法を使って、学歴だけでなくその他の労働投入属性も同時に考慮しながら地域間の人的資本の量と質を相対比較する方法を提案し、「国勢調査」のデータを使って地域間の人的資本の質格差指標を作成し、その要因を中心に幾つかの分析を行った。主な結果は次のとおりである。1)1970年から2008年までの約40年間で人的資本の質の地域間格差は縮小してきているものの、なお3割程度の格差が残存

2013年8月18日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

加齢や健康ショックに対する選好の安定性:日米比較

ノンテクニカルサマリー 加齢や健康ショックに対する選好の安定性:日米比較このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 社会保障・税財政プログラム (第三期:2011~2015年度)「社会保障問題の包括的解決をめざして:高

2013年8月18日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

社会保険料負担と雇用構造:企業属性に着目したマイクロデータ分析

ノンテクニカルサマリー 社会保険料負担と雇用構造:企業属性に着目したマイクロデータ分析 小林 庸平 (コンサルティングフェロー) 久米 功一 (リクルートワークス研究所) 及川 景太 (カリフォルニア大学デービス校) 曽根 哲郎 (経済産業省) このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり

2013年8月1日経済産業研究所フィードバック数:3キャリアとスキル

ワークライフバランスに対する賃金プレミアムの検証

Research Digest (DPワンポイント解説) ワークライフバランスに対する賃金プレミアムの検証 黒田 祥子 (早稲田大学教育学部准教授)/山本 勲 (慶應義塾大学商学部准教授) 社会のグローバル化や少子高齢化が進む中、多様な働き手を確保するためには、個々の企業がワークライフバランスを実現する制度を導入することが必要だ。しかし、先行研究の結果からは、ワークライフバランス制度の導入を投資と考えた場合、企業特性によっては、必ずしもそれに見合うだけの生産性向上につながらない企業があ

2013年8月1日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

同期入社の社員数が昇進並びに賃金に与える影響

Research Digest (DPワンポイント解説) 同期入社の社員数が昇進並びに賃金に与える影響 世界各国で若年層の失業問題が深刻化している。国際労働機関(ILO)によると世界の若年層(15~24歳)の失業率は2013年見込みで12.6%となり、2018年まで12%台の高水準が続く見通しである。就業者の中でも、景気低迷期には非正規の割合が高くなり、正規職員の採用数は限定される。川口FFらは、こうした不況期に運よく職を見つけることができた日本の若者が、就職先の企業でどのような処遇を受けている

2013年7月30日経済産業研究所フィードバック数:8製造業/エレクトロニクス

日本の自動車輸出価格への為替相場のパススルーとマーケットパワー

ノンテクニカルサマリー 日本の自動車輸出価格への為替相場のパススルーとマーケットパワーこのノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 国際マクロプログラム (第三期:2011~2015年度)「為替レートのパススルーに関する

2013年7月30日経済産業研究所フィードバック数:2キャリアとスキル

震災前後における宮城県内の地域ポテンシャルおよび労働分布の変化

ノンテクニカルサマリー 震災前後における宮城県内の地域ポテンシャルおよび労働分布の変化 猪原 龍介 (亜細亜大学) 中村 良平 (ファカルティフェロー) 森田 学 (青森中央学院大学) このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すも

2013年7月25日経済産業研究所フィードバック数:5製造業/エレクトロニクス

再生エネルギーを軸とする地域成長戦略『八策』~提言『八策』&その実現に向けた地域ビジョン『八策』

再生エネルギーを軸とする地域成長戦略『八策』~提言『八策』&その実現に向けた地域ビジョン『八策』~田邉 敏憲 (埼玉大学大学院 経済科学研究科 客員教授) 桃井 謙祐 (経済産業省 地域経済産業グループ 地域経済産業政策課 地域新産業調査官) 東日本大震災を契機に、再生エネルギーの重要性が抜本的に見直されている。折しも、温帯モンスーン地帯としてわが国の恵まれた太陽光・水ゆえの豊富な自然資源・バイオマスを活かせる、高効率ガス化・オイル化技術が登場しており、初期投資額が大きいバイオマスエネルギー事業

2013年7月25日経済産業研究所フィードバック数:4マーケティング

消費インテリジェンス-ビックデータで消費を科学する-

消費インテリジェンス-ビッグデータで消費を科学する-西山 圭太 (経済産業省 大臣官房審議官(経済産業政策局担当)) 高田 修三 (経済産業省 大臣官房審議官(製造産業局担当)) ビッグデータ時代の到来は、消費データの戦略的な活用を通じてマーケティングに根本的な変化を起こす可能性があり、企業にとって消費者理解の総合力(消費インテリジェンス)が問われる時代になる。他方、これまで日本企業はシェア重視で、結果的に安値競争に陥ってきた。今後はマーケティングを重視し、消費者のセグメンテーションとターゲティ

2013年7月2日経済産業研究所★フィードバック数:1社会/政治

貿易政策についてのアンケートです。

貿易政策に関する選好と個人特性―1万人の調査結果―

貿易政策に関する選好と個人特性―1万人の調査結果―概要経済学者はほぼ一致して自由貿易を推奨しているにも関わらず、現実には保護主義的措置が広く見られる。そこで、個々人の国際経済政策に関する選好について、我が国の1万分の1の縮図となる約1万人を対象にアンケート調査を行った。その結果を記述統計的に整理すると、概要は以下の通りである。(1)従事する業種や職種だけでなく、所得、教育、年齢、性別、海外経験などの多様な個人特性が貿易政策の選好に関係している。(2)輸入自由化と他の国際経済政策とでは、総じて選好

2013年6月25日経済産業研究所フィードバック数:1社会/政治海外

中国の人口移動と経済発展――最新の人口センサスからの検証

中国の人口移動と経済発展――最新の人口センサスからの検証概要改革開放政策以降、中国経済の最大の特徴は、市場経済の下、中国経済発展史上初めてヒト、モノ、カネという経済資源が真の意味で全国的範囲に流動化されたことにある。この流動化の過程は、中国を伝統経済あるいは計画経済から市場経済へと移行させ、さらに新たな経済資源の再配置の原動力をもたらした。本稿は、2010年に行われた最新の第6回全国人口センサスの人口移動統計を基にし、中国地域間の人口移動と経済発展をみるものである。具体的には、近年の人口移動の地

2013年6月13日経済産業研究所フィードバック数:8キャリアとスキル

賃金構造の官民比較

賃金構造の官民比較概要行政サービスは大きな経済的シェアを持つサービス・セクターであり、その効率性は一国の経済パフォーマンスに大きく影響する。本稿は、「就業構造基本調査」(2007年)のミクロデータを使用して賃金関数を推計し、官公庁と民間企業の賃金構造を比較する。平均賃金水準の官民比較ではなく、性別・年齢・学歴・職種等による賃金構造の違いや分布特性に焦点を当てる。分析結果によれば、(1)欧米主要国と同様、官公庁は民間企業と比較して、男女間賃金格差、大学・大学院を含む学歴間賃金格差が小さい。(2)官

2013年6月13日経済産業研究所フィードバック数:5社会/政治

自然災害が事業所の成長に与える影響:阪神淡路大震災の分析

ノンテクニカルサマリー 自然災害が事業所の成長に与える影響:阪神淡路大震災の分析このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 貿易投資プログラム (第三期:2011~2015年度)「日本経済の創生と貿易・直接投資の研究」

2013年6月13日経済産業研究所フィードバック数:23キャリアとスキル

仕事と結婚の両立可能性と保育所:2010年国勢調査による検証

ノンテクニカルサマリー 仕事と結婚の両立可能性と保育所:2010年国勢調査による検証このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 新しい産業政策プログラム (第三期:2011~2015年度)「日本経済の課題と経済政策Pa

2013年6月4日経済産業研究所フィードバック数:23大型消費/投資

仕事と結婚の両立可能性と保育所:2010年国勢調査による検証

仕事と結婚の両立可能性と保育所:2010年国勢調査による検証概要本稿では、1980年から2005年の国勢調査のデータを用いて女性の結婚・出産と就業の両立可能性の動向を分析した宇南山(2010; 2011)の結果を、最新データである2010年国勢調査まで延長した。新たに追加された2010年の結果に基づき推定した「結婚・出産による離職率」は62.4%であり、2005年までの推定値である83.6%より大幅に低かった。ただし、2010年の国勢調査は婚姻状態や労働力状態の「不詳」の影響を受けるおそれがあっ

2013年5月19日経済産業研究所フィードバック数:3社会/政治

輸入増加の影響:我が国製造業企業の国際化企業と国内企業の比較

輸入増加の影響:我が国製造業企業の国際化企業と国内企業の比較概要高度な経済成長を安定的に維持している新興国は、世界貿易における比重を増しつつあるとともに、従来我が国のような先進国が競争力を有していた産業においても輸出力を強化している。近年の貿易理論・実証の成果を踏まえると、新興国からの輸入増に対する企業の対応として、生産縮小や市場からの退出の他に、輸出等国際活動を通じて存続・発展を図る可能性もありえる。一方、国際化の属性に関係なく輸入の影響が産業全体に均等に及んでいるかもしれず、そのような場合国

2013年5月14日経済産業研究所フィードバック数:16社会/政治

出生時体重の効果-出生の原点はその後の人生に影響するのか-

ノンテクニカルサマリー 出生時体重の効果-出生の原点はその後の人生に影響するのか- 中室 牧子 (慶應義塾大学) 卯月 由佳 (国立教育政策研究所) 乾 友彦 (ファカルティフェロー) このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すも

2013年5月14日経済産業研究所フィードバック数:21キャリアとスキル

職場における男女間格差の動学的研究:日本大企業の計量分析的ケーススタディ

ノンテクニカルサマリー 職場における男女間格差の動学的研究:日本大企業の計量分析的ケーススタディこのノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 人的資本プログラム (第三期:2011~2015年度)「企業内人的資源配分メカ

2013年4月17日経済産業研究所フィードバック数:11キャリアとスキル

同期入社の社員数が昇進並びに賃金に与える影響

ノンテクニカルサマリー 同期入社の社員数が昇進並びに賃金に与える影響 荒木 祥太 (一橋大学) 加藤 隆夫 (コルゲート大学) 川口 大司 (ファカルティフェロー) 大湾 秀雄 (ファカルティフェロー) このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所と

2013年4月17日経済産業研究所フィードバック数:5ビジネス

日本の輸出企業の貿易建値通貨選択と為替リスク管理の特徴

ノンテクニカルサマリー 日本の輸出企業の貿易建値通貨選択と為替リスク管理の特徴-アンケート調査結果による-伊藤 隆敏 (ファカルティフェロー) 鯉渕 賢 (中央大学) 佐藤 清隆 (横浜国立大学) 清水 順子 (学習院大学) このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および

2013年3月30日経済産業研究所★フィードバック数:7製造業/エレクトロニクス

記憶に新しい事件を調査しています。

3.11後の東北地方における石油製品需給ギャップの推移~発生から解消まで

3.11後の東北地方における石油製品需給ギャップの推移~発生から解消まで 赤松 隆(東北大学) /山口 裕通(東北大学) /長江 剛志(東北大学) /円山 琢也(熊本大学) /稲村 肇(東北工業大学) 概要東日本大震災では、石油精製・輸送施設が広域で被災し、東北・関東地方で石油不足問題が発生した。本研究では、石油製品販売実績と港湾・鉄道移入量統計を用いて、東北地域に対する発災後1カ月間の石油製品輸送実態を定量的に分析した。その結果、以下の事実が明らかになった:(1) 発災後2週間の東北地域

2013年3月30日経済産業研究所★フィードバック数:6企業情報システム

IT投資についての論文です。

日本企業におけるIT投資の効果:ミクロデータに基づく実証分析

日本企業におけるIT投資の効果:ミクロデータに基づく実証分析 金 榮愨(専修大学) /権 赫旭(ファカルティフェロー) 概要本稿は『情報処理実態調査』を『企業活動基本調査』に接続した企業レベルデータを用いて、日本企業におけるIT投資の動きとその効果を調べ、日本経済でIT化が進まなかった理由を探るために実証分析を行った。これらの分析により得られた結論は以下の通りである。(1)ITサービスの付加価値弾力性は17%から18%である。(2)日本企業におけるIT関連費用の付加価値弾力性は2000年代

2013年3月30日経済産業研究所★フィードバック数:25キャリアとスキル

大学入試での学力テストの有無による就職後の給料の違いを見ています。

大学入試制度の多様化に関する比較分析-労働市場における評価-

大学入試制度の多様化に関する比較分析-労働市場における評価- 浦坂 純子(同志社大学) /西村 和雄(ファカルティフェロー) /平田 純一(立命館アジア太平洋大学) /八木 匡(同志社大学) 概要本稿では、各種入試制度を整理した上で、労働市場における相対的パフォーマンスを所得によって測定し、学力考査を課す入試制度と課さない入試制度とを比較することにより、1980年代半ばから強力に進められた大学入試制度の多様化の帰結を評価する。本稿の分析のために、Gooリサーチ社を通じてインターネット調査「

2013年3月25日経済産業研究所フィードバック数:1ビジネス

起業活動と人的資本:RIETI起業家アンケート調査を用いた実証研究

起業活動と人的資本:RIETI起業家アンケート調査を用いた実証研究

2013年3月21日経済産業研究所★フィードバック数:2ビジネス

起業の活性化を目的とした調査です。

起業活動に影響を与える要因の国際比較分析

起業活動に影響を与える要因の国際比較分析高橋 徳行(ファカルティフェロー) /磯辺 剛彦(慶應義塾大学) /本庄 裕司(中央大学) /安田 武彦(東洋大学) /鈴木 正明(日本政策金融公庫総合研究所) 概要わが国の起業活動は、他の先進国と比較して低迷しており、企業の少子化は、日本経済に負の影響を持つと考えられる。本稿では、起業「活動」の説明変数として起業「態度」を使ったモデルによって、わが国の特徴を把握し、そこから起業プロセスのどこに働きかけるのが最も効果的な政策につながるのかを検討した。

2013年3月14日経済産業研究所フィードバック数:1製造業/エレクトロニクス

世界を独走する家庭用燃料電池エネファームの最新状況と展望

世界を独走する家庭用燃料電池エネファームの最新状況と展望柴田 恒雄 (トーコ代表(前 パナソニック燃料電池事業化プロジェクトリーダー)) 安藤 晴彦 (RIETIコンサルティングフェロー/一橋大学特任教授・資源エネルギープロジェクトディレクター) 地球温暖化とともにエネルギー問題が我が国の最重要課題となる中で、家庭で発電と給湯ができる家庭用燃料電池「エネファーム」に世界の注目が集まっている。水素を活用する燃料電池は、炭素のサイクルから脱する「水素社会」構築のカギを握る最重要技術であり、次世代自動

2013年3月9日経済産業研究所★フィードバック数:4製造業/エレクトロニクス

「競争力の高い独自の製品等を保有する独立型の中小・中堅企業」についての調査論文です。

グローバル・ニッチトップ企業に代表される優れたものづくり中小・中堅企業の研究―日本のものづくりニッチトップ企業に関するアンケート調査結果を中心に―

グローバル・ニッチトップ企業に代表される優れたものづくり中小・中堅企業の研究―日本のものづくりニッチトップ企業に関するアンケート調査結果を中心に―概要本稿は、日本がこれまで高度に発展した製造業集積であったことを反映し、全国に広く分布している競争力の高い独自の製品等を保有する独立型の中小・中堅企業をニッチトップ型企業(NT型企業)としてとらえ、その実態を明らかにすることを目的としている。このため、経済産業研究所では、2011年に経済産業省が行った特に優れた日本を代表するNT型の企業31社を対象とす

2013年3月4日経済産業研究所フィードバック数:1ライフスタイル

食料の輸出数量制限に対する規制の有効性

食料の輸出数量制限に対する規制の有効性概要国際穀物市場は、農産物貿易政策によって各国の国内市場と分断された市場であるという特徴がある。国際価格が低迷している時、輸入関税などを使って自国の農業を保護しようとする。この結果、国際市場への需要が減少するので、穀物価格はさらに低下する。逆に、国際価格が高騰すると、輸出税を課したり、輸出を禁止したりして、国内消費者への供給を優先しようとする結果、国際市場への供給が減少するので、穀物価格はさらに上昇する。最近においても、2008年に穀物価格が3倍に上昇した際

2013年3月4日経済産業研究所フィードバック数:8キャリアとスキル

非正規労働者の雇用転換-正社員化と失業化

非正規労働者の雇用転換-正社員化と失業化 久米 功一(名古屋商科大学) /鶴 光太郎(ファカルティフェロー) 概要非正規雇用は、無業者・失業者を雇用につなぎ、さらに正社員へ転換するステップとしての役割が期待されている。本稿では、非正規雇用を主な対象とするWebアンケート調査の結果を用いて、非正規雇用から正社員あるいは失業に転じる場合の決定要因について、雇用形態や留保賃金の違いに注目して実証的に分析した。その結果、前職が契約社員、卒業直後に正社員、前職の労働時間が長い、企業規模が小さい、人的

2013年3月4日経済産業研究所フィードバック数:7キャリアとスキル

ワークライフバランスに対する賃金プレミアムの検証

ワークライフバランスに対する賃金プレミアムの検証 黒田 祥子(早稲田大学) /山本 勲(慶應義塾大学) 概要本稿では、ワークライフバランス(WLB)施策と賃金との間に補償賃金仮説が成立するかを検証するため、施策の導入によって賃金がどの程度低く抑えられているかという負の賃金プレミアムを計測した。分析には、実際に観察されたデータと仮想質問形式のデータの2つのタイプの企業・従業員マッチデータを用いた。分析の結果、観察データにもとづく推計では、フレックスタイム制度を利用している男性従業員で補償賃金

2013年3月4日経済産業研究所フィードバック数:1キャリアとスキル

非正規労働者からみた補償賃金-不安定雇用、暗黙的な正社員拘束と賃金プレミアムの分析-

非正規労働者からみた補償賃金-不安定雇用、暗黙的な正社員拘束と賃金プレミアムの分析-鶴 光太郎(ファカルティフェロー) /久米 功一(名古屋商科大学) /大竹 文雄(大阪大学) /奥平 寛子(岡山大学) 概要本稿では、(独)経済産業研究所のアンケート調査で得られた不安定雇用や転勤・異動に対する補償賃金に関して実証的に分析した。具体的には、非正規労働者に対して、雇用期間の短縮や転勤・異動を受け入れる場合に要求する賃金の上乗せ分を仮想的に質問して定量的に把握した。その結果、補償賃金率の水準は、

2011年4月20日経済産業研究所★フィードバック数:1キャリアとスキル

派遣にフォーカスした調査結果です。

派遣労働者の生活と就業-RIETIアンケート調査から

派遣労働者の生活と就業-RIETIアンケート調査から 大竹 文雄(大阪大学) /奥平 寛子(岡山大学) /久米 功一(名古屋商科大学) /鶴 光太郎(上席研究員) 概要本稿では、非正規労働者(派遣労働者中心)を主たる対象として実施されたWebアンケート調査(RIETI「派遣労働者の生活と求職行動に関するアンケート調査」)に基づき、派遣労働者をパート・アルバイト労働者、契約社員と比較しながら、その属性、就業・生活実態、就業形態の変化などについて分析した。その結果、製造業派遣労働者や契約社員は

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ